服部克久氏 終身名誉館長に・・

服部克久さんとのお付き合いは長い
かれこれ20年ぐらいになるだろうか・・・・
オーケストラの魅力と音楽の豊かさなどを教えていただいた人でもある
そして地域活性化イベントにおける音楽の重要性を肌で体感させて頂いた人でもある
 
1991年大淀川夕日コンサート(南こうせつ、サーカス)が私と
初めてのコンサートだった
宮崎市大淀川の河川敷に2万人もの人が集り
南こうせつにとっても、このコンサートが新しいスタートに
なったと言われた印象深い野外コンサートだった
1992年は日向市ムーンライトコンサート
そして1999年のグリーン博のオープニングコンサート
宮崎市観光協会のテレビCM、高千穂音楽祭

そして2005年、館長になられた都城市総合文化ホールでのコンサート
2009年には宮崎市での岩切章太郎賞20周年記念コンサート
(佐藤竹善、安倍なつみ)などなど本当に長く、有り難いお付き合いを
させていただいている
stage1.jpg 
 
さて今回、服部克久氏は都城市総合文化ホールの終身名誉館長に就任
その記念のコンサートが2月27日開催された

スペシャルバンドとパンフルートの岩田さん、トワ・エ・モアの
白鳥英美子をゲストに楽しい歌と演奏とおしゃべりの90分だった
shiratori2.jpg  shiratori1.jpg


服部さんには長峯都城市長から記念の盾が贈られた
nagamine.jpg

この盾は宮崎の芸術家、立山修平氏が3ヶ月の歳月をかけて
釜で焼き上げたものだ
stage2.jpg
“カルチャーファースト” とキャッチフレーズが入れ込んである
この言葉は服部さんいわく
人間が人間らしくあるためには文化が大切だと言う意味
そしてこの盾はメインホールのホワイエに展示されるようだ

 久しぶりに聞くパンフルートの音色は心が洗われる
グリーン博時代、局長だった島崎さんは大のパンフルートファン
わざわざ都城までコンサートを聴きに来ていただいた
iwata&shimazaki.jpg
パンフルート奏者の岩田英憲さん(左)と島崎さん
 
服部さんと白鳥さんが言っていたが
最近いい楽曲がどんどん教科書から消えていっていると言う
コンサートでは『早春賦』を楽しんだが、この曲も消えたようだ
教科書からも日本のふるさとは消えようとしているのかも・・・・
 
久しぶりに聞く