プロ野球新時代

24歳と29歳の投打の若武者が
プロ野球新時代の幕を開けた
 
楽天の田中将大投手(29歳)は
9月13日仙台のホーム球場で
オリックス戦で稲尾投手の持つ最多連勝記録の20連勝を塗り替え
開幕21連勝とした
連続シーズンで見ると田中は25連勝
世界記録は1936~37年にかけて
24連勝したジャイアンツのカール・ハッベルの世界記録をも塗り替えた
野村監督はマー君を評して
『マー君、神の子、不思議な子』 の言葉を残したが
現星野監督は賞賛すべき言葉が見当たらないほどだと絶賛している
 
しかし田中は
試合内容に納得せず
大量リードの中、オリックス打線を押えられなかった
悔しさをブログに綴っていた
このハングリー精神こそがまだまだ成長を加速させる
田中が一挙に勝利を伸ばし始めたのは
スプリットのマスターだ
スプリットの威力がストレート、高速縦スライダーの威力をもっと増したのである
 
普通の若者らしい一面もある
田中はももいろクローバーZの大ファンでもある
 
さて田中がどこまで記録を伸ばすか
そして楽天が日本一を取るかどちらも楽しみなシーズンである
 
そして9月15日神宮球場で
カリブから来たウラディミール・バレンティン選手(29歳)が
1964年の王貞治が持っていたホームラン記録シーズン55本を
49年ぶりに塗り替え
56,57号を連発した
まだ試合は18試合ほど残っておりどこまで記録を伸ばすか楽しみでもある
 
日本プロ野球の投打の記録が約半世紀ぶりに塗り替えられた2013年
この年はプロ野球新時代幕開けの年として
歴史的な年になることは間違いない
そしてこの記録に続く次の若いヒーローが出てくることを期待してやまない!