(映画)シェフ 三ツ星フードトラックをはじめました

ジョン・ファバローが10億円以上と言われる
アイアンマンシリーズの監督を断ってまで
作りたかった映画が シェフ だ
ジョン・ファバローが監督・脚本・制作・主演と
大車輪の活躍の映画
彼のこの映画への思い込みも理解できる
 
わきを固める俳優も大物ぞろい、女優も美人ぞろいだ
レストラン経営者のダスティン・ホフマン、
そして
元妻のイネズ役のソフィア・ベンガラ
ラテン系のソフィアローレンの若き日を彷彿とさせる美女
ソムリエ役のスカーレット・ヨハンソンも魅力的
 
物語は
ジョン・ファバロー演じるカールキャスパーはロスの
一流レストランの総料理長
料理批評家でもありブロガーでもあるラムジーの来店は
キャスパーにとっては勝負
オリジナルメニューで頑張ろうと食材探しに走り回る
ようやく準備もできた
しかし経営者は通常の人気メニューを出せとの指示
出された料理の評価をツイッターでラムズは酷評する
息子にSNSの見方を教わったカールは
怒りの感情のまま、ラムズにメッセージを送信してしまう
メッセージは炎上となり
これが原因で店も解雇、他のレストランからも断られ
カールキャスパーは失意のどん底へ
 
元妻のイネズの提案で息子パーシーとマイアミへ
そこは結婚をしパーシーが生まれ、
カールがシェフとしてスタートを切った場所でもあった
マイアミのレストランで久しぶりのきキューバサンドの旨さを再度実感
フードトラックで販売することを思いつく
 
フードトラックでマイアミからロスへの旅となる
旧友のマーティンと息子のパーシーとカールの3人で作るキューバサンドは
評判となりパーシーのSNSでの写真や動画、
営業場所のGPSでの情報発信などで瞬く間に広がり、人気爆発
どの場所でも行列となる
この道中で親子はもっと大切な何かを知ることになる
帰ってきたロスでの営業中
ラムジーが話があると訪ねてくる
 
ラムジーの提案は資金を出すから店のシェフになってくれとの
共同パートナーの提案だった
2人が和解すれば話題となる
キューバサンドは激ウマだとほめた
 
シェフ対料理ブロガー、これにSNSも盛り込み
拡がりとスピード、影響力の大きさ
親子の絆や家族の大切さなどがカリビアンミュージックと
料理のシズル感とともに味わえる
五感で楽しめる美味しい映画だ
 
アメリカの上映は最初6館だけでスタートしたが
半年以上のロングラン大ヒットの作品となった
美味しい物に目がない方には必見の映画です