蔵カフェ・古新館(水芭蕉)

水芭蕉に蔵カフェができたのが平成26年4月
150年間使用されていた旧酒蔵を改装し古新館と命名
蔵カフェや水芭蕉の各製品の展示だけでなく酒器や杯などの
展示販売も併設した
IMG_3490IMG_3487IMG_3488
せっかく来たのだからと旅館での食事を断り
ぜひ蔵で食事をしたいと希望した私たちの要望で
今日は古新館で食事
 
蔵の雰囲気を楽しみながら
地産地消の酒と食事を堪能する
蔵元の旅のだいご味はまさにこれだと思う
IMG_3498 
乾杯はもちろん NIZUBASYO PURE
製造方法でも世界特許を取ったシャンパン製法のSPARKRING
細かい泡が特徴的なスパークリングだ
肴は地元のコンニャク刺身、野菜だ
素朴でおいしい
 IMG_3492
炉端の炭火が赤々と燃えていて温かい
永井社長が地鶏やとれたての野菜を自ら
炉端で調理
手つきが慣れている
聞くと料理もお好きだとか
特に地鶏とお酒を降って焼いたしいたけは最高だった
IMG_3501
合わすお酒は LIGHT SAKE
水芭蕉 五百万石の大吟醸
奇麗でいくらでも飲める
 IMG_3502
次は VINTAGE SAKE
まずは今年新酒鑑評会に出したという20号タンクの濁り
社長専用の酒のようだ
素敵な含み香
奇麗で芳醇な味わい
IMG_3505 
IMG_3506
 赤城牛
IMG_3507
この赤身が酒とは抜群の相性
次は2005年に製造して10年熟成の酒
デキャンターで香を開きワイングラスで楽しむ
時間が香の華を開かせる
とても貴重な酒
 IMG_3510
IMG_3511
最後はDESSERT SAKE
貴醸酒、通常は酒は水で仕込むがこの酒は酒を酒で仕込む
そのため豊かな甘さがたまらない
IMG_3515
水芭蕉のデザート酒は米の旨味が凝縮され
マスクメロンを思わせるような味わい
トリュフの生チョコが最高のマッチング
思わずおかわりをしてしまった
 IMG_3512
最後はここの名物 きのこうどん
さらさらと〆には最高だ
 
永井社長の提唱する 
SPARKRING,  LIGHT, VINTAGE, DESSERTと一連でつながる NAGAI STYLE 堪能した
各お酒に合わせてワイングラスを変えるなど
食中酒としての酒の可能性を世界に拡げる意味でも大変意義あることだ
永井社長自ら独自のテロワールを展開しようという意気込みも大変理解できる
この蔵を訪れて酒や料理を食べ、ファンになった世界のシェフも多いという
永井社長の情熱とバイタリティは
地方の酒から世界へのとてつもない可能性を感じさせる
これからのますますの御活躍を期待したい!
 
 同行された世話人の吉田夫妻と永井社長IMG_3517