OTTが席巻する未来

最近日本でもOTTという言葉を頻繁に聞くようになった
 
OTT(OVER THE TOP)とは
既存の地上波テレビやケーブルテレビや衛星放送を介さず
インターネット経由で動画コンテンツを配信するサービス
 
このOTTの現在世界NO1の業者が Netflix である
2016年度のアメリカのシェアは約53%と言われている
その次がアマゾンの23%だ
 
Netflix の事業開始は1997年
2007年からネット配信を始め、
月額8ドルで見放題のサービスで人気を得た
同じユーザーであればマルチディバイスの機器を変えても
動画を途中から継続して見られる特徴がある
2012年ごろからはオリジナルコンテンツの制作を開始
多額の製作費をかけて作った House of Cards は
2013年エミー賞を受賞した
テレビ局が受賞するのが今までの常識だったが
OTT事業者が初めて受賞し大きな話題となった
そして第89回アカデミー賞ではホワイト・ヘルメットが
短編ドキュメンタリー賞を受賞した
 
アメリカではケーブルテレビの加入者数をNetflixが上回り
2017年4月21日世界で一億人のユーザーを抱え
世界130カ国以上に配信をしている
最近ではローカルで制作、グローバルで視聴をテーマに
日本やフランスなど多くの国でオリジナルのコンテンツを制作している
目標はグローバルネットワークテレビだと言う
 
Netflix のCEO リード・ヘイスティング氏は
10年から20年以内にすべての動画はインターネット上で
視聴されるようになると話している
 
第2位のシェアのアマゾンは方向性が少し違う
アマゾンプライムの特典の一つという考え方だ
年会費 99ドルで
無料配送
映像配信サービス
音楽配信サービス を行い
アマゾントータルで顧客の囲い込みを行う戦略だ
 
ここにきて大きな勝負に出たのがディズニーである
ディズニーは今迄映画などのコンテンツの提供を行ってきた
ネットフリックスとの契約を取りやめ
新しくディズニーグループとして
2018年中にネット配信事業を行うことを発表した
MLB傘下のBAMテックを小会社化して配信技術を確立
ディズニーの映画コンテンツを始め
傘下のESPNでのスポーツ中継(注力するのが野球とアイスホッケー)
などが主な柱になりそうだ
 
アメリカを制したものが世界を制する
それはIT業界の歴史が証明している
そんな意味でもアメリカでは
OTTの業界もどこが勝ち残るのか
Netflix を軸にさらなる激戦が続いていく
 
さて今後日本のテレビ業界はどうなっていくのだろうか?
ニールセンの調査では
若者を中心にテレビ視聴は10~20代が一番少なく
オンラインビデオは10~20代が最も多いという調査結果が出ている
若者層は確実にテレビからオンラインに移っていると言ってよいだろう
その理由は何か?
地上波や衛星放送は編成によって番組を放送し
視聴者はそれに縛られる
OTTでは見たい場所で見たい時に見たいメディアで見たい番組を見れるのである
このメリットは限りなく大きい
 
世界規模で拡大を続けるOTT業者のなかで
どのような地上波、衛星放送の生き残り戦略を考えるのかは
ここ20年のアメリカの電波の歴史を見ても容易ではない
 
既存の放送メディアを揺さぶりながら
大手のOTT業者が日本市場に更に深く入っていくだろう
 Netflixの制作費は年間約6600億円
アマゾンは約5000億円
日本は最大のNHKで約2900億円
この制作費の格差は物凄く大きい
 
制作はローカル、視聴はグローバル
市場のシェアを圧倒的に取った方が制作費も潤沢だし効率的だ
Netflix のCEO リード・ヘイスティング氏の言葉の通り
世界は大きくOTTに舵を切って走り出しているように見える