A+FANG  

アップルの株価上昇が顕著だ
アップルの時価総額は11月10日現在で8900億ドル
日本円にすると113円換算で100兆円を超えた
日本のすべての企業の時価総額が500兆円と言われるので
その20%をアップルが占めることになる
もちろんアップルは世界一の時価総額の企業であるのだが・・・・
そしてFANGとを呼ばれるネット企業の株価も
アメリカでも急上昇だ
グーグルの時価総額は80兆を超えて来た
アマゾンが61兆円
フェイスブックが56兆円
この3社だけで約200兆円という膨大な時価総額になる
そして新興企業のネットフリックスも今や9兆円だ
さて私たちの生活を見てみよう
いかにアメリカのネット企業が大きな優位性を持っているかが理解できる
A+FANG  という形がわかりやすい
A  アップル
FANG
F  Facebook
A  アマゾン
N  ネットフリックス
G  グーグル
最初のAはアップルだ
スマートフォンは日本国内で
アップルの携帯 iPhonのシェアは69%と言う断トツ
しかもこのシェアは世界でも第一位と言うほど
日本ではiPhonが普及している
次にFANGのネット企業
この携帯を使って
グーグルで検索し
アマゾンで本だけではなくあらゆるものの買い物をして
ネットフリックスやアマゾンのネット動画ででドラマや映画を見る
そして日常や感想をFacebookで投稿する
この生活スタイルが今の日本において
いつのまにか深く浸透してきているのである
いやこのスタイルは世界においても同じようなことだろう
その世界のライフスタイルに浸透していっている企業ほど
株価が素直に上昇という形で現れている
しかし素直に喜べない現実がある
それは日本企業が一つも入っていないこと
そして日本の時価総額の約60%の300兆円を
アップル、アルファベット、アマゾン、フェイスブック4社で
持っていることだ
日本企業の時価総額はトヨタで23兆円
NTTで12兆円
ソフトバンクで10兆円だ
この数字を見るだけでも
生活の中に浸透しているネット企業が
これからもさらに成長していくことは理解できるのだが
なんだか途方もない違和感も残る
これからは第4次産業革命と言う
AIですべての産業が再定義される時代に入りつつある
この4社の企業の大いなる期待値も理解できるのだが
明らかにオーバーシュートの感は否めない
過去のITバブルの熱狂のような感覚もじわりと感じはじめている今日この頃だ。