アマゾンVSアリババ

201711月末の時点で

世界の時価総額ランキングを見ると

1位がアップル、2位がアルファベット、3位がマイクロソフト

4位がアマゾン、5位がFacebook 6位がアリババ(中国)と

6位までを全てIT企業が占めた

今の時代の趨勢を感じる出来事だ

 

EC事業の世界展開の2社を見てみよう

一つは4位のアマゾン(58兆円)だ

EC事業者なのだが、事業展開が多彩になってきている

物流、配送のインフラ整備に年間2兆円ほどかけているばかりか

AIスピーカーの発売

食品スーパー ホールフーズの買収(15000億円)

キンドルの開発販売

映像配信事業などなどのほかに

世界一と言われる(AWS)クラウド事業がある

全売り上げの90%はEC事業だが

利益の大半は売り上げの10%程度と言われるAWSのクラウド事業だ

 

次は6位のアリババグループ (51兆円)

中国の英雄や神様とも言われるジャックマー率いるEC企業だ

中国では独占と言ってもよいほどのシェアを確立している

中でもすごい成長を誇るのが決済サービス アリペイ(支付宝)だ

中国のスマホ決済の8割がこのサービスを利用していると言われる

マネーを入れておくだけで様々なサービスが利用できる

スマホの利用料金をはじめ電気水道、タクシー、海外送金など

面白いのは割り勘の機能も付いているのだという

しかも全てのサービスが無料

そのうえ余額宝のサービスを使えば、

お金を預けるだけで年利523%の利息がもらえる

これが爆発的に伸び、わずか4年で

MMFが世界最大の23兆円強まで増加したと言われる

この動きはさらに加速するだろう

アリペイの普及が本格化すると

銀行やクレジットは必要なくなるといっても過言ではないだろう

 

このEC事業の最強の2社が東南アジアで激突する

東南アジアの人口は6億人を超えると言われている

しかも英語圏であり、サービスもそのまま英語で対応できる

 

アリババは2016年に布石を打つ

シンガポールのLAZADA10億ドルで買収

シンガポールポストにも出資して第2位の株主となり

物流と配送の拠点をシンガポールで一本化した

Lazadaはインドネシア、マレーシア、フィリピン、タイ、ベトナムと

事業展開している

アリババグループの一員となり一挙に東南アジアで業績の拡大を図る計画だ

もちろん同時にアリペイのサービスも本格化していくだろう

 

アマゾンがシンガポールで動いた

アマゾンはインドのネット通販で成功をおさめた実績がある

シンガポールでは2017年7月に物流拠点を置きアマゾンのサービスをスタートした

これを拠点として次々に東南アジアに布石を打ってくるだろう

 

アメリカのアマゾン、中国のアリババ

今までは先進国のアマゾン、中国のアリババだったが

最後の成長圏と言われるアセアンにおいて最強の2社が激突する

EC事業での注目の米中対決が始まった

このアセアンを制したものが世界の勝者となることは間違いない