無敵のたくわん(宮崎市田野)

宮崎市田野、

この地域の冬の風物詩として有名なのが大根やぐらだ

今年の冬は霧島おろしと言われる風が冷たく

大根を干すには最適の環境のようだ

 

これが大根やぐら

 _

干した青首大根は本当に美味そうだ

 _

小泉武夫氏が食あれば楽ありの中で

たくあん漬けをこのように書いている

 

収穫した大根を

太陽の光に当てて干し、

それを塩と塩こうじに漬けた大根漬は

たくあんと称してすでに寛永年間(今から370年前)につくられはじめた。

保存が利き、歯ごたえが快適で

食べると大根の淡い甘さの中に塩のしょっぱさや 

発酵による爽やかな酸味などが付いていて

その素朴なおいしさは日本の漬物の王様として君臨してきた。

 

全国で生産量が最も多い地域は

宮崎市郊外の清武町や田野町周辺で

今やたくわんと言えば宮崎と称されるほどである。

味覚人飛行物体の吾輩も日向の干したくわんは大好きで

年中食卓から切らしたことがないほどである。

・・・・・

どうしてもたくあん漬けだけで

炊き立ての飯を食べたくなったので

さっそくそのようにした。

まず飯を炊き、日向(宮崎)製のたくわんを

ちょうど食べやすい大きさに切り分け

それでご飯を食べたところ

三膳の飯はあっという間に胃袋にすっ飛んで入ってしまった。

 

その三膳とは一膳目はそのまま食べ

2膳目はたくわんを細切れにし、かつおぶしと混ぜ

3膳目は熱湯をかけて湯漬けとしたそうだ。

 _

宮崎の真面目にコツコツと受け継がれてきた伝統と文化が

育む日本一の無敵のたくわんである!