シュガーハイ相場に金利上昇

2017年のNY株式のパフォーマンスは

1月の20000ドル近辺から

2018127日に付けた26466ドルまで

年率30%以上というすごい上昇相場となった

 

ローレンス・サマーズ ハーバード大教授(元米財務官)

この相場を称して「シュガーハイ」相場と言っている

子供たちが甘いものを食べすぎて

一種の興奮状態になることだそうだ

 

さてこの相場の甘いものとは3つあり

  1. 金融緩和による世界経済の回復
  2. 株高による資産効果
  3. ドル安

という甘いものを食べ続けているということだ

 

しかも12月には減税政策という新たな4つ目の

甘いものが加わった

このことでさらに興奮のシュガーハイ相場はさらに増幅されることになった

 

これに冷水をかけたのが10年物アメリカ国債の金利上昇である

金利は20179月から12月中旬まで2.35%程度と安定していたが

それから一気に24日には2.845%まで急騰した。

金利上昇と株価は逆相関

これを嫌気して一気にNY株の急落につながった

2018FRBは予定通り利上げを実施する計画

予想では年3回 075%の利上げとなり

10年物金利はさらに3%を超し金利上昇する可能性が大きい

そうなると株価には当然悪影響となる

 

「国家は破綻する」の著者 ケネス・ロゴス教授

金利上昇の悪循環は

  1. 金利上昇 
  2. 利払い利息の増加
  3. 過剰債務国の財務悪化
  4. 金利上昇 

何かの拍子に金利が上昇する場合は

それがもしイタリア、日本、新興国の一部の国のように

債務が多い国は多くの問題が発生すると指摘している

 

アメリカのシュガーハイ相場の最後は

日本にとって対岸の火事どころではなくなる可能性もある。