「夢を喜びに変える自超力」松田丈志

宮崎県森林組合連合会の講演会で

76日松田丈志氏をお呼びして

「夢を喜びに変える自超力」をテーマに

宮崎観光ホテルで講演会を開催した。

 

講演前の打ち合わせでは

現役を引退した後は

練習量も少なくなり、食事とのバランスがむつかしい

会食も多く、油断すると体重オーバーになる

現在トライアスロンに向けて練習をしている

現在の体重は85キロぐらい

88キロだと少しぽっちゃりした感じに

82キロにすると少しキレのある体になるとおっしゃっていた

 

さて講演会の内容だが

4歳から水泳を始めた

自分が8歳の時にバルセロナオリンピックで

14歳で岩崎恭子が金メダルを取った

オリンピックと言う最高の舞台があるんだと意識した

自分が所属したスイミングクラブは

ボランティアの方々で運営をされていて

公立中学校のプールの上にビニールハウスを張った簡素なものだった

施設、お金、情報は何もなかった

特に冬場は寒く泳げないから工夫した

陸上トレーニング、腹筋、背筋など

土台となる体づくりをしっかりできた

つまりフィジカルトレーニングで強い体を作れた

あと一つは集中力

練習できる時間が短いからなおさら集中した

ないという環境から2つの大きなものを見つけたという

 _

世界を感じた瞬間は

高校3年生18歳ででパンパシフィック選手権に出場した

1500mに出たが優勝者とは周回遅れの惨敗となった

世界チャンピオンとの差がわからない

実践しかないと考え、世界チャンピオンの国オーストラリアに行って

一か月間、一緒に練習することができた

実感したのは

はるかに超える練習量

世界一努力をしていることを、心の底から実感できた

そのあとから

頑張り、練習メニューなど、もっともっと自分を追い込んでいった

2年目、再度一緒に練習をしようと連絡したら断られた

しかし久世コーチはあきらめず、松田選手を引き連れ

現地に行き交渉しようとスイミングプールの前に行き

コーチに「プリーズ」と頭を下げた

2週間だけという約束だったが

結果一か月間また練習を見ていただくことができた

 _

オリンピックに出場する夢

それは久世コーチが絶えず松田選手に行っていた言葉

「あんたならやれる」

この言葉があったからこそ、松田選手はメダルに届いたのだと実感した

松田丈志氏の話は人生にも仕事にも通じる

熱のある講演だった!