アリババグループとJR九州との提携

最近、中国へ農業指導に行かれた方と話したことだが

中国ではスマホがあれば現金はほとんど出すことなく

旅行できると話されていた。

現実には中国人の生活はほとんどが

スマホ決済で対応できる

いまや中国はスマホ決済では世界で一番進んでいる国だ

 

中国でスマホ決済の一番のシェアを持っているのが

アリババグループのアントファイナンスだ

名前はアリペイ(Alipay

中国国内のアクティブユーザー数は6億人を超え

海外でも40の国と地域で

中国人向けのオンライン決済サービスを提供している

 

723JR九州はアリババグループと

戦略的提携を行うことを発表した

2023年には九州に100万人の中国人を送客するというものだ

2018年は9月から20193月に5万人の送客を実現するとしている

 

実施はアリババグループが提供する

中国人向け旅行商品の販売プラットフォーム フリギーを利用して

九州の魅力的な観光スポットを結ぶ旅行商品などを

ダイレクトに販売する

また中国人の旅行達人によるライブキャストを展開することで

より九州の魅力を訴求していくというもの

 

世界最大の金融子会社を持つアリババグループとJR九州の提携は

中国人旅行客の日本でのキャッシュレスの実現を図るだけでなく

それを取り巻く九州全域の旅行産業の拡大をも図ることもできる

まさに九州観光への大きなインパクトを与える地域活性化事業だ

今後の展開に注目していきたい!