小さな森の美術館(綾町)

綾の打ち合わせの後

綾わくわくファームの浜田さんから

素敵な場所があるから行ってみないと言われ

ご一緒して案内いただいた

綾錦原の馬事公苑から山の展望台に向けて登っていき

展望台を過ぎて下っていくと

小さな看板が見えてくる

看板には小さな森の美術館の表示が

看板を抜けるとまだまだ一本道が続く

何だかアプローチがヨーロッパの邸宅のように長い

ようやく美術館についた

オーナーで画家の玉田さんに話を聞いた

画家の活動は40年以上にもなり

息子も画家として戻ってきた

この美術館は昨年創ったばかり

展示してある作品は自分の描いたものがほとんど

息子の作品がこれから増えていくだろう

と淡々としゃべられているのが印象的だった

この美術館の中にいると

ヨーロッパにいるような気分になる素敵な場所だ

庭の片隅には自生したフキノトウがいっぱい

思わず採って良いですかと

玉田さんに了解を得て春の山菜の収穫までできてしまった

まだ綾町にもこんな知らない素敵な場所がある

文化度の高さと意外性に驚きながら

今日の出会いに感謝した