囲碁棋士 吉原由香里六段

吉原由香里六段が日本棋院宮崎支部の招きで

3月23,24日と宮崎にお越しただいた。

少し時間をいただいて話を聞いた

 

囲碁を始めたのは6歳の6月

父と一緒に習い始めた

日本では6歳の6月から習うことを稽古始めとされている

一年ほどたつと父を抜き、成績もぐんと上がり

周りから注目を浴びるようになる

プロを目指したがなかなか合格できない

慶応義塾大学一年の時に一度プロの道を諦めた

大学3年の時に父がなくなり再度トライしようと決意。

大学4年生の時、22歳でにようやくプロに合格した

卒業するとメディアから引っ張りだことなる

ヒカルの碁の監修をしてからは一段と注目を浴びるようになった

2007年から2009年女流棋聖戦3連覇を達成

若い人に囲碁の興味を持ってほしいとIGOAMIGOの立ち上げに奔走したり

メディアの囲碁開設や初心者向けのビデオを製作したり

囲碁の普及活動に努めていらっしゃる

現在囲碁の世界人口は4000万人と言われている

日本のレベルは前は世界一強かったのだが

中国や韓国に押されているのが現状

囲碁の歴史は中国では3000~4000年と言われており

日本でも1500年と言われている

朝廷や貴族の中で広まり、江戸時代になって一般大衆に広まっていったそうだ

日本では最初に国技と言われたのは囲碁だったそうだ

江戸時代の化政期(1804~1830)に当時隆盛となっていた囲碁を

武士階級が国技と言ったのが始まりだとか・・・・

 

吉原由香里六段の囲碁の説明は初心者でも大変わかりやすい

囲碁をシンプルなゲームとして捉え

キーワードを基に拡がりを展開して行く手法は素晴らしい

彼女のお陰で囲碁を習うきっかけになった人たちも数多いと思う

今後も若い人たちに囲碁の魅力を伝えつつ

日本の囲碁ファンのすそ野が大きく広がっていくことを願う

 

今回、宮崎にお越しいただくきっかけとなった

日本棋院宮崎支部の杉山さん、日高支部長、田山君はじめ

多くの関係者の方々のご努力に感謝いたします。