MaaSコンセプト誕生

モビリティ革命と言われるMaaSが世界中で話題だ

その内容が極めて詳しく書かれ

世界中で行われている実証実験のことも網羅されている

その本のタイトルは「MaaS」

MaaSとは「Mobility as a Service」の略

あらゆる交通手段を垂直統合し、その最適化を図ったうえで

スマホやウェブ上でマイカーと同様か、

それ以上に快適な移動サービスを実現する新しい概念だ

 

MaaSのコンセプトは誰が考えたのだろう

2014年フィンランドのヘルシンキ市都市計画局の依頼で

当時アールト大学の在籍していたソンジャ・ヘイツキラ氏が

発表した論文がルーツだ

ヘルシンキの問題の根底になるのはマイカー依存

鉄道、地下鉄、トラム、フェリー、バスなどの公共交通は整備されているが

利便性、快適性は決して高くない

結果マイカー移動が増え、慢性渋滞、駐車場不足、環境問題を引き起こし

移動をストレスに満ちたものとし町の魅力を失わせている

このような状況を打破するために考案したのが「モビリティオペレーター」だ

利用者のニーズに合わせ数々の交通機関を組み合わせて

最適な組み合わせを一つのサービスパッケージとして提案する

利用者はパッケージ料金を払い

モビリティオペレーターは交通事業者にサービス提供料を払う

これがMaaSの基本構造だ

 

この構想のアイデアをもともと考えていた人がアース・ヒーネタン氏

12年からITSフィンランドのCEOになったヒーネタン氏は

14年6月ITSヨーロッパの会議でMaaSコンセプトを発表した

MaaSという言葉が国際舞台で使われた最初となった

15年フランスで開催されたITS世界会議では

欧州MaaSアライアンスを設立、

世界各国にMaaSを拡げていく団体として位置づけられ

15年にはMaaSフィンランドをアース・ヒーネタン氏が立ち上げ

16年9月からはWhimのサービス提供を開始した

実際ヘルシンキではWhimの定額サービス導入後

ユーザーのマイカー利用は半減し

公共交通の利用は50%未満から74%に増加した

タクシーやレンタカーの利用も増えており、狙い通りに進んでいるという

 

ヘルシンキ発のMaaSコンセプトとアプリのWhimは世界中で話題となり

フィンランドは世界で最も先進的な移動サービス

を実現した国として知られるようになった

 

いま世界のトップランナーとなったMaasグローバル

今後の世界展開が楽しみでもあるとともに

日本の地方都市において、なくてはならない観点がMaaSであり

それがスマートシティのベースとなることも忘れてはならない