3蔵のプリンセスミチコ登場

日本酒には花酵母を使用している蔵が現在30以上あるそうです

もともと花酵母は東京農大が1998年に中田久保教授が

花から酵母の分離に成功したのがルーツ

その後さまざまな花酵母が開発されているそうです

さて今年は現上皇合が皇太子妃の時代に

エリザベス女王から送られた薔薇「プリンセスミチコ」から

東京農大が花酵母を分離して、東京農業大学経営者大賞を受賞された

全国の7つの蔵で独自の酒造りを行ったそうです

大吟醸を楽しむ会の会場である宮崎観光ホテルは

現上皇、上皇后が新婚旅行でご宿泊され、以来何度か

ご宿泊されたホテルでもある

ご宿泊された際には部屋にはプリンセスミチコも飾られていたそう

images-4

そういうご縁もあることから

大吟醸を楽しむ会では、参加していただける蔵元の中で

プリンセスミチコプロジェクトに参加された蔵に特別にお願いし

出羽桜、南部美人、蓬莱泉、の3蔵に

プリンセスミチコを持ってきていただくことをご了解いただきました

images

images-3

宮崎日日新聞にも記事で掲載されました

また宮崎観光ホテルでは津曲料理長に現天皇が皇太子時代に

食事されたロイヤルメニューの中から特別に考えて頂き

酒のおつまみとして提供していただくことを快諾していただきました

今年の7月7日に開催される大吟醸を楽しむ会では

まさに平成から令和につながる懸け橋として

プリンセスミチコのお酒とロイヤルメニューのつまみを合わせて

ご堪能いただければ幸いです