デカトロンVSワークマンプラス

関西の西宮で2つのスポーツウェア店が元気だ

 

1つは2019年3月に阪急西宮ガーデンにオープンした

フランスのデカトロン

世界最大のスポーツ用品メーカーとして知られ

世界になんと1500以上の店舗がある

デカトロンの名前はフランスの十種競技から来ていると言う

とにかく店舗が広い

数々のスポーツに対応したウェアやシューズなどが展示されている

しかも体験コーナーが随所にあり家族で楽しめる

フランスらしいおしゃれなセンスを感じるだけでなく

価格も驚くほど安い

売り上げが好調なことも実感できる

 

2つ目はワークマンプラスだ

ワークマンは作業着のユニクロとしても有名だが

2年ほど前からアウトドアのウェアにも進出し

SNSなどで釣りやバイク、登山などにも使えると評判になっていた

デカトロンの関西進出もあったことから

本格的にアウトドアのスポーツカジュアルの展開を考えていた

その名前がワークマンプラスだ

ららぽーと甲子園店に行ってみた

高機能を生かした商品展開と価格の安さが特に女性客に支持を得ている

スポーツブランドと比較すると約半額の低価格

価格は低価格に設定しているためセールは行わない

自慢の高機能を持ちながらの低価格アウトドアウェアは

凄い勢いの売り上げを上げている

価格もびっくりするほど安い

ジョギング用のパンツとシャツを買ったが重宝している

課題があるとすればデザイン性か?

アウトドアの入門着として考えると

これまでにない予想以上の大きな市場が開拓できるのではと実感する

 

次からの出店は全てワークマンプラスにすると

ワークマン本社は意気込んでいるほどだ