需要の瞬間蒸発はどこまで続く?

欧米の先進国は新コロナウィルスのため

ロックダウンやロックダウン寸前の都市が多い

イタリア、スペイン、フランス、アメリカなど国中で

感染者の押さえに必死だ

アメリカは新コロナウィルスのピークを迎えるのは

4月中旬だと予想されるため

これからが本当の戦いとなる

新コロナウィルスの影響は外出禁止は

一斉休業、休校、国外への移動禁止など

日本でも経済的に大きな影響が現れている

 

1つ目は交通や観光産業だ

航空キャリア、鉄道業者、バス業者などの交通産業

ホテル、旅館などの宿泊業

そして旅行代理店、日本各地の空港ビル、飲食店を直撃している

 

2つ目は世界の生産拠点の休止だ

中国、ヨーロッパ、アメリカ

数々の車産業をはじめ製造業の生産休止が

日本のグローバル産業を疲弊させ、かつ需要も蒸発させている

 

3つ目は影響に伴う金融マーケットの混乱だ

2月12日にNYダウは29551ドルを付けたが

3月には瞬間一挙に18231ドルまで急落した

原油も40ドル台から一時瞬間で10ドル台に暴落した

これに伴いドルキャッシュの資金需要が膨らみ

世界の金融市場はドル不足になり大混乱に陥った

世界での収束が見えるまで不安定な相場が続いていく

 

4つ目が大きい

イベントの中止や延期、自粛だ

オリンピックは一年延期になり、プロ野球、Jリーグも

開幕のめどすら立てることができない現実だ

5月末に島根で開催予定だった天皇皇后両陛下ご臨席の全国植樹祭も

一年延期になった

マスターズは中止、世界自動車ショーも中止となった

いつもの3月の歓送迎会、修学旅行もすべて消えた

今からイベントを行う主催者も終息のめどがどこでつくのか

いつから再開できるのかを時期を見極めることができない

 

4月1日の宮崎日日新聞によると

宮崎観光のシンボルとも言える宮交ホールディングスの3月は

宮崎交通旅行部では前年4億円以上あった取扱高が99、9%減少

貸し切りバスが94,9%の減少

宮崎観光ホテルの売り上げは62,7%の減少と

とんでもない悲惨な数字になっている

観光県宮崎が受けるダメージはそら恐ろしくなるほどだ

 

世界的な株高による資産効果で拡大していた景気は

3月の株価の急落とウィルスの影響による外出禁止で景気と消費は一挙に落ち込み

需要は瞬間蒸発してしまった

新コロナウィルスの拡大は世界中に広まっており、収束の目処はつかない

今は先行きの不安だらけで焦燥感だけが頭の中を回っている

先行きは全く読めない!