マンゴーの花(西都市曽我さん)

西都のマンゴー農家の曽我さんを訪れた

宮崎の完熟マンゴーは西都の曽我さん他

8件の農家で栽培を始めたのがルーツである

ハウスのマンゴーの木には花が咲いている

もう花も終わりかけですと奥さんの久子さん

今年は蜜蜂を23箱ハウスに入れて

受粉を行ったそうだ

一箱20000円程度だから

受粉の蜜蜂代だけでも50万程かかる

ご主人の曽我一敏さんは足の調子が良くないそうで心配だ

さてマンゴーの実はまだ小さいが一杯なっている

小さな実は多いので毎日摘果しながら

大きな完熟マンゴーに育てていくのだそうだ

毎日の摘果も大事なんですと久子さん

5月中順頃からから西都の初物が出てくる

また宮崎にはマンゴーの季節がやってくる

4月16日には太陽のタマゴの初セリが行われ

一箱2玉50000円ほどで落とされた

新コロナウィルスの影響で

需要や景気の冷え込みも予想され

今後のマンゴーの価格も不透明だ

マンゴー農家にとって頭の痛いところである

いろんな問題点はあるが

宮崎の夏は完熟マンゴーから始まるのは間違いない!