Iwanaga食堂(宮崎市)

ようやく自粛ムードも一段落

しかしまだまだ街の活気は戻っていない

さて宮崎市若草通かいハットから入った通りからすぐの米屋を曲がると

一番奥にIwanaga食堂がある

 

カウンターに座ると

刀根鶏のレバーと野菜の和え物

日本酒は雪の茅舎

ちりめんとほうれん草の炒め物

次は本マグロのレアステーキ

次の日本酒は山本

最後はビフカツの洋風カレー

ご主人の岩永氏に言わせるとデパートの食堂カレーらしいが

ビフカツが花を添えてみんなから美味そうと興味津々

食べてみると上品な欧風カレーで

ビフカツと一緒に食べるとまた一段と旨い

岩永氏の実力の引き出しもまだまだ深いものがある

店内もにぎわっていて嬉しい

こんな形で少しづつ宮崎の夜も活気が戻ってきてほしい