窓の梅(佐賀市)

佐賀市の窓の梅酒造にお伺いした

ここの蔵は佐賀県最古の蔵と言われる

創業は元禄元年の1688年

現在は清酒と焼酎を製造されている

オーク樽に貯蔵されているのは麦焼酎

古賀社長に言わせるとウィスキーみたいな味だと言う

窓の梅の純米酒は数々の賞に輝き

JR九州のななつ星でも提供されているという

息子さんの古賀酵治さんは蔵を継ぎ

徐々に自分の酒を造り出しているようだ

この歴もその一つ

トレンドでもあるジューシーさを感じる味わい

蔵見学をした後に面白いものを見せていただいた

酒切符の木箱は鍋島藩から酒の販売許可をいただいたものだそう

横の手書きで書かれたものは

8代目の古賀文左衛門が西宮(灘)に行き

酒造りを見て自ら書いた貴重な酒の技術書だそう

敷地は広く5000坪もあるとか

堤防の上から眺めるとスケール感がわかる

 

コロナ禍で酒の消費も減り

近くで開催される佐賀名物のバルーンフェスタも中止になってしまった

しかし明るくめげずに頑張る姿は古賀社長らしい

人望が厚く、佐賀県酒造組合の会長もされている

今後のますますの発展を祈念したい