黒岩土鷄VS高坂鷄

しろきじ15周年を記念して

しろきじ若草通店でしろきじOBが集まり

11月15日スペシャルイベントが開催された

OBが集まってお祝いをしてくれるなんて

これはしろきじグループの代表、福吉氏の人徳だろう

 

今日のゲストは2人

西中洲で焼き鳥輝久(きく)の大将、藤岡輝俊氏

宮崎のしろきじにいたときは輝君(テルくん)と呼んでいたが

すっかり大将らしくなっている

焼鳥のジャンルにとらわれないフレンチの要素もある輝久の串は

福岡で着実にその地位を不動のものにしている

そして宮崎の隠れ家、松の小松山龍信氏

6月に宮崎の山形屋の裏通りににオープンしたばかりだが

センスが良い素敵なお店として人気のお店だ

今日は

宮崎の黒岩土鶏と兵庫の高坂鶏との食べ比べ

黒岩土鶏は尾鈴山を丸ごと買い取り、放し飼いで育てた鶏

高坂鶏は丹波篠山で無添加の飼料で120日間育てて丸鶏で出すのが高坂流

カンテサンスや 輝久(きく)で使用されている

今日は10日間熟成された高坂鶏だそう

黒岩土鶏は森永店長が、高坂鶏は藤岡氏が焼く

 

最初は黒岩土鶏のコンソメ

15周年を祝ってコンソメには金粉が・・・

さて黒岩土鶏のねぎま

酒は竹鶴のお燗をいただく

ふりそで

せせり皮付き

 

そして高坂鶏と続く

ささみ

タレペタ  腰の皮

酢で仕込みしてあり味はさっぱり

ここで松の小松山氏が作ってくれた

柿の酢の物    煎茶のカクテル

この煎茶のカクテルは爆弾はなたれを煎茶に漬け込み

トニックウォーターとソーダで割ったもの

爽やかで美味しい

黒岩土鶏

レバー タレ

高坂鶏

アカ  内モモ

輝君に言わせると アカはシャートーブリアンならぬシャ鶏ブリアンらしい

タスマニアマスタード添え

お酒はいづみ橋の冷に

ウズラ トリュフオイル&トリュフ塩

黒岩土鶏 手羽

最後は稲庭うどん

 

いやあ!2人の職人と2種類の鶏を堪能した

イメージは黒岩土鶏は肉質の旨味を感じ

高坂鶏は熟成の風味がとても素晴らしかった。

 

しろきじ若草通の皆さん、藤岡輝俊氏、小松山龍辰氏

ご馳走様でした