ジャイアントストア宮崎店

宮崎市の中心地MRTテラスに

2月1日世界NO1の自転車メーカー

ジャイアントのストアが開店した。

サイクルツーリズムの拡大を目指している

宮崎県にとっては大きな拠点だ

しかもお店の運営をするのが

宮崎県サイクリング協会の奥口理事長というのも心強い

ライダーにとっても市内中心部に拠点ができることで

自転車を持ってこなくても気軽に自転車観光を楽しむことができる

まだ開店して間もないため

レンタサイクルは完備していないが

金子副店長は

将来的には是非対応したいという話だった

店内は広々としてとても見やすい

宮崎ライドを主催する我々事務局としても

ライダーにとっても、観光客にとっても

素敵なサイクルツーリズムの拠点として成長していくことを祈念したい!

茶月譚(チャユェタン)宮崎市

宮崎神宮駅から歩いて2~3分のビルの1Fに

茶月譚(チャユェタン)がある

中に入ると清潔で

台湾カフェみたいな異国情緒の雰囲気が好印象

 

タンツー麺のランチを頼む

残念だが食べると麺が伸びすぎていた

スープはとても美味しい

デザートのマンゴープリンも良い味

女性に人気なのが理解できる味だ

 

 

台湾カフェ度  ★★★

                                                                         

茶月譚(チャユェタン)

宮崎市神宮東3−6−5 102

0985−69−7516

10:00~19:00

月曜休み

Bioバル(宮崎市)

宮崎市中央通り川崎ビルのIFの奥に

Bioバルがある

赤を基調にした内装と木のカウンターが居心地が良い

 

東京から8年前に移住した藤田伊織さん

宮崎が大好きになりお店をはじめて6年になるという

ワインが大好きで特にイタリアの生産者に会いに行くほど

お店の基本はビオワイン

まずはイタリアのコスティエッラ・ロッソ

明快な果実味が小気味よい

後ろに見える伊織ママは

髪を切ったばかりのシャープな顔立ちで会話も楽しい

ママいわくビオワインはおばあちゃんの漬物だという

少し酸っぱかったり、癖もあるが、愛情に満ち溢れていて

とても愛おしく感じるそうだ

都萬牛のステーキを

赤身が旨い

次のワインはヘラロッソ

メルローとサンジョベーゼの少し変わった不思議な味

ユーカリの香りも少し感じる

ナポリタンを頼む

麺はナポリタン専用の特性麺、トマトソースもオーガニックだそう

麺がもちもちだ

最後の白はママのお任せに

リボッラ・ギャラ

オレンジの皮ごと漬け込んだ白ワイン

紅茶のような苦みと蜂蜜の甘みが複雑なアロマ

ママの気風の良さと笑顔にカンパイして

また来ようと帰途についた

 

 

気風(きっぷ)度  ★★★★+

 

BIOバル

宮崎市中央通り7−30

0985−64−8990

19:00~25:00  日祭日休み

第2回発酵親子教室の発酵昼食

みやざき発酵文化ネットワークが主催した第2回発酵親子教室は2月16日道本食品で開催された

48名の一般の方々から子供さんの参加で盛り上がった

発酵講座はみやだいずと味噌をケンコー食品の吉田社長

塩麹を二宮麹屋の二宮工場長、漬物は道本社長がわかりやすく説明された

さて発酵昼食の献立は

道本食品さんからこれだけのたくさんの種類の漬物が

この中には全日空のビジネスクラスで提供されているものもあるようだ

ケンコー食品の吉田社長のおばあちゃん手作り味噌玉

これをお湯に溶かして味噌汁に

このやり方だと濃ゆさや薄さが自分で調整できるメリットがある

初めての体験だったが参加者からもこれだったら家庭でも作れると大評判

横にあるのが味噌玉、これをお椀に入れ溶かして食べる

 

ラディッシュのご協力をいただき

県産鶏の三ツ星醤油と二宮麹屋の塩麴焼き

能登のセイアグリー卵の卵焼き

おにぎり2種

切り干し大根、みやだいずの蒸し大豆の副菜

キュウリの酢の物

参加者の感想も大変美味しかったと大好評でした

また塩麴の体験ができたことも大変楽しかったようです

味噌玉は家庭で作ってみようという人もあり

いかに発酵が注目されているのかを実感する教室となりました

また次回もお楽しみにしてください!

小さな森の美術館(綾町)

綾の打ち合わせの後

綾わくわくファームの浜田さんから

素敵な場所があるから行ってみないと言われ

ご一緒して案内いただいた

綾錦原の馬事公苑から山の展望台に向けて登っていき

展望台を過ぎて下っていくと

小さな看板が見えてくる

看板には小さな森の美術館の表示が

看板を抜けるとまだまだ一本道が続く

何だかアプローチがヨーロッパの邸宅のように長い

ようやく美術館についた

オーナーで画家の玉田さんに話を聞いた

画家の活動は40年以上にもなり

息子も画家として戻ってきた

この美術館は昨年創ったばかり

展示してある作品は自分の描いたものがほとんど

息子の作品がこれから増えていくだろう

と淡々としゃべられているのが印象的だった

この美術館の中にいると

ヨーロッパにいるような気分になる素敵な場所だ

庭の片隅には自生したフキノトウがいっぱい

思わず採って良いですかと

玉田さんに了解を得て春の山菜の収穫までできてしまった

まだ綾町にもこんな知らない素敵な場所がある

文化度の高さと意外性に驚きながら

今日の出会いに感謝した

おいしい亭(宮崎市若草通)

夜、なぜかお酒もあまり飲みたくなく

ビールが軽く飲めて食事ができるところがないかと考える時がある

ふっと頭においしい亭がひらめいた

若草通に入ってすぐの路地にあるお店だが

お昼時にはおばさま方の常連さんですぐ満席となる

定食もバランスが良く野菜たっぷりでご飯も美味しい

和風ハンバーク、とんかつ、焼き魚、チキン南蛮、和風ステーキ

がすべて珈琲付きで1100円

お昼は時々お邪魔するのだが夜は初めてだ

お店に入ると日高さんご夫婦が出迎えてくれた

料理はご主人、野菜料理と接客は奥様と

2人3脚で22年になるという

ビール小瓶と定食に付く小鉢を先にお願いする

ビールのあてにはぴったり健康的なつまみだ

 

昔は若草通もにぎやかで活気があった

お客さんの話だがいつのまにか若草通は枯草通りとなり

今ではイベント通りになったという人もいると話された

なるほどポイントを突いている

今日はアジフライ定食

ほのぼのと団らんしているような気分で

食事を楽しんだ

ビールも飲んで1450円の良心的な価格

お二人の気取らない温かさが居心地をとてもよくしている

カウンター8席の小さいお店なので

時間をずらしていってほしいお店の一つだ

特に夜、一人食事をするのはお薦めのお店だ

 

 

団らん度 ★★★★

 

おいしい亭

宮崎市橘通東3丁目2−17

095−26−0604

11:30~14:00  17:30~20:00

野菜ソムリエコミュニティ宮崎(坂東淳子代表)

野菜ソムリエコミュニティ宮崎代表の

坂東淳子さんの講演に行ってきた

宮崎県には野菜ソムリエの資格を持っている人が400人

その中で60名が会員となっており

その代表を務めているのが坂東さん

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0365.jpg です
野菜ソムリエコミュニティ宮崎代表 坂東淳子さん

坂東さんはみやざき発酵文化ネットワークの会員でもある

野菜ソムリエとは野菜果物の知識を身につけ伝え

生産者と生活者の架け橋になることだと話された

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0366.jpg です

野菜の魅力とは3つあるという

美力  見て美しい

野菜で作ったブーケは美しいだけでなく

後で食べられるのも魅力だ

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0369.jpg です
野菜のブーケ ラディッシュ、金時草、ブロッコリーなど

次に身力

体にとって大変良く健康になる食べ物

ミネラル分が多く体の余分な塩分を外に出す働きがある

機能性成分が多く健康維持や病気の予防効果が期待

最後は味力

食べておいしく様々な味わいがある

トマトの食べ比べや

スムージーの試飲なども興味深かった

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0383.jpg です
好評のスムージー 甘酒が隠し味

特にスムージーでは小松菜とりんごに甘酒を隠し味に入れたもの

爽やかで美味しかった

特に甘酒は発酵食品として大変注目度が高い

ドレッシングなど隠し味には甘酒は最適だとか

ベジファーストの食生活は健康維持には欠かせない

近い将来、野菜ソムリエコミュニティとのコラボイベントも考えていきたい

そば処まる(綾町)

綾町本物センターから歩いて3分ほど

道路沿いにそば処まるがある

入ると総ケヤキづくりの室内に驚く

なんと風格があることか

話を聞くと

加賀藩の庄屋だった古民家を解体して綾に運び

再び立て直したものだという

この雰囲気に浸るだけでも価値がある

さてここは蕎麦屋

注文は天婦羅蕎麦ご膳 1200円

 

北海道産のそば粉を石うすでひく10割蕎麦

つゆはコンブやカツオ節に大分産の醤油

甘くなく私好みの味わいだが

今日は冷たすぎた

蕎麦は香りがないのが気にかかる

天婦羅はもちろん綾の有機野菜を使用

ご飯は十六穀米

今日はなぜかご飯が固かった

 

贅沢な気分になれる場所なので

細かい部分を直すと一段と評価が上がるのだが・・・

 

 

総ケヤキ度  ★★★+

 

そば処 まる

0985−77−2551

綾町南俣689

11:00~15:00  (火曜休み)

25-4=9?(孫正義)

ソフトバンクグループの決算説明会が

2019年2月7日開催された

説明会では孫正義氏の愉快な放言が大変面白かった

複雑な自然現象を一行の式でシンプルに

読み解いたアインシュタインになぞらえて

ソフトバンクGを一行の式で表す孫正義ならではの発想だ

会社のバランスシートを見ても

ソフトバンクGの質や姿が良くわからない

しかも膨大な負債を背負っている

そのようなマスコミやアナリストの質問に対する答えがこの一行の式の中に込められている

さて注目していたのはエヌビデアの投資だった

101ドルで投資したエヌビデア

9月末には283ドルまで上昇した

現在は150ドル近辺

マスコミ関係者はこの投資に対しての決算の危惧を感じていたのだが

カラー取引という手法を使い218ドルで利益ができるようにしていたのだ

結果エヌビデアに関してSVFに大きな利益をもたらしていた

世界の投資ファンドもアッと驚いた高度テクニックだ

このことでソフトバンクGは単なるAI投資会社ではなく

世界先進の投資ファンドであることも明確になった

 

さて先ほどの式を思い出してみよう

25-4=9?

今現在の時価株式総額が

アリババの12,5兆円、ソフトバンクの4.2兆円をはじめ25兆円

負債総額は17兆円

現金で6兆円

7兆円はソフトバンクとスプリントが保有する借金なのでこれをひくと

4兆円になる

そして2月6日のソフトバンクGの株価から

時価総額を出すと9兆円だ

孫正義氏は言う

このように考えると株価は安すぎる

少なくとも2万円はあってよいと豪語した

 

さて投資のタイプには3タイプあると孫氏は言う

ウォーレン・バフェットのようなキャッシュフローを重視するタイプ

アルゴリズムを中心としたコンピューティングの投資のタイプ

そして我々はAIビジョンを重視するタイプだ

その底流にあるのは情報革命で人を幸せにすることだ

インターネット、ブロードバンド、スマホとステージを変えてきた

そのステージごとに中身を変化させてきたのがソフトバンクG

今時代はAIの入り口にいる

AIによるパラダイムシフトが進んでいく

だからこそAIの各分野のユニコーンのNO1を群の中に入れ込むのだ

 

明確でシンプルな論理は聞く人々を楽しくさせてくれる

まだまだ元気で夢を語り続ける孫正義氏

私は10年、20年、30年後の世界を見ている

その中において株式市場は単なる誤差でしかないと言い切った

是非AIの未来と人類の幸せの共存を現実のものにしてほしいと願っている

dish5(宮崎市田野町)

清武町から田野町に通じる国道269号線の

坂の手前にあるジョイフルを過ぎた交差点を左に曲がると

dish5のお店がある

以前は小さな工場だったがそれを改装したのだろう

入るとほぼ満席の盛況だ

インテリアもシンプルだが雰囲気も良い

オープンしたのは2017年10月というから

もう一年と3か月ほど

お客はヤング層が多い

最初にお冷が良いですか、炭酸水が良いですか?

との質問には驚いた

今までこのような嬉しい質問を受けたことはない

 

ランチコースはほとんどが900円

宮崎牛の個体識別番号を明示してあるが

その牛カツだけは1300円

今日は900円のチキンステーキのトマトソース

野菜がたっぷりで

ベジファーストの人間としては大変うれしい

 

卓上にはシーザーソースとオニオンドレッシング

チキンステーキもボリュームがあり満足

ただ少し残念なのはお米があまりおいしくない!

CPも良くこれだけヤングが集まるお店は

街中でもあまりない!

 

 

ベジファースト度 ★★★++

 

dish5

宮崎市田野町甲5168−3

0985−69−0056

11:00〜15:00 18:00~23:00

日曜、祭日、第2,4月曜休み