BeefAtelierうしのみや(シーガイア)

お店はシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートの一階

看板もない

名前はBeefAtelierうしのみや

時間になってい店に行くと

待合の間に通されるとまずは青汁

宮崎県産の野菜をブレンドしたもの

複雑な味だが健康には良さそうだ

お肉の前に健康な食前ドリンクである

 _

テーブルに案内されると

今日提供されるお肉の説明

ずらり並ぶ宮崎牛の部位・・・・

まずはシャンパン

_ _

お凌ぎは宮崎牛の肉茶漬け

次に肉八寸

宮崎牛友三角漬の燻製とカマンベールチーズの燻製

日向カボチャ味噌漬

ロースの葛打ち 玉ねぎのすり流し

このすり流しは甘くて美味、お替りが欲しい!

 _

生野菜はバーニャカウダー、オリーブオイルなど4つのソースで

 _

宮崎牛のミニ塩ハンバーガー 可愛くてジューシー

 _

さてオーストラリアの赤ワインを頼む 

牛タン焼きしゃぶ

 __

シャトーブリアンの鉄板焼き

ベスト、言うことなし!

 _

宮崎牛くりみの燻製(肩の希少部分)

旨味が強く肉らしい味わい

 _

ほほ肉の赤ワイン煮

 _

牛ロースとトマトのすき焼き

 __

冷や汁

牛乳を入れてクリーミーに仕上げている

 _

黒カレー

ゴマを使用しているので黒くなるのだそうだ

後からスパイシーさが追っかけてくる

 _

コースで量的には一人肉だけで180gぐらいだろうか?

予想以上にお腹はパンパンになる

腹八分が私個人では理想的なのだが・・・

 

このお店は小山薫堂氏のプロデュースであることは知られている

彼らしいセンスの良さも感じるし素材もこだわりがある

懐石風で肉が味わえる面白さもサプライズだ

カウンターでライブ感覚の楽しさみたいなものも感じることができる

サービスもそつがない。

13000円だが価格も妥当だ、安いくらいだと思う。

ただ少しお酒類が高いのが玉に傷

最後の締めの黒カレーやすき焼きの味が

もう一段ブラッシュアップされるとさらに良くなるのだが・・・・

まさに宮崎牛のいろんな部位を楽しめるお肉の旅だと思う

 

一つ思ったことは

お店に入ってすぐこのお店の方から小山薫堂氏の・・・・・

との挨拶コメントは嫌味に感じるのは私だけだろうか?

最後のメニュー表にもしっかり書いてあるのだから

かえって最初の挨拶は小山薫堂氏のイメージダウンにもなるような気がする

 

 

宮﨑牛 お肉の旅度  ★★★★

 

 

BeefAtelierうしのみや

シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート1F

0985211113

予約限定

 

 

一の茶屋(都農町)

日向に向かう10号線沿い

都農町を過ぎ、美々津の手前に一の茶屋はある

讃岐うどんと書いてあるが

それほどコシは強くない

どちらかと言うと宮崎らしい柔目のうどんだと思う

 _

ゴボ天うどんと名物一平揚げを頼む

一平揚げは注文ごとに

独自の魚のすり身を揚げて熱々で出す

独特の風味がありとても美味しいのだ

 _

若きご主人はきびきびして気持ちが良い!

 

 

一平熱々度   ★★★

 

 

一の茶屋

都農町川北169953

0983252486

10:3016:00  17:0020:00

木曜休み

ポチロン(宮崎市)

夕方、ふらっと行きたくなって

ポチロンに電話

今日は空いていたようで、カウンターに一人座る

山本マスターにdancyuに載っていましたね

しかも小山薫堂さんの連載エッセイと言うところが良かったですねと

と声をかけると

まさか掲載されるとは思ってもみませんでした。

掲載後すぐ全国の昔の仲間から連絡があったという

また雑誌を見てきましたとのお客さんもいらっしゃったようで

dancyuの力に驚いていた様子

 

さて今日は一人で食事

白ワインとレモンたっぷりの酸味の利いたポテトサラダ

つぎは北海道のイワシと佐土原茄子のカルパッチョ

意外性の取り合わせが気持ち良い

 _

赤ワインを頼み

都萬牛のステーキをハーフサイズで

豆の上に都萬牛が乗り

さらにその上から山わさびを振りかけてある

 _

健康的な赤身のステーキが美味

マスターと話をしながら楽しめる

夕暮れの1人カウンター席も乙なものだ!

 

 

1人カウンター度  ★★★★

 

ポチロン

宮崎市広島1−4−9第一小田ビル1F

050−5590−3596

11:30〜14:30 水曜日曜休み

18:30〜23:00 日曜休み

 

 

麺’sフリーク(鹿児島編)

鹿児島でラーメンと言うとご馳走のイメージがあるそうだ
ラーメンの価格の高さはそんなことも感じさせてくれる
しかも大根の白い漬物がついて出てくるのが常識
麺が全体的に柔らかいのも特徴なのかな?
個人的には海の家、こむらさき、などが好きなのだが
市内だけではなく県内にも特色あるラーメン屋さんがある
鹿児島県内のラーメン屋さんをご紹介したい


豚とろ天文館アーケード店

豚骨と鶏とかつおを煮込んだ濃厚な味で
チャーシューも柔らかく、デビューと共に
多くのファンを獲得し、一躍鹿児島ラーメンの
代表店の一つとなったラーメン屋さんだ
豚とろのお店も本店のほか中央駅店と
こむらさきの2〜3件隣りに天文館通にも新しいお店ができた
今日はその新しいお店に・・・
チケットは自販機で前払い制
豚とろラーメン850円のチケットを買い
入って感じたことだが活気がない
_
ラーメンを食べてみた
昔できたばかりの愛情あふれる旨さには程遠く
レベルは高いのだが
なんとなくチェーン店のような味に様変わりしていた
私にとって半分以上魅力が無くなったラーメンだ

落胆度  ★★★

鹿児島市東千石町11−15
099−226−7755



とくだラーメン

地元民に愛される老舗ラーメン店
昔ながらの食堂を思わせる店内
そこに開店早々からお客が詰めかける
ラーメンを注文 650円
麺固めは鹿児島では必需
大根の漬物がとても美味しい
_
少しスープが濃いめで塩辛いのが特徴だ
しかしお客さんが続々とどんどん多くなる
驚くほどの繁盛ぶりだ
_
食べていくとこの濃厚さが悪魔的な魅力となるのかと思う
それにしても少し塩辛い!


地元密着度  ★★★☆


霧島市隼人町真孝856
0995−43−5782
11:00〜20:00



五十嵐食堂

伊佐市大口の山野にある
地元に方々に愛されているラーメン屋さん
カウンター席とテーブル席が2つ、大きな座敷もある
この座敷を見ただけで人気の程がうかがわれる

ラーメン550円と
人気だというのでチャーハン400円も注文
テーブルには自家製梅干し、ニンニクの醤油漬け、
自家製うまいラー油が置いてある
_
ラーメンはオーソドックスな味だが
途中でラー油を入れると味がマイルドになり風味が一層増してくる
_
チャーハンはチャーシューの細切れが入っており
それなりに美味しかったが、ご飯が良くなかった

食堂の割には駐車場がものすごく広い
これも人気を現している証拠だろう

うまいラー油度  ★★★++

伊佐市大口山野
10:00〜20:00

味のとんかつ 丸一(鹿児島市)

鹿児島市の市街地の中心

鹿児島中央ビルの地下にとんかつ屋さんがある

地下に降りていくと

とんかつの香ばしい匂いが漂ってくる

これだけで食欲がそそられる

そして人の行列がずらり・・・・

 _

ようやくお店に入ると

カウンターの中では、ご主人が黙々と

サウスポーでとんかつを揚げている

ヒレ(1300円)を注文!

 

ここは黒豚を一日寝かせて揚げるのだそう

8割揚げて、後の2割は余熱で蒸す

肉のボリューム感が凄い

見た目は少し焦げたように感じるのだが

食べてみると柔らかく、肉の食感も良い

 _

ご主人は警察出身

東京でお店を開こうと思ったが

とんかつの魅力を広げる意味でも

鹿児島に店を昭和58年にオープンした

お米もあきたこまちを使うなど食材にもこだわりを持つ

ご主人の揚げる姿も魅力の一つである

 

キャベツの千切りの仕方と見た目

味噌汁 などの細かい点が

さらにブラッシュアップされれば

まだ魅力度が増すだろう

 

 

サウスポー度  ★★★☆

 

味のとんかつ 丸一

 

鹿児島市山之口町1−10鹿児島中央ビルBF

099−226−3351

11:30〜14:00

17:00〜21:00

日曜休み

 

祝ブルーツリー30周年パーティ

ブルーツリーの30周年パーティが
全国から350名のお客さんを招き
6月9日宮崎観光ホテルで盛大に開催された。
__パーティを支えたスタッフの皆さん


宮崎市ダイヤモンドビルの5Fの
小さな場末のようなスナック
しかもおじさん一人でやっているスナックが
全国の焼酎ファンの中から焼酎の聖地と言われているほど
輝きを放っている。

最初のご挨拶では
上妻マスターは何度か生命の危機があった
一度目は交通事故
2度目は脳梗塞
しかし医者の意見は聞かず、好きなコーラやたばこは
止める気配すらないと笑いながら話された
_
あおき中学校出身なので名前はブルーツリー
マスターの上妻隆一郎さんは
お店をオープンしたのは1988年6月10日
今まで何度かの危機を焼酎で助けられ
お店もこれまでやってこれた
焼酎の蔵元を若くなってきている
今からは若い人の時代
この若い蔵の方々が次の時代の焼酎を引っ張っていっていただきたい
と挨拶
_
3Mをはじめ様々な焼酎が飲み放題
その中でもひときわ存在感があったのが
萬膳の宿翁
今ではネットで27万円と言う高額商品のようだ
_
65年まえのダルマ焼酎
月の中の35℃などなど
たくさんの日頃めったに飲めない焼酎を試飲させていただいた
_
パーティは
村上三絃堂の三味線
ねこやさんのマグロの解体などで盛り上がった
_
小さなスナックが30年を迎えたことは
全国でも珍しくないのだが
これだけの全国の焼酎ファンに愛されているマスターは
全国でもここだけだと断言できる
まさに宮崎の財産であり、誇りとなる焼酎バーである

10年目は飲みすぎて前後不覚になり
20年目はズボンのベルトが亡くなった
30年目は体の不調をファンの声援で何とか乗り切ったと
上妻マスター
今度は40周年まで是非頑張ってください!
パーティお疲れ様でした
そしてありがとうございました!



ふじ木(宮崎市)

梅雨に入り、じめじめした天気が続く

こんな日には日本酒と和食で楽しみたい

宮崎市の一番街を抜けた先のビルの2F

ふじ木にお邪魔した。

 

まずは蒸しアワビとふきの酢味噌添え

乾杯はMIZUBASYOPUREで・・・・

Awa酒の会長でもある永井酒造の蔵

きりりとした泡がじめじめ気分を吹き飛ばしてくれる!

 _

卵豆腐のジュンサイ添え

 _

刺身

かつおの赤身が綺麗だ

あらも美味しい

お酒は新潟村上の銘酒、〆張鶴の金ラベル

 __

焼き物には神亀の大古酒

 _

一番驚いた品は

鳥出汁の魚うどん

魚と鳥のだしが両方合わさり

ごぼうを入れることで風味も一段と良くなる

アイデアと技の融合の逸品である

最後は南部美人の大吟醸を飲みながら

爽やかで美味しい一時を過ごした

ご馳走様でした!

 _

 

旬のアイデア度   ★★★★☆

 

 

ふじ木

 

宮崎市千草町1−2ABCビル2F

0985200833

17:3023:00

日曜休み

 

ひろし薫(斎藤精肉店)

宮崎県延岡市土々呂に

こだわりのハム・ソーセージを作っている

精肉屋さんがある。

名前は斎藤精肉店

初代の斎藤寛さんがハムソーセージの製造をはじめ

それをきっかけに「ひろし薫」と名付けた

 _

4年前にお店をご紹介したが 

店は2年前に素敵な新店舗に変わった

2017年からは大吟醸を楽しむ会にも

つまみでチャーシューなどを出していただいている

 

この精肉店の素晴らしいところは

自社農場で豚を成育されていること

しかも飼料はメカブやハーブなどを食べさせ

安心安全で上質な豚肉を生産されている

しかもハムやベーコンには添加物を入れていないのも凄い

まさに豚の成育からハムの生産まで一気通貫で

実現されていること自体が素晴らしい

 

お店に入ると全員でハンバーグを作っているところだった

毎日手作りでこのように作りますとのことだった

 _

3代目として頑張っていらっしゃる斎藤裕典氏に話を聞いた

ロースハムは一番の人気商品ですが

総菜やお酒のあてにもなる商品が今は人気です

例えばミートローフやレバーペーストなどでしょうか

と話されていた。

 _

今後も地道に安心安全の食品を提供してください。

三代目、期待しています!

 

 

一気通貫度   ★★★★☆+

 

ひろし薫

 

斎藤精肉店

宮崎県延岡市土々呂4丁目

0982−37−0131

日曜休み

 

沿露目(ぞろめ)門前仲町

門前仲町、富岡八幡宮そばの路地に

ひっそりとお店を構える隠れ家的な居酒屋、沿露目(ぞろめ)、

カウンターだけの日本酒バー的な雰囲気だが

酒飲みの心を知り尽くしたご主人の料理も評判だ

 _

今日のお通しはホタルイカとモッツアレラチーズの酢味噌掛け

この味だけで実力がわかる

酒は群馬泉のお燗を・・・

 __

ほうれん草のおひたしやきんぴらなどのつまみ

穴子の煮凝り

 _

この煮凝りは以前近くにあった

居酒屋の名店、浅七の名物を再現したものだとか

 

煮穴子焼きには神亀のお燗

ふっくらとした煮穴子に神亀のお燗が絶妙

 _

奥能登の白菊には牛肉シュウマイ

このシュウマイが肉汁たっぷりで良い味だ

 __

肴は遊びの中にも歴史を感じる味わいだ

冴える料理、染渡る日本酒

日本酒の品揃え、コストも言うことなし!

このお店が予約が取りにくいのにも納得できる

下町の新しい名居酒屋だ!

 

 

 

酒飲み度  ★★★★☆

 

 

沿露目(ぞろめ)

 

東京都江東区富岡1126阿久津ビル1F

17:0025:00

日曜休み

 

麺’sフリーク(札幌編)

北海道の2017ミシュラン本にビブグルマンとして

掲載されているラーメン屋さんをご紹介したい

どちらもショウガがキーワードだ

 

ラーメン信月

 

すすき野のラーメン横丁の隣のビルの1F

カウンターだけの殺風景なお店なのだが 

実力は侮れない

しょうが醤油ラーメン(820円)を注文

 _

スープを一口飲んだだけで

まろやかなコクと旨味を感じる

次はしょうがをスープに混ぜながら食べると

口の中の風景が変化する

すっきり感と爽やか感が際立ってくる

華麗なる味の激変を試されてはいかがだろうか?

次は人気のしょうが塩を食べてみたい!

 

激変度  ★★★☆++

 

札幌市中央区南5条第4グリーンビル1F

0115334844

 

 

 

麺屋 彩未

 

すみれで7年間修業後に独立

かかっているのれんはすみれの村中親方から贈られたもの

今や全国で名前が轟いているラーメン屋さんだ

ご主人の奥氏の立派さは

各地で開催されるラーメンイベントや

チェーン店展開などには目もくれず

一店だけでお店のお客さんに真摯に

魂の一杯を作り続けている姿勢だ

今日は味噌ラーメン(750円)を注文

まずはスープを・・・・

すみれよりあっさりしていてくどくない

_ 

聞くと味噌は3種類の白味噌のブレンド

ネギは京都の九条ネギ

炙ったチャーシューの上にしょうがが乗っているのが印象的だ

しょうがは高知の黄金生姜

このしょうがを混ぜて食べると後味の爽やか感がぐんと増す

日々進化するラーメン屋だ

 

奥店主の姿勢こそが

全国のラーメンを修行している人たちの目標となっているのだろう

 

 

魂の一杯度  ★★★★☆

 

札幌市豊平区美園105312

0118206511

11:0015:15  17:0019:30