GE宮崎日南海岸ライド2019エントリースタート!

2019年4月21日開催の

グレイトアース宮崎・日南海岸ライドのエントリーがスタートした。

大会ナビゲーターは白戸太朗氏と久しぶりとなる片岡ゆいちゃん

スペシャルゲストは

バレーボール界で世界の大砲と言われた山本隆弘氏

ロングコースががらりと変わった

運動公園をスタートして、新緑の山を登り

最初のエイドポイントは道の駅田野

それから飫肥城へと向かう

飫肥城エイドでは昼食をとった後

日南海岸を通り

新エイドポイント 潮の杜で一休み

そこから日南海岸を通って

最後のエイド道の駅フェニックスへ

絶景のビューポイントをチェックした後は

ゴールの運動公園までの100キロコースだ

ショートコースも変わった

運動公園から加江田周りで宮崎大学・

青島から道の駅フェニックスへ

日南海岸を通り潮の杜で昼食後

Uターンしてまた道の駅フェニックスへ

そして最後はトロピカルロードを通り

ゴールに帰ってくる約60キロのコース

 

前夜祭となるKIRISHIMAナイトは

オフィシャルホテルであるアリストンホテルで開催する

今回は着席です

山の新緑と海の青、空の青が素晴らしい日南海岸を走り抜ける

宮崎・日南海岸ライド

お問い合わせは

0985−31−7086  横山まで

https://www.sportsentry.ne.jp/event/t/77247

エントリーはこちらからどうぞ

NagaiStyleペアリングディナー(報告)

モダンフレンチと水芭蕉の饗宴

NagaiStyle ペアリングディナーを

11月21日宮崎観光ホテルのディアマンルージュで開催した

料理はゲストシェフの小野シェフと宮崎観光ホテルの太田シェフ

NagaiStyleとは

ワインの世界ではスパークリング、白ワイン、赤ワイン、デザートワインと

料理を合わせるように

永井氏は日本酒でも4つのカテゴリーで日本酒を誕生させた

開発には20年かかったそうだ

スパークリング、大吟醸、ビンテージ、デザートサケ

2013年には700回も失敗を繰り返し、ようやく

スパークリングの瓶内2次発酵のMIZUBASHO PUREの開発に成功

ビンテージは10年以上熟成したお酒

デザートサケは貴醸酒を

マイナス2度で7年間貯蔵させて完成させたもの

MIZUBASHO PUREには

宮崎キャビア1983と西米良サーモンのタルト

大吟醸 翠(すい)

アワビとその肝のリゾット(穂波の舞)アランチーニ仕立て

鴨のローストとフォアグラの味噌漬けのポアレ

大吟醸 雪ほたか

ねこやさんの日南どれ白身魚 ウニとホタテの衣をまとって

水芭蕉 VINTAGE2006

昆布締めした笹ビーフモモ肉ロースト

デザートサケ

生チョコショコラの模様の上に

ダイワファームのクリームチーズのアイスクリームと

酒粕を使ったロールケーキ

参加者の皆さんは日本酒と料理のペアリングを

堪能されていたようだ

水芭蕉の永井社長をはじめ小野シェフ、太田シェフ

そして宮崎観光ホテルのディアマンルージュ清水支配人他

多くの方々のご協力で成功につなげることができた

深く感謝を申し上げたい!

全国発酵食品サミットin長野

第11回全国発酵食品サミットが11月16日から18日まで

長野市で開催された

長野県は男女ともに長寿県としても有名だ

しかもマルコメ味噌をはじめ発酵食品もたくさんある 味噌は生産と消費ともに全国一位

酒蔵の数も全国で2番だと言う

 

メイン会場のほくと長野市文化ホールでは

開会式で長野県の阿部知事が発酵長寿宣言を行った。

そのあとの基調講演は小泉武夫教授

甘酒の話が印象に残った

甘酒市場は2012年の55億円から2016年には217億円まで急増

甘酒は江戸時代は夏に飲んでいた

暑さで体力がなくなる江戸時代は夏に亡くなる人が多かった

甘酒にはブドウ糖、アミノ酸、ビタミンB群が豊富に含まれている

そのため飲む天敵と言われる甘酒を飲んで夏を乗り切ったのだそう

砂糖を一切含まないこと

特に妊産婦や子供も安心して飲めることから

一挙に伸びが加速している

会場でも甘酒の展示が行われていたが、凄い製品の数だ

パネルディスカッションでは真澄の宮阪社長や

料理研究家の横山たか子さんたちによるパネルディスカッション

信州の発酵食の魅力と未来

ヨーロッパにはワインカントリーツーリズムがある

信州は発酵国ツーリズムを考えてはと話をされていた

外では発酵マルシェが開催されて

長野の多くの発酵食品をはじめ、全国の発酵食品も展示されていた

来年は熊本の開催のようだ

第21回大吟醸を楽しむ会世話人、事務局

大吟醸を楽しむ会のお世話をしていただいている

世話人のメンバーは宮崎の財界や文化人などから構成されている

世話人の色んなサポートを受けながら

20年以上も続いている会も全国では珍しいそうだ。

世話人代表  町川安久 (宮崎日日新聞社 社長)

挨拶では若山牧水も旅とお酒を愛したが

この会では居ながらにして

大吟醸日本一周の旅が味わえますと話していただいた

世話人代表代行  菊池 克賴 (宮交ホールディングス社長)

日本酒が大好きという菊池社長は、

全国の蔵元の珍味が素晴らしいと言われていた

世話人

岩切達郎   宮崎ゴルフ社長

佐多芳大   宮崎県物産貿易振興センター会長

ジェイミー・ハバード   フリータレント

薗田潤子   フリーアナウンサー

濵田倫紀   宮崎綾スローフード協会会長

村田淳一  日本の酒と食の文化を守る会 会長

吉田孝平  戸高コーポレーション社長

事務局

プロデューサー   満元英明

事務局長      横山久美

村田会長は最初からの世話人でもあり

全国の蔵元の参加について大変な義尽力をいただいている

また世話人の吉田孝平さんは

影となりひなたとなり、大吟醸を楽しむ会に貢献していただいている

来年は22回、

参加者、蔵元からも「新たな進化を遂げた!」

と言われるように頑張りたいと思いますので今後ともよろしくお願いいたします。

第一回発酵親子教室(報告②)

ひでじビールの見学の後は

創業108年の佐藤焼酎へ

祝子川(ほうりがわ)の流れのほとりに立つ

背禅と共生し、美術館とも思えるようなアートな工場だ

焼酎の説明を聞いた後は

杜氏の甲斐さんから工場見学をしていただいた

亀壺で仕込む焼酎

ひでじビールの永野社長と佐藤焼酎の甲斐杜氏

 

見学の後は早速焼酎の試飲会

麦焼酎の天の刻印や銀の水が全国的に人気だとか

地元はやはりイモ焼酎の需要が多いとか

参加者の皆さんで記念撮影の後は

延岡駅にまちづくりの拠点としてできたばかりのエンクロスに

施設が新しく快適だ

ここで清酒の発酵の説明を聞いた後は

千徳酒造のお酒の利き酒会

一日でビール、焼酎、清酒の発酵の勉強と試飲会

そして飲めなかったハンドルキーパーの方には

三蔵協議会から素敵な詰め合わせセットがプレゼント!

おかげさまで無事に第一回の発酵親子教室を実施することができた

参加者もとても堪能されたようだ

ひでじビールの皆様、三蔵協議会の武井さんはじめ

多くの方々に感謝を申し上げます!

本当に有難うございました。

第一回発酵親子教室報告(延岡①)

第一回親子発酵教室が

みやざき発酵文化ネットワークと三蔵協議会の共催で開催された

 _

集合は延岡市行縢山のふもとにあるひでじびーる

みやざき発酵文化ネットワークの会長でもあり、ひでじビールの永野社長からあいさつ

そして延岡三蔵協議会の武井さんがビールの発酵を説明

 _

ビールは麦芽にホップを加え

酵母で発酵させて造るアルコール飲料

ラガーとエールのビールの違いなど

とても分かりやすかった

そのあと一般の方はほとんど入れないという工場見学

ここは麦芽を煮沸するため、夏は50度ぐらいになるという

 _

タンクの貯蔵室は17度に保たれているそうだ

巨大なタンクは宮崎県産企業が製造した

現状では80%以上のシェアを新潟県のメーカーが持っているそうだ

これにチャレンジした永野社長も受けた宮崎の企業も立派だ

 

工場見学の後はお待ちかねの試飲

最後に世界NO1ビールとなった初黒も出てきて

参加者全員嬉しい驚き!

 _

またお昼の発酵三昧弁当に参加者一同大感激

原価は全く考えておりませんと永野社長

時間がない中でネットワークの発酵企業の製品を生かし

素晴らしい発酵弁当を作っていただき感謝でした

_ 

  鶏と野菜の奉書巻き 醤油もろみソース 甘酒に漬けたサンマ 塩麹鮭 味噌とチーズの混ぜご飯等など工夫と創造性を感じる発酵弁当でした!

 

awa酒協会認定式2018

一般社団法人 awa酒協会の認定式が

八芳園で1017日開催された。

永井理事長から世界の乾杯酒を目指して

2年前に8蔵で発足したが

現在15蔵に増えている。

 

今年は経済産業省からJAPANブランドの認定も受け

10月にはシャンパーニュ地方に研修に行ってきたばかり

これからも応援していただきたいと挨拶

 _

来賓は豪華な顔ぶれだったが

まずは俳優の柴俊夫氏が

外国で和風テイストのパーティをしようとすると

乾杯の時が非常に困る

シャンパンだと意味がない

そんな意味でもawa酒ができたことは大変うれしい

 _

小泉進次郎氏は

先日インドに行ったらインドは州の長のほうが

モティ首相より権限がある

税率は州の長が決める

ある州の長は日本酒が好きで日本酒の関税が50%から23%に下がったという

 _

ニュージーランドは日本酒の関税はゼロ

世界を見るとまだまだ伸びしろがあると思う

内閣改造になると永田町は胡蝶蘭の花で埋め尽くされる

しかし花も良いが

これからはawa酒を贈るようにすればよいとの発言に

会場大喝采!

 __

認定式は出羽桜など新しい蔵4蔵に

昨年からの水芭蕉、南部美人、千代むすびなど8蔵を加え

トータル12社が認定された。

 _

黒龍も会員になられたそうだ

awa酒の今後もますます注目していきたい!

NagaiStyle ペアリングディナー

水芭蕉の永井則吉(ながいのりよし)社長が宮崎にお越しいただき

11月21日、宮崎観光ホテルのディアマンルージュで

独自に考えられた、業界初となる4つの酒のカテゴリーと

料理を合わせるペアリングディナーを開催することが決定した。

NAGAI STYLEとは

Awa酒 MIZUBASHOPURE 700回の失敗の上誕生した世界初のスパークリング清酒

大吟醸、ビンテージ酒、デザート酒と料理を合わせること

世界の三ツ星レストランでは大変注目を浴びている

_ 

今回はモダンフレンチと水芭蕉との饗宴を堪能していただきます

会費は13000円

限定60名となっているのでお早めに申し込みをしていただければ幸いです

 

永井社長は2016年2月に設立されたawa酒協会の理事長でもあり

忙しい日々を送られている。

現在、最初のメンバーの南部美人、八海山、水芭蕉、千代むすびの9蔵に加え

出羽桜、福光屋、黒龍などの蔵も参加し15蔵になったそうだ

10月にはシャンパーニュ地方に会員の蔵元と研修に行かれ

世界の乾杯シーンで日本のawa酒が

シャンパンやスパークリングと肩を並べる存在になることを目指している

 

料理はゲストシェフの小野貴史シェフと

宮崎観光ホテルの太田雅也シェフが担当する

小野シェフは10月からななつ星のメニューも担当されるとか

そんなお話も聞きながらお酒と料理のペアリングを楽しんでみませんか?

 

参加申し込みは 大吟醸を楽しむ会事務局

0985317086 までどうぞ

 お陰様で満席になりました。

 

みやざき発酵文化ネットワーク

みやざき発酵文化ネットワークの記事が

宮崎日日新聞に108日掲載された。

 _

発酵で宮崎の未来を醸すをキーワードに

発酵×体験×食=健康を宮崎県内に広めていこうということで

下記の企業や団体に趣旨を賛同していただき

7月に立ち上げたばかり

 

会長   永野時彦  ひでじビール社長

副会長  大窪和利  ダイワファーム社長

監事   道本英之  道本食品 社長

監事   田北賀也  八興商事 相談役

 

 

会員   赤尾誠二  都農ワイン 取締役工場長

会員   吉田努   ケンコー食品 社長

会員   二宮祥彰  二宮麹屋 6代目工場長

会員   宮田健矢  宮田本店8代目

会員   松下亮子  元公証人役場事務局長

会員   満元英明  地域活性化プロジェクト 社長

会員   横山久美  大吟醸を楽しむ会事務局長

会員   坂東淳子  野菜ソムリエコミュニティみやざき代表

 

 

第一回の活動は1013日(土曜日)に開催される

発酵親子教室

世界NO1のビールを受賞したひでじビールに集合して

ビールの発酵の説明を永野社長にしていただいたあとに

試飲と楽しみな発酵三昧弁当を食べていただく

そのあと佐藤焼酎を見学の後

延岡駅のエンクロスで千徳酒造の利き酒会を実施する

エンクロスで流れ解散となる

ハンドルキーパーには三つ蔵協議会から

三蔵詰め合わせセットを進呈

大人2000円 20歳未満 1200

 

お問い合わせは 

みやざき発酵文化ネットワーク事務局 0985317086まで

 

PayPayの野望

インドに注目の企業がある

インド最大のデジタル決済企業 Paytm(ペイティーエム)

インドでは3億人以上のユーザーと800万の加盟店を持ち

公共料金、チケット、旅行予約など

幅広い決済で利用されている

転換期は2011年だ

社長のシャルマ氏がデジタルペイメントの新規分野に乗り出した

 

アリババグループは201510Paytm

アリババ、アントファイナンシャル連合で68000万ドル(75億円)

の出資を行い、事実上アリババの子会社となり

アリババ、アントファイナンシャルのアドバイスを受け、

中国のQRコード決済のシステムを取り入れ

インドでの爆発的な成長につながっていった

そして20175月ソフトバンクの孫正義氏が動いた

何と14億ドル(1500億円)の出資を決めたのだ

 

Paytm(ペイティーエム)

決済機能だけの運営会社から

金融機関としてのライセンス取得を目指し

20171月にライセンスを取得し

会社をEコマースと決済銀行に分社化した

この流れはアリババとよく似ている

アリババからスタートし、アリペイにより電子決済を普及させ

金融機関の免許も取り成長しているアントファイナンシャルと同じ戦略だ

 

さて日本ではPayPay7月にソフトバンクとヤフーが立ち上げた

孫正義氏の頭の中には大きな構想が練られているように感じる

ソフトバンクとヤフーの会員、8000万人に向けてと

そして中小加盟店の新規開拓

これが急務の課題

営業部隊はほぼ全国の都市部に張り巡らせた

加盟店は店舗に掲示されたQRコードだけで対応が可能となる

3年間は手数料無料として一気に日本NO1を狙う戦略だ

今までのヤフーのEコマースの伸び悩みを

PayPayで解消していく

アリペイとの連携で訪日観光客も取り組むことが95日に発表された

 

孫正義氏の狙いは日本だけでなくアジアの決済機能を牛耳ることだろう

まず日本でキャッシュレス時代を浸透させ

アントファイナンシャルやPaytmの戦略と同じく

最終的には金融機関まで念頭に置く狙いもあるのではないか

 

ソフトバンク、ヤフー

そしてアリババグループ、Paytmの連合軍で

なかなか定着してこなかった日本のキャッシュレス時代が

一気に到来していくのか、

秋からPayPay注目のプロモーションがスタートしていく