awa酒協会認定式2018

一般社団法人 awa酒協会の認定式が

八芳園で1017日開催された。

永井理事長から世界の乾杯酒を目指して

2年前に8蔵で発足したが

現在15蔵に増えている。

 

今年は経済産業省からJAPANブランドの認定も受け

10月にはシャンパーニュ地方に研修に行ってきたばかり

これからも応援していただきたいと挨拶

 _

来賓は豪華な顔ぶれだったが

まずは俳優の柴俊夫氏が

外国で和風テイストのパーティをしようとすると

乾杯の時が非常に困る

シャンパンだと意味がない

そんな意味でもawa酒ができたことは大変うれしい

 _

小泉進次郎氏は

先日インドに行ったらインドは州の長のほうが

モティ首相より権限がある

税率は州の長が決める

ある州の長は日本酒が好きで日本酒の関税が50%から23%に下がったという

 _

ニュージーランドは日本酒の関税はゼロ

世界を見るとまだまだ伸びしろがあると思う

内閣改造になると永田町は胡蝶蘭の花で埋め尽くされる

しかし花も良いが

これからはawa酒を贈るようにすればよいとの発言に

会場大喝采!

 __

認定式は出羽桜など新しい蔵4蔵に

昨年からの水芭蕉、南部美人、千代むすびなど8蔵を加え

トータル12社が認定された。

 _

黒龍も会員になられたそうだ

awa酒の今後もますます注目していきたい!

NagaiStyle ペアリングディナー

水芭蕉の永井則吉(ながいのりよし)社長が宮崎にお越しいただき

11月21日、宮崎観光ホテルのディアマンルージュで

独自に考えられた、業界初となる4つの酒のカテゴリーと

料理を合わせるペアリングディナーを開催することが決定した。

NAGAI STYLEとは

Awa酒 MIZUBASHOPURE 700回の失敗の上誕生した世界初のスパークリング清酒

大吟醸、ビンテージ酒、デザート酒と料理を合わせること

世界の三ツ星レストランでは大変注目を浴びている

_ 

今回はモダンフレンチと水芭蕉との饗宴を堪能していただきます

会費は13000円

限定60名となっているのでお早めに申し込みをしていただければ幸いです

 

永井社長は2016年2月に設立されたawa酒協会の理事長でもあり

忙しい日々を送られている。

現在、最初のメンバーの南部美人、八海山、水芭蕉、千代むすびの9蔵に加え

出羽桜、福光屋、黒龍などの蔵も参加し15蔵になったそうだ

10月にはシャンパーニュ地方に会員の蔵元と研修に行かれ

世界の乾杯シーンで日本のawa酒が

シャンパンやスパークリングと肩を並べる存在になることを目指している

 

料理はゲストシェフの小野貴史シェフと

宮崎観光ホテルの太田雅也シェフが担当する

小野シェフは10月からななつ星のメニューも担当されるとか

そんなお話も聞きながらお酒と料理のペアリングを楽しんでみませんか?

 

参加申し込みは 大吟醸を楽しむ会事務局

0985317086 までどうぞ

 

 

みやざき発酵文化ネットワーク

みやざき発酵文化ネットワークの記事が

宮崎日日新聞に108日掲載された。

 _

発酵で宮崎の未来を醸すをキーワードに

発酵×体験×食=健康を宮崎県内に広めていこうということで

下記の企業や団体に趣旨を賛同していただき

7月に立ち上げたばかり

 

会長   永野時彦  ひでじビール社長

副会長  大窪和利  ダイワファーム社長

監事   道本英之  道本食品 社長

監事   田北賀也  八興商事 相談役

 

 

会員   赤尾誠二  都農ワイン 取締役工場長

会員   吉田努   ケンコー食品 社長

会員   二宮祥彰  二宮麹屋 6代目工場長

会員   宮田健矢  宮田本店8代目

会員   松下亮子  元公証人役場事務局長

会員   満元英明  地域活性化プロジェクト 社長

会員   横山久美  大吟醸を楽しむ会事務局長

会員   坂東淳子  野菜ソムリエコミュニティみやざき代表

 

 

第一回の活動は1013日(土曜日)に開催される

発酵親子教室

世界NO1のビールを受賞したひでじビールに集合して

ビールの発酵の説明を永野社長にしていただいたあとに

試飲と楽しみな発酵三昧弁当を食べていただく

そのあと佐藤焼酎を見学の後

延岡駅のエンクロスで千徳酒造の利き酒会を実施する

エンクロスで流れ解散となる

ハンドルキーパーには三つ蔵協議会から

三蔵詰め合わせセットを進呈

大人2000円 20歳未満 1200

 

お問い合わせは 

みやざき発酵文化ネットワーク事務局 0985317086まで

 

PayPayの野望

インドに注目の企業がある

インド最大のデジタル決済企業 Paytm(ペイティーエム)

インドでは3億人以上のユーザーと800万の加盟店を持ち

公共料金、チケット、旅行予約など

幅広い決済で利用されている

転換期は2011年だ

社長のシャルマ氏がデジタルペイメントの新規分野に乗り出した

 

アリババグループは201510Paytm

アリババ、アントファイナンシャル連合で68000万ドル(75億円)

の出資を行い、事実上アリババの子会社となり

アリババ、アントファイナンシャルのアドバイスを受け、

中国のQRコード決済のシステムを取り入れ

インドでの爆発的な成長につながっていった

そして20175月ソフトバンクの孫正義氏が動いた

何と14億ドル(1500億円)の出資を決めたのだ

 

Paytm(ペイティーエム)

決済機能だけの運営会社から

金融機関としてのライセンス取得を目指し

20171月にライセンスを取得し

会社をEコマースと決済銀行に分社化した

この流れはアリババとよく似ている

アリババからスタートし、アリペイにより電子決済を普及させ

金融機関の免許も取り成長しているアントファイナンシャルと同じ戦略だ

 

さて日本ではPayPay7月にソフトバンクとヤフーが立ち上げた

孫正義氏の頭の中には大きな構想が練られているように感じる

ソフトバンクとヤフーの会員、8000万人に向けてと

そして中小加盟店の新規開拓

これが急務の課題

営業部隊はほぼ全国の都市部に張り巡らせた

加盟店は店舗に掲示されたQRコードだけで対応が可能となる

3年間は手数料無料として一気に日本NO1を狙う戦略だ

今までのヤフーのEコマースの伸び悩みを

PayPayで解消していく

アリペイとの連携で訪日観光客も取り組むことが95日に発表された

 

孫正義氏の狙いは日本だけでなくアジアの決済機能を牛耳ることだろう

まず日本でキャッシュレス時代を浸透させ

アントファイナンシャルやPaytmの戦略と同じく

最終的には金融機関まで念頭に置く狙いもあるのではないか

 

ソフトバンク、ヤフー

そしてアリババグループ、Paytmの連合軍で

なかなか定着してこなかった日本のキャッシュレス時代が

一気に到来していくのか、

秋からPayPay注目のプロモーションがスタートしていく

TSUKEMEN LIVE 宮崎(報告)

TSUKEMENデビュー10周年となる

TSUKEMEN LIVE 2018 の宮崎コンサートが920日 

メディキット県民文化センター演劇ホールで開催された

 

デビュー10周年の集大成とも言える

3人の魂を込めたコンサートだった

第一部はオリジナルにジャズの名曲も取り入れ

参加型で大いに盛り上がった。

 _

メンバー三人全員

宮崎は人の心があったかくて

何だか故郷に帰ってきたような感覚を覚えるという

 

2部はしっとりとバラードの曲が多く

じっくりと聞かせる曲のメドレー

最後はSUGURUの足拍子と観客の手拍子が

大きな盛り上がりを作った

10年を経てTSUKEMENならではの

エンターテイメント性を実感できるコンサートとなった

 __

参加者の感想の披露を

 

TSUKEMENの存在は知っていましたが

LIVEは初めての参加

とても楽しいLIVE

TSUKEMEN3人ともステキでした!

楽曲も素晴らしいですね

いつかはスペシャルコラボでゲストもどなたかと・・・

TAIRIKU君の笑顔 いいね!!

SUGURUサービスんのピアノ かっこいい!

KENTA君のバイオリン セクシー!

虹見えたよ

 

会場が一体となるパフォーマンスに

最初から圧倒されました。

はじまりから ♪お~、お~♪と

歌わされるとは思いませんでした。

毎年宮崎に来てくださりありがとうございます。

忙しい私たちにはTSUKEMENコンサートが

最高のデートとなっております。

 _

風に立つライオンのモデルとなった柴田紘一郎先生ご夫妻と迫田病院の御家族と!

来年はまた新しく進歩したTSUKEMENの姿を見せてくれると思います

お越しいただいた皆さん、心から感謝申しあげます!

第一回発酵親子教室(みやざき発酵文化ネットワーク)

宮崎県内の異業種の発酵企業が

それぞれの発酵技術を勉強しブラッシュアップするとともに

発酵×体験×食=健康をテーマに

発酵を県民の皆さんに広く普及しようと

みやざき発酵文化ネットワーク(永野時彦会長)が設立された。

 

その会の最初の活動として

10月13日第一回の親子発酵教室が延岡で開催される

今回の発酵テーマはビール、焼酎、日本酒

のべおか三蔵会と共催となる

今回の目玉はお昼の発酵三昧お弁当、中身がとっても楽しみ!!

 _

10月13日のスケジュールは

10:40 ひでじビール集合(受付)

11:00 ひでじビール見学、ショッピング

12:00 発酵三昧弁当の食事

13:00 移動

13:30 佐藤焼酎製造場見学・ショッピング

14:30 移動

15:00 延岡エンクロス

     千徳利き酒教室、ショッピング

16:00 現地解散

 

大人 2000(各蔵での試飲、弁当付き)

20歳未満 1200

嬉しいことにハンドルキーパーの方には

のべおか三蔵巡り詰め合わせセットをプレゼント

安全運転で全行程を終わられた後、是非ご自宅でゆっくり楽しんでください

 

是非1013日は

発酵親子教室で発酵×体験×食=健康を体感してみませんか?

参加問い合わせは

0985317086 

みやざき発酵文化ネットワーク 地域活性化プロジェクト内

 

 

 

 

 

Kokoya de SAKE in小林

98小林市の地井潤シェフのKokoya de Kobayashi

で初秋・日本酒の宴

Kokoya de SAKEを開催した。

 

今回はダイワファームの大窪社長が

小林でも大吟醸を楽しむ会に参加されている方が多いですよ

とのことからぜひ小林で日本酒の会をやって下さいという

大窪さんの提案からスタートした企画。

 _

今日のお酒は 

出羽桜、南部美人、のIWCチャンピオンサケの2蔵をはじめ

黒龍、惣誉、作、獺祭島耕作、長珍、御前酒など

お燗は神亀の山廃と大吟醸と言う豪華ラインナップ

 

メニューはほぼ小林の食材

小林産野菜の雲丹ドレッシングマリネ

豚足の和風テリーヌ

 __

ピーナッツムース

鯉のカルパッチョ からし味噌ドレッシング

地鶏の胸肉のハム仕立て ヘベスソース

 __

エノキのステーキ 赤ワインリンゴポン酢

石川芋 肉みそボロネーゼ

フレンチおでん等々

日本酒用にシェフが考えた特別の和風フレンチは

参加者の笑顔で満足度がわかる

しかも参加された皆さんお酒も強い

用意していたお酒のほとんどが空となった!

 __

関西風お好み焼きは

地井シェフ曰く日本酒でもワインでも焼酎でも合う

オールマイティの〆の粉ものと話をされていた

 

参加者の方々も日本酒とフレンチのコラボを

堪能されたようだ。

 

お客さんが帰った後で試食で出していただいた

鯉のタマゴの塩漬けが抜群に美味しかった

 

地井シェフ、ダイワファームの大窪社長

参加されたお酒好きな小林市の皆様、本当に有難うございました!

 

第一回北をめでる酒と肴報告(札幌)

第一回北をめでる酒と肴が大吟醸を楽しむ会の姉妹会として
9月2日、札幌市のロイトンホテル札幌で開催された。
北海道命名150周年を記念して
北海道の5蔵元、全国の40蔵元の45蔵元を集めて開催された
第一回という事で動員も少し不安だったが
札幌事務局の頑張りで
参加者は900名の人数となった

_
来賓には北海道の辻副知事、秋元札幌市長もお越しいただき
北海道全体で全国の蔵元を歓迎していただいたことが何よりうれしい


全国蔵元代表の佐浦社長
_
秋元市長のご挨拶がシンプルで短く参加者からも大変好印象だった
_
乾杯は村田会長

_
この会で最も特徴的だったことは
北海道の美味珍味にこだわったこと
タラバガニ、毛蟹

_

イクラ醤油漬け
カスべの煮ここごり
雲丹クラゲ、雲丹まんじゅう
とろニシン
時鮭塩麴焼き
_
海鮮丼、鮨実演など

北海道の珍味が満載だったこと

あまり北海道の人たちは立食が慣れていないなどの
意見もあったが、大吟醸とその土地ならではの珍味
それに北海道の食の魅力に大満足をされていたようだ
_
京都月の桂の増田社長は御家族で参加
世話人の一人として、またプロデュースをする人間として
今回参加させていただいたが、
札幌事務欲の今井社長をはじめとする関係者の方々に
ご苦労とご尽力に対して改めて感謝を申し上げたい

来年からも日本の北と南から
米の食文化の華と呼ばれる大吟醸を盛り上げていきたいと考えている


Kokoya de kobayashi

小林市の駅裏通りに

一軒家をリノベーションした

KOKOYA de KOBAYASHI がある

駐車場も広いスペースがありゆったりとしている

中に入るとまた違ったモダンな空間

オープンキッチンを見渡せる店内には

テーブル席とカウンター

お昼時を過ぎたというのに満席が続いている

 _

このお店のオーナーシェフは地位潤シェフ

外務省 優秀公邸料理人長でもあり

長く海外でも活躍されていた方だ

 

ランチはワンプレート

ここに小林名産の鯉のカルパッチョや

サラダ、トマトのスープ、鶏の料理が並ぶ

和風テイストのフレンチのイメージ

個人的には少しソースが多種類ありすぎたので

もう少しシンプルにされると嬉しいのだが・・・

 _

これに十五穀米におかかバターの入ったご飯

黒糖のアイスクリームに

水出しコーヒー

これで1620円(税込み)

納得の価格だ

 _

今日は日本酒イベントの打ち合わせもしようと

ダイワファームの大窪社長も駆けつけていただいた

大吟醸を楽しむ会には小林からも何人か

参加されているようで

大窪社長から日本酒好きが多いので

小林でもやってくださいと言われて開催することになったもの

すでに満席だという

フレンチと日本酒、イベントも楽しみだ

 

 

Kokoya de kobayashi

宮崎県小林市駅南267

0984231800

大吟醸を楽しむ会盛況(高知新聞記事)

今年の大吟醸を楽しむ会について

共同通信・宮崎支局長の上野敏彦氏が取材をしてくださり

黒潮還流 第4として

728日に高知新聞に掲載された。

 

焼酎王国で日本酒  

大吟醸を楽しむ会 盛況

女性たち 「酔い心地魅力」

_ 

日本酒の中でも酒米を極限まで磨いて醸した酒のことを

大吟醸酒と呼ぶ。

楽しむ会は1998年にスタートし、今年で21回目

宮崎が日本酒生産最南端の地で

超早場米の出荷が日本一早かったことから

日本酒文化普及のために始まった。

・・・・

世話人代表の町川安久宮崎日日新聞社長が

本県が生んだ歌人の若山牧水も酒と旅を愛した

皆さんもここで大吟醸を飲みながら、日本一周の旅を楽しんでください

と挨拶したように

宮崎に来れば旨い酒とつまみを味わえる仕組みになっている。

チケットは11000円と高額ながら、発売と同時に600枚が売り切れる。

 

 

最初から参加されている高知県の蔵元、司牡丹の竹村社長の話や

宮崎市で創業40年を迎える日本酒専門の「多喜」の話など盛りだくさんだ。

是非興味がある方はじっくりと読んでほしい!