季楽飫肥 勝目邸&合屋邸(おうやてい)

宮崎の小京都と呼ばれる日南市飫肥
その趣のある飫肥の街の古民家をリノベーションして
素敵な旅館ができた
一日一グループ限定の贅沢な宿

今日は小村寿太郎記念館の後藤館長にご案内いただいた

まずは勝目邸
武家屋敷風の邸宅の敷地は約1100平米
飫肥ならではの石垣によって囲まれている
玄関を入ると庭をゆっくり眺めることのできる
ラウンジチェアが二つ並んでいる
_
ここでコーヒーを楽しみながら
読書というものも良いだろうと思う
_
ダイニングもファミリーでも使い勝手がよさそうだ
食器も用意されているところがGOOD

お風呂がまた良い
材はお風呂で最高だと言われている高野槙
_
ベッドも快適そうだ
_
なんといってもここの魅力は枯山水の庭園
18世紀に作られたという庭園は宮崎県でも名勝として指定されている



合屋邸(おうやてい)

中級家臣の邸宅の長屋門で江戸時代からの歴史がある
通りに面して飫肥の街の中心部と言ってよい
横には杜氏潤平の焼酎蔵があり
宿泊客はこの駐車場を利用することができる

中に入ると色調が落ち着く
高床になっていて暖炉がある天井の高い部屋が印象深い
_
土間には昔の竈も置いてありインテリアとしても面白い
現代的なキッチン設備は中でも
バルミューダの羽釜が置いてあったことには驚いた

時間を忘れて贅沢なひと時を過ごすには最高の空間である

飫肥にはまた新しいプロジェクトが展開中とのこと
城下町ならではのリノベーションで
文化とまちづくりを融合させて活性化が進んでいく
ますます期待感は高まっていく
この2つの旅館の管理は小村寿太郎記念館が対応されているとのこと
お問い合わせは 0985−25−1905まで

冬のシェフズアライアンス

魅惑の日本酒と料理のマリアージュを楽しむ

3回シェフズアライアンスを

25日に開催します

 

今回のゲストシェフはお馴染みになった

福岡の小野貴史シェフ

イタリアのルッカ料理学園卒業後

スイスをはじめ様々な国とジャンルで料理を行ってきた

 

今回はえびの本坊農園の有機野菜や鴨肉で

日本酒とのマリアージュに挑戦していただく

小野シェフの独創性あふれるメニューにも期待している!

 _

日本酒は

開運大吟醸 伝 浪瀬正吉(静岡)

縁起の良い酒名

2017年は金賞、IWCゴールドトロフィー賞

サケコンペティションゴールドとトリプル受賞した蔵だ

 

〆張鶴大吟醸 金ラベル(新潟)

山田錦を35%に磨いて醸した11月発売の限定品

真面目一筋の誠実な蔵

 

新政NO6 SSタイプ(秋田)

教会6号酵母発祥の蔵を継いだ佐藤氏が手掛ける

新世代の酒

全国で人気沸騰の酒だ

 

勝駒 大吟醸 (富山)

2017パーカーポイント92点の高い評価で

一瞬にして酒が消えたと言われる

蔵人が5人だけの少量生産だけに

なかなか飲めないお酒になった

 

豊盃 特別純米 (青森)

今や青森を代表する蔵の一つとなった

食中酒には最適

 

 お陰様で満席となりました。1月22日

 

 

 

 

獺祭の新聞広告とNYの蔵建設

師走の12月

獺祭の2つの話題が日本中を駆け抜けた

一つ目は

12月10日の読売新聞獺祭の全面広告

コピーは獺祭を高く買わないでください

という異例のものだった。

桜井会長らしい用意周到な戦略だ

新工場も順調に稼働し生産も需要をなんとか賄える規模となり

全国の販売店も拡充して充実させた

しかし今なお、割高で獺祭を売る転売店が後を絶たない

転売品は高額になることや流通経路が複雑で日数もかかるため

品質の問題も出てくる恐れがある

そこに獺祭が切り込んだ

しかも最大需要期の12月にである

高く買わないでくださいとは

言い換えると全国の販売店も生産も確立しましたという意味もある

日本酒業界において前例のない見事な意見広告だと思う!

 _

2つ目はNYのハイドパークに

CIA(世界最大の料理大学)と連携して蔵を建設するというニュースだ

桜井会長はかねてからワインは本場のフランスだけでなく

ヨーロッパをはじめアメリカ、オーストラリアなど日本も含め

世界各地で製造されている

日本酒が世界酒に本当になるつもりであれば

海外生産は必要不可欠だとおっしゃっていた。

 

麹米は日本の山田錦を使用するが掛米はカルローズの予定だという。

まさに国境を越えて日米融合の獺祭ハイブリッド

とでもいえるようなお酒になるかもしれない

 _

アメリカではどのようなターゲットを考えているのだろうか

日本酒の海外生産は少し行われているが

商品としては安い価格帯を狙っている

獺祭はこの価格帯とは違い

アメリカの生産商品は別ブランドにするが

高級と安い商品の中間を狙いたいという

しかも製造はすべて純米大吟醸だそう

ただ獺祭のポリシーでもある美味いと感じてもらえるお酒

にはこだわりを持ちたい


米国人が普通に買える価格で美味しい日本酒を飲める、
そう考えるとアメリカの日本酒の普及に弾みがつくかもしれない

また2800人という生徒を抱える料理大学とのコラボを考え合わせると

日本酒だけでなく日本食材の流通をはじめ

将来的には大きな可能性を秘めているとも思われる

このニュースも日本酒業界にとって歴史的な一歩だと感じる

 

その先を見つめてどのような世界への挑戦が続いていくのか

今後も要注目の蔵である!

 

サンシャイン宮崎ライド2018

いよいよ日南海岸サンシャイン宮崎ライド2018
のエントリーがいよいよスタートした

ナビゲーターは久しぶりに白戸太郎さん

MCは平野由香里さんの強力コンビだ!

 

日程は春本番の42122日に開催される
前夜祭の霧島ナイトは宮崎観光ホテルで開催

霧島の焼酎と絶品料理で宮崎を楽しもう

 

本番の宮崎ライドのコースは
サンマリンスタジアムから日南海岸―飫肥城までのショートコース75キロ
ロングコースは飫肥城からだらだら坂で苦しい田野の山越えを通り抜け

運動公園に帰っている125キロのコースとなる

 

エイドポイントのグルメは地鶏の炭火焼きや
日南名物の魚うどんや飫肥天を味わいながら

地元の方たちとのふれあいもお楽しみに!

早めのエントリーお待ちしています

詳しくは

http://great-earth.jp/miyazaki/miyazaki_gaiyou.php

 

 

 

「体験の質」という哲学

白物家電で旋風を巻き起こしている会社がある
名前はバルミューダ
率いるのは寺尾玄氏
寺尾氏はまるでドラマのような人生を歩んでいる
17歳の時、進路希望を書きたくないという理由で高校を中退
ヨーロッパを単身放浪する
初めて着いたスペインでようやくパンにありつき涙を流す
かけがえのない美味しさと食の大切さを実感する
これが後になって思うと
彼の製品哲学に結びつく原体験のかもしれない
帰国後はロックミュージシャンを目指すが10年で挫折
その後、オランダのデザイン雑誌を見て
自分でもやれると確信
ものづくりで生きていこうと決意
独学と飛び込みで設計や製造を習得して2003年に独立
パソコン冷却台やデスクライトで評判になるが
2008年のリーマンショックで倒産の危機に
この時思ったことは
「本当に必要とされる製品ではなかった」 ということだった
と振り返る。
そのあとの GREEN FANでの大ヒットで
ようやく崖っぷちから立ち直った
2015年に発売した
バルミューダ THE TOASTER
デザインスケッチは2000枚を超えた
思うような焼き上がりにならないと悩んでいたときに
思い出したのは土砂降りのバーベキューだった
あの時焼いたトーストは美味しかった
あるヒントが頭に浮かんだ ”水分”
この水分がきっかけとなり
水を入れて焼くと言う画期的なトースターが出来上がった
しかもモードは4種類 コピーも素敵だ
感動のトースト
究極のチーズトースト
幸せのクロワッサン
三つ星のフランスパン
なんだかわくわくしてしまう
その4つのモードどれもが格別の美味しさとなる
この高級トースターのヒットにより
バルミューダの名前は一躍全国区へ
寺尾氏は言う
「美味しいものができあがるからヒットした」
機能に喜びや素晴らしさを付加した
食べた瞬間の美味しさを追求している
会社もバンドみたいなもの
作曲して出した曲が商品だ
つまり曲がヒットしないと会社も回って行かない
そのための重要なものはポップな感覚
ポップとは多くの人々が感じる気持ちよさだと定義している
その意味でも会社という第2のバンドでポップな感覚のヒット(商品)をこれからも出してもらいたい
最近よく思うことなのだが
年を取るとエンゲル係数が上がると思う
それは本当に体に良い美味しいものを食べたいからだ
その食卓のおいしさにバルミューダは徹底的に究極を目指していると思う
だからこそ消費者に受け入れられるのだと考える
THE Gohan そしてこれから発売するというレンジなど
次々にバルミューダの挑戦は続く
食卓の周りでその製品を使った人だけが実感する
「体験の質」の高さとエンターテイメント性にこれからも注目をして行きたい!

ダイワファームのチーズW受賞記念ワイン会

ダイワファームの大窪社長が
6月にフランスで開催された国際チーズコンテストで
リコッタチーズで金賞を受賞された
また11月1日に開催された
第11回ジャパンナチュラルチーズコンテストで金賞を受賞された
この大窪社長のチーズのW受賞を記念して
第2回秋のシェフズアライアンスのワイン会を11月6日に開催した
ゲストシェフは小野貴史シェフ
 
生産者は
ダイワファームの大窪社長をはじめ
有機・無農薬の農業を確立されているアグリアートの松本社長r
そしてイタリア野菜を作られている息子さんの松本慎一郎氏t
五ヶ瀬のイタリアトマトの生産者でキッチンスタジオも展開されている藤木さん
小林の酪農家の黒木さんなどなど
まずはawa酒のSorah(千代むすび)で乾杯
その後はボルドーの白ワインと真澄YAWARAKAの飲み比べ
 
アグリアートの野菜サラダが綺麗
ニンジンのドレッシング
 
チーズ盛り合わせ
人柄がチーズに出るのかなと思うほど
大窪社長の笑顔が素晴らしい
リコッタチーズとケールのパイ
パイ生地から作り焼き上がったばかりの香りが
美味しさを倍加させてくれる
 
真鯛のポアレとおてんとそだちのトマトリゾット
 
牛のトモバラ赤ワイン煮込みもろみソースとアグリアートの人参
 
めったに口にできない貴重なお米
龍の瞳を炊き立てのご飯と赤カブのマリネで・・・
 
松本社長は独学で有機無農薬の農業を確立され
現在は東南アジアや中国で農業指導も行っていらっしゃる
最後は無添加のアイスクリームに水芭蕉のデザート酒
で贅沢な締めくくり
生産者のお話をまじかに聞けて
参加されたお客様も有意義な一時だったようだ
また機会があれば色々な生産者を招いての
シェフズアライアンスを開催したいと考えている

TSUKEMEN LIVE宮崎コンサート2017(報告)

TSUKEMEN LIVE 宮崎 2017 ~Recharge~
が10月19日、メディキット県民文化センターで開催された
今年のコンサート構成は
全て3人が作ったオリジナル曲
デビューから9年間で培われたLIVEでの実力は
演奏だけではなく、トークやパフォーマンスの進化にも
はっきりと現れていた
特に津軽三味線と日本の祭りを意識した和の要素と
西洋のクラシックの流れを融合したJONGARAや
3人個人個人が作曲した11曲に
大きな未来への可能性を感じることのできたコンサートとなった
3人とも宮崎のお客さんは凄くあったかくて
アットホームの雰囲気でとても大好き
来年まで健康に気をつけて頑張ってくださいとの
コメントにお客さんから笑いと拍手が・・・・
アンコールで演奏したAKATSUKIでは万雷の拍手!
10月29日には地元の宮崎日日新聞でも紹介された
 
来年はデビュー10周年を迎える
そんな記念の年でもあり
希望であるが宮崎をイメージした曲も作曲していただければと考える
毎年コンサートのサポーターをしていただいている
KENTA君の御親戚の甲斐さんをはじめとした皆さん
そして風に立つライオンのモデルである柴田紘一郎先生
さだまさしの宮崎後援会長でもあるかすみさんなどの御協力を得ながら
TSUKEMENファンの皆様とともに
2018年はさらに大きな成功に結び付けたいと思っている

ダイワファーム 金賞受賞記念ワイン会

チーズの本場フランスで今年6月に開催された国際チーズコンクールで、
ダイワファームのリコッタが金賞を受賞した。
大窪社長は今年は出すだけだと言われていたが、国内では3社が受賞し
九州ではダイワファームが初の受賞となった。
南国でも素晴らしいチーズが生産できることをダイワファームによって証明されたことになる。
大窪社長のこだわりと長年の技術の蓄積から生まれた大きな受賞だ。

下の写真がリコッタチーズ

MONDIAL du FROMAGE

この金賞受章を記念しての秋のシェフズアライアンスを11月6日に開催する。
大窪社長だけではなく野菜の生産者は無農薬の野菜で全国にも有名な
アグリアートの松本社長、長年にわたり、中国や東南アジアで農業の指導に当たられている。

ゲストシェフは小野貴史氏
チーズや野菜をテーマに小野シェフらしい創造性あふれるメニューが楽しみだ。
合わせるお酒はワインを始めawa酒やデザート酒なども検討している。
残念ながらチラシが出来上がる前にすでに満員となってしまった!

大根百景

やまけん こと山本謙治氏
東京・京橋のアイランドギャラリーで
大根百景の写真展を10月9日まで開催している
 IMG_2415
宮崎では冬の風物詩で当たり前の大根やぐら
その大根やぐらに独自の文化価値を見出し
2013年から取材活動を始めた
 
日本各地でも大根やぐらがあるのかと思っていたら
実は宮崎と鹿児島の一部だけ
鹿児島は観光用のもので
宮崎ほど大掛かりに
大根やぐらを設営しているところは日本のどこにもないという
 
勿論宮崎は大根の漬物で日本一の産地
しかも漬物用は白首大根
関東の人は青首大根しか知らない
その意味でも価値があると考えたと言われていた
 IMG_2408
     山本謙治氏
 
種から生育している風景
農家の大根やぐらの設営風景
トラクターで引っ張ると膜の開閉ができる独自システム
そしてやまけんの掛け声で初めて開催されたという
大根やぐらの中での冬の宴会
寒かったけど楽しかった
収穫後の大根
そして漬物にする工程までの展示会
 
展示会の タイトル写真になったものは
大根やぐらの下に2mの穴をあけ
その中に入り魚眼レンズで撮ったものだという
それでも全景は撮れなかったので
来年は3mの穴を掘ってトライしたいと意気込みを話されていた
 
この展示会を見るだけで
宮崎に生まれた誇りさえ感じることが出来る
 
山本謙治氏のような、ほかの土地の人が
宮崎の独自文化を発掘し
長期間の取材を続け写真展示会を開催していただけること自体
頭が下がるし、大変嬉しいことだと思う
本当に感謝を申し上げたい!
またいつかはこの写真展
是非宮崎市で開催すべき題材であると確信する
 

「この人」の欄で掲載されました。

共同通信宮崎支局の須賀記者の取材で
弊社代表で大吟醸を楽しむ会のプロデューサーでもある満元英明が
焼酎王国から日本酒の魅力を発信というタイトルで
東京、新潟、山形、京都、鳥取、熊本、鹿児島、宮崎、沖縄など
全国の地方新聞に掲載されました。
今後も引き続きその他の地方新聞へ掲載されていくそうです!
 
 
記事内容
 IMG_7602
 
焼酎王国で日本酒の魅力を訴える  満元 英明さん
 
美酒に酔い、笑い声が絶えない会場。
その片隅で進行に気を配り、ゲストにやさしく語りかける。
会の引き立て役に徹する姿が印象的だった。
蒸し暑い夏の宮崎で日本酒好きの約600人が集まって開かれた
「大吟醸を楽しむ会」。
全国39蔵元の蔵元たちが自慢の酒と地元のつまみを持って
駆けつけるこの集まりは、今年で20回目を迎えた。
 
焼酎王国で知られる宮崎で、新たな魅力を発見した。
「最高の日本酒をお祭り気分で存分に味わってもらえる。
普段は接しないお客さんと楽しそうに話す作り手の姿を見て、やりがいを感じた」。
プロデューサーとしてこの上ない喜びだ。
 
「いい酒を造る蔵元と仲良くなりたい」。
そんな願いがきっかけだった。
一流の職人と接し
「酒には、こだわりを持った生産者の思いがこもっている」
と考えるように。
学生時代は「恥ずかしがり屋だった」。
地元放送局の関連会社に入り、少しづつ克服した。
転機は1991年社内に事業企画部を立ち上げて臨んだ
プロサーファーの世界大会。
歌舞伎役者が波に乗る姿を描いたポスターは
当時斬新なアイデアだとされた。
ジャンルを問わずイベントを手掛け、2009年に独立。
「人と同じことはやらない。新しい物が好き」
と飽くなき探求心を見せる。
 
今回のテーマ 「MAKUAKE」は新たな挑戦を意味する。
「東京五輪をシャンパンの代わりに発泡性の日本酒で乾杯して迎えたい」
宮崎から世界を目指し、時代を切り拓く
宮崎県出身  63才
 
 
自らのライフワークとして宮崎で始めた大吟醸を楽しむ会が
20回を起点として
記事で全国へ拡がって行くことを大変有難くかつ嬉しく思います。
20回まで大吟醸を楽しむ会が開催出来たことに対して
改めて日本の食と文化を守る会の村田会長や
支えて頂いた全国の参加蔵元の皆様をはじめ
世話人の方々、一緒に運営を行っていただくボランティアスタッフの皆様に
深く感謝を申し上げます!
これからも大吟醸を楽しむ会をよろしくお願い申し上げます。