Kokoya de kobayashi

小林市の駅裏通りに

一軒家をリノベーションした

KOKOYA de KOBAYASHI がある

駐車場も広いスペースがありゆったりとしている

中に入るとまた違ったモダンな空間

オープンキッチンを見渡せる店内には

テーブル席とカウンター

お昼時を過ぎたというのに満席が続いている

 _

このお店のオーナーシェフは地位潤シェフ

外務省 優秀公邸料理人長でもあり

長く海外でも活躍されていた方だ

 

ランチはワンプレート

ここに小林名産の鯉のカルパッチョや

サラダ、トマトのスープ、鶏の料理が並ぶ

和風テイストのフレンチのイメージ

個人的には少しソースが多種類ありすぎたので

もう少しシンプルにされると嬉しいのだが・・・

 _

これに十五穀米におかかバターの入ったご飯

黒糖のアイスクリームに

水出しコーヒー

これで1620円(税込み)

納得の価格だ

 _

今日は日本酒イベントの打ち合わせもしようと

ダイワファームの大窪社長も駆けつけていただいた

大吟醸を楽しむ会には小林からも何人か

参加されているようで

大窪社長から日本酒好きが多いので

小林でもやってくださいと言われて開催することになったもの

すでに満席だという

フレンチと日本酒、イベントも楽しみだ

 

 

Kokoya de kobayashi

宮崎県小林市駅南267

0984231800

大吟醸を楽しむ会盛況(高知新聞記事)

今年の大吟醸を楽しむ会について

共同通信・宮崎支局長の上野敏彦氏が取材をしてくださり

黒潮還流 第4として

728日に高知新聞に掲載された。

 

焼酎王国で日本酒  

大吟醸を楽しむ会 盛況

女性たち 「酔い心地魅力」

_ 

日本酒の中でも酒米を極限まで磨いて醸した酒のことを

大吟醸酒と呼ぶ。

楽しむ会は1998年にスタートし、今年で21回目

宮崎が日本酒生産最南端の地で

超早場米の出荷が日本一早かったことから

日本酒文化普及のために始まった。

・・・・

世話人代表の町川安久宮崎日日新聞社長が

本県が生んだ歌人の若山牧水も酒と旅を愛した

皆さんもここで大吟醸を飲みながら、日本一周の旅を楽しんでください

と挨拶したように

宮崎に来れば旨い酒とつまみを味わえる仕組みになっている。

チケットは11000円と高額ながら、発売と同時に600枚が売り切れる。

 

 

最初から参加されている高知県の蔵元、司牡丹の竹村社長の話や

宮崎市で創業40年を迎える日本酒専門の「多喜」の話など盛りだくさんだ。

是非興味がある方はじっくりと読んでほしい!

 

第21回大吟醸を楽しむ会の海幸・山幸

大吟醸を楽しむ会には

宮崎観光ホテルをはじめ宮崎の多くの名店に

料理のご協力をいただいてる

 

喜泉の蛸の小倉煮とイワシの山椒煮

 スウィートコーンとタコとの色彩のコントラストが素敵だ_

みょうが屋の宮崎牛筋煮込み(1週間かけて宮﨑牛で仕込む贅沢な煮込み)

 _

ショットバーOakの恵子ママのピクルス

 カラフルさと食感がクセになる_

福永崇志シェフの枝豆と焼きモロコシのムース(大人気)

 _

KURAGEイサキ薄造り(今年初めての出品、とても奇麗)

 

ポチロンのラタトゥユ(日本酒にももちろん合います)

 

えのみの筍寿しと野菜の煮しめ (食物繊維不足の貴方に)

 _

ミドリマツベーカリーのほうれん草ときのこのキッシュ

 _

かずら橋のかつおのごま漬、ポテトサラダ、

 

宮崎アグリアートのたっぷり旬野菜

 _

ダイワファームのチーズの実演

 

そのほか、炭焼きあんばい、ねこや商店、ケンコー食品

田村鮮魚店、斎藤精肉店などのご協力をいただきながら

毎年料理の部分から大吟醸を支えていただいている!

会が歴史を重ねることが出来ているのはこの飲食店の方々の御協力のお陰だと思う

 

 

アリババグループとJR九州との提携

最近、中国へ農業指導に行かれた方と話したことだが

中国ではスマホがあれば現金はほとんど出すことなく

旅行できると話されていた。

現実には中国人の生活はほとんどが

スマホ決済で対応できる

いまや中国はスマホ決済では世界で一番進んでいる国だ

 

中国でスマホ決済の一番のシェアを持っているのが

アリババグループのアントファイナンスだ

名前はアリペイ(Alipay

中国国内のアクティブユーザー数は6億人を超え

海外でも40の国と地域で

中国人向けのオンライン決済サービスを提供している

 

723JR九州はアリババグループと

戦略的提携を行うことを発表した

2023年には九州に100万人の中国人を送客するというものだ

2018年は9月から20193月に5万人の送客を実現するとしている

 

実施はアリババグループが提供する

中国人向け旅行商品の販売プラットフォーム フリギーを利用して

九州の魅力的な観光スポットを結ぶ旅行商品などを

ダイレクトに販売する

また中国人の旅行達人によるライブキャストを展開することで

より九州の魅力を訴求していくというもの

 

世界最大の金融子会社を持つアリババグループとJR九州の提携は

中国人旅行客の日本でのキャッシュレスの実現を図るだけでなく

それを取り巻く九州全域の旅行産業の拡大をも図ることもできる

まさに九州観光への大きなインパクトを与える地域活性化事業だ

今後の展開に注目していきたい!

 

 

ブルーボトルコーヒー青山

クラリネット奏者であり、コーヒーマニアであった

ジェームス・フリーマンが20028月に

自宅のガレージで始めたのがブルーボトルコーヒーの発祥だ

個人の香りがするコーヒーがキーワード

厳選されたオーガニックの豆を焙煎して

48時間以内のものを使う

ワンカップづつ丁寧に入れるのが特徴だ

 _

今日は日曜の朝,

店内も誰もいなくてゆったりとした雰囲気

一杯のコーヒーが醸し出す

芳醇な香りと味わいは

心をほぐしてくれるようだ

 _

 

昨年9月にネスレがブルーボトルを買収して

驚いたし残念でもあったのだが

独立経営の方針は変わらず

今後も独自の道を歩んで行くという

これからもコーヒーの味が進化していくことを祈念したい!

 

 

日向ビーチスポーツフェス(報告)

第一回日向ビーチスポーツフェスは
悪天候のため、お倉ヶ浜ビーチが使用不可能となり
会場を日向サンドームに移して7月8日に開催された。

サンドーム内にはバレー、サッカー、ラグビー、
サーフィンのコナーを設置
ステージもサンドーム内に設営した

_

開会式では最初に十屋幸平市長、残念な天気だが今日は
日向サンドームの中でアスリートとスポーツを楽しく体験してほしいと挨拶
次に松葉実行院長のあいさつの後
_
指導する全アスリートの紹介
ヨガ、田中律子さん
サッカー 遠藤彰弘氏、平瀬智行氏
サーフィン 伊倉城二氏
バレー  2017年度全日本チャンピオン パナソニックパンサーズ
今村貴彦氏(宮崎県出身)伊賀亮平氏、児玉康成氏
ラグビー 2017年度準優勝のワイルドナイツ
北川智規氏、水元竜弥氏、宇佐美和彦氏、ラトゥ・ウィリアム・クルーガー氏
豪華アスリートメンバーだ


今回の大会顧問であり、アスリートを統括する山本隆弘氏は
日向は素晴らしいビーチがあるが、悪天候でも
サンドームと言う素敵な施設もある
是非今日は思う存分アスリートと触れ合いながら
奥内でスポーツを体験してほしいと説明を行った
_
最後に選手宣誓は財光寺小学校5年生の金丸来夢ちゃんが
楽しく安全に体験することを誓いますと宣誓

各競技ではアスリートメンバーの
指導が大変慣れていて上手く、子供たちも喜んでいたよう。
_
ステージではヨガをはじめ、フラダンスやヒップホップのダンス
アフリカン太鼓、椛木臼大子踊り、などが行われ
観客がヨガやステージを堪能されていたようだ。
_

また屋外では日向や宮崎のグルメが味わえるグルメフェスも開催され
トータルの入場人数は1500人
残念ながら雨となり会場変更もあったことも併せて
目標人数には届かなかったが
サーフタウン構想を推進する日向市にとって
未来へのしっかりとした足掛かりを着けた日向市の地域活性の
スポーツイベントとなったのではないかと考える。
_

「夢を喜びに変える自超力」松田丈志

宮崎県森林組合連合会の講演会で

76日松田丈志氏をお呼びして

「夢を喜びに変える自超力」をテーマに

宮崎観光ホテルで講演会を開催した。

 

講演前の打ち合わせでは

現役を引退した後は

練習量も少なくなり、食事とのバランスがむつかしい

会食も多く、油断すると体重オーバーになる

現在トライアスロンに向けて練習をしている

現在の体重は85キロぐらい

88キロだと少しぽっちゃりした感じに

82キロにすると少しキレのある体になるとおっしゃっていた

 

さて講演会の内容だが

4歳から水泳を始めた

自分が8歳の時にバルセロナオリンピックで

14歳で岩崎恭子が金メダルを取った

オリンピックと言う最高の舞台があるんだと意識した

自分が所属したスイミングクラブは

ボランティアの方々で運営をされていて

公立中学校のプールの上にビニールハウスを張った簡素なものだった

施設、お金、情報は何もなかった

特に冬場は寒く泳げないから工夫した

陸上トレーニング、腹筋、背筋など

土台となる体づくりをしっかりできた

つまりフィジカルトレーニングで強い体を作れた

あと一つは集中力

練習できる時間が短いからなおさら集中した

ないという環境から2つの大きなものを見つけたという

 _

世界を感じた瞬間は

高校3年生18歳ででパンパシフィック選手権に出場した

1500mに出たが優勝者とは周回遅れの惨敗となった

世界チャンピオンとの差がわからない

実践しかないと考え、世界チャンピオンの国オーストラリアに行って

一か月間、一緒に練習することができた

実感したのは

はるかに超える練習量

世界一努力をしていることを、心の底から実感できた

そのあとから

頑張り、練習メニューなど、もっともっと自分を追い込んでいった

2年目、再度一緒に練習をしようと連絡したら断られた

しかし久世コーチはあきらめず、松田選手を引き連れ

現地に行き交渉しようとスイミングプールの前に行き

コーチに「プリーズ」と頭を下げた

2週間だけという約束だったが

結果一か月間また練習を見ていただくことができた

 _

オリンピックに出場する夢

それは久世コーチが絶えず松田選手に行っていた言葉

「あんたならやれる」

この言葉があったからこそ、松田選手はメダルに届いたのだと実感した

松田丈志氏の話は人生にも仕事にも通じる

熱のある講演だった!

 

第21回大吟醸を楽しむ会(報告)

21回大吟醸を楽しむ会は71日宮崎観光ホテルで

全国から40蔵元、600名の参加者で開催された

 

今年のデザインは

俵屋宗達の鶴下絵三十六歌仙和歌巻の鶴をモチーフにした

日本酒が世界に向かって羽ばたく姿を

鶴と連動させたかった。

ブルーと白の色調は蔵元様にも大好評!

特に〆張鶴の宮尾会長はデザインはうちの酒をイメージしているようで

大変うれしいとおっしゃっていた。

 _

まずはオープニングミュージックと共に蔵元登場

蔵元紹介の後には町川世話人代表の挨拶

酒と言えば若山牧水

「かんがえて 飲みはじめたる

   一合の二合の 夏の夕暮れ」 を紹介された

 _

鏡開きの樽は南部美人、満寿泉、初御代 の3蔵元から提供いただいた

驚いたのが満寿泉の樽酒

何とフローズンの酒、鏡開きをした世話人はその美味さに驚き!

 __

 出羽桜の仲野あかりさん        千代むすびの岡空さん

20年もたつと2世の方々も多くなっている

出羽桜の仲野あかりさんは社長の娘さん

次の出羽桜を担う方

千代むすびの岡空さんは銀行から酒蔵に来て

次を担う

惣誉の河野専務は3月まで

フランスのシャトーに在籍されていたとか・・・

 

初登場の三重県の作は大変な人気

清水社長も参加者の反応の良さに思わず微笑んでいらっしゃった

 

参加者の方から

このイベントは酒をテーマとした、まさに大人のテーマパークだ

と言われたのが印象的だった。

チケットを取るのが年々難しくなっている大吟醸を楽しむ会ですが

是非来年も会場でお待ちしております。

 

第21回大吟醸を楽しむ会の楽しみ方

大吟醸を楽しむ会が71日宮崎観光ホテルで開催いたします

チケットはすでに完売!

キャンセル待ちも多数いらっしゃるそうで

有難いことだと感謝いたします。

さて幸運にもチケットを手にされた方には

この会の楽しみ方を少しご紹介したいと思います。

大吟醸日本一周の旅を居ながらにして体験できるのが

この会の特色でもあります。

もちろん自分の好きな蔵や人気蔵元をめぐるのは当然だが

テーマを持ってお酒を巡ることも有意義だと考えます

 

  1. 受賞蔵を巡る旅

金賞受賞、IWCゴールド受賞の2年連続ダブル受賞が

福島の奥の松、栃木の惣誉と静岡の開運

そして初登場の三重の作 の4

ダブル受賞は素晴らしいこと

是非この4蔵はお酒の味を堪能してほしい!

 

  1. 蔵元の酒とつまみを巡る旅

秋田、天寿のいぶりがっこ、秋田、刈穂のハタハタの浜焼き

岩手、南部美人のばくらいと南部せんべい

 _

出羽桜のサファイヤ真珠(茄子の漬物)

新潟、〆張鶴の鮭の酒びたし

埼玉、神亀 鰻のかぶと

岐阜、白扇酒造のアユの熟鮓

三重、るみ子の酒のスモークレバー

 

富山、満寿泉のKITKAT満寿泉(サッカーの中田が監修したもの)

広島、誠鏡まぼろしのオイル&オイスター

熊本、千代の園の馬肉のたたき

__

いずれも美味珍味ばかり、是非各地の大吟醸と楽しんでください

 

  1. 大吟醸版「あてなよる」的楽しみ方

全国の美味珍味では

青森のあんこうのとも合え

東京、ひさごやのレバーフライはお燗酒と合わせてみてください、

地味ですが島根県のわさびの醤油漬けが美味です

 

今年初めて福岡の小野貴史シェフがジビエのロースト

会場でサーブします。

宮崎の海幸山幸ですが

何といってもKURAGEの野間社長自ら

釣に出かけて地獲れの魚の刺身が楽しみです

かずら橋のかつおのゴマ漬

初登場のポチロンのラタトゥユ

福永崇志シェフの枝豆と焼きモロコシのムースも見逃せません

炭焼きあんばいの刀根鶏と青森産鴨のマカロンは想像ができません

発酵つまみとしてはダイワファームのチーズをみやだいず醤油もろみ漬にしたつまみ

がインパクトあります

 

  1. ブルータス 「日本一の手みやげ」はこれだ!の逸品も

都萬牛ステーキ シルバー賞

赤身が美味しいと評判の健康的な牛肉です、今回ステーキコーナーで提供します。

松坂牛納豆  シルバー賞

松坂牛と赤豆の納豆で作った人気商品です

 

  1. 蔵元との出会い旅

日本酒の蔵元は地方で文化のメセナ的な活動を行ってきた方々です

宮崎でしかできない蔵元との深い交流と会話をお楽しみください!

 

それでは71日、会場でお待ちしております

江戸落語を楽しむ会(三遊亭鳳楽)

宮崎で大吟醸を楽しむ会が71日開催されるが

その前日祭として江戸落語を楽しむ会が630

シーガイアコンベンションセンター2Fオチャードホールで行われる

ゲストは三遊亭鳳楽師匠

六台目、三遊亭圓生の芸風を引き継ぐ

繊細な情景描写、綿密な人物描写で江戸の粋を感じさせてくれる

 _

午後3時半開場

午後4時開演

チケット  2500円(当日3000円)

シーガイアプレミアムメンバーであれば2000円となります

 

なお参加者の中から全国の大吟醸が当たる抽選会があります

ぜひお出かけください!

お問い合わせは221164まで