綾・錦原アースマルシェ終了!

10月6日、綾わくわくファームで

秋晴れの中 綾・錦原アースマルシェが開催された

マルシェでは尾立地区の生産者の方々

有木ミカン園、山口農園、はたけとくらしのみなさんの

野菜や加工品、キッシュなどが販売された

早川農園は加工品を中心にピーマンディップが人気

甘酒や紫蘇ジュースが大好況

今回初出展のシード宮崎の奈須さんは

UHOパプリカが人気だった

半分に切って肉詰めして焼くと最高だそう

家族総出でお手伝いされている姿が微笑ましかった

レストランでは吉田社長のみやだいずの味噌作り講座

 

野菜ソムリエの坂東さんによるスムージー講座や

野菜ディップ講座が開催され

野菜に興味がある人たちがじっくりと聞き入っていた

 

香月ワインズの香月さんとダイワファームの大窪社長

のワインとチーズ講座

香月さんはワインの恋人がチーズ

大窪社長はワインのブームがあったからこそチーズの需要が拡大で来た

これからも良い関係であり続けると話された

ふるまいの豚汁とキャンベルアーリーがとてもマッチ

レストランではこんなメニューが

ジェイミー家族も駆けつけてくれた

ポニー乗馬は子供のルーシーを乗せて

ひでじビールの栗黒を初めての味だと感激していた

 

ステージでは地元の陶芸家と農家で作ったバンド

円空が雰囲気を盛り上げた

綾の農業生産者の魅力を多くの消費者に繋げて行くのが私達の役割だと考えている

 

10月6日綾・錦原アースマルシェの魅力

10月6日綾・錦原アースマルシェが

綾わくわくファームで朝の10時から午後4時まで開催されます

今回は未来につなぐ発酵がテーマです

販売ブースは

綾尾立地区の山口農園、有木さん、北野さん、甲斐さんの野菜

ズッキーニ、ミニトマト、ピーマン、白ネギ、ナス、里芋などが揃うようです

野菜と畑のキッシュ、岡崎さんのこだわりコーヒー

面白いものは杉木さんの豆腐作りセットと餅麦味噌など

様々な有機野菜や手作り加工品が買えます

早川農園では甘酒や野菜加工品が勢ぞろい

シード宮崎ではこだわりレタスや様々な種も販売されます

みやざき発酵文化ネットワークでは道本食品の冷や汁の素

かぼちゃの味噌漬け、ひなた漬の漬物缶詰が

漬物缶は防災グッズや旅行にも好評だそうです

二宮麹屋からは百年味噌や塩麴

ケンコー食品はつまみやサラダで人気の蒸しみやだいず

みやだいずの味噌、醤油などが

大山食品からはアメリカで人気のマーシーや米酢なども販売されます

ダイワファームは大人気のチーズが登場します

レストランではさまざまな発酵セッションが開催されます

10時半からはみやだいずの味噌作り

ケンコー食品の吉田社長ができたての麹とみやだいずを使い

味噌作りを指導していただきます

家庭に持ち帰り1っか月熟成させると米味噌が完成します

費用は一キロで1000円です

興味のある方は是非0985-77-0909までご連絡ください

野菜ソムリエの坂東淳子さんによる

野菜講座やスムージー講座は11時半 14時半からです

スムージーは400円でレストランで販売します

ピーマンのグリーンスムージー、トマトのレッドスムージーです

お待ちかねのワインとチーズ講座は

香月ワインの香月さんとダイワファームの大窪社長

ワインとチーズを楽しみながら是非2人の講座をお聞きください


レストランでは香月ワインや都農ワイン、

そしてひでじビールがほぼ原価で提供されますのでぜひ

野菜ピザや特製チキンカレー、綾豚ハンバーグと共にゆっくりお楽しみ下さい

またステージイベントもあり、子供さんにはポニー乗馬が500円で体験できます、

お天気も秋らしい晴の日になりそうです

是非カップルでご家族で10月6日は秋の綾を満喫してください!

TSUKEMENLIVE宮崎2019終了!

TSUKEMENLIVE宮崎が9月27日

メディキット県民文化センター演劇ホールで開催された

コンサート一部では

世界の名曲をTSUKEMENスタイルでアレンジした

特に好評だったのがクイーンのメドレー

あのロックの王様がTSUKEMENアレンジで蘇った

観客全員も嬉しい笑顔で手拍子で応える様子は今までのライブでは無かったもの

そして圧巻のベートーベンのピアノソナタ月光

SUGURUのピアノに

ビオラとバイオリンのTSUKEMENならではの独自のスタイルが素敵だった

2部ではオリジナルを中心に

日本的な真田の三部作を披露した

フィナーレは宮崎学園中学校、高等学校合唱部との共演で

時を超える絆

合唱部のコーラスは純粋で心から一生懸命歌っているのが

伝わってくる

観客一同割れんばかりの拍手

KENTAはまさに宮崎の宝ですと言ってくれた

終了後TSUKEMENは合唱部の皆さんに

音楽の世界では技術の巧い人はたくさんいる

それだけでは音楽の世界ではだめ

しかし皆さんの歌には魂がこもっていた

その気持ちや心が人々を感動させる

これからも有川先生の指導で素直にそのまま伸びていってほしいと話した

各地で合唱部とコラボレーションしているTSUKEMENだが

宮崎学園の合唱部は全国トップ級の実力とTSUKEMEN3人も絶賛した

10月12日にはEテレで12:30から生放送で

宮崎学園中学校高等学校合唱部が出演するNHK全国大会が放送されるとのこと

是非嬉しい知らせを期待しています

忙しい中、出演頂いた宮崎学園合唱部の皆さん、

顧問の有川サチ子先生、シムウェル英華先生、ピアニストの馬場沙央里先生

そしてお越しいただいた観客の皆さん本当にありがとうございました!

 

今回のライブを見て主催する立場として感じたことは

TSUKEMEN3人が確実に進化していることだ

自分たちだけではなく観客が何を望んでいるのかを

理解でき表現できるようになりつつある

また共演者や観客を巻き込んでいく力ができたことがとても大きいように思う

これからもTSUKEMEN3人の第2の故郷として宮崎の地で

サポートしていきたいと思う

TSUKEMEN&宮崎学園中高等学校合唱部

TSUKEMENのコンサートが9月27日に

メディキット県民文化センター演劇ホールで開催される

今回のコンサートではテーマ曲である

時を超える絆を宮崎学園の合唱部の皆さんと

TSUKEMENが共演する

今日はその合唱部の皆さんの練習を見に

宮崎学園にお邪魔した

この合唱部の顧問は有川サチ子先生

2019年には文化庁長官から表彰された方でもある

50年間の長きにわたり精力的に合唱部の指導に当たられ

数々のコンクールで金賞を受賞された実績もある合唱会のレジェンドだ

今年もNHKの合唱コンクールと九州合唱コンクールで金賞を受賞され

10月に行われる2つの全国大会のために

毎日猛練習をされているそうだ

その忙しいさなかに出演していただくことも感謝

さて時を超える絆を聞かせていただいた

ピアノ伴奏は馬場沙央里先生

まだまだ今からですがとおっしゃったが

中高生の混成合唱33名の声と心の訴える力にとても感動してしまった

宮崎ならではの時を超える絆になると確信した

 

本番まであと一週間

本番では宮崎の観客の皆さんに新たな感動を与えていただければと思っている

期待していただきたい!!

綾・錦原アースマルシェ10月6日開催

10月6日に綾・錦原アースマルシェは

綾ワクワクファームで開催します。

今回のテーマは未来につなぐ発酵です

みやざき発酵文化ネットワークのご協力で発酵

マルシェでは早川農園や尾立地区の有機野菜

シード宮崎のこだわり野菜をはじめ綾本物アイス工房のアイスや

みやざき発酵文化ネットワークが厳選した発酵食品

そしてダイワファームのチーズなどが勢ぞろいします

またレストランの発酵セッションでは

ケンコー食品の吉田社長が

宮崎の在来種の大豆、みやだいずと出来立ての米麹を使い

みやだいずの味噌づくりをご指導していただきます

一キロの味噌は家庭で1kヶ月熟成させれば食べられるそうです

一人1000円です

早めに申し込みください!

野菜ソムリエの坂東さんの野菜講座

噂のビオワインの香月ワインの香月さんとダイワファームの大窪さんとの

ワインとチーズ講座

山菜アドバイザー野村さんの山菜講座など

楽しいセッションもあります

みやだいず味噌を使用した綾豚の豚汁を

先着100名にふるまいます

レストランで注目なのは発酵メニューの

チキンと野菜の麹カレー

ダイワファームのチーズと綾野菜ピザ

香月ワイン、都農ワイン、世界NO1になったひでじビールの栗黒も登場します

 

ポニーの乗馬も子供さんは楽しめます。子供500円です

10月6日は綾・錦原アースマルシェで

有機野菜と発酵を楽しんでください

第2回北を愛でる酒と肴(報告)

第2回北を愛でる酒と肴が

9月1日札幌パークホテルで

全国から40蔵元が札幌に結集して

800名の参加で開催された

この会の会長である札幌観光協会の柴田龍会長がまず挨拶

元祖は宮崎がルーツの会だが

良く北海道にこれだけの素晴らしい蔵元が集まっていただいたことに

感謝を申し上げたいと挨拶

この会の魅力は北海道の珍味を満喫できること

蟹やうに、刺身、そして北海道の各地の郷土料理などなどが

満載の会だった


7月にお世話になった蔵元に挨拶した

浦霞の佐浦さん、水芭蕉の永井社長、福光屋の福光専務

小鼓の西山会長



南部美人の久慈社長

横は世話人の小嶋社長と効き酒師の鎌田さん

富山の満寿泉は高井さんがお越しになっていたが

そのサポートにねんじり亭の三浦さんが来られていて

びっくり!

宮崎の大吟醸を楽しむ会でもつまみ料理を長年お世話になった方でもある

ラベルが面白い

世話人代表の今井社長とMCの青山さん

2回目だがお客さんの反応も大好評で

これからも宮崎と札幌が連携して切磋琢磨しながら

進化をして行きたいと考えます

今井社長をはじめ関係者の皆様お疲れ様でした!

〆張鶴を楽しむ会(報告)

宮尾酒造の創業200周年を記念して

宮尾行男会長にお越しいただき

〆張鶴を楽しむ会が8月24日

シーガイアコンベンションセンター3F四季乃で開催された

床の間には鶴の掛け軸と鶴の置物

最初は世話人代表の町川安久氏の挨拶

次に宮尾会長のあいさつの後

日本の酒と食の文化を守る会の村田会長が乾杯

いろんな意味で〆張鶴は別格の酒だと言われたのが印象に残っている

乾杯の酒は 〆張鶴金ラベル(限定品)、

このお酒で今年金賞を受賞された

前菜は村上名物 鮭の酒びたし、タコの柔らか煮

大人のポテトサラダ(ダイワファームのブルーチーズ、アボガド、はらこ)

鮭の酒びたしは鮭に〆張鶴の月をふりかけたもので塩辛く酒には合う

 

次は〆張鶴純

お造りは鯛のサラダ仕立て

エディブルフラワーが綺麗で洋風の感じもする一皿

お吸い物

鯛の潮汁(焼き葱、水菜、椎茸、へべす、木の芽)

煮物

穴子と野菜の炊き合わせ

これから雅子様のロイヤルウェディングで提供されたという

純米大吟醸

これに合わせたのが意外なもの

白桃のコンポートと紅茶のアイス

柚子わさびシャーベットかけ、金箔をあしらっている

これは女性には大絶賛

しかも辛口の純米大吟醸にとても合う

これが噂の純米大吟醸(もちろんラベルはまだ無い)

次は〆張鶴 月のお燗と

宮崎牛炭火焼き かんずり添え

食事には

京都はれまのちりめん山椒も

これはご飯のお供にも酒の珍味にもなる

参加された方も満足の様子!

サプライズで

シェラトングランデの岩切総支配人から花束の贈呈

最後は吉田世話人から酒と料理に大満足した

これからも楽しい酒の企画を考えていきたいと話された

限定60名の限られた会であるからこそ

主催者の大吟醸を楽しむ会事務局は気合いも入ったが

ご協力いただきたシーガイアの皆さんもたくさんのサポートをしていただいた

宮崎にお越しいただいた宮尾酒造の宮尾会長、

シーガイアの仙波さんや四季乃の高妻料理長、シャラトングランデのシェフパティシエの日吉さん

はじめ多くの関係者の皆様に深く感謝申し上げます

姫路城

姫路駅に降りると

姫路城が姫路のシンボルだという事が明快に理解できる

駅の正面からは大きな通りの先を見渡すと姫路城が見える

真っ白なお城が街に君臨しているようなイメージさえある

雨の日だったが

15分ほど歩くと姫路城の入り口だ

姫路城は1580年中国攻略のため

黒田氏から羽柴秀吉に献上された

1600年池田輝政が城主となり

1609年に今の広大な城郭を築いた

第2次大戦末期、姫路は2度の空襲を受けたが

大天守に落ちた焼夷弾が不発弾となり、奇跡的に焼失を免れた

 

白漆喰の素晴らしさや、鷺山にお城が立地していることもあり

白鷺城とも言われている

1993年12月には日本初の世界文化遺産に法隆寺と共に選ばれている

改修を終えた2015年には250万以上という驚異の入場客だったが

昨年は160万人ほどに落ち着いてきているようだ

大天守に至るまでの行程で

この城がいかに大きく、戦略的に造られているのかがわかる

天守のしゃちほこ

スケール感、建築物の価値も含め、まさに日本を代表するお城の一つである

神戸からも近く、出来れば一度は訪れて欲しいお城だ

第3回夏休み親子発酵教室(報告)

第3回発酵親子教室が都農ワイナリーで

8月3日に開催された

今回の発酵テーマはワインとチーズ

まずみやざき発酵文化ネットワークの永野会長がご挨拶

みやざき発酵文化ネットワーク 永野時彦会長

そのあと赤尾工場長によるワイン講座

都農ワインの土壌づくりやブドウ栽培、台風との闘い

などなど興味深い話が多かった

次にダイワファームの大窪社長のチーズ講座

酪農からチーズ製造に切り替えたきっかけ、

チーズ製造までの苦労した4年間や

チーズの種類の内容などを教えていただいた

ヨーロッパでは一人当たりの年間使用量が20キロ

日本では一人2キロ

それを考えるとまだまだ伸びしろがあると言われていた

そのあとは都農ワインの小畠社長から

メルローの葡萄畑の見学と工場見学

これがメルローの葡萄

メルローはすでに十分甘い

ここが貯蔵タンク

ワイン貯蔵タンク

ワインの樽はフレンチオークを使用したもの

これに入れて熟成する

フレンチオークの樽で樽の上についてる栓を抜きワインを注ぎ足していく

毎年3%ほど蒸発するので(天使のわけまえ)

ワインの場合はワインを樽に注ぎ足して熟成させていく

この辺りはウィスキーや焼酎と違う

そうしないと酸化するのだそうだ

さてお待ちかねの発酵昼食

キャンベルアーリーの葡萄とそれを絞ったぶどうジュース

新鮮で葡萄本来の味だ

キャンベルの葡萄も美味

そしてワイン

キャンベルの微発泡からワイン全て楽しめた

料理はこのような前菜でスタート

ケンコー食品のもろみにつけたチーズが美味しい

素晴らしい完成度、発酵新商品に育つと良い!

メインはダイワファームのホエイを食べさせたホエイ豚

柔らかくてジューシーだ

可能性を感じるホエイ豚

都農ワインを飼料で飲ませたワイン牛

赤身がとても美味しい

参加者の方々は堪能されていたようだ

〆張鶴を楽しむ会

宮尾酒造創業200周年記念

〆張鶴を楽しむ会が

宮尾行男会長にもお越しいただき

8月24日シーガイアコンベンションセンター3F四季乃で開催される

今回のお酒は4種類

初お披露目となる〆張鶴 純米大吟醸袋取りしずく

山田錦を30%まで磨き上げ

ビン熟成させた大吟醸

このお酒は現皇后雅子様ご成婚の際、出されたもの(非売品)

まさに平成から令和への架け橋となる貴重な門外不出の大吟醸

 

大吟醸金ラベル

今年の新酒鑑評会で金賞を受賞

山田錦を35%まで磨き、丁寧に醸された限定品

 

〆張鶴 純

五百万石50%

淡麗旨口の理想郷とも言われる

50%磨きは大吟醸と言っても良いほどだ

純米吟醸部門(フルネット)では22年連続第一位を誇っている

 

〆張鶴 月

五百万石55% 掛米こしいぶき60%

冷でもお燗でもオールマイティの酒

 

料理を担当するのは2人の料理長

お酒に合わせたメニューを試食と話合を重ねながら決定していく

特に雅子様ご成婚の際出された大吟醸と料理との

マリアージュはぜひ注目して欲しい!

 

宮尾酒造の200周年を〆張鶴で

是非一緒にお祝いしてはいかがでしょうか?

 

席数が限られるため

ご希望の方は早めにご連絡ください

御問合せ

0985−31−7086  大吟醸を楽しむ会事務局  担当横山