MaaSコンセプト誕生

モビリティ革命と言われるMaaSが世界中で話題だ

その内容が極めて詳しく書かれ

世界中で行われている実証実験のことも網羅されている

その本のタイトルは「MaaS」

MaaSとは「Mobility as a Service」の略

あらゆる交通手段を垂直統合し、その最適化を図ったうえで

スマホやウェブ上でマイカーと同様か、

それ以上に快適な移動サービスを実現する新しい概念だ

 

MaaSのコンセプトは誰が考えたのだろう

2014年フィンランドのヘルシンキ市都市計画局の依頼で

当時アールト大学の在籍していたソンジャ・ヘイツキラ氏が

発表した論文がルーツだ

ヘルシンキの問題の根底になるのはマイカー依存

鉄道、地下鉄、トラム、フェリー、バスなどの公共交通は整備されているが

利便性、快適性は決して高くない

結果マイカー移動が増え、慢性渋滞、駐車場不足、環境問題を引き起こし

移動をストレスに満ちたものとし町の魅力を失わせている

このような状況を打破するために考案したのが「モビリティオペレーター」だ

利用者のニーズに合わせ数々の交通機関を組み合わせて

最適な組み合わせを一つのサービスパッケージとして提案する

利用者はパッケージ料金を払い

モビリティオペレーターは交通事業者にサービス提供料を払う

これがMaaSの基本構造だ

 

この構想のアイデアをもともと考えていた人がアース・ヒーネタン氏

12年からITSフィンランドのCEOになったヒーネタン氏は

14年6月ITSヨーロッパの会議でMaaSコンセプトを発表した

MaaSという言葉が国際舞台で使われた最初となった

15年フランスで開催されたITS世界会議では

欧州MaaSアライアンスを設立、

世界各国にMaaSを拡げていく団体として位置づけられ

15年にはMaaSフィンランドをアース・ヒーネタン氏が立ち上げ

16年9月からはWhimのサービス提供を開始した

実際ヘルシンキではWhimの定額サービス導入後

ユーザーのマイカー利用は半減し

公共交通の利用は50%未満から74%に増加した

タクシーやレンタカーの利用も増えており、狙い通りに進んでいるという

 

ヘルシンキ発のMaaSコンセプトとアプリのWhimは世界中で話題となり

フィンランドは世界で最も先進的な移動サービス

を実現した国として知られるようになった

 

いま世界のトップランナーとなったMaasグローバル

今後の世界展開が楽しみでもあるとともに

日本の地方都市において、なくてはならない観点がMaaSであり

それがスマートシティのベースとなることも忘れてはならない

第8回宮崎・日南海岸ライド2019(報告)

第8回GE宮崎・日南海岸ライド2019が

4月21日全国から582人のライダーが

スタート地点のサンマリンスタジアムに集合して開催された

天候は絶好の晴天

スポーツナビゲーターの白戸太朗さんと片岡ゆいさんの司会で

スタートセレモニー

ゲストライダーの山本隆弘さんの紹介の後

歓迎のご挨拶は宮崎市の原田副市長

ロングコースは今までと逆のコース

新緑の田野の山を登り

下りを北郷から飫肥に向かって走る

飫肥では日南高校のボランティアの生徒さんがお出迎えで昼食

そのあと日南海岸を走ってゴールという山と海を満喫するコース

ショートコースは

加江田から木花を通り青島から道の駅フェニックス

そのあと潮の杜で昼食

再度日南海岸を戻りゴールへというコース

参加者の感想は新緑の山が気持ちよかった

最初山に登るのでプレッシャーがなく食事が楽しめた

このコースは最高との声

サボテン公園の旧道が景色も素晴らしく

自転車だけでゆっくり走れて抜群だった

何よりも後半は日南海岸なので気持ちの余裕ができたのしめたの声が圧倒的!

新エイドポイントとなった潮の杜は

小椋さんをはじめ鵜戸若衆会の皆さんのおもてなしで

漁師汁とイカの炊き込みご飯というメニュー

この親子は鹿児島から参加(子供さんは8歳)  鵜戸若衆会のおもてなしが素晴らしい

皆さん美味しいグルメに舌鼓!

ハワイのような気分だという参加者も多かった

ゴールでは

何とか完走した山本隆弘氏はお尻が痛くて大変だったようで

スタッフでお尻をなでなで

白戸太朗さんはゴールで地鶏の炭火焼きに挑戦

完走賞と記念品の霧島と炭火焼き

完走証、記念品の霧島、地鶏の炭火焼き       完走賞やTシャツのデザインも大好評!!

今年は今までと逆回りの新コースということもあり

安全対策で数々の問題があったが

サポートライダー、ボランティアスタッフ、メカニックの方々のご協力で

何とか無事に終了することができました。

心から感謝申し上げます

4月23日宮崎日日新聞で記事が掲載されました

また来年も宮崎の地で、全国のライダーの皆さんをお待ちしてします!

KIRISHIMAナイト(GE宮崎・日南海岸ライド前夜祭)

GE宮崎・日南海岸ライドの前夜祭が

4月20日アリストン宮崎の2F花風ホールで開催された

まず霧島酒造の宮崎支店の金田副部長が歓迎のご挨拶

そしてご協力いただいたアリストンホテル宮崎の

山下社長がご挨拶

山下社長はご自身もライダーで

宮崎ライドには4回連続参加の方でもある

鏡開きはゲストライダーの山本隆弘氏

ナビゲーターの白戸太朗氏、霧島の金田副部長

アリストン宮崎の山下社長、参加者代表の方々で行われた

料理の数々と霧島酒造のここでしか飲めないレアものの焼酎

白戸太朗氏が監修した特製冷や汁

あさりを使ったスープが健康にも良く美味しい

盛り上がったのはグループ対抗での

宮崎ライドはこんなライドにしたいとの企画プレゼン

優勝は野球キャンプ地を巡り

地元グルメだけではなく、球団の地区のグルメを食べていただこうというもの

巨人軍は東京バナナ、カープはモミジ饅頭などなど

このアイデアは将来一部でも取り入れていきたいと考えている

優勝チームには全員に霧島EXをプレゼント

楽しいゲームで一挙に会場が盛り上がった

次は霧島の利き酒クイズ

霧島EX、赤霧島、茜の飲み比べは大人気

全問正解はいなかったが、参加者全員満喫されたようだった

最後は明日の宮崎ライドの無事を祈って記念撮影

素敵な前夜祭となった

参加者の皆さん、ご協力いただいた霧島酒造の皆さん、アリストンホテルの皆さんに

深く感謝を申し上げます!

第2回日向ビーチスポーツフェス 6月2日開催

第2回日向ビーチスポーツフェスが

3月25日、日向市役所で十屋市長と山本隆弘氏で

記者発表された

6月2日

日向市のお倉が浜ビーチで開催される

全長4キロにも及ぶ美しい海岸で

ビーチスポーツの楽しさを体験してもらおうとういもの

 

体験スポーツの種目と参加アスリートは

バレー  北京オリンピック日本代表 山本隆弘 パナソニックパンサーズ

サッカー 元日本代表 巻誠一郎  元なでしこジャパン 加藤ともえ

ラグビー パナソニックワイルドナイツ

ヨガ   北京オリンピック新体操代表 坪井保菜美

サーフィン  伊久良城二

ビーチテニス 日本ランキング1位 山本直晃 日本代表監督兼選手 相沢幸太郎

 

これだけのトップアスリートと触れ合えるチャンスはなかなかない

是非この機会にビーチスポーツ体験をされてみてはどうだろうか?

当日はステージイベントやグルメイベントも同時開催する

盛り上げる司会はジェイミーと宇田川沙稚さん

是非友達やご家族で参加していただきたい!

 

お申し込みは

日向市観光交流課サーフタウン交流推進係

0982−66−1026 まで

第一回産官学発酵勉強会(報告)

みやざき発酵文化ネットワークは

第一回産官学発酵勉強会を宮崎県工業支援センターで

3月15日開催した

永野会長の挨拶の後

アドバイザーの宮崎大学 河原聡教授

そして宮崎県食品開発センターの山田部長、福良さんをはじめ

みやざき発酵文化ネットワーク会員全員と

多くの有意義な意見を交換した

我々がお願いしたのは全国でも高いレベルにある醤油、味醂との

県内商品との比較だった

宮崎県食品開発センターの分析結果は

思った以上の県内商品の品質の高さで我々も驚いてしまった

今後の努力次第では十分に全国レベルで戦える商品になると

思ったのは我々だけではないだろう

宮崎大学の河原教授は

発酵の複合商品はアプローチが2つあるのではないか

一つは発酵商品と発酵商品を連携させることだが

これは割合簡単

あと一つは発酵の定義を考えて、

そのうえで新しい発酵の複合商品を作り出すこと

これも考える必要性があるのではないだろうかとの意見だった

全国の豚肉発酵人気商品の食べ比べ

今後発酵企業や様々な会員の意見を聞きながら

多くのデータベースを基に明日の発酵商品が出来上がることを

我々も勉強しながら努力もしていきたい

初めての産官学発酵勉強会だったが

これからも発酵研究のベースになる有意義な会として

続けていきたいと考えている

宮崎大学の河原教授、宮崎県食品開発センターの山田部長、福良さん

ほか多くの関係者の皆様に感謝を申し上げたい!

ファーマーズ尾立の実力(綾町)

綾・錦原アースマルシェには

綾の尾立地区で農業に従事している方々が参加いただいた

綾の錦原から見ると展望台があるところが尾立地区だ

初めてお会いした生産者の皆さんばかりだったが

その実績と実力に驚かされた

尾立地区のリーダーは有木農園の有木重昭さん

日向夏をはじめ柑橘類を栽培されている

宮崎から綾に農業で通っていたが、今は移住して綾で生活をされている

尾立地区をまとめ上げる人望も厚い方だ

有機といえば山口農園の山口今朝廣氏

有機農業で35年の歴史を誇る

綾の有機農業はこの人とあると言っても過言ではない

廃菌床とのり面に生える雑草などの炭素分を畑に入れる

これだけのたんじゅん農法で

試行錯誤を繰り返し土が元気な有機農業を作り上げた

この山口さんを慕う研修生も全国から集まり

勉強して巣立っていく

現在宮崎市を含め200件の宅配を毎週行っていると

家族みたいな信頼関係ができて来るという

素朴な人柄に味わいがある方だ

甲斐さんのレモンや西村さんの手作り梅干しもおいしそうだった

レモンは早速買ったがサラダや晩酌にも役立ちそう

やさいとくらしのキムさんと林さんの夫婦

デザインは奥さんが考えたのだという

奥さん手作りのキッシュは完売の人気だった

農法は山口さんを踏襲しているそうだ

奈良から移住してきた米屋さんと

オーガニックのコーヒーの岡野さん

有機名人から新しい移住者まで尾立地区は

新旧織り交ぜながら、新しい時代のこの地区ならではの農業を育みつつある

ファーマーズ尾立の実力とパワーを

綾・錦原アースマルシェでは消費者の方々もスタッフも存分に見ることができた

是非近々、尾立の農業生産者を訪ねてみたい

これからもシンボル的な存在として綾の農業を引っ張っていただきたいものだ

綾・錦原アースマルシェ(報告)

綾・錦原アースマルシェが3月10日

綾わくわくファームで開催された。

天候はあいにくの雨だったが

本物生産者の皆さんの商品の良さで多くの来場者があり

市価より格安な有機野菜や加工品を買い求めていた

早川農園の人参ジュースの甘さに驚く

ネギディップの美味しさにも感動

早川農園の大野さん

宮崎ゴールドファームの

冬虫夏草入りごぼう茶

山崎社長

綾の尾立地区のこだわり野菜

杉田種苗店の種とガーデニンググッズ

杉田さん親子

ダイワファームの人気のチーズ

大窪社長と息子さん

アグリアートの松本慎一郎さん

野菜がアートのように綺麗だ

レストランコーナーでは

レッドカレーや原木シイタケやトマトのピザ

レストランを仕切るのは浜田さんと高木さん

ステージでは南米フォルクローレのインティが登場ほか

野菜ソムリエの鋤田さんの野菜講座や

ガハハおじさんのチーズ講座も大協評

屋外ではポニーの乗馬体験も

雨にもかかわらず多くのお客さんに支えられて

第一回綾・錦原アースマルシェを無事に成功することができました

売り上げも予想以上だったとか?

綾の有機野菜や本物商品を含め県内の様々な良いものを

これからも集めていき、さらにグレ—ドアップを図っていきます

また次回の開催をお楽しみにしてください!

関係者の皆様、ご協力ありがとうございました。

綾錦原アースマルシェ3月10日開催!

エコパーク綾で3月10日

綾・錦原アースマルシェが朝10:00から16:00まで

綾わくわくファームで開催される

綾の早川農園の有機野菜や果物、尾立地区のこだわり野菜

はじめ様々な本物商品が出展される

また県内からは宮崎市のアグリアートのアートな野菜

小林市のダイワファームの絶品チーズ

国富町の杉田園芸種苗店から春の苗やガーデニンググッズ

宮崎ゴールドファームからは冬虫夏草の商品などなど

レストランでは

春野菜ピザやレッドカレー

綾あきら豚のローストポークや豚汁など

 

ステージイベントも盛りだくさん

南米音楽のフォルクローレ インティ

や地元のグループ円空

野菜ソムリエの野菜講座やガハハおじさんのチーズ講座もあります

 

会場内ではポニーの乗馬体験 700円

などなど本物が詰まった楽しいマルシェです

是非ご家族で、お友達と春の綾にお出かけください!

車は馬事公苑駐車場に止めてください

お問い合わせは 0985−77−0909 まで

第2回発酵親子教室の発酵昼食

みやざき発酵文化ネットワークが主催した第2回発酵親子教室は2月16日道本食品で開催された

48名の一般の方々から子供さんの参加で盛り上がった

発酵講座はみやだいずと味噌をケンコー食品の吉田社長

塩麹を二宮麹屋の二宮工場長、漬物は道本社長がわかりやすく説明された

さて発酵昼食の献立は

道本食品さんからこれだけのたくさんの種類の漬物が

この中には全日空のビジネスクラスで提供されているものもあるようだ

ケンコー食品の吉田社長のおばあちゃん手作り味噌玉

これをお湯に溶かして味噌汁に

このやり方だと濃ゆさや薄さが自分で調整できるメリットがある

初めての体験だったが参加者からもこれだったら家庭でも作れると大評判

横にあるのが味噌玉、これをお椀に入れ溶かして食べる

 

ラディッシュのご協力をいただき

県産鶏の三ツ星醤油と二宮麹屋の塩麴焼き

能登のセイアグリー卵の卵焼き

おにぎり2種

切り干し大根、みやだいずの蒸し大豆の副菜

キュウリの酢の物

参加者の感想も大変美味しかったと大好評でした

また塩麴の体験ができたことも大変楽しかったようです

味噌玉は家庭で作ってみようという人もあり

いかに発酵が注目されているのかを実感する教室となりました

また次回もお楽しみにしてください!

25-4=9?(孫正義)

ソフトバンクグループの決算説明会が

2019年2月7日開催された

説明会では孫正義氏の愉快な放言が大変面白かった

複雑な自然現象を一行の式でシンプルに

読み解いたアインシュタインになぞらえて

ソフトバンクGを一行の式で表す孫正義ならではの発想だ

会社のバランスシートを見ても

ソフトバンクGの質や姿が良くわからない

しかも膨大な負債を背負っている

そのようなマスコミやアナリストの質問に対する答えがこの一行の式の中に込められている

さて注目していたのはエヌビデアの投資だった

101ドルで投資したエヌビデア

9月末には283ドルまで上昇した

現在は150ドル近辺

マスコミ関係者はこの投資に対しての決算の危惧を感じていたのだが

カラー取引という手法を使い218ドルで利益ができるようにしていたのだ

結果エヌビデアに関してSVFに大きな利益をもたらしていた

世界の投資ファンドもアッと驚いた高度テクニックだ

このことでソフトバンクGは単なるAI投資会社ではなく

世界先進の投資ファンドであることも明確になった

 

さて先ほどの式を思い出してみよう

25-4=9?

今現在の時価株式総額が

アリババの12,5兆円、ソフトバンクの4.2兆円をはじめ25兆円

負債総額は17兆円

現金で6兆円

7兆円はソフトバンクとスプリントが保有する借金なのでこれをひくと

4兆円になる

そして2月6日のソフトバンクGの株価から

時価総額を出すと9兆円だ

孫正義氏は言う

このように考えると株価は安すぎる

少なくとも2万円はあってよいと豪語した

 

さて投資のタイプには3タイプあると孫氏は言う

ウォーレン・バフェットのようなキャッシュフローを重視するタイプ

アルゴリズムを中心としたコンピューティングの投資のタイプ

そして我々はAIビジョンを重視するタイプだ

その底流にあるのは情報革命で人を幸せにすることだ

インターネット、ブロードバンド、スマホとステージを変えてきた

そのステージごとに中身を変化させてきたのがソフトバンクG

今時代はAIの入り口にいる

AIによるパラダイムシフトが進んでいく

だからこそAIの各分野のユニコーンのNO1を群の中に入れ込むのだ

 

明確でシンプルな論理は聞く人々を楽しくさせてくれる

まだまだ元気で夢を語り続ける孫正義氏

私は10年、20年、30年後の世界を見ている

その中において株式市場は単なる誤差でしかないと言い切った

是非AIの未来と人類の幸せの共存を現実のものにしてほしいと願っている