アマゾンVSアリババ

201711月末の時点で

世界の時価総額ランキングを見ると

1位がアップル、2位がアルファベット、3位がマイクロソフト

4位がアマゾン、5位がFacebook 6位がアリババ(中国)と

6位までを全てIT企業が占めた

今の時代の趨勢を感じる出来事だ

 

EC事業の世界展開の2社を見てみよう

一つは4位のアマゾン(58兆円)だ

EC事業者なのだが、事業展開が多彩になってきている

物流、配送のインフラ整備に年間2兆円ほどかけているばかりか

AIスピーカーの発売

食品スーパー ホールフーズの買収(15000億円)

キンドルの開発販売

映像配信事業などなどのほかに

世界一と言われる(AWS)クラウド事業がある

全売り上げの90%はEC事業だが

利益の大半は売り上げの10%程度と言われるAWSのクラウド事業だ

 

次は6位のアリババグループ (51兆円)

中国の英雄や神様とも言われるジャックマー率いるEC企業だ

中国では独占と言ってもよいほどのシェアを確立している

中でもすごい成長を誇るのが決済サービス アリペイ(支付宝)だ

中国のスマホ決済の8割がこのサービスを利用していると言われる

マネーを入れておくだけで様々なサービスが利用できる

スマホの利用料金をはじめ電気水道、タクシー、海外送金など

面白いのは割り勘の機能も付いているのだという

しかも全てのサービスが無料

そのうえ余額宝のサービスを使えば、

お金を預けるだけで年利523%の利息がもらえる

これが爆発的に伸び、わずか4年で

MMFが世界最大の23兆円強まで増加したと言われる

この動きはさらに加速するだろう

アリペイの普及が本格化すると

銀行やクレジットは必要なくなるといっても過言ではないだろう

 

このEC事業の最強の2社が東南アジアで激突する

東南アジアの人口は6億人を超えると言われている

しかも英語圏であり、サービスもそのまま英語で対応できる

 

アリババは2016年に布石を打つ

シンガポールのLAZADA10億ドルで買収

シンガポールポストにも出資して第2位の株主となり

物流と配送の拠点をシンガポールで一本化した

Lazadaはインドネシア、マレーシア、フィリピン、タイ、ベトナムと

事業展開している

アリババグループの一員となり一挙に東南アジアで業績の拡大を図る計画だ

もちろん同時にアリペイのサービスも本格化していくだろう

 

アマゾンがシンガポールで動いた

アマゾンはインドのネット通販で成功をおさめた実績がある

シンガポールでは2017年7月に物流拠点を置きアマゾンのサービスをスタートした

これを拠点として次々に東南アジアに布石を打ってくるだろう

 

アメリカのアマゾン、中国のアリババ

今までは先進国のアマゾン、中国のアリババだったが

最後の成長圏と言われるアセアンにおいて最強の2社が激突する

EC事業での注目の米中対決が始まった

このアセアンを制したものが世界の勝者となることは間違いない

 

 

冬のシェフズアライアンス

魅惑の日本酒と料理のマリアージュを楽しむ

3回シェフズアライアンスを

25日に開催します

 

今回のゲストシェフはお馴染みになった

福岡の小野貴史シェフ

イタリアのルッカ料理学園卒業後

スイスをはじめ様々な国とジャンルで料理を行ってきた

 

今回は日向夏やえびの本坊農園の野菜や鴨肉で

日本酒とのマリアージュに挑戦していただく

小野シェフの独創性あふれるメニューにも期待している!

 _

日本酒は

開運大吟醸 伝 浪瀬正吉(静岡)

縁起の良い酒名

2017年は金賞、IWCゴールドトロフィー賞

サケコンペティションゴールドとトリプル受賞した蔵だ

 

〆張鶴大吟醸 金ラベル(新潟)

山田錦を35%に磨いて醸した11月発売の限定品

真面目一筋の誠実な蔵

 

新政NO6 SSタイプ(秋田)

教会6号酵母発祥の蔵を継いだ佐藤氏が手掛ける

新世代の酒

全国で人気沸騰の酒だ

 

勝駒 大吟醸 (富山)

2017パーカーポイント92点の高い評価で

一瞬にして酒が消えたと言われる

蔵人が5人だけの少量生産だけに

なかなか飲めないお酒になった

 

豊盃 特別純米 (青森)

今や青森を代表する蔵の一つとなった

食中酒には最適

 

 お陰様で満席となりました。1月22日

 

(株)地域活性化プロジェクト

0985-31-7086 まで

 

 

東北を熱くする(星野仙一)

闘将 星野仙一氏を語るについて

2003年阪神での優勝はもちろんであるが

2011年から2014年まで指揮を執った楽天での

試合は星野仙一氏の集大成と言っても良いだろう

 

東北を熱くするというメッセージと共に

星野仙一氏が2011年楽天イーグルスの監督に就任した

監督一年目のシーズン直前

311日東北地方を襲った東日本大震災

本拠地のKスタ宮城も甚大な被害を受け

当時関西にいた選手たちは約1か月半

帰らずに日本の地方を転戦した

本拠地に帰ってからは、選手は

試合の午前中はグループで被災地を回り

夕方ゲームの毎日

選手や球団が一生懸命にやっているのでストップはできなかったと

星野監督は語っていた

結果2011年は第5

 

2012年は補強を大幅にアップし

戦力を整えたが結果は出ずに第4

 

そして2013

24勝無敗という圧倒的な成績を誇る田中投手を擁し

投打に好循環を生み出した楽天は

他の追随を許さずパリーグ優勝

そして113日4勝3敗と

宿敵巨人を倒し、選手、監督時代を通じて

初めて日本一に輝いた

 

くしくも東日本大震災は311日に発生し

楽天日本一はそれをひっくり返した

偶然とも思えない113日という

不思議な巡り合わせの日となった

 

星野仙一氏を評して様々な高い評価があるが

私はあえて火中の栗を拾い、

野球という大義のために捧げた生きざまに

大いなる共感を感じてしまう!

 

70歳という早すぎる死は本当に残念だが

東北を熱くした星野仙一という名前は

日本の野球の歴史にとって忘れられることはない!

 

 

日本の翼と30年問題

1月5日付けの宮崎日日新聞のくろしお欄で

福井県の日本酒、日本の翼 の記事が掲載されていたので

ご紹介したい

 

「日本の翼」で商標登録された純米大吟醸がある。

昨年までで開催20回を重ねている宮崎の大吟醸を楽しむ会に

参加する蔵元の一つ加藤吉平商店(福井県)の銘柄だ

氷温で2年以上も熟成させるなど

時間と手間をかけた酒で、

政府専用機で初めて正式機内酒として採用された。

その名の通り世界の空を飛ぶ日本酒。

日頃はほぼ焼酎一辺倒の筆者だが、

この正月2日、

職場近くにあるデパート地階酒売り場で見つけて

衝動買いした

日本酒も世界の空を飛ぶ時代だが

航空業界も「2030年問題」と呼ばれる深刻な懸念を抱えている。

バブル期に大量採用された40代後半のパイロットが

退職時期を迎え、旅客機を十分に飛ばせない

事態が生じるかもしれないという

...

さて衝動買いした「日本の翼」の感想だ。

さわやかで、上品で、

飲むほどに大空を舞うようなふわふわした感覚になり

大みそかの弊紙で読んだ

パイロットの30年問題のへの個人的な懸念は

酔うほどに消え。空の彼方へ飛び去った。

考えてみれば酒を造る杜氏の育成にも歳月を必要とする。

熱意と素質と育てる環境がそろって

心を酔わせる名酒が誕生する。

_ 

以上掲載記事のご紹介でした。

福井県の鯖江市の梵は

現在世界100か国以上に輸出をされているという

大変勢いのある蔵です

ご興味があられる方は是非お試しください!

獺祭の新聞広告とNYの蔵建設

師走の12月

獺祭の2つの話題が日本中を駆け抜けた

一つ目は

12月10日の読売新聞獺祭の全面広告

コピーは獺祭を高く買わないでください

という異例のものだった。

桜井会長らしい用意周到な戦略だ

新工場も順調に稼働し生産も需要をなんとか賄える規模となり

全国の販売店も拡充して充実させた

しかし今なお、割高で獺祭を売る転売店が後を絶たない

転売品は高額になることや流通経路が複雑で日数もかかるため

品質の問題も出てくる恐れがある

そこに獺祭が切り込んだ

しかも最大需要期の12月にである

高く買わないでくださいとは

言い換えると全国の販売店も生産も確立しましたという意味もある

日本酒業界において前例のない見事な意見広告だと思う!

 _

2つ目はNYのハイドパークに

CIA(世界最大の料理大学)と連携して蔵を建設するというニュースだ

桜井会長はかねてからワインは本場のフランスだけでなく

ヨーロッパをはじめアメリカ、オーストラリアなど日本も含め

世界各地で製造されている

日本酒が世界酒に本当になるつもりであれば

海外生産は必要不可欠だとおっしゃっていた。

 

麹米は日本の山田錦を使用するが掛米はカルローズの予定だという。

まさに国境を越えて日米融合の獺祭ハイブリッド

とでもいえるようなお酒になるかもしれない

 _

アメリカではどのようなターゲットを考えているのだろうか

日本酒の海外生産は少し行われているが

商品としては安い価格帯を狙っている

獺祭はこの価格帯とは違い

アメリカの生産商品は別ブランドにするが

高級と安い商品の中間を狙いたいという

しかも製造はすべて純米大吟醸だそう

ただ獺祭のポリシーでもある美味いと感じてもらえるお酒

にはこだわりを持ちたい


米国人が普通に買える価格で美味しい日本酒を飲める、
そう考えるとアメリカの日本酒の普及に弾みがつくかもしれない

また2800人という生徒を抱える料理大学とのコラボを考え合わせると

日本酒だけでなく日本食材の流通をはじめ

将来的には大きな可能性を秘めているとも思われる

このニュースも日本酒業界にとって歴史的な一歩だと感じる

 

その先を見つめてどのような世界への挑戦が続いていくのか

今後も要注目の蔵である!

 

日本の酒と食の文化を守る会忘年会2017

日本の酒と食の文化を守る会の忘年会が
211日目黒雅叙園で開催された。
全国から28蔵元が参加して
まずは蔵元の一分間スピーチから
印象的だったのは澤乃井の小澤社長
今年食道がんで手術して復帰した
体重も56キロに減った

ただまだお酒が飲めるようになったのが有難い

浦霞の佐浦社長は初めてインドに行った
人も多く渋滞で大変だったが
インド人に言われたことで興味深かったこと
車の運転はグッドドライブ、グッドブレーキ、グッドラックだと

グッドラックには笑ってしまった

 

この後は村田会長のあいさつ
そして今年カナダ大使を最後に日本に帰ってこられた門司健次郎さんが乾杯

日本酒を世界酒にしようと活動をされている方でもある

大吟醸を楽しむ会でお世話になった蔵元さんと

話が弾んだ

獺祭の桜井会長は1211日に読売新聞に全面の意見広告を出された
獺祭を高く買わないで下さいというもの
まさに桜井会長らしいブレイクスルーの広告だと思った
水芭蕉の永井さんはawa協会の理事長としても忙しそう

今年の415日までに15社の中から認定をするのだという

日本酒を世界酒にと

各蔵元の挑戦は続いていく!

 

 

 

三遊亭鳳楽師匠の文七元結(もっとい)

目黒雅叙園で三遊亭鳳楽師匠の文七元結

涙が出る人情噺としても有名だ

だるま横丁に住む左官の長兵衛
うではいいが博打にはまり、仕事はせず家計は火の車
借金が50両近くにまでなり年も越せない状態
今日もすってんてん、法被一枚で帰ってくると女房が泣いている

わけを聞くと娘のお久がいないのだという

そこに吉原のお店の使いが来て
娘を預かっているという連絡
さっそく吉原の店に行くと
女将にお久は身を売って金をこしらえ、

おやじの博打狂いをやめさせたいと涙ながらに頼んだという

女将は50両貸してくれ
お久も娘と思って預かりお店には出さない

その代わり一生懸命働き、迎えに来てと長兵衛に説く

心新たにと帰る道すがら
吾妻橋で身投げをしようとする文七が・・・
わけを聞くと代金でいただいた50両がなくなってしまった
これでは店に帰れない
ここで死にたいと話す文七に江戸っ子の長兵衛
金より大事まものは命
命を捨てるぐらいであればこのお金を上げようと
無理やりお金を文七に投げつけて帰ってくる

文七はお店に帰り50両を差し出す

 お店には武家屋敷の碁盤の下に
文七が忘れていた50両が届いていた
文七がご主人に正直に50両の訳を話すと

そんな親切な人がいたのかとお礼に行くことに・・・

 長兵衛宅ではお金をあげたいきさつを話して夜通しで夫婦喧嘩
そこにご主人がお礼と50
とお酒を持ってやってきた
これからは長兵衛さんとは親戚づきあいをさせていただきたい
酒のつまみはこれですと
ご主人が見受けした娘のお久が・・・・
はれて文七とお久は結婚し

お店を出し繁盛したのだという

お久の親を思いやる心、江戸っ子の心意気など
師走ならではの人情噺に涙が出て仕方がなかった
三遊亭派の人情噺として特に有名だが
この演目をやれると一人前だといわれる難しさもある
江戸っ子の気っぷ、長屋の情景が浮かび上がりそうな表現力

鳳楽師匠の名人芸を堪能した!

サンシャイン宮崎ライド2018

いよいよ日南海岸サンシャイン宮崎ライド2018
のエントリーがいよいよスタートした

ナビゲーターは久しぶりに白戸太郎さん

MCは平野由香里さんの強力コンビだ!

 

日程は春本番の42122日に開催される
前夜祭の霧島ナイトは宮崎観光ホテルで開催

霧島の焼酎と絶品料理で宮崎を楽しもう

 

本番の宮崎ライドのコースは
サンマリンスタジアムから日南海岸―飫肥城までのショートコース75キロ
ロングコースは飫肥城からだらだら坂で苦しい田野の山越えを通り抜け

運動公園に帰っている125キロのコースとなる

 

エイドポイントのグルメは地鶏の炭火焼きや
日南名物の魚うどんや飫肥天を味わいながら

地元の方たちとのふれあいもお楽しみに!

早めのエントリーお待ちしています

詳しくは

http://great-earth.jp/miyazaki/miyazaki_gaiyou.php

 

 

 

サルバトーレ・ムンディ(救世主)

ラストダビンチと言われる サルバトーレ・ムンディ(救世主)が

史上最高の約510億円という価格で落札された。

絵の作者であるレオナルド・ダ・ヴィンチは
人類史上最も多才な人物としても知られている
画家だけではなく、領域分野の広さと深さは空前と言っても過言ではない

 

描かれた時期は1500年頃と言われる

この絵は男性版モナ・リザともいわれている

ダビンチの魅力は絵に込められたパワーがとてつもなく大きいことだ
それゆえ見ているものをなぞかけしているようにも思える
輪郭線がないのも特徴の一つだ

グラデーションで立体感を出すことで温かみのある絵に仕上がる

さて絵を見てみよう
見る者に対してまっすぐに視線を向けており
絵を見る人々に何かを語りかけているようにみえる
右手は2本指を立てており祝福、平和、調和を現すポーズだそうだ
左手には水晶玉

水晶玉は体も魂も浄化され水晶のように清らかになるということかもしれない

とらえどころのない微笑、謎めいた雰囲気はモナ・リザととてもよく似ている
もしルーブル美術館で同時に飾られれば、世界中からファンが押し寄せるかもしれない

そんな可能性をファンの一人として期待している

北陸3蔵めぐりの旅

大吟醸を楽しむ会では
2018126日から28日まで

北陸の福井、金沢、富山の3つの蔵を巡るプレミアムツアーを行います。 

福井は加藤吉平商店の梵
世界各国に輸出され数々の受賞に輝く蔵としても有名だ

加藤社長自ら蔵見学の案内をしていただけるそうだ。

 金沢は金沢で一番古い歴史を持つ蔵元 福光屋
加賀鳶だけでなく黒帯、福政宗などのブランドも多数揃えている

加賀藩の歴史の中で磨かれてきた味を楽しんでみたい!

 
最後は富山の満寿泉の桝田社長
現在富山県酒造組合の会長という要職にも就かれている
スケジュールを確認するとエンジン会議に呼ばれていますが
何とか帰ってこれますとの返事をいただく。
桝田氏は酒蔵だけでなく蔵のある岩瀬地区の廻船問屋などの
大がかりな復活も実践されていて

街づくりの観点からも楽しみな蔵だ 

蔵のお酒と北陸の美味珍味と世界遺産の文化を

堪能できる旅はいかがでしょうか?

おかげさまで満員となりました! 12月8日

お問い合わせは 地域活性化プロジェクト 

0985317086まで