TSUKEMENLIVE宮崎2019

宮崎の皆さん、お待たせしました

TSUKEMENの宮崎LIVEは6月25日発売開始です!

TSUKEMEN LIVE 2019

〜時を超える絆〜

2019年9月27日 18:00開場 18:30開演

メディキット県民文化センター(演劇ホール)

S席  5000円   A席 4000円

6月25日発売開始

プレイガイド

メディキット県民文化センター内チケットセンター  宮崎山形屋

 

御問合せ 株式会社 地域活性化プロジェクト

0985−31−7086 (平日9:00〜17:00)

 

Wバイオリン&ピアノによる3人組インスト・ユニット

日本全国のみならず

欧米、アジアなど世界で500本を超すライブを開催し

40万以上の観客を動員

宮崎のコンサートでは、観客の皆さんが温かいと

TSUMEMEN 3人とも大好きな場所だそうです

宮崎学園中学高等学校合唱部の皆さん(顧問 有川さちこ先生 シムウェル英華先生)

今年はテーマとなっている曲

〜時を駆ける絆〜では

今まで数多くの賞を受賞されている宮崎学園中学高等学校合唱部の皆さんと共演いたします。

素晴らしいコーラスとTSUKEMENとのコラボ今から楽しみです!

コンサートではテーマ曲を始めオリジナル曲をはじめクラシックからポピュラー、ロック

までの幅広い素敵な演奏とトークとサプライズで

さらにパワーアップしたTSUKEMENの魅力をご堪能ください

平山郁夫美術館(広島県瀬戸田町)

広島県瀬戸田町の生口島にある平山郁夫美術館にお邪魔した

平山郁夫のシンボルとも言えるシルクロードの駱駝をはじめとして

様々な絵が展示してある

平山氏は1930年広島県瀬戸田町に生まれた

シルクロードを題材にした絵画を多く発表

晩年には故郷のしまなみ海道を描いた

東京芸術大学学長、日本美術院理事長など多くの文化団体の理事長も務めた

2009年79歳で亡くなられた

終生描き続けた駱駝のキャラバンは

東西貿易の象徴でもあり

未知の国々、異なる文化、人々の交流をも現すシンボルでもある

2019年は没後10周年の記念の年

特別展としてしまなみ海道五十三次が開催されていた

晩年になって描き上げた故郷の風景画は

今見てきたしまなみの美しい風景と重ね合わせながら

鑑賞するとさらに興味深い

3蔵のプリンセスミチコ登場

日本酒には花酵母を使用している蔵が現在30以上あるそうです

もともと花酵母は東京農大が1998年に中田久保教授が

花から酵母の分離に成功したのがルーツ

その後さまざまな花酵母が開発されているそうです

さて今年は現上皇合が皇太子妃の時代に

エリザベス女王から送られた薔薇「プリンセスミチコ」から

東京農大が花酵母を分離して、東京農業大学経営者大賞を受賞された

全国の7つの蔵で独自の酒造りを行ったそうです

大吟醸を楽しむ会の会場である宮崎観光ホテルは

現上皇、上皇后が新婚旅行でご宿泊され、以来何度か

ご宿泊されたホテルでもある

ご宿泊された際には部屋にはプリンセスミチコも飾られていたそう

images-4

そういうご縁もあることから

大吟醸を楽しむ会では、参加していただける蔵元の中で

プリンセスミチコプロジェクトに参加された蔵に特別にお願いし

出羽桜、南部美人、蓬莱泉、の3蔵に

プリンセスミチコを持ってきていただくことをご了解いただきました

images

images-3

宮崎日日新聞にも記事で掲載されました

また宮崎観光ホテルでは津曲料理長に現天皇が皇太子時代に

食事されたロイヤルメニューの中から特別に考えて頂き

酒のおつまみとして提供していただくことを快諾していただきました

今年の7月7日に開催される大吟醸を楽しむ会では

まさに平成から令和につながる懸け橋として

プリンセスミチコのお酒とロイヤルメニューのつまみを合わせて

ご堪能いただければ幸いです

万田酵素(広島県因島)

万田発酵というユニークな企業が

広島県因島にある

主力商品である万田酵素は53種類の植物性原料

果実、穀類、藻類などを丸ごと使用し

無加水、非加熱、無添加で3年3か月以上

長期熟成発酵させてできる発酵食品である

万田酵素を開発したのは

因島で元禄時代から続いていた造り酒屋の11代目松浦新伍郎氏

酒の酒名は万田だったそうだ

東京農大を卒業した松浦氏は

かねてから興味があった発酵の研究に没頭

23年の月日を要して完成したのが長期熟成の植物性発酵食品、万田酵素だった

仕込みは寒冷期の1月

半年かけて発酵させ製品のベースを作り

53種類の原材料を旬の時期に加えることで

それぞれの素材が十分に発酵熟成していくのだという

3年3か月の製品を試食させていただいた

まろやかな熟成度だ

 

HAKKOパークも2018年8月に完成

建物は折り重なるしまなみのシルエットをデザインしたという

建物内には様々な商品や

万田酵素を使ったカレーやパスタが食べられるカフェもある

驚いたのは万田酵素を使った肥料で生育した霧島豚

なんと宮崎産だという

ガーデンには万田酵素を使用した野菜や果物が

これは大きなひまわり

海のそばでもありゆっくりくつろげる空間だ

因島の自然の植物、穀類、藻類にこだわり

熟成自然発酵で作られた万田酵素は

今の時代だからこそ、大きな価値を感じられる自然発酵食品だと思う

日向ビーチフェス2019(報告)

日向ビーチフェス2019は
6月2日日向市小倉ヶ浜ビーチで開催された。
前日の6月1日には地元の方々とサーファーの方も協力して
朝、総勢150人でビーチクリーンを行った
もちろん山本隆弘氏も空港から直行して参加していただいた



6月2日はアスリート全員と参加者、見学者も交えて
9時からの開会式では
存分に小倉ヶ浜ビーチをアスリート選手と一緒にスポーツを
楽しんでほしいと日向市の十屋市長がご挨拶

参加者とアスリート選手で頑張るぞの記念撮影の後


ビーチでアスリートによるスポーツ体験

サッカーは巻誠一郎氏と加藤ともえさん

バレーはパナソニックパンサーズの今村貴彦氏、伊賀亮平氏、児玉康成氏の3人

ラグビーはワイルドナイツのコン・ユイン氏とツボウテピタ氏の2人

ビーチテニスは日本代表監督の相澤幸太郎氏
と日本ランキング一位の山本直晃氏

サーフィンは伊久良倉城二氏
また新種目の自由参加のビーチアルティメット

ステージ前では新体操元北京オリンピック日本代表の
坪井保菜美さんがヨガレッスン

ビーチやステージで様々なイベントが行われたが

特に観客の注目を浴びたのはアスリートトークショーだった

一流のアスリートだけに言葉の重みが大きい

印象に残ったのは巻誠一郎氏の3つの心だった

世界で活躍するトッププレイヤーは必ず3つの心を持っている

1つは素直な心

2つ目は決してあきらめない心

3つ目が感謝の心だと言われていた

あいにくの雨だったが参加者は多様なビーチスポーツの体験や

アスリートの指導や言葉を

しっかりと受け止めることができたのではないかと考えている

このビーチフェスを通して

多くの日向市民が小倉ヶ浜ビーチを日向の宝だと再認識し

スポーツを楽しむ喜びを育んでいただくとともに

多くのアスリートの皆さんや全国の方々に日向の素晴らしさを

情報発信することができればと考えている


大会を盛り上げてくれたMCのジェイミーと宇田川アナと山本隆弘氏

大会に関して事務局をしていただいた日向市の方々や協賛スポンサーの方々

また八面六臂の活躍で

アスリートの選定や広報活動に至るまで作業をしていただいた山本隆弘氏に

深く感謝を申し上げます

東京都庭園美術館(目黒)

目黒の東京都庭園美術館に

アールデコのシンボルと言ってよい建物がある

これは1933年5月、朝香宮ご夫妻によって建てられたもの

フランス人芸術家アンリ・ラパン氏に

主要な部屋の設計を依頼するなど

当時フランスで全盛期であったアールデコの様式を取り入れ、

日本古来の高度な職人技も随所に発揮された歴史的建造物

1947年から1954年は政府が借り上げ

吉田外相、首相公邸として使用された

1955年から1974年は

白金迎賓館として使用された

1983年東京都庭園美術館として開園

2016年からしばらくリニューアルのために閉館していたが

2018年に総合開館した

今日は久しぶりの庭園美術館だ

本館に入ると玄関にはルネ・ラリックのガラスレリーフの扉

が幻想的で美しい

次の間にはアンリ・ラパンが製作したシンボルともいえる噴水塔

新館の庭ではエドアール・サンドの座る豹が迎えてくれる

庭も広々として気持ち良い

大自然の豊かさを感じながら

唯一無二のアールデコの建築を楽しむことができる

第22回大吟醸を楽しむ会2019

令和初めての大吟醸を楽しむ会は

7月7日宮崎観光ホテルで開催されます。

今年のデザインテーマは城です

城は日本文化のシンボル的な存在感と共に

地方の城には必ず御用酒という地酒がありました

その意味でもお城とその地方の日本酒は深い関係だと考えました。

今年も日本の酒と食の文化を守る会の村田会長のご協力で

北海道から宮崎までの40蔵元の参加が決定しました。

価格は食材高騰もあり、今年から12000円となりますことをご了解ください。

また時間が6:00受付開始 6:30開演となり、30分早くなります。

 

参加蔵元

男山  男山 株式会社  北海道    
如空        八戸酒類 株式会社 青森     
刈穂 秋田清酒 株式会社 秋田    
天寿 天寿酒造 株式会社   秋田    
南部美人 株式会社 南部美人 岩手  
出羽桜 出羽桜酒造 株式会社 山形  
東光  株式会社 小嶋総本店 山形    
浦霞 株式会社 佐浦 宮城    
奥の松 奥の松酒造 株式会社 福島    
郷乃譽 須藤本家 株式会社   茨城      
開華 第一酒造 株式会社 栃木    
惣誉  惣誉酒造 株式会社 栃木    
水芭蕉 永井酒造 株式会社 群馬    
神亀 神亀酒造 株式会社  埼玉      
澤乃井  小澤酒造 株式会社 東京      
八海山 八海醸造 株式会社 新潟      
上善如水 白瀧酒造 株式会社 新潟      
春鶯囀 株式会社 萬屋醸造店 山梨      
いづみ橋 泉橋酒造 株式会社 神奈川県      
満寿泉 株式会社 桝田酒造店 富山      
加賀鳶 株式会社 福光屋 石川      
梵  合資会社 加藤吉平商店 福井      
蓬莱泉   関谷醸造 株式会社 愛知    
花美蔵   白扇酒造 株式会社 岐阜    
清水清三郎商店 三重    
るみ子の酒 合名会社 森喜酒造場 三重      
月の桂 株式会社 増田徳兵衛商店 京都      
玉乃光 玉乃光酒造株式会社 京都      
御前酒 株式会社 辻本店 岡山      
誠鏡  中尾醸造 株式会社 広島      
千代むすび  千代むすび酒造 株式会社 鳥取      
李白  李白酒造 有限会社 島根    
獺祭  旭酒造 株式会社 山口    
司牡丹   司牡丹酒造 株式会社 高知      
川鶴 川鶴酒造 株式会社 香川      
繁桝  株式会社 高橋商店 福岡      
窓乃梅 窓乃梅酒造 株式会社 佐賀      
千代の園  千代の園酒造 株式会社 熊本      
西の関  萱島酒造 有限会社 大分      
初御代 雲海酒造 株式会社 宮崎      

 

         ○金賞受賞    ☆ IWCゴールド受賞

初登場は青森の如空、京都の玉乃光、香川の川鶴の3蔵です

久しぶりの登場は新潟の上善如水となります。

 

また、英国のエリザベス女王から当時の美智子妃殿下に送られたバラ

「プリンセスミチコ」から東京農大が抽出した花酵母を使用して

醸された「プリンセスミチコ」の日本酒が

出羽桜、南部美人、蓬莱泉の3蔵元で提供されることも決定しました

平成から令和の架け橋ともなる日本酒

話題の「プリンセスミチコ」も是非飲んでいただけると幸いです

 

チケット希望の方は5月30日まで

大吟醸を楽しむ会事務局 0985−31−7086まで申し込みください

今年のチケットは完売となりました。

 

幸運にもチケットをゲットされた方は

令和初めてとなる大吟醸を楽しむ会で

今年も大吟醸日本一周の旅をお楽しみください!

九州チーズサミット宮崎2019

九州チーズサミット宮崎が5月19日

九州電力宮崎支店ホールで開催された。

チーズは牛乳を乳酸発酵させて作られる発酵食品だ

 

ここはエントランスのディスプレイ

受付ではワイングラスを渡されジュースかワインを注いでいただく

 

それからメイン会場でチーズの試食をしながら見学するスタイル

もちろん販売用のブースには九州のワインやチーズもいっぱい

都農ワインの保田さんも来られていた

私は都農ワインのアンフィルタードを早速頂く

 

さて今年のチーズアワード入賞チーズのコーナー

色もカラフルで味も個性的だ

海外のチーズ

高鍋高校のチーズコーナー

3年前からチーズ製造にトライされているそうだ

年に一度はチーズ祭りを開催されてるとか

ダイワファームのチーズコーナー

大窪社長もこのチーズサミット実現のために苦労をされた

このブースでも大奮闘されていた

人が大勢になってきたので1Fのビオカフェで一休み

チーズを混ぜたパスタにミートソースが乗って500円、美味しい!!

生ビールをグイっと一杯

人も盛況で、運営もたくさんのボランティアが参加されていた

手作り感もあって大成功だったと思う

ただ混雑を考えるともう少し大きな会場の方がよかったのかもしれない

大窪社長をはじめ多くの関係者の皆さんお疲れ様でした!

蕎麦処しみず(宮崎市)

宮崎市の蕎麦の名店しみずさんへ

ご主人は、年齢のこともあり

体の状態を考えて営業時間を少し短縮しながら

蕎麦打ちを続けていらっしゃる

大吟醸を楽しむ会では20年の長きにわたり

2次会で蔵元のためにそばを打っていただき振る舞って頂いた

有難いことだ

 

以前よりまたお客さんが多くなった

そんなことを最近とても感じる蕎麦屋さんでもある

今日は夜にお邪魔した

まず美作のお燗をもらい

ヤマイモで一杯

次に合鴨の焼き鳥と冷の飛露喜でさらに一杯

合鴨と芳醇な酒がまた良く合う

せいろは清冽な印象の蕎麦だ

歳を取られるとともに旨さが昇華していることを感じる

ご主人の清水さんの蕎麦に対するこだわりと愛情だろう

揚げた蕎麦がきで〆

揚げた蕎麦がきも香ばしくて美味だ

今日は忙しくてご主人にご挨拶もできなかったが

いつまでも元気で頑張ってほしい蕎麦屋の一つである

IWC2019ゴールド、トロフィー決定

世界最大のワンコンペティション

IWCのSAKE部門の受賞が2019年5月9日に決定した

SAKE部門は2007年から行われている

今年は海外を含む432社1500の銘柄から95がゴールドに選ばれた

 

大吟醸を楽しむ会の参加蔵の中で

受賞した蔵をご紹介したい!

ゴールドの中で最高賞がトロフィー

トロフィー受賞酒の中から7月9日ロンドンで

チャンピオンサケが決定する

 

吟醸部門ゴールド

南部美人 結の雫  岩手・吟醸トロフィー

 

純米吟醸ゴールド

出羽桜  つや姫  山形・純米吟醸トロフィー

福寿 

 

大吟醸部門ゴールド

福寿

 

純米大吟醸ゴールド 

刈穂  種月

開運

蓬莱泉 摩訶

作 槐山一滴水

獺祭 磨き二割三分

獺祭 二割三分遠心分離

 

IWCゴールド受賞の常連となっている蔵が

出羽桜と南部美人

開運と作も素晴らしい成績だ

蓬莱泉も嬉しい受賞

福寿と獺祭はダブル受賞となった

受賞した蔵元の皆さん、おめでとうございました!