2018日本の酒と食の文化を守る会忘年会

日本の酒と食の文化を守る会(村田淳一会長)の忘年会が

全国31蔵元の参加で

12月9日 目黒雅叙園で開催された

第一部は三遊亭鳳楽師匠の落語

妾馬(めかうま)

殿と八五郎の掛け合いは大変面白い

めでたい席には絶好の落語だった

蔵元の一分紹介はいつもながら面白い

中でも増田社長は「和食と日本酒」と言う本を書かれたそうだ

宴会の乾杯はサントリーの新浪社長と豪華な顔ぶれ

辻本店の辻さん

日本酒のコピーがCRYBABY

搾りたての日本酒だからだという

このような柔軟な発想が日本酒を変えていけるのかもしれない

加藤本店の加藤団秀社長

蔵のそばに町家をリノベーションして資料館と

100席ほどの部屋を作られたそうだ

会議や宴席にも使用できるそうだ

司牡丹の竹村社長は土佐学協会の理事長として

チコちゃんに叱られるの番組に出演

何故カツオのたたきは炙っているのにたたきなのか?

答えは手でたたいているからと説明された

約200名の出席者はお酒と31蔵元さんとの話で

盛り上がった

来年も日本酒にとっても良い年でありますように!

宮崎本(エイ出版)全国発売

エイ出版社から宮崎本が全国発売されました

サブタイトルは食と自然のユートピア

ベストオブ宮崎と題して大人の宮崎を楽しめる内容

本の特集の一つにニシタチほろ酔い散歩がありますが

弊社の代表であり、大吟醸を楽しむ会のプロデューサーの満元英明が

案内人を務めています。

 

みょうが屋の岩永氏が新たに出したばかりの

隠れ家気分のカウンターだけのお店 Iwanaga食堂

サラリーマン時代から独立してからも

嬉しい時もつらい時も

40年以上は行き続けているいぶし銀の万作

 

社長自ら釣りに出かけて新鮮なさしみを食べられ

また日本酒が美味しい若草通のKURAGE

 

メイドイン宮崎のイタリアンでセンスも味も良いピノーリ

 

カクテルからパスタ、カレーまで本格的な味わいのショットバーOak

立ち飲みでトランジット感覚の気安さで行ける人情横丁のしなと

 

そして全国のファンから焼酎の聖地と言われる

名物上妻マスターのブルーツリー

 

巨人軍の原監督が大好きな家庭料理のかずら橋

 

等々宮崎のニシタチのお店の魅力が満載です

是非興味がある方は書店で立ち読みでもしてください!

しづか(松本市)

松本で飛び込みで行った居酒屋が満席だというので

近くを探していたら

雰囲気の良さそうなお店があったので入ってみた

入ると思った以上に大きい

松本民芸家具がたくさんあり

それが店全体に良い重厚感と風格をかもしている

 

女将のすすめられるままにカウンターに腰を下ろし

馬刺しと岩波のお燗

馬刺しで有名なのは東北、松本、熊本だが

聞くと古くから農耕馬を食用で食べるようになったのだそう

赤身がまろやかで美味しい

岩波も辛口でサラリと入る

カウンタの一枚板が素晴らしい

木は檜だという

今ではめってにお目にかかれないほどの厚さ

つぎは松本名物「山賊焼き」

いわゆる鳥の竜田揚げ

店によって味が違うのが松本流

とりあげるから山賊焼きとは?

単なるだじゃれから来ているのだろうか

風味があって香ばしい味わい

お酒は大信州の冷

正面には若山牧水の和歌が

白玉の歯にしみとおる秋の夜のさけはしづかにのむべかりけり

お店の名前のしづかはどこからとられたのですか?

和歌からですかとお聞きすると

和歌ももちろんですが、初代の女将の名前が「しず」でしたのでとの答だった

女将は三代目

雰囲気、心づかい、声ともに

印象に残る庶民的な美人だった

今度は名物だというしづかのおでんも楽しんでみたいものだ。

 

 

 

心遣い度  ★★★☆++

 

 

しづか

松本市大手4−10−8

12:00~23:00

日、祭日休み

松本城と草間彌生

松本駅から町を歩き松本城へ向かう

何故世界の小澤氏が

音楽フェスティバルの地に松本を選んだのか

気になっていたからでもある

街を歩くとこじんまりとした蔵の町並み

古そうな醤油や味噌のお店

アイビーがいっぱいの古そうなおしゃれな洋館

など文化の香りをどことなく感じる

 

松本城

五重の天守閣の中で

現存している中では日本最古の木造天守閣と言われる

白と黒の対比が美しい

外国人観光客も多い

夜の松本城も印象的だった

草間彌生の幻の花がある長野市美術館に行った

水玉のドットマークが美術館一杯にディスプレイされている

草間彌生も松本出身だという

 

城、蔵の白壁、洋館、民芸家具、食

松本の底辺に共通するものは文化であることを実感した

何故小沢氏が松本を選んだのかわかった気がした

また訪れてみたい良い街である

珈琲まるも(松本市)

松本の蔵の町並みを歩いていくと

印象的な白壁の喫茶店があった

入るとクラシックが流れ雰囲気も良い

聞くと1887年に建築され1956年に喫茶店を始めたのだという

しかも松本民芸家具の創始者 池田三四郎氏が設計をされた

道理で雰囲気が良いわけだ

レトロ感覚満載の店内はとても落ち着く

珈琲とモンブランを頼んだ

モンブランは程よく甘さを押さえた美味しい味わい

本棚には伊藤まさ子の松本十二ケ月が

本を読みながら松本の四季の魅力を味わう

松本街歩きの楽しさを先取りできる素敵な本だった

穏やかな時間が流れる貴重なひと時

松本らしいレトロなカフェである

 

 

松本レトロ度  ★★★★++

 

珈琲まるも

長野県松本市中央3丁目3−10

0263−32−0115

800~18:00

NagaiStyleペアリングディナー(報告)

モダンフレンチと水芭蕉の饗宴

NagaiStyle ペアリングディナーを

11月21日宮崎観光ホテルのディアマンルージュで開催した

料理はゲストシェフの小野シェフと宮崎観光ホテルの太田シェフ

NagaiStyleとは

ワインの世界ではスパークリング、白ワイン、赤ワイン、デザートワインと

料理を合わせるように

永井氏は日本酒でも4つのカテゴリーで日本酒を誕生させた

開発には20年かかったそうだ

スパークリング、大吟醸、ビンテージ、デザートサケ

2013年には700回も失敗を繰り返し、ようやく

スパークリングの瓶内2次発酵のMIZUBASHO PUREの開発に成功

ビンテージは10年以上熟成したお酒

デザートサケは貴醸酒を

マイナス2度で7年間貯蔵させて完成させたもの

MIZUBASHO PUREには

宮崎キャビア1983と西米良サーモンのタルト

大吟醸 翠(すい)

アワビとその肝のリゾット(穂波の舞)アランチーニ仕立て

鴨のローストとフォアグラの味噌漬けのポアレ

大吟醸 雪ほたか

ねこやさんの日南どれ白身魚 ウニとホタテの衣をまとって

水芭蕉 VINTAGE2006

昆布締めした笹ビーフモモ肉ロースト

デザートサケ

生チョコショコラの模様の上に

ダイワファームのクリームチーズのアイスクリームと

酒粕を使ったロールケーキ

参加者の皆さんは日本酒と料理のペアリングを

堪能されていたようだ

水芭蕉の永井社長をはじめ小野シェフ、太田シェフ

そして宮崎観光ホテルのディアマンルージュ清水支配人他

多くの方々のご協力で成功につなげることができた

深く感謝を申し上げたい!

串焼しろきじ若草通店

しろきじの新しいお店が若草通の近くに11月19日にオープンした。

このエリアは最近まで静かだったのだが

KURAGEやAREA、煮込みやちろり

ベトナム料理店やフレンチなどができ

一挙におしゃれな飲食店の立ち並ぶ界隈になってきている

 

今回のしろきじのお店の特徴は

  1. 昼のみができる 11時からオープン
  2. 焼き鳥だけでなく牛の部位の串や野菜巻が食べられる
  3. 日本酒のお燗が楽しめる

 

仕事をかたずけてお店を覗いてみた

オープンしたては

やはりしろきじグループの代表ふくちゃんがお店にいた

カウンターに座り前の瓶を見ると

嬉しいお燗酒の酒ばかり

諏訪泉のお燗をいただく 65度に上げたそうだ

お燗酒は体がほっとするのが良い

串は牛ホルモン

ぷりぷり感がたまらない

ピーマン肉詰め

牛タン

宮崎牛のザブトン

ネギマ、お酒は宮城の綿屋を冷で

店の内装も明るく、席もゆったりしているので

若い女性も来やすいだろう

話を聞くと結構お昼からお客さんが来られて

我々のほうがビックリしました

しばらくはふくちゃんもこのお店にいるそうだ

今度は昼飲みに来たいものだ

 

昼飲み度  ★★★★

 

 

しろきじ若草通店

 

宮崎市橘通東3丁目6−3富山ビル1F

0985−86−6880

11:00~22:00 無休

IWCで世界を制した南部美人(久慈浩介)

南部美人の蔵は岩手県、二戸市にある。

南部美人の久慈浩介氏は、東京農大卒業後

蔵に帰ってきた。

東日本大震災の後、全国で自粛ムードが高まり

日本酒も沈滞ムードだった

その時に、久慈浩介氏の発したyoutubeでの

全国の皆さん、東北を応援するために、東北のお酒を飲んでください

とのメッセージが報道ステーションで放送された

この効果は絶大だった

瞬く間に東北のお酒を飲んで東北を元気づけようという

ムーブメントが広がったのである。

その天性の明るいキャラクターは

2016年に公開された映画カンパイの主役の一人としても抜擢され

世界にお酒のムーブメントを拡げていった

さて今日は久慈氏の講演だ

二戸市は漆の産地だそうだ

国内の7割のシェアを誇っており

金閣寺や日光東照宮などは全て二戸市の漆なのだという

ただ日本の漆は2.3%が国産、後の97,7%が中国産だという

二戸市は漆をまちづくりに生かそうと

漆はじめ事業を行っている

赤ちゃんが生まれたら3年間、漆の椀を貸し出すというものらしい

面白い試みだ

さて酒米の話が面白かった

吟ぎんがとぎんおとめ

どちらも岩手県の酒米だが、吟ぎんがとぎんおとめが

同率で首位となり

岩手県は南部で栽培される吟ぎんがと

北部二戸市で栽培される稲作環境の悪さなどから吟ぎんがが酒米として認可された

ここで待ったをかけたのが南部美人の久慈さんたちだった

知事に再要請した

知事はあと一年再トライを了解した

結果平成11年にぎんおとめが認可された

吟ぎんがは吟醸に、ぎんおとめは純米に向いているという

久慈氏の奥さんは東京農大の同じ研究室

研究室の教授はもちろん小泉武夫教授だった

お台場でプロポーズした際

絶対世界一の酒を造ると誓った

二戸市の酒米を使った酒プロジェクトがスタートした

2016年南部美人の純米酒がIWCトロフィーをとり

7月に開催されたIWCでチャンピオンサケを受賞した

時はまさしくカンパイを公開した時と同じだった

奥さんに約束を実現できて裏しかった

しかしその言葉を奥さんは覚えていないという

南部美人の蔵元でありながら

東京農大の客員教授も兼任されている

今後のワールドワイドな活躍を祈念したい!

万作(宮崎市)

私のサラリーマン時代から独立しても

喜びも悲しみもここのお店のカウンターで味わった。

それだけに思いが深い店でもある

場所は橘通西2丁目のバス停の裏の路地を入ってすぐ

店構えが渋い

カウンターに座り

店を初めた当初からあるという佐渡の金鶴の燗をもらう

お店を始めたころは日本酒が多かったそうだ

それから焼酎になっていった

昔は焼酎は八重桜だけだったそうだ

今では焼酎は6種類ほど置いてある

肴は湯豆腐

カツオを上からかけて出てくる

次はここの名物、豚タンの串

金串にしているのは熱の通りが良いからだと・・・

南九州産の新鮮な豚だから匂いもなく旨みも凝縮している

ときどき無性にここの串を食べたくなるのは

私だけではないだろう。

聞くと30年ほど前

今のご主人の田村さんが始めたのだという

焼きナスも炭火で焼き上げるだけに

ふっくらとおいしい

旨煮も人気だ

じゃがいも、人参、こんにゃく、ゴボウに鶏肉、蒲鉾を入れ

甘がらくたき上げる

これも少し甘いが癖になる味だ

私の人生と共にあるお店と言ってよい

4代目も元気に継いでいるのでまだまだ楽しめるお店だ

いぶし銀度   ★★★☆+

万作

宮崎市橘通西2丁目2-5-19

0985-24-2823

17:00‾22:30

(日祭日休み)

広告主(黒田博樹)

今年は絶対日本一だと確信していた

広島カープファンにとって

日本シリーズ11月3日のあっけない幕切れは

とても寂しく、気分も沈んだものになっていた。

 

しかし広島カープファンにとっても

引退を決意していた新井貴浩氏にとっても

意外なサプライズが11月5日に待っていた

 

中国新聞 11月5日の朝刊に

カープレッドの一面広告

そこには新井貴浩氏のイラストと

「結局、新井は凄かった」のキャッチコピー

何と一番下には広告主 黒田博樹のサインが・・・・・

想像もできないサプライズが一番人々を感動させる

沈んでいた広島カープファンに元気を与え

何よりも新井選手にとって途方もない人生最大のプレゼントとなった

 

2人のリーダーシップで築きあげてきた新生広島カープ

盟友 新井貴浩氏と黒田博樹氏との

ゆるぎない信頼関係と男同士の友情を感じるとともに

カープ愛を実感する全面広告だった

個人的には2018年の新聞広告大賞をあげたい!