「万引き家族」是枝裕和

カンヌ映画祭のグランプリとなる
パルムドール賞を受賞した是枝監督の話題作
「万引き家族」の先行上映を見てきた

テーマが家族とはいえ、心に重い映画だった
夫婦と他人の4人がなぜか同居して家族になっていく時
6人は互いに幸せだったに違いない

初枝(樹木希林)の年金を頼りに暮らす6人家族
万引きと言う行為がさらに絆を深めていく
しかしそれは真っ当な生活ではない
そんなことに気づいていくのが祥太だ
妹の万引きが見つかるのを隠そうとして
自分がわざと万引きして逃げて骨折して捕まる
祥太が捕まったことから他人の結びつきの家族が
世間という常識で暴かれ、裁かれていく
万引き、誘拐、死体遺棄、様々な犯罪用語のオンパレードだ

すべて一人で死体遺棄と言う罪をかぶった信代(安藤サクラ) 
刑務官の質問には自然に涙が出たという
その表情と泣き方には凄みを感じたほどだ
最後に信代(安藤サクラ)が言った言葉が深かった
「だって、すごい楽しかった。」
安藤サクラはこの映画で一躍時の人となった。

6月2日にBSフジで是枝監督と立川談春の
対談の番組があった
その番組の中で
是枝監督の手法は毎日撮影したVを編集しながら
空気感を考えて台本が変わっていく
その現場で見つけたもののほうが面白いし
間違いがないと言い切っている

その分役者にとっては言葉がどんどん変わり
アドリブが多くなっていく
監督が日々撮りながら見つけたテーマ
それは今回の映画の主役は祥太の成長だったという

是枝作品には家族のテーマが多いが
監督自身は日本においては今の30年で家族は崩壊したと考えている
世界中でもホームドラマは成立しにくくなっていう
失われたものを取りもどすための「日常」を
是枝監督は家族をテーマに描いていきたいのだろう

是枝監督に対して外国人から言われるのは
時間が円を描いて流れている
巡る感覚だと・・・・
素敵な言葉だ

「万引き家族」これは
今の日本の問題点の縮図なのかもしれない

日本の家族の現実が、心に重くのしかかってくる映画でもある

あるがままに (大杉漣)

大杉漣氏が亡くなって一か月が過ぎた

大杉さんは66歳と私より年が上だが

65歳を過ぎてなお

光り続けるあの輝きは

同世代の男性としてもあこがれだった。

にこにことした笑顔、包容力、優しさ

まさに彼の信条である「あるがままに」のような自然体だった

そして長年の実績に裏打ちされた深い演技力は

多くのファンを魅了していた

 

彼の転機となったのは北野武監督との出会いだろう

映画ソナチネのオーディションに1時間遅刻して会場に行き

すでにかたずけがはじまって

スタッフと話をしている北野監督のところに行ったが

23秒見ただけで

「もう帰っていいですよ」との監督の言葉

受かるわけないと思っていたら

数日後大杉さんで行きますからの返事をもらいビックリした

 

北野監督は借金の取り立てのやくざの役の大杉に

全てアドリブでやってくれとの指示

そのアドリブの軽妙さに「こいつ、うめえな!」と舌を巻いた

そして、それからの北野映画には不可欠な役者になっていったのだ

 

大杉は北野組の仕事を次のように語っている

自分が役者としてもやもやしていた時に

こんな映画作りがあったんだと知った作品

何物にも代えがたい、俳優としての宝であり夢のような時間だった

 

独特の緊張感です

北野組って1回味わうと2度と味わいたくないと思って

撮影が終わるとその緊張が恋しくなる!

 _

バイプレイヤーズのドラマの撮影中に突然亡くなってしまった大杉蓮氏だが

彼は最後のプレゼントを私たちに用意してくれた

106日上映の教誨師(きょうかいし)だ

「受刑者に対して道徳心の育成・心の救済につとめ、彼らが改心できるよう導く」

教誨師(きょうかいし)の役で主演している

独房で孤独に暮らす6人の死刑囚と対話する主人公の佐伯に扮し、

その苦悩や葛藤を描き出す。

大杉氏はその映画のエクゼクティブプロデューサーの役割も果たしている

楽しみに最後の主演映画の公開を待ちたい!

 

 

珈琲アロマ(浅草)

昔どの街でもあったような喫茶店
そんな風情がこのお店にはある
浅草で創業50年以上の老舗の珈琲店だ
 
店に入るとカウンターだけのこじんまりとしたお店
ブレンドとオニオントーストを注文
 
あたりを見渡すと
おや、ペリカンのパンのチラシが
よく見るとなんとペリカンのパンが映画になり
10月から上映されるそうだ
浅草と言えばペリカンのパンと言われるほど有名
勿論アロマでもペリカンのパンを使っている
地道に食の仕事をしてきた人が
こんな風に脚光を浴びることはとても良いことだと思う
機会があればぜひ見てみたい!
 a22jpg
店ではご主人がネルドロップ式で丁寧に入れて
ブレンドを出してくれる
そして次はオニオントーストの調理にかかっている
その動作に無駄な動きはない
 
横の常連さんにいつもの?
をご主人が問いかけると、さりげなくうなずく風景も良いものだ
 
珈琲は少し濃いめだが、さっぱり感もあり
懐かしい味だ
オニオントーストはオニオンと野菜ピクルスに
マスタードと黒胡椒で味付け
ペリカンのトーストと
ピリッとした辛さが珈琲によく合う
 a11jpg
最近どの街でもスタバなどのチェーン店が増えて
あおりを受け
その街の珈琲文化が消えていくことに
寂しさと残念さを感じてきただけに
このような喫茶店が生き残っていること自体が嬉しい
日本ならではの古き良き珈琲文化がここにはある
是非一日でも長く豊かな味わいを伝えてほしいと願っている
 
 
 
珈琲文化度   ★★★☆
 
 
 
珈琲アロマ
 
東京都台東区浅草1-24-5
03-3841-9002
8:00~18:00
木曜、第4水曜休み
 

親子受賞ー湯を沸かすほどの熱い愛

最近見た邦画の中で
一番感動したのが 湯を沸かすほどの熱い愛 の映画だ
 
休業している銭湯の表に
湯気のごとく店主が蒸発しました との張り紙に
この映画の期待感が高まる
 
余命2ヶ月と宣告されてしまう主人公の母親
双葉役に宮沢りえ
彼女は宣告を受け、絶望に陥るどことか
勇気を持って家族と余命を生き抜く覚悟をする
 
家出した夫(オダギリジョー)を連れ戻し
休んでいた銭湯を復活させ
娘(杉咲花)をいじめから救って独り立ちさせていく
 
宮沢りえと杉咲花の親子は
本当の親子以上のリアリティを持って観客を感動させる
宮沢りえは貫録の演技だが
とくに娘役の杉咲花の演技は圧巻だ
 
愛の深さに何度となく涙が頬を伝う
人の死がテーマという
何度も取り上げられるありふれたテーマでありながら
こんなに明るく笑って涙が同居する映画となるとは・・・・
 
この親子は本当以上の親子となっていることを実感した
 
3月3日
日本アカデミー賞助演女優賞は
湯を沸かすほどの熱い愛の杉咲花が受賞した
映画でもその後でもお母ちゃんというほどの関係です
この映画を通じて思ったことは
やっぱりお母ちゃんは凄いということですと話をした
 
そして日本アカデミー賞主演女優賞は
湯を沸かすほどの熱い愛の宮沢りえが受賞
映画そのままの親子でのW受賞となった
 
残さねばならない者たちのために
懸命に生を全うする姿が温かく心に染みいる
死にゆく母が残す愛と絆
今の時代だからこそ、子供から大人まで見てほしい映画である
 
新人監督としてのデビュー作だった中野良太の
オリジナルシナリオを読んで
宮沢りえは出演を即決したそうだ
素敵な話である
 

続 深夜食堂(映画)

私の大好きなドラマである深夜食堂の映画
続 深夜食堂が11月5日公開された
 
路地裏の食堂の大将を務める
主人公の小林薫もこのシリーズで7年目を迎えるそう
食堂の料理を通して広がる人間ドラマの
温かさと切なさとおかしさが心をほっとさせてくれる
いらっしゃい、あいよ、おまちとこの3つの言葉以外
無口であまりしゃべらない大将だが
ここぞと言う時に背中を押してくれる言葉を言ってくれる
小林薫の存在感は絶大だ
ドラマが評判となりシリーズも第4作を迎えている
映画は2作目となるという異例の展開の凄さだ
現在深夜食堂はアジアでも大人気だと言う
こんな日本文化が世界で拡がって行ければ本望だ
 
さて映画の感想だが
期待通りの安定感と満足感だった
最後には思わず涙腺が緩くなってしまった
 320
映画は3つの話で繋がれていく
第一話は
ストレスがたまると喪服でストレスを発散し
そのあとは焼肉定食で元気になる女性編集者
ゲストは香典泥棒の佐藤浩市を贅沢に使っている
第2話は
将来に悩む蕎麦屋の一人息子が
年上の女性と結婚したいと母親に懇願する
母親役のキムラ緑子の演技が光る
まさしく独壇場だ
メニューは息子が好きな焼きうどん
こんな音色の生き方をしろよ・・・・・
との励ましの言葉がグッときた
 
第3話は
来て来て詐欺にあう
福岡から上京してきたおばあちゃん
昔5歳の息子を置いて駆落ちした過去を持つ
電話で息子でないことが分かっていながらお金を渡してしまう
そのあとお店で食べる豚汁定食の温かさ
そして優しさのおすそわけが人と人を紡いでいく
渡辺美佐子の演技の圧倒的な存在感は抜群だ!
最後のシーンはおもわず涙、
この時のシーンで流れるあかりの歌はベストマッチだった
 
情緒があってゆるやか
しかもおかしくて切なくて哀しい
心の琴線に触れてくる映画だ
フードスタイリスト飯島奈美のシズル感たっぷりの料理とともに
心もおなかも満たされるほのぼの感を味わえる映画でもある
 
 
 
 

北海道への海外観光客激増

北海道に2年ぶりに来ている
すすきのの繁華街は東南アジアの海外観光客であふれている
特に中国、台湾人が目につく
こんな光景は東京の銀座のようでもある
ホテルに入ると又東南アジアの団体客と出会った
人気の飲食店でも東南アジアの個人客が多い
こうなると札幌自体が東南アジアの都市ではないかと感じる程だ!
 
さて北海道の2015年の海外観光客が発表された
前年比35%という強烈な伸びだ
その中でも中国は63%増の55万4300人
いままで1位であった台湾は15,9%増の54万7800人
それから韓国、香港、タイと続いている
208万人のうちアジア圏からが90%と言うすごさである
 
札幌市はタイ観光客の将来性に目を付け
タイ史上最高の動員記録を持つ「愛しのゴースト」を制作した
ハンジュン映画監督に要請して監督自ら映画の製作を企画していただいた
 
映画の8割は北海道で撮影された
札幌、小樽、函館、登別
冬の北海道を舞台にしたラブコメディ
タイトルは 恋人の日~1日だけの恋人~
札幌市は製作費として1000万を助成した
 
映画は9月1日タイの全国1000館以上で上映を開始
そのあと東南アジアでの公開や日本での公開も検討するということだ
 
札幌の海外観光客の勢いも
今後は今までの勢いと同じようにはいかないだろう
次のターゲットに向け
映画と言う観光プロモーションで地道に北海道をイメージづける戦略は
大変効果的だと考える
 
今後の日本の地方観光を考える際にも
海外への重要なプロモーション事例になるはずだ
今後の北海道におけるタイ観光客の推移を見守りながら
このプロモーションの効果を検証していきたい

世界料理学会inARITA (講演)

5月3~4の2日間
世界料理学会in ARITAが
有田の炎の博記念堂で開催された
講演、ARITA-バル、見本市と様々な催しが展開された
 
まずは注目のスピーカーの講演を・・・・・
世界屈指のレストランとして有名なスペインの
MUGARITZのオーナーシェフ アンドーニ・ルイス・アドゥリウス
彼は今はなくなってしまった世界で最も予約が取れないレストラン
エル・ジブで終業を重ね1998年にMUGARITZをオープンさせた。
 
2006年以降ミシュラン2つ星
2006年以降世界のレストランランキングでベスト10内を維持している
2015年は世界6位
一年の間4カ月は休んで、創造的な研究を行い
その年のメニューを考えている。
 IMG_4251
アンドニ・ルイス・アドゥリスは
まず自分の料理に影響を受けた日本に対する尊敬と
400年を迎えた有田に限りない敬意を払いながら
自らがシェフとしての創造をどう行ってきたかを説明した
テーマは共謀のためのツール
 
2週間の時間をかけて椿の葉をシロップに漬け葉脈だけにした
これは日本を体験したからこそ時間をかける大切さを学んだ
椿の葉をモチーフにした食器
それを砂糖を使って作ったフォークで食べる
16世紀のイタリアでは砂糖は金銀よりも高価で大変な贅沢品だった
IMG_4258
これらの全てが
食に対する先入観を打ちのめすといわれる
このレストランの真骨頂かもしれない
 
そのシェフとリヨンの見本市で出会った
有田焼職人の寺内信二さん
最初会った時から相性の良さは感じたという
サンセバスチャンでの世界料理学会での有田焼の講演などを通じて徐々に
人間関係は深まっていく
そして依頼されたのがイカをイメージした皿と
子羊の肩甲骨をイメージした皿だったという
アンドニ・ルイス・アドゥリスは出来上がった皿で料理で表現した
 IMG_4221
アンドニ・ルイス・アドゥリスは言う
人間の記憶に残るものは
その時にどういう感情をもったかが大事なこと
そんなことを考えて
MUGARITZでは食卓でゲームを行っている
そのゲームに使うのがタバのかけらを有田焼で表現したもの
これを食卓の全員が(1~3個)を片手を握り
すべての数を当てるゲーム
当たった方にはご褒美として
寺内氏の作品でもある
タバを表現した食器にキャビアが乗って出てくる
 IMG_4268
そのタバを作る過程が映像作品として制作され
何とヨーロッパの5つの映画祭で上演されたのだという
スペインのディレクターとカメラマンの作品
映像と音楽のドラマチックなコラボレーションが
タンゴを見ているようで歯切れのよい印象的な作品だった
 IMG_4264
最後にアンドニ・ルイス・アドゥリスから
寺内さん本当にありがとうと感謝の言葉
その言葉に思わず泣きそうになったと寺内氏
 
100年後の500年には私は参加することはできませんが
有田が末永く繁栄していくことを祈念いたします
料理をここまで深化して考え実現できるシェフがいることを
改めて素晴らしい!と思った講演だった
 
 

マネーショート(映画)

ブラッド・ピットとマイケル・ルイスがマネーボールに続き
再びタッグを組んだ映画
 
マイケル・ルイスの「世紀のカラ売り」のベストセラー小説を
ブラッド・ピットがプロデューサーとして映画化した
2016年アカデミー賞では脚色賞を受賞した話題作
 
 200
アメリカの住宅バブルのさなか
現実を冷静に判断し
常識を疑い
金融危機を予測した4人のアウトローたちが
金融界の虚構の裏をかき、大相場を張る
リーマンショックの真実がものの見事に描かれている
 
2005年サンノゼ
マイケル・バーリはサブプライムローンを何千件と調査し
2~3年後に債務不履行に陥るだろうと判断した
バーリは住宅市場崩壊に賭けるCDSを購入する
 
若きウォールストリートの銀行家ジャレッドは
それを見て
ヘッジファンドのマークにCDSを購入するよう勧める
マークは様々な市場調査をして、確信に変わり、CDSを購入する
 
またある2人の若者は元銀行マンのベン・リカートのもとへ
CDSのアイデアを聞き、購入などのサポートを行っていく
 
初期の破たんではCDSの価格が全く動かないなど不当性や
各付け会社、銀行などの不可解な部分を描きながら
最後に一挙にパニックに陥っている金融業界を赤裸々に映像で現している
実話ならではの迫力だ
リーマンブラザーズのオフィスの再現は
ニューヨーク州金融サービス局のオフィイスで行われたようで
それだけに現実の生々しさが表現されている
 
この2008年の金融崩壊で金融機関は破たんし、強欲な投資家を市場から追い出した
しかし彼らはそれまでの不当な高給を返すことはなく
金融機関は税金で救われた
そして貧しい借り手だけに膨大な借金が残った
 
痛快さとともに、痛みを感じる作品でもある
将来の金融危機に対する警鐘の映画としても必見だろう
 

スプツニ子!の瀬戸内プロジェクト

瀬戸内国際芸術祭実行委員会の主催で
2月20日渋谷ヒカリエでスプツニ子!の
アーティストトークイベントが開催された
 
海の復権を目的として、モダンアートで地域活性をテーマに
開催されてきた瀬戸内国際芸術祭も3回目
2010年に第一回が開催されたが、
7島8会場で93万人動員の大成功をおさめ
参加は18の国と地域から75組のアーティスト・プロジェクトだった
第2回は2013年12等14会場と拡大し107万人を動員した
参加は一挙に拡大し
26の国と地域から200組のアーティスト・プロジェクトとなった
今年の2016年が3回目となる
 
モダンアートの世界では瀬戸内の名前は世界中に認知され始めている
日本の一つの地域が生み出した芸術祭が
こんなにも短期間で世界で広がっていっていることを嬉しく思う
 
あるものを生かし、新しい価値を生み出す
アーティストの手によって地元住民と協働して
そこでしか見ることのできない数々の作品が生まれ
地域の資源が生き返ったことへの喜びは
今の日本の地方の活性化への素敵な見本でもある
 
スプツニ子!はイギリス人の母親と日本人の父親のハーフ
両親はどちらも数学者
ロンドンの大学(数学・工学情報)を卒業
2013年秋にはMTIの助教授に就任
リケイ女子ならではの感性で現代美術家として
映像からプロダクトデザインまで様々な分野で活動している
 IMG_3902
さて今回のスプツニ子!のプロジェクトとは八百万ラボ
舞台は豊島
そこにはトヨタマヒメの神社があり
海幸彦、山幸彦との神話が伝えられている
そこを舞台に建築と映像で
アートと科学のコラボレーションで新たな神話を作る
 
映像は豊玉姫と山幸彦の出会いをテーマに
遺伝子操作とフェロモン抽出で赤い糸を作る。
神話と科学とはもっとも対立するものであるが
その2つを融合させて何ができるのか
もちろんスプツニ子!も男性のイケメン学者として登場する。
IMG_3909 
スプツニ子!のアプローチは
テーマを決めたら
科学的リサーチを徹底して行い
それをオープンにしてネット上で議論を沸騰させ
いろんな人を巻き込んでいく
その上で社会的な提案をする方法だ
IMG_3917 
成瀬・猪熊事務所と一緒に
古民家を改装して豊島には神社も作ると言う
神話と科学の融合が今から楽しみだ

(映画)シェフ 三ツ星フードトラックをはじめました

ジョン・ファバローが10億円以上と言われる
アイアンマンシリーズの監督を断ってまで
作りたかった映画が シェフ だ
ジョン・ファバローが監督・脚本・制作・主演と
大車輪の活躍の映画
彼のこの映画への思い込みも理解できる
 
わきを固める俳優も大物ぞろい、女優も美人ぞろいだ
レストラン経営者のダスティン・ホフマン、
そして
元妻のイネズ役のソフィア・ベンガラ
ラテン系のソフィアローレンの若き日を彷彿とさせる美女
ソムリエ役のスカーレット・ヨハンソンも魅力的
 
物語は
ジョン・ファバロー演じるカールキャスパーはロスの
一流レストランの総料理長
料理批評家でもありブロガーでもあるラムジーの来店は
キャスパーにとっては勝負
オリジナルメニューで頑張ろうと食材探しに走り回る
ようやく準備もできた
しかし経営者は通常の人気メニューを出せとの指示
出された料理の評価をツイッターでラムズは酷評する
息子にSNSの見方を教わったカールは
怒りの感情のまま、ラムズにメッセージを送信してしまう
メッセージは炎上となり
これが原因で店も解雇、他のレストランからも断られ
カールキャスパーは失意のどん底へ
 
元妻のイネズの提案で息子パーシーとマイアミへ
そこは結婚をしパーシーが生まれ、
カールがシェフとしてスタートを切った場所でもあった
マイアミのレストランで久しぶりのきキューバサンドの旨さを再度実感
フードトラックで販売することを思いつく
 
フードトラックでマイアミからロスへの旅となる
旧友のマーティンと息子のパーシーとカールの3人で作るキューバサンドは
評判となりパーシーのSNSでの写真や動画、
営業場所のGPSでの情報発信などで瞬く間に広がり、人気爆発
どの場所でも行列となる
この道中で親子はもっと大切な何かを知ることになる
帰ってきたロスでの営業中
ラムジーが話があると訪ねてくる
 
ラムジーの提案は資金を出すから店のシェフになってくれとの
共同パートナーの提案だった
2人が和解すれば話題となる
キューバサンドは激ウマだとほめた
 
シェフ対料理ブロガー、これにSNSも盛り込み
拡がりとスピード、影響力の大きさ
親子の絆や家族の大切さなどがカリビアンミュージックと
料理のシズル感とともに味わえる
五感で楽しめる美味しい映画だ
 
アメリカの上映は最初6館だけでスタートしたが
半年以上のロングラン大ヒットの作品となった
美味しい物に目がない方には必見の映画です