雑穀米の元祖 内田弘(ベストアメニティ社長)

健康の代名詞とも言われるのが雑穀米

今やコンビニをはじめあらゆるところで

使用されている大ヒットの人気商品だ

その雑穀米を誕生させた人に偶然天草でお会いできた。

別件でお会いしたのだが

雑穀米のほうが気になって話をお伺いした。

内田弘さんは1957年大分県生まれ

学生時代はレスリングに夢中になった。

卒業後大手生命保険会社に就職すると

26歳で店長に

タバコ1日100本、一升酒も毎晩のように飲んだ

32歳の時に検査すると痛風の一歩手前

肝機能も悪化していて入院した

その時の主治医の言葉が

暴飲暴食で10年で悪くした体は

食生活を改めて10年かけて治すしかない

入院して次第に健康にかかわる会社を作りたいと思うようになった

一ケ月半の入院生活の後は保険会社を辞め

33歳の時にベストアメニティを設立した

 

ある時あわやきびを栽培している農家に

キビを分けてもらえませんかとお願いしたら

売り物ではない、昔からうちで食べているものだとの答え

農家は雑穀が体に良いことを知っている

これは世の中に広まる可能性があると直感した

 

雑穀米のアイデアがひらめいた後

白米とのブレンドを一年かけて数百回のテストを繰り返し

1995年に八種雑穀米が完成したが、だれも見向きもしなかった

デパートやスーパーなのに売り込みに行っても

こんなものは売れない、ごみ見たいだとも言われた

しかし内田氏は今の日本の食生活には雑穀米が必要なんです

とアピールを続けた

通販会社との取引が始まり

雑穀米の知名度はぐんと上がった

国産にこだわるために、全国の生産農家1500件との信頼関係は

家族みたいな絆でつながっている

健康志向の高まり、安心安全などのトレンドも追い風だ

 

人間の歯は32本でそのうち60%の20本が

穀物をすりつぶすための白歯でしょう

肉を切り裂くための犬歯は4本

野菜や果物をかみ砕く門歯は8本です

だから食生活もこのバランスが必要だと思う

戦後日本の食生活は欧米型になり大きくバランスが崩れた

今こそ日本人が長く食べてきた雑穀に戻るべきです

 

内田氏の直感が苦しさの中でも確信となり大きな実績となっている

実践から勝ち得た言葉は私の心の中にずしんと大きく響いた!

蘇る大地の会✖️四季乃(サミットホール)

シーガイアのサミットホール3Fにある四季乃では

黒木本店が2004年に設立した甦る大地の会との

コラボによる懐石料理がいただくことができる

 

甦る大地の会とは2004年に

黒木本店が酒は風土の文化であるとの信念のもと

焼酎の廃棄物から有機質肥料として再生させ

農家の土づくりや農作物の育成に使用されて作り上げた

自然の恵みを自然に還す黒木本店ならではの循環システムだ

この有機質肥料から造られた農産物を使用したメニューが

今日頂くディナーとなる

 

カンパイの焼酎は山猫のハイボール

フルーティな焼酎に炭酸が喉に心地良い

まずは前菜

ナマコ酢、佐土原茄子、クレソンと浅利のお浸し

鰻の棒寿司、エビゼリー寄せキャビア、合鴨アスパラ

御造りはカルパッチョ風

鮪、鯛の皮霜、イカ、タコ、エビにベビーリーフ

ドレッシングをかけていただく

合わせるのは〆張鶴の金ラベル

気品のあるまろやかさを感じる味わい

宮崎牛の治部煮、丸大根、針葱、木の芽

お酒は梵ゴールド

無濾過ならではの肉に負けない旨さが良い

ゲシュマックのあじ豚とクレソンなど野菜一杯のしゃぶしゃぶ

お酒は神亀オレンジラベルのお燗を

このお燗としゃぶの組み合わせは最強だ

野菜も美味しい

サラリとお腹に入っていく

〆は出し汁での雑炊

最後のデザートが実によかった

クレソン入りブリオッシュ

百年の孤独のシロップをかけて

何よりもシーガイア四季乃の料理長他関係者の方々の料理に対する情熱と誇りと

宮崎愛を垣間見たメニューだった!

第一回産官学発酵勉強会(報告)

みやざき発酵文化ネットワークは

第一回産官学発酵勉強会を宮崎県工業支援センターで

3月15日開催した

永野会長の挨拶の後

アドバイザーの宮崎大学 河原聡教授

そして宮崎県食品開発センターの山田部長、福良さんをはじめ

みやざき発酵文化ネットワーク会員全員と

多くの有意義な意見を交換した

我々がお願いしたのは全国でも高いレベルにある醤油、味醂との

県内商品との比較だった

宮崎県食品開発センターの分析結果は

思った以上の県内商品の品質の高さで我々も驚いてしまった

今後の努力次第では十分に全国レベルで戦える商品になると

思ったのは我々だけではないだろう

宮崎大学の河原教授は

発酵の複合商品はアプローチが2つあるのではないか

一つは発酵商品と発酵商品を連携させることだが

これは割合簡単

あと一つは発酵の定義を考えて、

そのうえで新しい発酵の複合商品を作り出すこと

これも考える必要性があるのではないだろうかとの意見だった

全国の豚肉発酵人気商品の食べ比べ

今後発酵企業や様々な会員の意見を聞きながら

多くのデータベースを基に明日の発酵商品が出来上がることを

我々も勉強しながら努力もしていきたい

初めての産官学発酵勉強会だったが

これからも発酵研究のベースになる有意義な会として

続けていきたいと考えている

宮崎大学の河原教授、宮崎県食品開発センターの山田部長、福良さん

ほか多くの関係者の皆様に感謝を申し上げたい!

ファーマーズ尾立の実力(綾町)

綾・錦原アースマルシェには

綾の尾立地区で農業に従事している方々が参加いただいた

綾の錦原から見ると展望台があるところが尾立地区だ

初めてお会いした生産者の皆さんばかりだったが

その実績と実力に驚かされた

尾立地区のリーダーは有木農園の有木重昭さん

日向夏をはじめ柑橘類を栽培されている

宮崎から綾に農業で通っていたが、今は移住して綾で生活をされている

尾立地区をまとめ上げる人望も厚い方だ

有機といえば山口農園の山口今朝廣氏

有機農業で35年の歴史を誇る

綾の有機農業はこの人とあると言っても過言ではない

廃菌床とのり面に生える雑草などの炭素分を畑に入れる

これだけのたんじゅん農法で

試行錯誤を繰り返し土が元気な有機農業を作り上げた

この山口さんを慕う研修生も全国から集まり

勉強して巣立っていく

現在宮崎市を含め200件の宅配を毎週行っていると

家族みたいな信頼関係ができて来るという

素朴な人柄に味わいがある方だ

甲斐さんのレモンや西村さんの手作り梅干しもおいしそうだった

レモンは早速買ったがサラダや晩酌にも役立ちそう

やさいとくらしのキムさんと林さんの夫婦

デザインは奥さんが考えたのだという

奥さん手作りのキッシュは完売の人気だった

農法は山口さんを踏襲しているそうだ

奈良から移住してきた米屋さんと

オーガニックのコーヒーの岡野さん

有機名人から新しい移住者まで尾立地区は

新旧織り交ぜながら、新しい時代のこの地区ならではの農業を育みつつある

ファーマーズ尾立の実力とパワーを

綾・錦原アースマルシェでは消費者の方々もスタッフも存分に見ることができた

是非近々、尾立の農業生産者を訪ねてみたい

これからもシンボル的な存在として綾の農業を引っ張っていただきたいものだ

綾・錦原アースマルシェ(報告)

綾・錦原アースマルシェが3月10日

綾わくわくファームで開催された。

天候はあいにくの雨だったが

本物生産者の皆さんの商品の良さで多くの来場者があり

市価より格安な有機野菜や加工品を買い求めていた

早川農園の人参ジュースの甘さに驚く

ネギディップの美味しさにも感動

早川農園の大野さん

宮崎ゴールドファームの

冬虫夏草入りごぼう茶

山崎社長

綾の尾立地区のこだわり野菜

杉田種苗店の種とガーデニンググッズ

杉田さん親子

ダイワファームの人気のチーズ

大窪社長と息子さん

アグリアートの松本慎一郎さん

野菜がアートのように綺麗だ

レストランコーナーでは

レッドカレーや原木シイタケやトマトのピザ

レストランを仕切るのは浜田さんと高木さん

ステージでは南米フォルクローレのインティが登場ほか

野菜ソムリエの鋤田さんの野菜講座や

ガハハおじさんのチーズ講座も大協評

屋外ではポニーの乗馬体験も

雨にもかかわらず多くのお客さんに支えられて

第一回綾・錦原アースマルシェを無事に成功することができました

売り上げも予想以上だったとか?

綾の有機野菜や本物商品を含め県内の様々な良いものを

これからも集めていき、さらにグレ—ドアップを図っていきます

また次回の開催をお楽しみにしてください!

関係者の皆様、ご協力ありがとうございました。

奥田政行シェフ 延岡の賞味会

2月27日延岡市のエンシティホテル延岡で

食の都庄内の実現にご尽力された

奥田シェフと元山形県副知事の高橋さんをお迎えして

セミナーと食事会が開催された

元山形県副知事の高橋さん、奥田シェフ、宮交の菊池社長

食事会は県北の食材を中心に

奥田シェフらしい素材の味を生かす料理の数々だった

日本には3つの素晴らしい牛肉がある

それは岩手の奥州牛、飛騨牛、そして宮崎牛だと

宮崎牛の脂はさらっと溶けていくような感覚がある

との言葉に皆さん拍手だった

 

さて料理は大根のブルーテスープ

五ヶ瀬ぶどうカンパチ血合いのタルタルと宮崎キャビア

トマトの冷たいカッペリーニと炙りたまたま

空飛ぶ新玉ねぎ90度炒めとダイワファーム一年熟成チーズ

これには都農ワインのシャルドネアンフィルタード

空飛ぶ新玉ねぎの茎のシェリーマリネとひむか本鯖の湯上げ

 

白菜と真牡蠣の柚子煮込みと春巻きのカレー風味

宮崎魚介のトマトソースフレーグラ

猪のローストとほうれん草の温度調理

豚の赤ワイン味醂煮込みとチーズリゾット

日向夏とダイワファームのリコッタチーズのクリーム

アカシアのはちみつがけ

これからも食の交流を通して

地方の食文化が地域再生の大きな切り札となっていくことを祈念したい

高木支配人他関係者の方々に感謝申し上げたい

有難うございました

一つ心配なのは奥田シェフのお腹が少し出てきたことだ!

綾錦原アースマルシェ3月10日開催!

エコパーク綾で3月10日

綾・錦原アースマルシェが朝10:00から16:00まで

綾わくわくファームで開催される

綾の早川農園の有機野菜や果物、尾立地区のこだわり野菜

はじめ様々な本物商品が出展される

また県内からは宮崎市のアグリアートのアートな野菜

小林市のダイワファームの絶品チーズ

国富町の杉田園芸種苗店から春の苗やガーデニンググッズ

宮崎ゴールドファームからは冬虫夏草の商品などなど

レストランでは

春野菜ピザやレッドカレー

綾あきら豚のローストポークや豚汁など

 

ステージイベントも盛りだくさん

南米音楽のフォルクローレ インティ

や地元のグループ円空

野菜ソムリエの野菜講座やガハハおじさんのチーズ講座もあります

 

会場内ではポニーの乗馬体験 700円

などなど本物が詰まった楽しいマルシェです

是非ご家族で、お友達と春の綾にお出かけください!

車は馬事公苑駐車場に止めてください

お問い合わせは 0985−77−0909 まで

野菜ソムリエコミュニティ宮崎(坂東淳子代表)

野菜ソムリエコミュニティ宮崎代表の

坂東淳子さんの講演に行ってきた

宮崎県には野菜ソムリエの資格を持っている人が400人

その中で60名が会員となっており

その代表を務めているのが坂東さん

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0365.jpg です
野菜ソムリエコミュニティ宮崎代表 坂東淳子さん

坂東さんはみやざき発酵文化ネットワークの会員でもある

野菜ソムリエとは野菜果物の知識を身につけ伝え

生産者と生活者の架け橋になることだと話された

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0366.jpg です

野菜の魅力とは3つあるという

美力  見て美しい

野菜で作ったブーケは美しいだけでなく

後で食べられるのも魅力だ

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0369.jpg です
野菜のブーケ ラディッシュ、金時草、ブロッコリーなど

次に身力

体にとって大変良く健康になる食べ物

ミネラル分が多く体の余分な塩分を外に出す働きがある

機能性成分が多く健康維持や病気の予防効果が期待

最後は味力

食べておいしく様々な味わいがある

トマトの食べ比べや

スムージーの試飲なども興味深かった

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は IMG_0383.jpg です
好評のスムージー 甘酒が隠し味

特にスムージーでは小松菜とりんごに甘酒を隠し味に入れたもの

爽やかで美味しかった

特に甘酒は発酵食品として大変注目度が高い

ドレッシングなど隠し味には甘酒は最適だとか

ベジファーストの食生活は健康維持には欠かせない

近い将来、野菜ソムリエコミュニティとのコラボイベントも考えていきたい

創業200年の〆張鶴(宮尾酒造)

新潟県村上の1819年創業の〆張鶴の宮尾酒造を訪ねた

宮尾酒造は今年で200年の節目の年となる

蔵は川べりにあり、昔ながらの町家がそのままの形で現存している

宮尾会長自ら蔵を見せていただいた

今は大吟醸の仕込みの真っ最中

仕込み作業は朝やるのでほぼ終わっていた

麹室を見せていただいたが

思った以上に広い

しかもこの麹室が3室あるそうだ

杉ではなく最近はステンもあるのだが

会長は私のところでは昔ながらの杉を使用しているとのことだった

ここは敷地が狭いので精米所や瓶詰め、貯蔵庫は別の場所にあるそうだ

これが純の仕込んでいるタンク

20日ほどたっているという、香りが素晴らしい!!

〆張鶴純といえば私が学生時代日本酒に開眼したのが純だ

飲んだ印象は

こんなに清らかで透明感があり

しかも旨い酒があるのかと驚愕して、ファンになった思い出がある

宮尾会長にお話を聞くと

純は発売してすでに50年近くなる

先代の時に発売して、当時はまだお米が不足していたので

純米酒のインパクトが大きかったのだろうと言われた

しかしこれだけの長さにわたり全国の酒ファンを魅了するお酒はなかなかない

純米吟醸部門では22年連続NO1の快挙も達成されている

しかも純のラベルは今見ても新鮮でさえある

 

応接室の壁には収穫時期の稲穂と朝日連峰の油絵が

先代が書かれたものだという

ラベルの新鮮さは先代の絵心から生まれたものかもしれない

宮尾会長も8年ほど前に息子さんの佳明氏に社長を託された

米は岩船産の五百万石と山田錦が主

大吟醸金ラベルは山田錦を35%に磨き

大吟醸吟ラベルは山田錦を38&%に磨いている

〆張鶴純は五百万石を50%に磨いた大吟醸クラスの純米吟醸だ

全てにおいて品質の高さは一目瞭然だ

 

宮尾会長は日本酒の現状を

日本酒にとって難しい時代に入った

一番の消費者であった地元の飲み手は老齢化し

若者の酒消費はあまり伸びていない

日本の蔵元は1100程まで減ってきていると話されていた

その中で宮尾酒造が目指す酒造りは真面目で誠実な酒

地元ばかりの15名の社員で昔と変わらない酒造りを目指されている

2代目が書いたとされる家宝の酒造りの秘伝書をさらに進化させた酒造り

真面目で誠実、謙虚、そして村上の風土で醸す綺麗な味わい深い酒

〆張鶴は宮尾会長人柄、そのものの淡麗旨口の酒だと実感した!

第2回親子発酵教室

みやざき発酵文化ネットワークでは

みやだいずプロジェクトのご協力で

第2回親子発酵教室を

宮崎市田野町の道本食品で2月16日開催します

発酵×体験×食=健康のテーマのもと

今回の発酵はみやだいずと味噌

塩麴、漬物の3つの発酵を勉強します。

講師の先生は道本食品の道本社長

みやだいずと味噌はケンコー食品の吉田社長

塩麴は100年続く宮崎市の二宮麹屋の二宮工場長です

様々な発酵を学んで健康生活を考えてはいかがでしょうか

とくにみやだいずは宮崎大学の明石教授により都城で見いだされた

宮崎の在来種の大豆です

スケジュールは

9:40 現地集合

10:00~11:40 発酵三講座

11:40~発酵昼食

終了後現地解散

 

発酵昼食は

おにぎり、塩麴の一品、みやだいずと野菜のサラダ

漬物、お味噌汁などを検討中ですが

当日までお楽しみに・・・・

 

参加料は大人 1000円 子供 500円(小学生まで)

ご家族でグループでお気軽にご参加ください。

現地集合、現地解散となります。

お問い合わせは 0985-31-7086 みやざき発酵文化ネットワークまでどうぞ