NHKプロフェッショナル(岩佐十良氏)

6月9日のNHKプロフェッショナルはとても興味深かった

自遊人の編集長でもある岩佐十良氏を通して

地方が主役になれることとは何かを再認識させらる番組だった

 

岩佐氏は自遊人という雑誌を始めて

認知されだすと同時に忙しい生活に明け暮れる日々

そんな時にふと思った

自分が豊かだはないと感じているのに

雑誌は豊かさをアピールしている

その違和感が心をむしばんでいった

その時に取った行動は驚くような事だった

2004年1月に会社を東京の日本橋から

新潟県の南魚沼に移転することだった

もちろん岩佐氏自身も移住した

日々変わる大自然の移ろい

そんなすべての物が美しい

 

東京で年収2000万の人よりも、ここで年収350万のほうが

豊かであると思う

2014年南魚沼の温泉旅館を自分で借金して引き継いだ

名前は里山十帖

宿泊はモノ、人、理念が一体となったリアルメディア

重陽なのは発信力と独創性

その先にあるブランド形成までを考え

そこ自体が地域のセンターハブに成りうることだった

この成功が契機となり

様々な全国の地域の問題が岩佐氏に持ち込まれるようになる

 

松本の奥座敷、浅間温泉の老舗旅館をどう復活させるか?

が大変興味深かった

浅間温泉は地元の方が入れる共同浴場がたくさんあるが

維持管理費用の問題や少子老齢化のこともあり

現実には大変修復や維持管理が難しい現状だ

そこで例えば都会の方に資金提供していただければ

一定期間入浴することができるなどの提案を行っている

また旅館は近くのカフェや本屋、雑貨屋などと一緒に

地域の活性化を図られればよいという考え方だ

そこに共同温泉という付加価値も加わるのが今回の目玉の一つとなる

地域の課題が本物の魅力にならないか?

 

コロナ禍で開業も遅れているようだが

ぜひ浅間温泉の壮大な岩佐氏の活性化プロジェクトを目で見て確かめてみたい

地方が主役であること

行き過ぎた針を戻して真の豊かさとは何かを問いかける

そんな岩佐氏の地方での取り組みがこれからも楽しみだ

新富ライチ(森哲也さん)

宮崎県新富町のライチの生産農家の中でも

シンボル的な存在の森哲也さんを訪ねた

12年ほど前から父が栽培をはじめ

その後を受け継いでやっているそうだ

様々な苦労や試行錯誤がありながらも

ようやく4〜5年前から出荷できるようになってきた

現状では新富町で6件のライチ農家がある

ただ季節限定のライチだけでは生活できないため兼業農家がほとんどだ

森さんもトマトも生産されているようだ

2月頃花が咲き

蜜蜂で受粉させて

摘果作業が続き

5月中旬から6月いっぱいが出荷となる

現状の一番難しい問題は病害虫だ

果実の周りにカイガラムシが付くのを除去するのは

手作業しかない

細かい作業だけに大変手間もかかる

早速ハウスのライチ畑を見せていただいた

鮮やかなレッドが美しい

聞けばタイの品種「チャカパット」で皇帝という意味だそうだ

オレンジ色の物はオーストラリアの品種

色は薄いのだが味は濃厚だそうだ

ライチの木は何年ぐらい持つのかを聞いてみた

中国の文献によると100年は持つと書いてあったので

やり方によっては長く持つのではないか

ただ実をつけすぎると木が老化するので気を付けている

採れたてのライチを事務所で出していただいた

これで50グラムの大きさ

ゴルフボールより大きい

糖度は17度程度あるそうだ

皮をむき食べると

果汁があふれてきてみずみずしい

まさに香りが上品で甘くて美味しさが際立っている

ライチ栽培の面積は約3600坪と驚くほど大規模

森さんのざっくばらんの人柄がとても親しみやすい

今後も宮崎や新富の活性化のために

国富ライチのブランド確立に努力をしていただきたい!

マンゴーの花(西都市曽我さん)

西都のマンゴー農家の曽我さんを訪れた

宮崎の完熟マンゴーは西都の曽我さん他

8件の農家で栽培を始めたのがルーツである

ハウスのマンゴーの木には花が咲いている

もう花も終わりかけですと奥さんの久子さん

今年は蜜蜂を23箱ハウスに入れて

受粉を行ったそうだ

一箱20000円程度だから

受粉の蜜蜂代だけでも50万程かかる

ご主人の曽我一敏さんは足の調子が良くないそうで心配だ

さてマンゴーの実はまだ小さいが一杯なっている

小さな実は多いので毎日摘果しながら

大きな完熟マンゴーに育てていくのだそうだ

毎日の摘果も大事なんですと久子さん

5月中順頃からから西都の初物が出てくる

また宮崎にはマンゴーの季節がやってくる

4月16日には太陽のタマゴの初セリが行われ

一箱2玉50000円ほどで落とされた

新コロナウィルスの影響で

需要や景気の冷え込みも予想され

今後のマンゴーの価格も不透明だ

マンゴー農家にとって頭の痛いところである

いろんな問題点はあるが

宮崎の夏は完熟マンゴーから始まるのは間違いない!

有木みかん園(綾町)

綾錦原にある有木ミカン園を訪れた

有木さんはJAを退職された後綾町に移住されて、

現在22種類の果樹を栽培されている

綾の尾立地区の生産者の取りまとめ役でもあり

人望もある方だ

この家は5年前に建てられたという

B&Bにも加盟されており

希望すれば泊まることもできる

 

さて今日は日向夏の路地物が終わると言うので

収穫体験をさせていただいた

家の後ろの丘一面には日向夏をはじめ

文旦やせとか、ヘベスなどいろんな果樹が植えられている

丘を登りながら

これがタラの芽、これが山椒と教えていただく

これは山椒だ

日向夏は袋にかぶさっている

これをハサミで取って収穫袋に入れて箱に入れる

収穫された日向夏は100個のうち40個ぐらいを市場に出す

後はジュースの原料などにするのだという

苦労する割には思った以上に歩留まりが悪い

収穫したばかりの日向夏と

日向夏は路地物特有の甘さが口に広がる

奥様手作りの日向夏ゼリー

きび砂糖を入れて作った日向夏ゼリーの自然な甘さが印象的だ

綾の豊かな自然に囲まれて

様々な果樹を栽培されている、苦労もあるだろうが

自然と向き合って作業しているとストレスがないと言われる

有木さんの趣味はマラソン

だから元気で体もほっそりしているのかと頷けた

奥様と仲良く美味しい日向夏をいつまでも作り続けてください!

トナニカ(綾町)

綾町の本物センターに行く手前に

古民家を改装して作られたトナニカというお店がある

中のイメージは宮崎市にあるBOOZAに似ている

シンプルだけど素朴な感じだ

お聞きすると2018年1月にオープンされたというから

もう2年ほどたっているそうだ

蕎麦「と何か」から名前がつけられた

熱々の天婦羅が出てきた

目光をはじめ新玉ねぎなど旬の野菜もほくほくで美味しい

そのほかにチキン南蛮と小ぶりのおにぎり

九一のせいろ蕎麦は信州産の蕎麦粉を使用

少し硬めになっている

もう少し蕎麦の香りが立つと嬉しいのだが

ご夫婦仲良くされているのがとてもほほえましい

 

古民家度 ★★★++

 

トナニカ

綾町入野1200

0985-78-5543

11:00〜15:00(水〜日)

KOYUCAFE(新富町)

新富町を世界一チャレンジしやすいまちへ

をスローガンにできたこゆ財団

2017年4月に旧観光協会を法人化して設立された

様々な活動をされているが

街作りにもいろんな活動をされている

久しぶりに訪れたが

商店街も色んな新しいデザインのお店が多くなっている

その中に1年半前にオープンしたという

KOYUKAFEがある

このお店もこゆ財団がリブランディングしたもの

地元の野菜や特産物に光を当てメニューを作られてる

地元で造られている醤油から発想した

醤油麹パスタ

見た目は焼きそばのようだが

食べるとこれはパスタだ

醤油麹とチキンの相性が抜群だ

 

地元焼き野菜を入れたスープカレー

どちらも一押しの人気だという

店長はこゆ財団から出向されている永住さん

永住さんの話を聞くだけで地元野菜への熱い思いが伝わってくる

これからもますますこゆ地域の活性化を拡げていって欲しい

 

 

地元野菜度 ★★★+

 

宮崎県児湯郡新富町富田1−21

0983-32-1150

11:00〜16:00

月曜、第2、第4日曜休み

りょうくんの国産グレープフルーツ(日南市)

6,7年ぶりぐらいに

日南市にあるりょうくんの果実畑に行ってきた

以前は様々なミカンの果樹がいっぱいあったのだが

それがほとんどグレープフルーツ畑に変わっていて驚いた

ご主人の田中良一さんに話を聞いた

これだけの広さでグレープフルーツを

栽培されているところはほかにありますか?

県内ではこの広さはうちだけでしょう

実は数年前に

「りょうくんの国産グレープフルーツ」

商標登録したんです

当時東京でこのグレープフルーツは国産ですと言ったら

信用されなくて悔しかった

だから商標登録をした

栽培方法はマルチシート

マルチシートで水分をカットすることにより

糖度が高くなり、シート反射で色づきも良くなる

しかも減農薬、極力農薬の回数を減らしている

今は5〜6回ぐらい

 

グレープフルーツは3つに大きく分けて考えている

果汁としてサワー系や飲料の材料に

果皮はピールやお菓子の材料に

最後の果物は首都圏の流通に乗せていく

 

様々な大手メーカーから話があり、見学にも来られている

私としては近い将来

日南が国産グレープフルーツの里になれば嬉しい

と言われていた

もちろん様々なミカンやマイヤーレモンも栽培されている

思ったことだが

喋られる顔が生き生きとされている

とても楽しそうだ

この顔を見るだけで夢の実現はそう遠くない

これからの活躍を祈念したい

SLF(都城市)

都城で取れるみずみずしい旬の野菜を中心に

素材の味を引き出すイタリアンのお店

SLF(something lovers forever)

建物も3F建てでユニークな造り

1Fのエントランスから2Fに上がると

広々とした店内が現れる

3Fが調理場のようだ

ドライフラワーが店内全体にディスプレイされており

カップルや女性に人気なのだろうと感じる

このお店は9年目を迎えたそうだ

野菜のテリーヌ

そして人参のスープ

メインはスズキのポアレ

しっかり下味を付けたスズキをグリーンソースでいただく

デザート

自然派ワインも飲めるようで

都城市の女性にとっては人気のお店だろう

 

自然派度  ★★★☆

 

SLF

宮崎県都城市千町5000

0986−80−4224

11:30〜15:00 18:30〜22:00

月曜休み

第2回発酵勉強会開催!

みやざき発酵文化ネットワークは

2回目となる発酵勉強会を3月16日道本食品で開催した。

 

宮崎県食品開発センターの山田部長や福良さんをはじめ

会員の方々、総勢25名の勉強会

冒頭に永野会長が

コロナウィルスの影響で大変な状況になっている

熊本で開催される予定だった全国発酵食品サミットも

コロナウィルスの感染者が熊本で出たことで中止となった

ただ全国発酵のまちづくりネットワーク協議会は開催され

みやざき発酵文化ネットワークも活動成果を発表した

全国は自治体の参加が多い中、小泉武夫会長から

民間の企業の集まりでの取り組みでここまでやれるのだ

とても素晴らしいとのお褒めの言葉をいただいた

と挨拶

 

今回のテーマは甘酒

甘酒はマーケットとしても広がりを見せ

2012年55億だった売り上げが2017年には220億まで拡大

2022年には320億になる予測も出ている

今回は

味噌メーカーのマルコメ

酒メーカーの八海山

地元メーカーのケンコー食品の甘酒分析を基に様々な討議を行った

甘酒は酒粕と糀から作る2種類があるが

現在はほとんどが糀から作るものが主流となっている

必須アミノ酸9種類をはじめビタミン、オリゴ糖など

多くの栄養分が入った飲む点滴でもある

宮崎県食品開発センターの分析結果を基に活発な議論が交わされた

さらにすんきの漬物とグルテンフリーのみんなのたくわんの試食

すんきは木曽地方に伝わる塩を使わない乳酸発酵の漬物

その独特な風味は今まで食べたこののない味だった

道本食品のみんなのたくわんはグルテンフリーのものをとの要望を受けての商品だ

薄めにカットしてありとても食べやすかった

 

今後もみやざき発酵文化ネットワークは

年に一度、産官学連携の発酵勉強会を開催する予定だ

春の発酵親子教室のご案内

毎回好評をいただいている発酵親子教室ですが

第4回発酵親子教室は4月11日

小林市のダイワファームで開催します。

現地集合になります。

今回の発酵の先生は

えびので長年無農薬栽培を行っている本坊農園の

本坊照夫さん

本坊さんには土の発酵からできるミネラルの力から

元気な野菜ができることを話していただきます

そしてダイワファームの大窪社長は

ダイワファームの見学と各種チーズの説明を行っていただきます

毎回お楽しみの昼食ですが

今回は塩麴と春野菜いっぱいの

チーズをたっぷり入れた贅沢なクリームシチュー

えびの米のおにぎり

本坊農園の野菜料理と自家製漬物などなど

豊かな発酵ランチです

昼食後はチーズや野菜を買うことができます

価格は大人 1500円 子供(小学生)600円です

参加は限定40名です

お問い合わせは 0985-31-87086

みやざき発酵文化ネットワークまでどうぞ