服部克久氏ご逝去

服部克久氏(83歳)が2020年6月11日にご逝去された

服部さんとのご縁が始まったのは

1991年に大淀川河川敷で開催された

大淀川夕日コンサートが最初だ

このコンサートには2万人もの人が集まり

大淀川の夕日をバックに野外ステージを設営し

音楽畑オーケストラに南こうせつやサーカスの歌が

会場全体に響き渡った

野外で聞く初めてのオーケストラの音色に観客は魅了された

服部克久氏の音楽畑はライフワークだった

極上の音楽で畑に種をまき、成長し

豊かな音楽文化の実をつけていく

その考え方に共感を覚え

日向ムーンライトコンサート

1999年に開催されたグリーン博ではオープニングコンサートも行って頂いた

そして高千穂音楽祭

2008年宮崎市での岩切正太郎賞20周年記念コンサート

2010年日南市の市歌制作等

日南市歌のスタジオ録音での服部さん

様々な音楽プロジェクトをご一緒したことが懐かしい思い出だ

私が服部氏の音楽畑で一番印象に残っている曲が

ルローヌ、新世界紀行のテーマ曲 自由の大地だろう

フランス留学時代に自然に身につけられた

おしゃれで心に染みこんでいくようなジャンルを問わない曲の数々

その曲に感動している観客を眺めながら

服部さんの素晴らしさと豊かなセンスを感じていた一人だった

宮崎の完熟マンゴーを贈ると

気軽に感謝の連絡を度々いただいいていた

日本のポップス界に歴史を残した

音楽界のサラブレッドの死は

息子さんの服部孝之氏に受け継がれていくのだが・・・

今はまだ数々の思い出と寂しい思いがいっぱいだ

私にとっては音楽の分野での恩師の一人でもある

本当にありがとうございました!

安らかにお眠りください

映画「蜜蜂と遠雷」

恩田陸の書いた傑作 「蜜蜂と遠雷」の映画化は

個人的には誰もが思っていたように不可能だと考えていた

それほど本の文章で表現される圧倒的な音楽描写と臨場感は

他に類を見ないほど凄く素晴らしいものだった。

それだけにこの本をどうやって台本にし、

映画にしていくのか興味は尽きなかった

 

映画に行ってきた

始まってから終了まで息をつかさないストーリー展開

本の3分の一ほどを切り取り

オーケストラの音楽や様々な音楽表現で

本の雰囲気を余すことなく表現することに成功している

 

主役はコンテストに出場する

4人のピアニストだ

栄伝亜夜、風間塵、マサル、そして高島明石

栄伝亜夜は天才ピアニストと言われたが母の死をきっかけにして

コンサート会場を逃げ出し、7年のブランクののちに帰ってきた

風間塵は伝説のピアニストホフマンからギフトか災難かと言われる

天真爛漫のピアニスト

マサルは亜夜と出会い才能をアメリカで開花させたピアニスト

高島明石はサラリーマンでありながら

コンテストを年齢制限いっぱいで受けるピアニスト

高島明石は本選に行くことはできなかったが

本選では3人の演奏を肌で感じながら良い味を出している

栄伝亜夜は風間塵との連弾で

母親と弾いている楽しい自分を取り戻した

マサルはオーケストラと調和を図りながら自分ならではの演奏をプレゼンする

風間塵は楽器の位置を入れ替え、彼ならではの音感の凄さと

テクニックを天真爛漫に披露する

そして栄伝亜夜はようやく逃げる自分から目覚め

母親の死を乗り越え、世界を鳴らせるのと言った母親の言葉を胸に

自分の中にある音楽を表現することができて演奏を終える

 

結果

第一位      マサル

第2位      栄伝亜夜

第3位      風間塵

奨励賞、菱沼賞  高島明石

 

会場ディレクターの平田満、クローク役の片桐はいりもいぶし銀だ

 

心の繊細なひだに絡まってくる音楽が

圧倒的な迫力で美しく、ドラマティックに心に染みてくる

音楽が好きな方には必見の映画である!

TSUKEMEN&宮崎学園中高等学校合唱部

TSUKEMENのコンサートが9月27日に

メディキット県民文化センター演劇ホールで開催される

今回のコンサートではテーマ曲である

時を超える絆を宮崎学園の合唱部の皆さんと

TSUKEMENが共演する

今日はその合唱部の皆さんの練習を見に

宮崎学園にお邪魔した

この合唱部の顧問は有川サチ子先生

2019年には文化庁長官から表彰された方でもある

50年間の長きにわたり精力的に合唱部の指導に当たられ

数々のコンクールで金賞を受賞された実績もある合唱会のレジェンドだ

今年もNHKの合唱コンクールと九州合唱コンクールで金賞を受賞され

10月に行われる2つの全国大会のために

毎日猛練習をされているそうだ

その忙しいさなかに出演していただくことも感謝

さて時を超える絆を聞かせていただいた

ピアノ伴奏は馬場沙央里先生

まだまだ今からですがとおっしゃったが

中高生の混成合唱33名の声と心の訴える力にとても感動してしまった

宮崎ならではの時を超える絆になると確信した

 

本番まであと一週間

本番では宮崎の観客の皆さんに新たな感動を与えていただければと思っている

期待していただきたい!!

TSUKEMENLIVE宮崎2019

宮崎の皆さん、お待たせしました

TSUKEMENの宮崎LIVEは6月25日発売開始です!

TSUKEMEN LIVE 2019

〜時を超える絆〜

2019年9月27日 18:00開場 18:30開演

メディキット県民文化センター(演劇ホール)

S席  5000円   A席 4000円

6月25日発売開始

プレイガイド

メディキット県民文化センター内チケットセンター  宮崎山形屋

 

御問合せ 株式会社 地域活性化プロジェクト

0985−31−7086 (平日9:00〜17:00)

 

Wバイオリン&ピアノによる3人組インスト・ユニット

日本全国のみならず

欧米、アジアなど世界で500本を超すライブを開催し

40万以上の観客を動員

宮崎のコンサートでは、観客の皆さんが温かいと

TSUMEMEN 3人とも大好きな場所だそうです

宮崎学園中学高等学校合唱部の皆さん(顧問 有川さちこ先生 シムウェル英華先生)

今年はテーマとなっている曲

〜時を駆ける絆〜では

今まで数多くの賞を受賞されている宮崎学園中学高等学校合唱部の皆さんと共演いたします。

素晴らしいコーラスとTSUKEMENとのコラボ今から楽しみです!

コンサートではテーマ曲を始めオリジナル曲をはじめクラシックからポピュラー、ロック

までの幅広い素敵な演奏とトークとサプライズで

さらにパワーアップしたTSUKEMENの魅力をご堪能ください

ハープファンタジー2019

第32回ハープファンタジー2019が

リラの会(菊池好志子代表)の主催で

4月7日オルブライトホールで開催された

会場はほぼ満員の盛況だ

このレベルのハープコンサートを無料で開催していることも

全国的にも珍しい

菊池先生の様々な努力にも頭が下がる!

 

さてオープニングはグランドハープ7台と

フルート、サキソフォン、ボーカルとのアンサンブル

花と星に願いをの2曲

ハープがこれだけ並ぶだけでも壮観だ

休憩時間では子供たちが日頃あまり見たこともないハープに親しめるようにと

ステージでハープの体験ができるようにされたのはとても素敵な試みだと思った

第2部は

ドビュッシー、月の光を津野田圭さん

優しいメロディーが心の中に染みていくよう

津野田さんは5月12,13,19日の宮崎国際音楽祭にも出演される

そしてベッリーニのオペラ・ノルマの主題による序奏と変奏

を柄本舞衣子さん

さすがの貫禄の演奏だ、

ラストは

ハープ(古賀鈴子)サクソフォン(細山田晃)ボーカル(坂本ともみ)による

名前のない星を見上げて

サクソフォンの色気のある音色、澄み切ったボーカル、そしてトキメキのハープ

調和のとれた素敵な演奏だった

毎年思う事だがお客様が誰でも楽しめるようなプログラムに

されていることがこのハープコンサートの特色でもあると思う

菊池先生他スタッフ、関係者の皆さんのご努力に心から感謝申し上げたい

綾錦原アースマルシェ3月10日開催!

エコパーク綾で3月10日

綾・錦原アースマルシェが朝10:00から16:00まで

綾わくわくファームで開催される

綾の早川農園の有機野菜や果物、尾立地区のこだわり野菜

はじめ様々な本物商品が出展される

また県内からは宮崎市のアグリアートのアートな野菜

小林市のダイワファームの絶品チーズ

国富町の杉田園芸種苗店から春の苗やガーデニンググッズ

宮崎ゴールドファームからは冬虫夏草の商品などなど

レストランでは

春野菜ピザやレッドカレー

綾あきら豚のローストポークや豚汁など

 

ステージイベントも盛りだくさん

南米音楽のフォルクローレ インティ

や地元のグループ円空

野菜ソムリエの野菜講座やガハハおじさんのチーズ講座もあります

 

会場内ではポニーの乗馬体験 700円

などなど本物が詰まった楽しいマルシェです

是非ご家族で、お友達と春の綾にお出かけください!

車は馬事公苑駐車場に止めてください

お問い合わせは 0985−77−0909 まで

松本城と草間彌生

松本駅から町を歩き松本城へ向かう

何故世界の小澤氏が

音楽フェスティバルの地に松本を選んだのか

気になっていたからでもある

街を歩くとこじんまりとした蔵の町並み

古そうな醤油や味噌のお店

アイビーがいっぱいの古そうなおしゃれな洋館

など文化の香りをどことなく感じる

 

松本城

五重の天守閣の中で

現存している中では日本最古の木造天守閣と言われる

白と黒の対比が美しい

外国人観光客も多い

夜の松本城も印象的だった

草間彌生の幻の花がある長野市美術館に行った

水玉のドットマークが美術館一杯にディスプレイされている

草間彌生も松本出身だという

 

城、蔵の白壁、洋館、民芸家具、食

松本の底辺に共通するものは文化であることを実感した

何故小沢氏が松本を選んだのかわかった気がした

また訪れてみたい良い街である

TSUKEMEN LIVE 宮崎(報告)

TSUKEMENデビュー10周年となる

TSUKEMEN LIVE 2018 の宮崎コンサートが920日 

メディキット県民文化センター演劇ホールで開催された

 

デビュー10周年の集大成とも言える

3人の魂を込めたコンサートだった

第一部はオリジナルにジャズの名曲も取り入れ

参加型で大いに盛り上がった。

 _

メンバー三人全員

宮崎は人の心があったかくて

何だか故郷に帰ってきたような感覚を覚えるという

 

2部はしっとりとバラードの曲が多く

じっくりと聞かせる曲のメドレー

最後はSUGURUの足拍子と観客の手拍子が

大きな盛り上がりを作った

10年を経てTSUKEMENならではの

エンターテイメント性を実感できるコンサートとなった

 __

参加者の感想の披露を

 

TSUKEMENの存在は知っていましたが

LIVEは初めての参加

とても楽しいLIVE

TSUKEMEN3人ともステキでした!

楽曲も素晴らしいですね

いつかはスペシャルコラボでゲストもどなたかと・・・

TAIRIKU君の笑顔 いいね!!

SUGURUサービスんのピアノ かっこいい!

KENTA君のバイオリン セクシー!

虹見えたよ

 

会場が一体となるパフォーマンスに

最初から圧倒されました。

はじまりから ♪お~、お~♪と

歌わされるとは思いませんでした。

毎年宮崎に来てくださりありがとうございます。

忙しい私たちにはTSUKEMENコンサートが

最高のデートとなっております。

 _

風に立つライオンのモデルとなった柴田紘一郎先生ご夫妻と迫田病院の御家族と!

来年はまた新しく進歩したTSUKEMENの姿を見せてくれると思います

お越しいただいた皆さん、心から感謝申しあげます!

TSUKEMEN LIVE2018 宮崎公演まもなく!

2本のヴァイオリンとピアノによるインスト・ユニット“TSUKEMEN

いよいよ9月20日(木)・メディキット県民文化センターでの宮崎公演が近づいてきた。

今更だが、TSUKEMENのTは、TAIRIKU(タイリク)のT~ヴァイオリン~

SUがSUGURU(スグル)~ピアノ~

そしてKENTA(ケンタ)~ヴァイオリン~

今年は結成10周年という事もあり、ニューアルバム“X”(テン)の楽曲もオールオリジナルで様々なミュージシャンとのコラボも満載。

現在、全国でライブ開催中だが、今月18日からはいよいよ九州に上陸!

宮崎でのライブも8回を迎え、嬉しいことに今回は長年世界中で愛されているサウンドも再び聴くことができそう。

当日チケットの販売もするが、断然、前売りがお得。

まだTSUKEMENのライブを体感したことのない方、是非会場にお越しください。                     メンバー全員が音楽大学出身とあって、生音で楽器本来の音も存分に堪能できる。                  すでに500本を超えるライブを開催しているTSUKEMENだが、是非とも今回の宮崎公演も             観客とそしてメンバーの心に響くライブになることを期待して、今から開演を楽しみにしているところだ。

TSUKEMEN LIVE2018 “X” 宮崎公演 9月20日(木)メディキット県民文化センター 演劇ホールにて  18時開場  18時30分開演

前売りS席:5,000円、A席:4,000円                                               プレイガイド : メディキット県民文化センター、宮崎山形屋、地域活性化プロジェクト                 お問い合わせTEL 0985-31-7086(地域活性化プロジェクト)

こちらは映画『ゼニガタ』の主題曲。映画の世界観にマッチした重厚なMV、カッコ良すぎ!

リラの会30周年記念 ハープファンタジー

宮崎でハープの指導に長年たずさわれてきた
菊池好志子先生
私もこれまで様々な事業でハープの演奏をお願いしたが
いつも快く引き受けていただき本当に感謝している
その菊池先生が主催するリラの会が30周年を記念して
4月9日宮崎市民プラザ オルブライトホールで
ハープファンタジー2017のコンサートを開催した
観客も立ち見が出るほどの盛況
 菊池先生
ハープ10台と言う
日本でもあまり見られないオープニングは
坂本ともみさんの澄み切った声と
フルート、サキソフォン、で花と上を向いて歩こうでスタートした
 
第2部の頭はグランドハープ5台による
リストの愛の夢の演奏
IMG_6479 
その後、津野田圭さんのソロで即興曲
津野田さんは日本ハープコンクールジュニア部門優勝
ヨーロッパに留学後
2010年から国内のオーケストラをはじめ
宮崎国際音楽祭など様々なイベントで活躍中
演奏だけでなく話も上手だ
 kei_tsunoda01
 
続いて柄本舞衣子さんのソロでラプソディ
1997年日本ハープコンクールジュニア部門で最年少優勝
その後国際ハープコンクールで数々の入賞実績を持つ
テクニックと実力は群を抜く
 Maiko-Enomoto
 
ハープだけでなく
様々な楽器やバレエのパフォーマンスも取り入れ
楽しいコンサートとなった
 
津野田圭さんが菊池先生の魅力を
指導力、教育力、そしてお人柄
みんなの心に綺麗な花を咲かせる魅力を持つ人といった言葉が印象的だ
 
菊池先生がハープと出会ったのが中学校一年の時だそうだ
その美しい音色を広めたいという想いから
宮崎でハープ教室をスタートさせた。
多くの弟子との出会い
その中でも2人の全日本ジュニアの優勝者を育成されたことは
菊池先生の努力のたまものだと思う
そして、このようなハープのコンサートが日本の地方都市で
定期的に開催されているのも世界でも稀な例だという
 
毎年のハープファンタジーの積重ねとともに
これからもますます元気で
宮崎の音楽文化の新しい歴史を創り続けていってほしい
菊池先生30周年 おめでとうございます!