◯△理論

私はトンガリのある考えやトンガリのある人間が大好きです

ですからそんなデザイナーやアートディレクターをよくプロジェクトの中で活用します
それが私の中で刺激になることも大きな要素ですが、新鮮な感覚を
入れることでそのプロジェクトが活性化することを願っています
私にとってはとんがりは面白さであり、楽しさでもあります 

ただクライアントによってはトンガリを嫌う人たちもたくさんいます
トンガリはある意味では危なさだからです
プロデューサー感覚というのは、これを共有できるものを作り出すことだと思っています
遠くから見ると誰も文句のつけようがない円にしか見えないが
トンガリのある人間から言わせるとトンガリのある部分も十分ありますよ
これが△です
 〇と△を両方共有できる状態に見せること
これがプロデューサーにとって大切な資質であるとも想っています!