みなとまつり2009 その3

みやざきみなとまつりも今週の土曜日(8月29日)と間近に迫った

みやざき臨海公園(サンビーチ一ッ葉)で夕方5時から開催されるビーチステージの中から
色んな話題をピックアップしてみたい
獅子舞.jpg
宮崎港小学校の獅子舞チーム
毎年10月の運動会は全校生徒で獅子舞を行っている。
地域の伝統を全生徒で継承するのはとっても良いことだ。
飛び入り参加の心意気に感謝!
「港獅子は、代々伝統として受け継いでいくものはないか

地域に根ざした学校として地元に残る芸能を継承していけないか
という想いで平成2年度から始められました。
吉村町の八幡神社に残る獅子舞を伝承しておられる熊本さんの指導の下
児童、保護者、教師が一体となってすべて手づくりで製作に打ち込んでいます。
八幡神社の舞を取り入れながらも、本校独自の勇壮な演技として作り上げました。
毎年運動会で5,6年生の集団演技として発表するほか、
地区のいろいろな行事に参加しています。これからも、この港獅子を
港小の伝統として多くの子どもたちに受け継いでいきたいものです」

(宮崎港小学校 子連協 亀谷さん談)
神楽写真.jpg
江田神楽
まつりに協力していただいた江田神社に古くから伝わる神楽。
国生み神話のルーツと言われる由緒正しい神社神楽の奉納
金丸宮司に解説をしていただけるようで、楽しく神話の勉強にもなりそうだ。
響座1.jpg響座2.jpg
響座
まさしく日本を代表する太鼓チームのひとつ。
今回一緒に演奏していただくジュニアチームも
全国のジュニア太鼓のチャンピオンに輝いた。
必見のステージだ。
グラスグラウンド
ビーチサイドで聴くジャズもリゾート気分で楽しい。
宮崎でもトップクラスと言われる大西のキーボードと
魅惑のボーカルをぜひ堪能して欲しい。


フラスタジオ・イリアヒ写真.jpg
フラ スタジオ イリアヒ
全員が20代で今回は25人というグループでビーチを盛り上げる。
若い女性チームの華やかなフラダンスがとても楽しみだ。
colenani.jpg

colenani(コレナニ)
最初にこのグループを聴いたときのカルチャーショックは忘れられない。
まさに心臓の鼓動を彷彿とさせる力強いリズム
アフリカン太鼓と若い女性のダンスが見事にマッチする。
花火を見ながらのステージは圧巻だと思う
このほか、吉村八幡神社 獅子の会ハワイアンバンド宮崎市消防団音楽隊
彩りを添える。
日本の伝統とトロピカルリゾートをミックスしたコラボレーションステージだ。
タレントの力を借りなくても地域のパワーだけで十分見応えのあるステージになったと思う
そして20:00からは、復活みなと花火が打ち上がる。
360度から間近で見える みなと花火の美しさ を楽しんで欲しい
駐車場がすぐ満車になると思われるのでイオンから会場への無料シャトルバス(16:00〜)を ぜひ活用していただきたい
田北実行委員長以下実行委員会メンバーの努力の賜で
ボランティアも総勢102名の強力サポートで何とか体制も整った
警察の方々も15人体制で協力していただくことになった
地域に根付く新しいまつりの形
みやざきみなとまつり2009 は これからのまつりのあり方の大きな試金石になる

地殻変動

世界の自然、経済に地殻変動が起こっている

自然はラニーニャ現象からの異常気象(地震、サイクロン)の大災害、天候不順による農作物の大幅な減少、そして新型インフルエンザの世界的な流行の可能性
経済はリーマンショックの経済危機から世界各国の景気対策(アメリカ79兆円、中国54兆円、日本27兆円)を始め、ヨーロッパ各国も追随した効果で何とか小康状態を保っているとは言え、この景気対策のお金が切れるといつどうなるか予断を許さない
そんな中でもアメリカの銀行倒産は次々と起こっているし、補助金の自動車買い換えもアメリカのメーカーはベストテンに2社だけというお粗末さだった
ヨーロッパの銀行も青息吐息だ あるEUのレポートによると約240兆円の負の遺産がヨーロッパにあると言われているようだ
FRB議長のバーナンキが再任でアメリカのドルの刷り増はまだまだ続くだろう
そうなれば近い将来ドル安、円高の大きな流れは一層鮮明になってくるのでは
残念ながら、世界のトップ2の大国はアメリカ、日本から完全にアメリカ、中国に移った
このことを明確にしたのが7月にアメリカで開催されたG2会議(アメリカ、中国)である
米中協議で出口対策を調整しているようだがなんとも危険なにおいがする
上海万博まで是が非でも景気を維持しておきたい中国、是が非でも米国債を継続して買ってもらいたいアメリカ
今から定例的に行われるであろうG2協議のしたたかな交渉はキーポイントだ
アメリカ、中国のG2の綱引きの落としどころが世界の景気の道しるべになるのかも知れない
そして揺り戻しはありながら世界の覇権国は中国に移っていくことになるだろう
日本でも自然、経済、政治の大きな地殻変動が起きている
突然の竜巻、ゲリラ雷雨、土石流、そして冷夏
消費の変調、円高による自動車、家電業界の不振、建設業の倒産拡大、マスコミの変調
政権交代、政界再編の止められない大きな流れ
いままでも地殻変動は一部で見られたが、こんな風に全分野で日本全体で起こることは戦後 例がない
これに小子化、老齢化が一層拍車をかける
地殻変動の大きさは日本の開国に匹敵するほどの規模になるような予感がしている
こんな時代に大切なのは、日本人が本来持っている 《こころ》だと思う 
自分自身ががエゴの意識をできるだけ棄てること から始まるのかも知れない!

みょうが屋

グルメお兄ちゃんのみょうが屋で晩ご飯。
ここはTV番組で一挙に有名になった焼き肉のお店だが
もう通い始めて10年以上か………。
岩永氏のグルメの知識と舌の感度は素晴らしく、
全国各地のうまいところには機会があれば必ず行くというほど
ここでのグルメ情報のやりとりは私にとっても貴重な情報源。
今日は仲間のメンバーとカウンターで食事。
まずは新鮮な内臓の刺身。
内蔵刺身.jpg
ハツ、レバー、センマイ、ごま油と塩で食べるとやみつきになるうまさ。
お酒は奥播磨の純米吟醸。コクのある味が内臓に負けてない。
ヒラメのムニエルに露地物のヘベズを添えて。
ムニエル.jpg
ヘベズの香りがヒラメの白身のうまさを引き締める。
このムニエルには雪中梅の本醸造がぴったり。
サラダ.jpg
お兄ちゃん一押しの刀根鶏のタタキ。
タタキ.jpg
さっぱりしていてうまい。いくらでも食べられそう。
お酒は貴のにごり。タタキには少し酒が強すぎたか…。
そして、ひと月に一度はつくるという
みょうが屋の人気裏メニュー、ビーフカレー。
カレー.jpg
つくったばかりでまだ荒々しいが、これもまた一皿のカレー。
相変わらずスパイシーでホットな刺激が脳まで感じてしまう
食べ過ぎだ〜と思いながら二次会へと繰り出したのでした! 

柄本舞衣子さん (ハーピスト)

宮崎市に『リラの会』というハープ教室がある。菊池好志子(よしこ)先生が主宰されて、

もう20年以上になる貴重な唯一のハープ教室だ。

菊池先生には県庁前の楠並木で音楽祭を開催したとき、ハープの演奏をお願いしたのが始ま

りである。それがきっかけで宮崎にハープを広めようと指導を始められた。

そして凄いことに短期間で2人の全国優勝のジュニアハーピストを育てた方だ!

その1人の柄本舞衣子(えのもとまいこ)ちゃんが、今春、武蔵野音大の大学院を

卒業して宮崎に帰ってきた。

私のイベントでもサミットを始め数々の事業で素敵な演奏をしていただき大変お世話になっ

ている人でもある。

ハープの演奏を聴く機会は日常的にはあまりないと思うが、とても上品で優雅な音色

まさに癒しの楽器と言っても良いかもしれない。

そして舞衣子ちゃんの演奏を聴くとハープの例えようのない美しい音色に魅了され、楽器の

演奏表現の無限の可能性を感じてしまう


今までに出た世界大会ではすべて入賞、世界での活躍の場面も多くなりそうである。

とても華奢な体をしている柄本さんだが、最近は世界の経験を活かし、緻密な奏法に

加え、ダイナミックさとパワーが加わり演奏の幅がグーンとあがった

IMG_0170_1.JPGのサムネール画像  柄本舞衣子さん(7月4日コンサートリハーサル風景)


IMG_0167_1.JPGのサムネール画像

2009年6月にはスペインの国際コンクールにトライして第4位

第6回(スペイン)国際ハープコンクールは、マドリード近郊で開催された



コンクールは、1,2次予選、本選とあり、10日間の長丁場。コンクールなので、

体力的、精神的にもダメージを受けたようだが、各国の参加者と切磋琢磨しながらも

楽しく過ごすことができたそうだ。今後もっと精神を鍛え、

より世界で活躍できる素晴らしいハーピストになりたいと語っていた。

 

宮崎出身の柄本さんには、より大きな夢を持ってスケール感の大きなハーピストに


なっていただきたい!!


★プロフィール・柄本舞衣子(えのもとまいこ)

柄本舞衣子写真.jpgのサムネール画像

宮崎市出身。武蔵野音楽高校、同大学卒業、同大学院修士課程修了。

ハープを菊池好志子氏、井上久美子氏、マリ=クレール・ジャメ氏に師事。

97年に日本ハープコンクールジュニア部門に最年少で優勝後、99年フランス
リリー・ラスキーヌ国際ハープコンクールジュニア部門第3位、02年ヴェラ・
ドゥーロヴァ国際ハープコンクール(モスクワ)第2位、04年日本ハープコン
クールアドバンス部門第1位、05年同コンクールプロフェッショナル部門
第2位(1位なし)、07年フランス国際ハープコンクール第2位等、受賞歴
多数。スイス、アイルランド世界国際ハープ会議で演奏する等国内外で多才な
活動を行っている。



★リラの会(ハリウッドハープスクール) 

菊池好志子(きくちよしこ)先生主宰のハープ教室。現在会員は約30名で

中学生〜80代まで幅広い年代のハープ愛好者がいる。夏と冬の発表会や、

バレエや管楽器、ボーカルとの共演を企画し毎春コンサートを開催

している。 

リラの会 TEL(0985)31-6104


*リラの会で使用しているハープは日本で唯一のハープ製作会社青山ハープ

の楽器です♪

IMG_1700.JPG  IMG_1701.JPG