都城温泉 (宮崎本物温泉1)

泉質や源泉掛け流しのことを考えれば宮崎のトップレベルの凄い温泉だ!!
都城駅から車で8分ほど
こんな建物かと外観で判断してはいけない
簡素な建物なのに駐車場はかなり広い。これも人気の表れだろう
入泉料の400円を払って行こうとすると,お客さんボディシャンプーを持って行って下さいと
お店のを貸してくれる(常連さんがうるさいのでと、にこっと笑って)
こんな気遣いも暖かい
木と石で作られた浴槽はなんともダイナミックで気持ちが良く,霧島裂火水の水風呂も広くて深い、そしてサウナもひろい
外には温泉の蒸気を利用した木造の蒸し風呂 これもひなびた味わいだ
源泉は2時間足らずですべてのお湯が入れ替わるというほど豊富な湧出量だ
39,8度のナトリウムー炭酸水素塩泉
とろみがあるとよく書かれているが,とろみよりもさっぱり感の方が強いイメージだ
湯上がりのしっとり感もほどよく爽やかである
一番ありがたいのは早朝5時から夜は12時まであいていること
しかも無休だ!
お店の努力にも頭が下がる
また目立つのは温泉の飲料用の水を持って帰る人の多いこと
なるほど ここの水はうまかった
近くにこんな温泉があれば云うことない
都城の機会があればぜひ行って欲しい、街場の希少な5ッ星の温泉である
  都城温泉      ★★★★★
  都城市志比田町5468−1
  0986ー26ー5616 (無休)

太陽エネルギーの飛躍拠点に

宮崎は太陽がシンボルだ
神話のふるさとといわれる宮崎で太陽神(アマテラス)が生まれた
年間晴天率でも全国有数の場所である
日差しのまぶしさ、明るさは観光客もびっくりするほどだ
 
このシンボルといわれる太陽をエネルギー源にする太陽電池工場を
昭和シェル石油が建設することを決定した
日立プラズマディスプレイの宮崎工場を買収し、2011年の稼動開始を目指して
年間90万キロワットの大型の太陽電池工場の建設だ
 
工場が立ち上がった3年後の14年には、世界10%のシェア獲得の目標
そして経常利益の50%にあたる500億円を太陽電池で上げる意気込みだ
太陽電池につながる技術は旧昭和石油が1978年からはじまった
その後合併のあとも培ってきた技術である
 
現在独自開発のCIS太陽電池を宮崎の工場で生産しており一挙に大型工場の建設となる
CIS太陽電池は銅、インジウム、セレンが主成分、従来型の太陽電池と比較しても
原材料の使用量が少なく生産プロセスも半分と低コストである
環境にやさしい次世代型太陽電池として期待されている
現在世界NO1のコスト競争力といわれるアメリカファーストソーラーの太陽電池との
競争にも自信が垣間見える
 

昭和シェル石油の第2位の株主のサウジアラコムと組み、世界規模の拡販をも考えるようだ
まさに海外展開の基盤ともなるマザー工場である
物流も含め本格稼動すると一日トラック100台という量になるらしい
関連産業、港湾、物流の活性化を考えると宮崎の地域活性化の効果は計り知れない
 
外資が相手だけに決定を見るまでの県の方々の苦労も並大抵ではなかったと思う<
/font>
様々なご苦労に拍手を送りたい
宮崎が新エネルギーのフロントランナーとして注目される事になる
との知事のコメントも大きな期待がこめられている
 
地球温暖化防止、政府のCO2 25%削減計画など時代のトレンドも重ねて考えると
宮崎にとって太陽エネルギーの利用開発はまさに宝のテーマだ
新たな成長産業としての太陽エネルギー
その中核ともなる今回の工場誘致決定は宮崎の壮大な夢(ソーラーフロンティア計画)
のスタート地点だと思う

西日本新聞 2009年9月8日

福島祥郎 氏(前オリエンタルランド社長)

講演.jpg

東京ディズニーランドの生みの親、育ての親ともいえる

福島さんを囲む会が宮崎で開催された。
私が10年以上お世話になっている気功の丸山先生が計画されたもの。
私もデザインやパンフレットのご協力をさせていただいた。
福島さんの第一印象は、澄んだ目が素晴らしい。
あれだけの業績を上げたにもかかわらず、ざっくばらんな雰囲気で接していただき
とても楽しいひとときだった。
ディズニーシーやシルク・ドゥ・ソレイユ シアターは構想から十数年かかったそうだ。
私の昨年の12月『ZED』を拝見したが、
今までラスベガスで見たシルク・ドゥ・ソレイユのどのショーより
完成度、エンターテイメント性が高く感銘を受けた。
無限創造をテーマに日々進化してる東京ディズニーリゾート。
そのシンボル的な存在の福島さん
今日は福島さんを囲む会の話の内容を少しだけご紹介したい。

福島さん.jpg
                          気功の丸山先生親子と福島さん
(タイトル)「和の心が魔法を生む」
ある染め物師の話を例に桜の色を出すには桜が咲く寸前の幹を集めて煮出すのだが
植物には周期があって、命を宿しているそのときでないと色が出ない。
人間にも周期がある。今日逸すると命の盛りの色が出なくなってしまう。
人生には転機があって、そのときどきの決断によって決まる。
過去には戻れない。今の自分を大切に生きることが大事である。
経営でも日常でも見えないものの価値が大切になってきている。
見えるものと見えないものの価値が一体となって
東京ディズニーリゾートは人気を博している。
人間の心、行動の本質として、知性・感性・情愛の3つが挙げられる。
そのどれかひとつがよくても欠けても人間としてダメだという。
そういう人がトップにいると組織、チームワークがうまくいかなくなる。
人間の文化は想像によってできてきた。
もてなしの空間、感覚の世界、人と人とのコミュニケーション…
それらが重なりあって喜び、幸福感につながる。
自然的なもの・未知を知る・無垢の愛といった要素を具現化したものが
ディズニーのテーマパークである。
世界のディズニーテーマパークのなかで東京が品質やサービスでNO1
だと言われている
それは日本人の特性からくる物ではないか?
長い伝統、独自の文化を継承している日本人ならではの新しい発想で
改善 をテーマに真摯に取り組んでいく姿勢があるからではないか。
江戸しぐさ の本を良く読むと日本人の特性が良く表れていると思う。
これからの時代は、江戸しぐさの大事さを勉強してもらいたい。
見えない物の大事さが今からの時代のキーワードだ。
福島さんとはそのあとゆっくり話をしたり食事もご一緒したが
すべてに好奇心旺盛でとても若くピュアーなところがなんとも魅力的である
淡い色のスーツがとても似合っていてお聞きしたところによると、仕立ててはじめて
着用されたとのこと
こんな色をさりげなく着こなすおしゃれさはさすがである!
版画も趣味でされているという。
江戸しぐさの話は、興味深いので勉強して、また次の機会に紹介したいと考えている。
またご覧になっていない方がいらっしゃればぜひ…。
シルク・ドゥ・ソレイユ『ZED』

うるし屋(綾)

片伯部雄人

縄文漆器.jpg
昔は『兼高かおる 世界の旅』のスタッフの一員として世界70カ国以上を旅した。
その後、宮崎へ帰り、映像の仕事をしていたが、再度東京へ。
『ふるさと紀行』の演出をやりながら、漆との出会いがあったようだ。
そして8年前、綾に移り住んで「漆」のなかに自分自身を探し求める旅をしている。
私も昔からのおつきあいで宮崎の観光番組をシリーズで製作していただいたこともある。
うるし屋店内.jpg
縄文漆器といわれるお椀の素材は綿ロープ。
ロープを巻き重ねて造形し、漆を吸わせ固め、
その上から漆を何度も塗りつける。
ごしごしと洗っても大丈夫というジーパン感覚のお椀はとても今風である。
竹コップ.jpg
孟宗竹の素材に漆を重ね塗って仕上げた竹コップは
熱が伝わりにくいので、お湯割りでもロックでも最適。
末永く愛用できるようだ。
今日、お邪魔したら、箸をつくりませんか?とカヤの素材を用意していただいた。
箸つくりキット.jpg
1本のカヤの細木の両サイドをカンナで細くしながら全体を削っていく。
仕上げはサンドペーパーで。
手のひら+3.5cmがその人の箸の長さだという。
それを測って両サイドを切ると箸が出来上がる。
これを片伯部氏が漆を塗って仕上げて送ってくれる。
箸つくり.jpg
親子の体験にはもってこいだ。我々もいつの間にか夢中になってしまった。
綾の吊り橋を見て、片伯部さんのところで箸をつくる…これを
綾のハシからハシまでツアーというそうである。
ぜひ、興味がある方はのぞいて欲しい。
箸.jpg


うるし屋
〒880-1303
宮崎県東諸県郡綾町入野597
TEL・FAX 0985-30-7881

古嶋(綾)

綾の馬車公苑から案内板を便りに野菜畑の路地を何回か曲がってたどり着く。

表は普通の民家のイメージだ。
このお店はマクロビのお店。
奥さんは建築関係の仕事をいしていたらしい。ご主人は板前さん。
6年前にオープンして口コミで拡がっていったようだ。
栗ご飯.jpg
あまり期待はしていなかったが、到着時間に合わせて
土鍋で栗ご飯を炊いて待ってていただいた。
なんとあったかいおもてなし、である
シソジュース、ごま豆腐、大豆グルテンのチキン南蛮とサラダ
ピーマンときのこの味噌炒め、あっと驚くゴボウのウナギ風、そして焼き茄子の味噌汁。
御膳.jpg
見た目も美しく、食べても美味。
大豆グルテンのチキン南蛮も美味しかったが、
ウナギの柳川風に見立てたゴボウの味は一級品。
聞けばやっぱりここの名物料理だという。
柳川風.jpg
野菜や果物の農園に囲まれた綾のやすらぐ精進料理のお店 古嶋。
「食して健やかに」をモットーに綾の地産地消を地でいくお店。おすすめである。
美菜食膳 古嶋
宮崎県東諸県郡綾町北俣2363
TEL 0985-77-0925(予約制)

花堂純次(映画監督)

花堂さん.jpg

花堂さんは、去年宮崎文化本舗の石田さんの紹介でお会いしたのが最初である。

スポレク開会式の構想を話して協力して欲しいと要請したところ
即座に地元に恩返しできればと快諾していただいた。
ざっくばらんな人柄でお酒も強く、なんといってもバランス感覚が素晴らしい。
私は第一印象で仕事のパートナーを決めてしまうと言っても過言ではないが
花堂さんと会った瞬間に一緒にやろうと決めてしまった
世界放浪をされたせいかスピリチュアルな側面があるところも肌が合う
そして業界でもまれた垢みたいなものが全くなく、とてもピュアーな心も気持ちよい
小さいときは色弱というコンプレックスがあったという。
宮崎南高校時代は、映画研究会の部長を1年からやり、弓道部部長もやっていたという。
指揮者、ギタリストなどのいろんな夢を描き破れ
最終的に高校3年生で映画の道に進もうと決意。
日大の芸術学部、映画学科に進学。
大学3年生で映画の現場に出て、すぐにAV映画の助監督に(笑)…
24歳のとき、勉強のために自ら降板。
そして29歳で監督デビュー。
テレビ界でも大きな話題となった『愛の嵐』シリーズで一躍脚光を浴びる。
昼ドラだと先が見えている、と思い、2度目のリセット。
フジテレビのプロデューサー補佐を1年やり、ゴールデンタイムのチャンスを得る。
1991年 TV『ホテルウーマン』沢口靖子
1997年 TV『失楽園』川島なお美 古谷一行
などの話題作で時の人となる。
この頃、自分の仕事の価値が見えなくなっていったという。
果たしてこんな生き方で良いのか………。
花堂のやりたいことはなんなのか………。
35歳で3度目のリセットを行い、世界放浪 自分探しの旅へ。
インド、アメリカのネイティブインディアンとの暮らしを通じて
自らを再度見つめ直した。
その頃、自分自身の色がグリーンだと教えられたという。
グリーンは癒しや調和を表す。
それから花堂氏の髪の色はグリーンにしているそうだ。
帰国後、監督としてTV、映画で精力的に活動。
2000年  TV  『永遠の仔』第18回全日本TV製作者連盟テレビドラマ部門最優秀賞
2001年  映画  『羊の歌』小栗旬 主演
2005年  映画  『不良少年の夢』あのヤンキー先生が主人公 松山ケンイチ 主演
2007年  映画  『あなたを忘れない』 
         日韓合作映画 アーキー、竹中直人 さまざまな賞を受賞
2007年 WOWOW『孤独の歌声』天童荒太 原作
「出会うこと、それはなにかのメッセージを自分に伝えている

人、旅、あるいは本屋でふっととってみた本

自然体で出会ったものは必ず自分になにかのメッセージを伝えている」という。
まさに花堂さんの生き方は3度のリセットで生まれた自然体の人生であろう
今まで、花堂さんや、演出、舞台監督と話を詰めながら
スポレク開会式の企画もやっと固まってきた。
今までにない楽しさ、ふれあいを考えて演出を考えている。
ぜひ10月17日宮崎県総合運動公園の陸上競技場で開催されるスポレク開会式を楽しみにしていただきたい。
希望の方は観覧が可能のようだ
また花堂さんにはスポレクの演出だけではなく、一番得意の映像などにもご協力いただいている。
私の刺激的な仕事仲間、飲み仲間になっていただいていて、これからも永いおつきあいを
させていただきたいと思っている。

96時間

久しぶりの豪速球映画を堪能した!
スリリングなサスペンスアクションに父親の愛というスパイスが
劇的効果を生んでいる。
主人公のリーアム・ニーソンのおさえたクールさも渋くていい。
リュック・ベッソンが製作・脚本を手がけ、ピエール・モレルが監督。
アメリカで初登場1位。なんと140億円以上の興行収入となった話題作である。
映画を見始めた瞬間からスピード感あふれる展開にどんどん引きずり込まれていく。
誘拐された愛する子どもを救うために立ち上がる父親。
ストーリーはシンプルなのだが、なぜか予想を越えたスピード感と
リーアム・ニーソンの暴れっぷりにとんでもなくはまってしまう。
暴れ方も現実的なアクションの連続で軽さがなく重量感と安定感がある。
映画の醍醐味と人生、そして男としての生き方を自問自答しながら見て欲しい。
ジェットコースター並みの爽快感が味わえます。
アメリカで大ヒット中の3月に妻のナターシャ・リチャードソンが
カナダでスキー中に事故で亡くなった。
最近久しぶりに出席したプレミア試写会で、
あなたにとって天国とは…との質問に
「2人の息子と過ごすこと」そして「その瞬間を生きること」と答えたという…。
こんなリーアム・ニーソンの現実の父親像とだぶらせてこの映画を見て欲しい。

みやざきみなとまつり2009 報告

みなとまつりロゴ.jpg

2009年8月29日。みやざきみなとまつり本番。

心配された天気もなんとか晴れて当日を迎えた。




ヨット、カーフェリー、巡視船はやと
体験航海が無事に終了し、
ヨット船出.jpg ヨット.jpg 
ヨット
カーフェリー.jpg カーフェリーの人々.jpg 
カーフェリー
はやと.jpg  
かみたかアップ.jpg かみたか飛ぶ.jpg
巡視船はやと
地引網の体験ではアジ、コノシロ、カサゴ、イカ、タコなどが捕れ、
子どもたちには良い体験になった。
 
      jibikiami1.jpg 地引き網間近.jpg

その上おみやげに、とれたての2kg級のハマチまで。参加者は大喜びだった。


おみやげ.jpg


夕方5時からのビーチステージでは、宮崎港小学校のかわいらしく勇壮な子ども獅子舞。

                kodomoshishimai.JPG


アロハ フラ コールズのハワイアン、フラ スタジオ イリアヒの華やかなフラダンス等々

みなさん大喜び。

       fla-dance.jpg IMG_0387.JPG


6時からのセレモニーでは、田北実行委員長と井上宮崎副市長にあいさつをして頂いた。


aisatu.JPG

その後、花火を合図に響座のダイナミックで熱気あふれるステージがスタート。

         IMG_0405.JPG 

IMG_0426.JPG


グラスグラウンドのジャズの心地よい音楽、江田神社江田神楽

吉村八幡神社 獅子の会の伝統芸能、

colenani(コレナニ)の力強いアフリカンパーカッションのリズム。

和洋ミックスの楽しいステージに拍手喝采だった。


           IMG_0504.JPGのサムネール画像 IMG_0359.JPG

        IMG_0488.JPGのサムネール画像 yoshimurahachiman1.jpg

夕方も6時を過ぎる頃になると、急激に来場者が増え始め、

いつのまにか物産会場にはどの店にも長い列が。。。
日が暮れ始めたビーチステージは、かがり火と音楽と砂浜と海……
なんとも南国ムード漂う雰囲気あるロケーションとなった。
イオンモールからの無料シャトルバスはピーク時には乗りきれず、
花火を見ようと歩いて会場まで来られた方もいらっしゃったようだ。
その最後の復活みなと花火は、全員が美しい花火のシャワーに感動していた。
        花火1.jpg 
観客は14,600人。
100名を越えたボランティアの皆さん、国や県、警察をはじめ
さまざまな協力企業・団体に感謝を申し上げたい。
田北実行委員長をはじめ、まつりを成功に導いてくれた実行委員会のみなさん、
本当にお疲れさまでした!!
まつりの人々.jpg