もくもくファームとゲシュマック

日本の農業や畜産の関係者の中で知らない人がいない
そして関係者の誰もがが目標にしているところが三重県の伊賀の里 もくもくファームだろう
 
1983年8月 伊賀豚誕生 
1987年4月 伊賀の養豚農家を中心に ハム工房もくもく を設立
1989年4月 手作りウィンナー教室をスタート
1995年7月 もくもく手作りファームオープン
2001年5月 国際食肉業組合ハム・ソーセージコンテスト 金賞6個受賞
 
それからの活躍は皆さんご存知の通りだ
グリーンツーリズム大賞
ビールでも国際コンクール金賞
ハム・ソーセージでも金賞9個など輝かしい足跡だ
2008年には名古屋駅タワーに
元気になる農業レストランモクモクをオープンした
週末の夜には店内でコンサートのライブも楽しめる
伺ったときも行列だった
 

農業という視点で新しい観光を創出
地域活性化の点でも高い評価を得ていて
アグリツーリズムのさきがけとして絶えず挑戦している姿は
全国の農畜産業関係者の方々に大きな勇気を与えている
 

さて宮崎県でも同じような取り組みがすこしづつ成果を上げつつある
川南町で養豚業 第1ファームの山道社長が
百年の孤独で有名な黒木本店特製の焼酎もろみ生菌発酵飼料を使用し
作り上げたのがあじ豚だ
 
この飼料は発酵菌、乳酸菌、納豆菌などが含まれ様々な効果を生み出す
① 動物の体調を整え発育能力を自然に導く
② 抗菌物質の産出 有害物質の抑制効果
③ 消化酵素の生産とビタミンとの合成
④ 免疫の増強作用
 
あじ豚は2年間の生菌飼料により
豚がより健康になり肉が一段と柔らかくなった
そして2009年秋 天皇賞を受賞した
 
2006年にはハム・ソーセージ工房 ゲシュマック をオープン
IMG_1562.JPG
ドイツでの国際コンクール受賞などファン層も徐々に増えてきている
ゲシュマックではあじ豚やソーセージ販売だけではなくレストランも併設
ブレドールヒロの焼き立てパンも買うことが出来る
惣菜も充実しコロッケ80円、メンチカツ80円 肉巻き180円など
手ごろな安い価格でテイクアウトも可能だ
IMG_1567.JPG   IMG_1566.JPG

まだ規模は小さいが
まさに宮崎版 もくもくファームだ
長期的にも農業と観光の両立を目指して頑張って欲しい 
地域活性化の期待の星だ
 
 

ニューヨーク・アイラブユー

2009年アメリカ・フランス合作映画
 
ニューヨークを舞台に10人の監督が愛をテーマに描き
11人目の監督がそれらを有機的につないだのがこの作品
 
ニューヨークで暮らす様々な民族が出会う様々なときめき
全編を通しておしゃれな感性がキラリと光る
クールな大人向けの映画だ
 
日本からは岩井俊二監督が参加
オーランド・ブルームとクリスチーナ・リッチ
仕事上のつながりしかない男女の携帯を通してのコミュニケーションを
軽妙なタッチで描いている
 
私からみた印象的な作品は
昔のオペラ歌手と若いホテルマンとの会話
それから車椅子の若い女性の話
この車椅子の作品はあっと驚くエンディングの爽快感が極め付きだ
 
俳優陣も豪華な顔ぶれ
オーランド・ブルーム
ナタリー・ポートマン
アンディ・ガルシア
シャイア・ラブーフ などなど・・・・
 
ちょっぴりゴージャスな愛のミニ懐石
最近少し愛が足りないと感じている人はこの映画で補給してください
期待を裏切る予想外の愛の形もまたいいものです
 
11人の監督をもう少し勉強して見れば
それぞれの監督の遊び心やこだわりなどが色々と発見でき
より以上に楽しめる映画なのかもしれない
監督は
第1話 チアンウェン
第3話 岩井俊二
第4、10話 イヴァンアタル
第8話 ナタリーポートマン
エンディング ランディパルスマイヤー等々
さりげない言葉、音楽
ストーリーに秘められた深さなど
何年かして再度見たくなる映画だ!!

放送局のネット動画配信事業

放送局は広告収入の減少など相変わらず厳しい環境が続いている
そんな中で番組やコンテンツなど豊富な財産を生かせる
動画配信事業は放送外収益の拡大のメインとなる
 
ただ現状は予想以上の厳しい見通しだ
 
動画配信サービス NHKオンデマンドは2008年12月にスタートしたが
2009年11月までに売り上げは2億1000万ぐらいだと言う
当初計画は23億円と言うのだから10分の一と言う少なさだ
登録人数はほぼ予定通りの25万6000人
NHKは価格設定の見直しも含めて再調整を図っている
 
電通と在京5社のテレビ局、3社の広告会社が
3月23日インターネットを通じて動画配信するサービスをプレゼントキャストで始めた
プレゼントキャストは先ほどの会社が出資
電通3億、在京5社10億(2億×5社) 広告3社3億
4月3日に設立予定だ 
当初の社員の規模は20名ほどになるようだ
民放の持つ豊富なコンテンツ、地方局のコンテンツまでも含めた
民放とメインの広告会社の総力を結集したネット配信事業だ
7000本の有料と無料の動画配信、NTTドコモとの連携
そして6月開催のワールドカップの動画配信などで100万人と言う圧倒的な会員増を狙う
ほかの動画配信サイトの差別化は
インターネットで楽しめるテレビとして
テレビ放送へ誘導するためのガイド的役割と位置づけている
 
こんな中で大きなニュースが3月25日日本経済新聞に載った
ヤフー子会社の動画配信サイトGyaOにTBS,テレビ朝日が7%、テレビ東京が4%
電通7%、博報堂メディアDYパートナーズ3%出資しヤフーからGyaO株を取得する
取得株数の総額は6億円だと言われる
GyaOには現在日本テレビ、フジテレビが7%ずつ出資をしている
GyaOは平成9年4月にヤフーの連結子会社になり12月には単独黒字を達成した
また2月4日にはNTT東日本とも連携をし映像を提供する
GyaOの2月月間利用者は1040万人とYOUTUBEに次ぐ規模
広告や番組収入はGyaOと民放が分け合う
日本NO1のポータルサイト ヤフーとの連携で事業拡大を目指すとしている
 

ネットでどうテレビメディアが展開していくか、いままでばらばらだったが

これでやっとテレビ局、広告会社の足並みが揃った
日本のテレビメディア連合軍はヤフーグループと連携をする
たぶんローカルの地方局も足並みをそろえるだろう
しかも世界で初めての試みだ
テレビメディアの存亡を賭けたネットでの戦いがスタートした
 
ただ動画配信の市場規模は予想以上にまだ小さい
無料動画に慣れ親しんできた視聴者が有料視聴への抵抗感をなくす日はいつなのか?
 
テレビ朝日買収問題で孫正義氏が日本中のマスコミに叩かれたのは何年前だろう
今までテレビメディアはネット会社からの提案に断固拒否を続けた
そんなことを考えると
今回のテレビメディア在京全局とヤフーグループとの連携は感慨深いものがある
マスコミから叩かれた孫正義氏に
いつの間にかテレビ局が大きく包み込まれているのだから・・・
 
 

麺ごころ にし平

現在、宮崎で一番勢いがある讃岐うどんはと言うと
麺ごごろ にし平 が出色だ
 
場所は宮崎エースレーンのそば、カリーノ駐車場の裏手にある
 
お店に入ると目の前は麺を打つところ
カウンターとテーブル席、奥は座敷もある
IMG_1884.JPG 
厳選された素材 『さぬきの夢2000』 は香川県のうどん用小麦、これと国内産の小麦をオリジナルブレンドして使用して
もちもちと食感の良いうどんを食べさせてくれる
だしの素材にもこだわりがある
北海道産の昆布、瀬戸内のいりこ、国内産の削り節と本節
化学調味料は一切使っていない

ご主人は童顔でボーイソプラノの声もかわいいが
うどんを打ち出すと顔が引き締まる
タンタンタンとリズミカルな麺を切る音が心地よい
期待感もおのずと盛り上がる
 
私が一番好きなのがオーソドックスなぶっかけおろし(500円)
さぬき名物のお醤油豆も付いている
つるんつるんとのど越しまでおいしい
名物とり天おろし(700円)もさっぱりとしてうまい
とり天だけではなく野菜天も入っていてボリューム満点だ
IMG_1887.JPG  IMG_1886.JPG 
ここには讃岐おでんもある
味噌をつけて食べるおでんで、これだとお酒が飲みたくなる
 
こんなことを考えていると
天神の繁盛している うどん居酒屋を思い出した
業界人も数多く通う つきよし だ
ホテルオークラの裏の道路の対面の路地を少し入ったところにある
つまみの一品料理も多く
旨い、安い、早いの3拍子揃ったお店だ
もちろん締めはうどんである
 
夕方はにし平もこのお店をモデルに少しアレンジして展開していただくと
面白いとも思うのだが
そして旨い日本酒も置いていただくと言うこと無い・・・・
 
お店で優しく見守ってくれている奥さんと
讃岐うどんに命をかける
若いご主人の限りない可能性に期待をしたい!!
IMG_1888.JPG  IMG_1889.JPG 
麺ごごろ にし平 
           宮崎市高千穂通1丁目3−38
     0985−20−2481
 
つきよし 福岡市博多区須崎町5−7
     092−282−4030

李白酒造 田中竹次郎社長 御逝去

返す返すも残念だ!
平成22年3月13日李白酒造社長 田中竹次郎氏 御逝去
の報に接し愕然とした
 
日本酒業界の重鎮のお一人であり、なによりも
日本酒を世界にと 様々なさきがけの努力をされていた方である
宮崎の大吟醸を楽しむ会には12年前の最初から参加いただき
ご夫婦共々も宮崎ファンになっていただき
宮崎の大吟醸を楽しむ会が発展する礎を築いていただいた人でもある
rihaku3.jpg 
田中竹次郎社長の存在はあまりにも大きかった
 
いつも自筆のご丁重な手紙や葉書など
気配り、心配りなど 人生の師として心から尊敬をしていた方だ
人間としての深み、人生の考え方を常に勉強させていただいた
 
葬儀が私の都合でいけなかったため、急遽遅ればせながら松江に
お伺いした
IMG_2006.JPG IMG_2005.JPG

奥様の由美子さん、専務夫婦が出迎えていただいた
ここ2〜3年 田中社長のお顔を見るたび
少しずつ体が小さくなっている気がして心配だった
奥様の由美子さんの話によると
4年前の6月に肺がんとわかり10月に手術
その後経過も良かったようだが昨年転移が確認され
1月に入院されたが・・・・・・
今年までは宮崎に行けるかなと2人で話してたのですが・・・
との言葉に涙・・・・・
 
4年前に蔵に宮崎の皆さんと遊びに行ったとき
息子さんは帰ってきたばかり
まだまだですよと言いながら嬉しそうに話す田中社長の顔が素敵だった
そんな息子さんも専務になられ、昨年ご結婚され
よりたくましくなられたようだ
 
蔵は休日と言うのにお客さんが多い
これもNHKドラマ『だんだん』のモデル蔵という事もあるのだろう
ひっきりなしにお見えになる
蔵の上から田中社長のニコニコと笑っている顔が
見えたような気がした
 
帰ったら田中社長を偲びつつ
私の好きな大吟醸 『月下独酌』 を飲むこことしよう
 
田中竹次郎社長
病との闘い
本当にお疲れ様でした
天国で安らかにお眠りください・・・・  合掌
 

日本のハブ空港

世界から見ても
いつの間にか日本の空港の存在感がなくなってきている
 
世界の空港ランキングは2008年の国際空港協議会調査によると
 
                     (旅客者数万人) (貨物量万トン)
1  ヒースロー (イギリス)          6134      139
2  シャルル・ド・ゴール (フランス)     5582      201
3  スキポール  (オランダ)        4734      156
4  香港 (中国)            4714      362
5  フランクフルト (ドイツ)         4670      196
6  ドバイ (UAE)                   3659      174
7  チャンギ (シンガポール)        3628      185
8  成田  (日本)          3232       205
9  ガトウィック  (イギリス)        3043      10
10 スワンナプーム  (タイ)      3010      114 
    インチョン  (韓国)       2956      238
    北京    (中国)       1339       63
    上海    (中国)        1149      191
    関西    (日本)        1044      75
 
驚くほどの実力低下にあきれるほどだ
関空にいたってはアジアにおける各国の空港にほぼすべて抜かれてしまった
成田もいつの間にか8位
貨物量では圧倒的にインチョン(世界第2位)においこされてしまった
前原大臣がぶち上げた羽田ハブ化構想も使用者目線では当然のことだ
 
宮崎から海外を考えた場合
羽田経由成田、あるいは伊丹経由関空が多くなるが
アクセスや乗換え、前後泊など考えるだけで気が重くなる
近い福岡もJAL便だけなので接続があまりうまく行かない
週3便のアシアナ便がある宮崎県はアシアナを利用してインチョン経由で
世界へどうぞと推奨している
 
インチョン空港は世界の127都市と路線を持つ(日本の空港とは26都市)
対する成田は世界93都市だ
これだけではない
インチョン空港の着陸料は成田の6分の一、24時間営業などで着実に力を増している
しかも新規就航便1年間着陸料無料などのキャンペーンも張っている 
シンガポールのチャンギ空港は格安使用できるターミナルも完成した
タイのスワンナプーム空港は巨大で地下鉄が完成すると乗客ももっと増える
北京、上海も近い将来、成田のライバルになるのは確実だ
 
日本の空港は負けるべきして負けているのが現状だ
需要予測を上回ったのは8空港のみ
需要予測を策定する財団は国交省からの天下り組みが多いとも聞く
日本の空港整備は内向きの調整に明け暮れ、振り回され
地元の要請と言う大義名分の下
需要が見込めない多くのローカル空港を作り
それに伴う航空キャリアの体力低下も逆に推進したのである
 
日本の経済力に胡坐をかき
世界のトレンドを見誤った航空行政は明確に空港ランキングに現れている
 
沈まぬ太陽ならぬ沈まぬ空港にするためにも
消費者目線に立った大胆な施策が必要だ
まずは羽田の補強と大胆なアクセスインフラの充実が第一だ
羽田ー品川新幹線構想、羽田ー成田アクセス60分のエキスプレスなど
そして関西は橋下知事の言っている伊丹ー関空リニア構想など
あるいは北海道、九州のサブ的なハブ空港など
期限を切っての需要の少ない地方空港の削減なども含め
国や民間が一体となった選択と集中の施策とスピードが待った無しで必要だ
日本はアジアにおけるハブ空港の地位を死守しなければ
世界における日本の経済発展の未来も無いと考えるのは私だけでは無いだろう
 
 

発酵仮面 小泉武夫氏 宮崎に現る!

味覚人飛行物体 小泉武夫氏が3月13日宮崎にやってきた
今回の講演タイトルは
『天下無敵の干したくあん』だ!
IMG_1929.JPG 
小泉武夫氏は1943年生まれ
東京農大教授で農学博士であり
発酵にかけては世界中を飛びまわって日夜研究していると言う
不思議で面白い人だ
日本経済新聞の毎週木曜日連載中のの『食あれば楽あり』は
もう16年になるようで、この記事で小泉ワールドにはまった人も
数多いと思う
私もその一人であるが・・・・
 
日本人の食生活はここ40年間で大きく変化した
肉や脂の消費量が4倍になった
40年間と言う民族からいえば短い期間で食の生活を激変させた
民族は日本人ぐらいだ
ある意味、草食動物が肉食動物に一夜にして変化したようなものだ
急激な変化は体のみならず心も変えてしまう
成人病の急増、心の激昂などがいい事例だ
民族の食事は元来保守的なものでなければならず
この急激な変化が民族の長い間の食習慣により固定されてきた
心と体の安寧が突然の変化によって瓦解し始め、ついには心も体も
その状態についていけなくなったためだろうと言われている
 
和食の代表ともいえるのが干したくあん
干したくあんの植物繊維は生大根の3倍にもなるようだ
食べれば食べるほど腸が綺麗になり便秘を防ぐことが出来るそうだ
人間の免疫力の80%は腸で作られる
IMG_1928.JPG 
たくあんは噛まないと食べられないが噛むということが大事
赤ちゃんは飲むから始めて噛むに移行する
噛むことで特殊な唾液が出てくる
この唾液に免疫力があることがわかった
噛む事が脳を発達させる
噛むことが多い人ほど認知症になりにくいと言う結果も出ているようだ
 
日本の健康平均寿命の日本一は奄美大島
この人達の食べるものを調べたら6種類しか食べていない
1 根茎 (サツマイモ、大根、人参、ごぼうなど)
2 菜っ葉
3 果物
4 豆
5 魚
6 海藻
奄美大島ではサツマイモをたくさん食べる
根茎(土の中で成長するもの)が一番大事
根茎はコレステロールを低下させ、免疫力を強化させる
 
香りを勉強する学問に香道がある
香道では色んな香りをかいで休憩と脳を癒すのに漬物を使ったのだと言う
漬物を御香々(おこうこ)と言うのはそこから生まれているらしい
 
小泉ワールドの奇想天外さはそこから
質問でキャビアック(アザラシの塩辛)の話になると
話が止まらなくなり・・・・
時間終了で司会者から打ち止めの合図を
小泉武夫氏苦笑い
天下無敵の干したくあんと発酵仮面、とても愉快で有意義な
ひとときであった
IMG_1927.JPG 
是非フランスのサルコジ大統領やアグネスチャンなどとともに食の世界遺産を
成立させてほしい!!

TORISARA(宮崎・タイ料理)

タイのバンコクは私の好きな町のひとつだ
活気と賑わいを見ていると30年前の日本を
思い出す
東南アジアでもシンボル的なショッピングモールパラゴンの
規模と賑わいはまさに圧倒される
街の中でもゆっくりリゾート気分を味わうことが出来るホテル
さらに物価の安さ、果物の美味しさなど魅力がいっぱいだ
そしてタイ料理のスパイシーな旨さが一段と魅力を引きたてる
 
さて宮崎にも本格的なタイ料理のお店ができたらしい
宮崎市の青空市場の一角にTORISARAがある
近くにあるのにほとんど気が付かなかった
以前ここは、カフェバーのお店だったと思う
デザイナーの出水君に薦められて今日は3人でやってきた
 
一日2日酔いだったので
まず最初の飲み物はレッドアイ
ビールとトマトジュースを混ぜた体に優しい飲み物だ
見た目にも綺麗でのど越しもソフト
IMG_1895.JPG 
料理はサラダ、トムヤムクン、青菜炒め、パッタイ
などを頼む
 
サラダは刺激的なスパイシーさで脳の食感を呼び覚ます
IMG_1896.JPG 
次にタイ料理の代表的な一品 トムヤムクン
本場タイにも引けを取らない本格的な味で奥が深い味だ
うまい! 
ココナッツミルクと様々な味が混ざり合いいい感じで仕上がっている
容器もタイ風でエキゾチックな気分になる
IMG_1898.JPG 
青菜炒め
ナンプラーとパクチー、レモンの味がミックスして
程よい濃いさ
 
タイ料理のポイントは辛い、甘い、すっぱい、しょっぱいの4つの味が
複雑に絡み合い
ナンプラー、パクチー、ライム、唐辛子、ココナッツミルクなど
ハーブやスパイスの香りがミックスされた味だ
宮崎で食べるパクチーは本場よりソフトで
食べやすいのだがパンチに欠けている気がする
ライムは宮崎の場合はレモンになるのはしょうがないか・・
 
飲み物はこの頃から焼酎へ
タイ料理は焼酎とよくあう
南国料理のスパイシーさは焼酎の辛さで口を洗う感覚が合うのだと思う
 
最後はパッタイ
タイのやきそばだ
今日は米粉の麺のようだ
これもさっぱりして箸が進む
IMG_1900.JPG 
オーナーシェフの星野さんは
クルンテープなどで修行をして1年前にここで開店されたようだ
インテリアもどっしりとして落ち着く
特にテーブルと椅子がいい
IMG_1901.JPG 
3人で程よく食べて飲んで8000円ほど
居酒屋値段でタイ料理が楽しめるとは・・・・・・
宮崎に本格的なタイ料理のお店がなかっただけに
あったかく見守ってあげたいお店だ
今度はグリーンカレーを食べるのが楽しみだ
 
〒880−0001
宮崎市橘通西2丁目7−7
電話 0985−27−0456 

高千穂神社

高千穂は私が色々な事業を行ったところでもあり
たくさんの思い出があるところだ
TR高千穂鉄道のキャンペーン、服部克久氏をメインにしての高千穂音楽祭
そして宗次郎が高千穂の土で作ったオカリナを吹いた全国野鳥保護の集い
などなど、神話のふるさと高千穂を舞台に様々な地域活性化のイベントを行ったところだ
お陰でほかの人より高千穂に対する思いは強いと思っている
そんな私がスピリチュアルスポットとして大事にしている場所が高千穂神社だ
高千穂ならではの神々しい気を全身で浴びていると
じんわり心と体が癒されていく
 
高千穂神社は11代天皇 垂仁天皇の時代の創建で1800年前と言われている
高千穂88社の総社として地元の人に親しまれてきた
主祭神は高千穂皇神(日向神話の神様の総称と
十社大明神 神武天皇の兄 三毛入野命(ミヌケノミコト)など9神の総称
IMG_1382.JPG 
鎌倉幕府を開いた源頼朝は畠山重忠を代表とする天下泰平の祈願をし
皇室発祥の聖地に対する尊皇のまことを表した
このときに送られたのが鉄造の柏犬一対(国の重要無形文化財)
またお手植えされた杉は秩父杉と言われ樹齢800年になっている
IMG_1386.JPGのサムネール画像 
境内にある夫婦杉は聳え立つ大杉で根元は一つ
夫婦が手をつないで三周すると夫婦円満、家内安全、子孫繁栄の3つの願いがかなうとされている
IMG_1385.JPG 
後藤宮司は高千穂神楽のヨーロッパ公演を2度実現されたかたで
『神と神楽の森に生きる』 『神棲む森の思想』 などの著書もあり
人間が自然と共生する思想の大切さを柔らかなわかりやすい表現で展開している
機会があればこの本も一読されると高千穂に対する深さが増すと思われる
 
町の中にありながら静かで荘厳なたたずまいをもっている高千穂神社
一度是非出かけて欲しい神社だ
 

『村松』24金フルート

宮崎在住のフルート奏者 桐原直子先生は
宮崎を代表する音楽家の一人で
音楽で地域の活性化に積極的に取り組んでいらっしゃる
またNHKで4年間、FM宮崎で16年間ラジオ番組を続けている
番組名は音楽の森
毎回色んなテーマで桐原さんの知的で軽妙なトークとクラッシックの名曲でつづる
番組。日曜の朝放送(8:00〜8:50)ということもあり
ゆっくりくつろいで聞けるクラシックの人気番組だ
そんな桐原さんは宮崎笛の会を主催され後進の指導や育成にも
力を入れている
 
さて今回、宮崎笛の会の公開講座にウィーン国立音楽大学教授であり
フォルクスオーパー主席フルート奏者のハンスゲオルク・シュマイザー教授をお招きされた
相当以前にアイザックスターン氏の公開講座に出かけ、スターン氏の情熱あふれる
レッスンに感銘を受けたことがある
そんなことから世界の一流フルート奏者の公開レッスンに門外漢の私も興味本位でのこのこ出かけていった
IMG_1863.JPG 
通訳は6年間ウィーンに音楽留学をした戸髙美穂さん
何もしゃべれずにウィーンに行っただけに1年間はほとんど何もできなかったと言う
しかし人間頑張れば言葉はどうにでもなる
戸高さんの通訳はまるで同時通訳なみだ
またシュマイザー教授は彼女のフルートの先生でもあったようだ

シュマイザー教授が持つのが日本のフルートメーカー 『村松』の24金フルート
『村松』はオーストリア、日本のフルートの7〜8割をシェアを持つトップメーカー
こんなことの裏には、いい意味で小澤征爾氏の影響もかなりあるようだ
このフルート1000万もするようでしかも重い
吹くにもかなり体力がいるフルートらしい
もちろん桐原先生も戸高美穂さんも『村松』のフルートだ
 
じっとシュマイザー教授の指導を見る
のどが締まっている、姿勢などの的確で厳しいアドバイス
時には音楽の知識のレクチャーも・・・・
吹き方が違うと自分で吹いてこのようにと・・・・
シュマイザー教授の情熱もさることながら、口びるの使い方が特徴的だ
上唇と下唇の使い方が微妙にずれる
彼の音色が情熱的でありながらも優雅と言われるのはこんなことも
理由の一つかもしれない
IMG_1864.JPG 
シュマイザー教授の音楽とは・・・音楽家とは・・・
音楽とは言葉であり、音楽家は作品をきちんと理解し
そこに書いてあること、または見えないけれど中に含まれている作曲家の感情や
物語を聴衆に伝える役割がある
とても心に響く言葉であった
 
宮崎の気候、人、食事を気に入られたようで
近い将来是非宮崎に来たいと言われていたようでとてもうれしい
 
桐原先生はネットワークの広さゆえに
日本国内や世界から様々なコンサートの依頼などが来る
彼女なりのセレクトで年間多くのコンサートをされているが
その苦労は並大抵のことではない
それでも桐原先生は涼しい顔で我々に影の苦労を感じさせることは無い
そんな潔さがまた素敵でもある