みやざきみなとまつり2010

7月27日午前0時
ライトアップされた宮崎県庁
その県庁前で口蹄疫非常事態解除の宣言を宮崎県知事が
行なった
長い長い3ヶ月であった
 
そしてこのまま経過するとすべての牛、豚の残存物の処理が終わる
8月27日が口蹄疫終息宣言となる
 
ほかの事業が9月に延期を発表する中
みなと祭の実行委員長の黒木会長(宮崎カーフェリー社長)と田北副会長がぎりぎりまで粘り腰で
頑張りようやく7月28日記者発表を行うことができた

みやざきみなとまつりは8月28日開催 
口蹄疫収束後の宮崎で初めての地域活性化の大きな祭になる
実行委員会や企画のメンバーは
何とか夏休み最後の土曜日は家族で海を体験させてあげたい
そして港の花火で喜んで欲しいと願うばかり
宮崎牛の振る舞いを 1000人に無料で・・・
みなと花火は昨年の2倍の規模に
体験航海は1600人と大幅アップ
宮崎の元気復活のキックオフイベントになれればいいと考えている
詳しくはHPで・・・ 
 
ポスターデザインは2ヶ月前から話し合いを開始・・・・・
ある意味、口蹄疫のピークのときだった
今思えば、やれるかどうかわからない局面での始動だった
昨年ポスターが大好評だったと言うこともあり
昨年の同じスタッフでミーティングを行なった
宮崎のみんなに元気を与えるようなポスター
そして復活の息吹などを感じることが出来るもの
江田神社のアマテラス、スサノオノミコト、ツキヨミの3人の神様
そして知事、市長をはじめ黒木会長、田北副会長、司会のジェイミー
たくさんの口蹄疫被害になった牛、豚も登場して
宮崎の元気は海から復活でキーワードも決めた
混沌とした中から宮崎の新しい様々なエネルギーがマグマのように吹き出してくる
そんなイメージで作成した
いろんな注文を2人には出したが気持ちよく応えてくれて
今年も楽しいポスターになった
ポスター.jpg 
イラスト       日高亜矢
アートディレクター  出水洋一郎
プロデューサー    満元英明
 

iv style="color: rgb(0, 0, 0); font-family: Helvetica; font-size: medium; ">さあ復活の祭りはみやざきみなとまつり2010から始まる

是非宮崎のこのまつりでたくさんの人と宮崎の元気復活をお祝いできれば・・・・・