創造的破壊のアジア

今から130年前
1883年歴史に名を残すことになる経済学者が
2人生まれた
シュンペーターとケインズである
ケインズは大恐慌とどう立ち向かうか
という短期の政策論を展開したのに比べ
シュンペーターは資本主義のダイナミズムの本質をとらえている
 
そのキーワードは創造的破壊である
それが資本主義の本質であると説いた
世界経済とは創造的破壊を繰り返す仕組みになっていると
 
さて自分の周りの起こっている事でこのことを考えてみよう
例えば電話
固定電話の時代は街頭にも電話ボックスや
タバコ屋さんには公衆電話があった
携帯の時代になると
それらは一挙に消えてなくなり
テレカもいつの間にか消滅した
替りに通信網の整備、携帯の開発に莫大な投資が行われるようになった
スマートフォンの時代になると
アメリカと韓国の2強のメーカーが台頭していき
日本の携帯電話がどんどん消えていく状況になっている
 
つまりイノベーションによる新商品の供給で
消費者の需要が拡大していき
需要–生産–消費の拡大という
経済社会の長期の大転換が起きているのである
 
さて極端な例で戦争を考えてみよう
戦争が始まると社会のインフラがすべて壊される
しかも戦争の兵器や弾薬なども消費される
兵器も弾薬も消費しないと新しいものに変えられない
戦争景気という言葉もこの創造的破壊という一つの言葉で
理解できる
なぜ戦争はなくならないのか?
という疑問にも明快な解答になる
 
生産–市場–組織の新結合によって
生み出される創造的破壊こそが資本主義の本質であるとシュンペーターは説く
 
創造的破壊が一番ダイナミックに進んでいる国はどこだろう
それはアジアだと私は思っている
特に中国とシンガポールだろう
タイやベトナム、インドネシアも凄い熱気だ
それらの国は半年ほどして行ってみると古いインフラを壊し
新しい街づくりや建設がどんどん進んである
これこそが資本主義のダイナミズムである
21世紀はアジアの時代だと実感してしまう
 
さて世界経済の今を見てみよう
中国をはじめ新興国の景気は不透明
紙幣を印刷して金融緩和だけの先進国経済も問題先送り
その影響で巨大な余剰金が世界を駆け巡り
結果NY市場に集まってきている
 
金の暴落、ニューヨーク市場の新高値など
色んなサインを考えると
金融の面でも違った破壊の時期が迫ってきている気がしている 
それは債券、株の一気の暴落か国の債務不履行ということになるのだろうか・・・・

ボンリッサ (都農町)

都農町に一軒だけ本格的なイタリアンのお店がある
 
共同通信の前宮崎支局長だった
上野さん(現在本社の編集委員)が書かれた 闘う葡萄酒の本に
このお店が出てくる
本によると
アパレル企業のデザイナーやイタリアンレストランのオーナーを
していた松脇さんがUターンして
祖父がやっていたダンスホールを改装して
2008年9月にオープンしたそうだ
IMG_8987.JPG 
ずーっと気になっていたが
場所がわからないのとなかなか機会がなかった
今日はやっと探し当ててボンリッサへ
店構えもお洒落だ
店内の内装も雰囲気がとても良い
IMG_8986.JPG 
今日はパスタランチとハンガリー産鴨肉のソテー
前菜とスープとバケットにオリーブオイル
パスタは茄子とベーコンのトマトソース
アルデンテで味も良い
最後のドリンクはマンゴージュースを頼んで950円


IMG_8978.JPGIMG_8980.JPG

 鴨肉のソテーランチ1000円はこんなものだろう
IMG_8982.JPG
この店は僕と奥さんの理沙さんの名前を取って
ボンリッサ
夫婦の人柄がお店にも表れている
良いお店だ
カジュアルさがとっても良い
手ずくりパンやデリの販売もしている
 
ここでいつか都農ワインのアンフィルタードを飲みながら
イタリアンを楽しみたいものだ
穴場です!
 
 
仲の良さ度  ★★★
 
ボンリッサ
都農町大字川北4794
0983-25-2345
11:00~15:00  18:00~22:00
月曜休み
 

司牡丹 竹村昭彦社長

今日は大吟醸を楽しむ会に来られた蔵元の中からご紹介したい

土佐の名物男と言えばこの人しかいない
司牡丹酒造の竹村昭彦社長だ
 
龍馬伝をNHKで放送していた時は
一年間竜馬になりきって、ちょんまげをして
着物と刀を持って全国を飛び歩いた
そのお陰で売上げもどーんと伸びたようだ
まさに熱情とバイタリティそのものの人である
竹村社長のブログの更新速度とその中身の濃さには頭が下がる
大吟醸を楽しむ会も早々にアップしていただいた
 
さて出品酒は 司牡丹 黒金屋
司牡丹の屋号を酒名とした大吟醸
山田錦を35%に磨き
日本酒度は辛口の+5
杜氏は昨年宮崎の会に参加された浅野徹杜氏


07072013_208.JPG
 
風格の吟醸香と深みのある味わい
この大吟醸で昭和40年以降、過去28回の金賞を受賞している
 
仕込み水は全国河川水質ランキングにて第一位(昭和23年度)
を獲得し日本一の清流と言われるようになって仁淀川水系の湧水
軟水
 
ツマミは食べる酒粕
見た目は地味だが思った以上に美味だった
野菜スティックに付けて食べてもおいしいとのこと
ちょい辛で酒のつまみだけでなくご飯のお供にも行ける
07072013_215.JPG
 
話題の酒は 司牡丹 吾唯足知(われただたるをしる)720ml 2800円
京都龍安寺 創業者が土佐の出身であった関係から
龍安寺から許可を得て有名なつくばいの文字から命名した
 
司牡丹山柚子搾り・ゆずの酒(リキュール)
がハワイホノルルの巨大マーケットで
昨年12月の酒売り場の売上ランキングで見事第一位
 
蔵のトピックスは6月9日に四万十川での酒米(永田農法・山田錦)
の田植え体験・交流会を開催
何と四国中より250人の参加となり田植えそしてバーベキュー大会と壮観でした
いつもバイタリティ溢れる竹村社長である

やられたら倍返し!半沢直樹

視聴率低迷のTBSに久しぶりの明るい話題
日曜劇場 『半沢直樹』 がスカッと面白い!
 
しかも決め言葉が夏らしくて良い
何年か前のソフトバングのキャッチフレーズを思い出した
あの時のCMのキャッチは 倍返し 
今回の半沢直樹の決め言葉は
『善意は信じるが、やられたら倍返し!』
この決め言葉が出た瞬間に関東地区では24,2%の瞬間最高視聴率だった
 
さて原作はこのところ絶好調の池井戸潤
下町ロケットで直木賞を取った記憶はまだ新しい
息もつかせぬ展開は大変面白く最高のエンターテイメント小説だった
 
このドラマの原作は 俺たちバブル入行組
 
1990年のバブルにメガバンクに入行した半沢直樹は
大阪西支店に勤務するやり手の融資課長
浅野支店長の強引な指示で5億円を融資した西大阪スチールは
わずか3か月で倒産
この融資を半沢1人に押しつけようとする浅野支店長
 
国税局も絡んでの捜査に
計画倒産の疑惑が半沢の心に徐々に広がってくる
 
半沢直樹が銀行内外の敵に真っ向正面に向き合いながら
5億を解決していくと言うストーリーだ
 
半沢が堺直樹
はまり役である
奥さん役を務める 上戸彩
男が活躍するには奥さんの温かさがあってこそ
 
切れ物の大和田常務に香川照之
半沢を広い心で見守る中野渡頭取に北大路欣也
東田社長の愛人にフェロモン檀蜜まで配置して
何とも豪華な凝った布陣である
 
真相は浅野支店長と西大阪スチールの社長との関係
これはドラマを見てからのお楽しみにしておこう・・・・・
 
銀行業務の冷徹さと非人情さもリアルに描いているのも
池井戸氏が銀行出身ということもあるのだろう
 
銀行は晴れた日に傘を貸し、雨の日に傘を取り上げる
という東田の言葉になるほどと感じる視聴者も多いのではないか?
 
自分の父親が自殺した原因となった銀行に入る半沢の覚悟
最後まであきらめない半沢の信念と行動
半沢の熱さと痛快さは見事にクールである
 
暑い夏の夜はこのドラマを見て少しはスカッとしましょう!
 
 

チャーシュー麺対決(宮崎市)

今日は私の好きな宮崎のチャーシュー麺をご紹介したい
 
のり吉
 
場所は空港からほど近い
パチンコ屋さんの駐車場の横
ふと見ると倉庫みたいな感じだがラーメンの上りが見えると
営業中の合図だ
お店はのり吉
お店に入るとお母さんの笑顔に迎えられる
まるで自分のおふくろさんのような気持になる
今日はチャーシュー麺(630円)を注文
値段も驚くほど安い
IMG_7409.JPG 
ばら肉の柔らかいジューシーなチャーシューは
お母さんの優しい愛情たっぷりの手ずくり
しかも注文ごとにチャーシューを切り分ける姿がとてもいい
ラーメンはもやしとねぎとメンマとチャーシューのシンプルさ
豚骨だがあっさりスープに麺とぷるぷる感のチャーシューが絡み合う
場所柄
隠れ家的な店だったが少しずつ噂も広まってきているようだ
季節に合った自家製漬物を出すところも気に入っている
 
おふくろ度  ★★★☆
 
のり吉
宮崎市赤江10-2
0985-56-9140
11:00~20:00 火曜休
 
 
黒木食堂
 
2011年までは肉屋さんも併設していたが
道路拡張により休業
2012年4月に再度オープンした
以前の店にも訪問したことがあるが
圧倒的なチャーシューの量で人気店だった
私はチャーシューは多いものの獣臭さが少しあり
皆の言うほどにはチャーシューの美味しさは感じなかった
 
さて今日は新装して初めての訪問
隣の肉屋さんはやめたようだ
店も明るく広くなっている
注文はもちろんチャーシュー麺(700円)
あっさり風のとんこつスープに麺が絡む
DSC_0036.jpg
見た目よりさっぱり感がある
チャーシューはおいしさがグンと増し
豚臭さが完全に消えている
レベルが2段階ほど上がった感覚だ
チャーシューは前日に仕込んだものだけを使用する
5時間かけて仕込まれたチャーシューは香ばしく
ショーユダレもしっかり効いていて美味だ
 
あんかけ焼きそばも野菜たっぷりで健康的な旨さだ
 
人が多いときは注文の仕方がコツがいる
ご主人がたずねるまで少しイライラしても注文したらいけない!
これがこの店の鉄則でもある
 
香ばしさ度  ★★★★
 
黒木食堂
宮崎市瓜生野2287-1
0985-41-1030
11:00~14:00(日祭休み)

天のしずく 辰巳芳子(命のスープ)

人生を70年として考えてみると
食事の回数は1日3回食べるとして計算すると
一年間で1095回
人生70年で76650回しか食事を取れないことになる

意外に食べられないものだ

そう考えると食というものを
再度大事に深く考えてみたくなった
 
食は命にダイレクトにつながっているもの
人間の食は呼吸と等しく命に組み込まれていく
しかし現在では
自然の恵みの食材から命を支える食へのプロセスが料理であるはずなのに
時間と手間を省いた工業化学製品のような食が
巷に氾濫し、それを便利に思っている人が多い
まさしくまがい物の食に取り込まれているのが
現在の姿なのかもしれない
 
そんな折に天のしずくの映画が上映された
料理研究家として名高い辰巳芳子氏の
ドキュメントの映画だ
 
辰巳さんは料理家でもあり作家でもある
 
1944年 戦時中に結婚をした夫とはわずか3週間ほどの
       新婚生活で出征、戦死してしまった
1945年 結核を発症、15年にも及ぶ療養生活を余儀なくされる
1964年 料理家として活躍を始めた母の手伝いを始める
1972年 父が脳血栓の再発で入院
       母娘でスープを持参する日々が続く
       これがのちに命のスープと言われることになる
1977年 母心臓麻痺で死去
1980年 父死去
      鎌倉のクリニックに週1回30人分のスープを届ける
1996年 スープ教室を始める
 
映画の監督は河邑厚徳氏
NHK出身で様々なドキュメンタリーで
独自の手法で賞を取っている方である
 
映画の中での辰巳さんは上品でシックだが
何といっても手が素晴らしい
スープをかき混ぜている手
紫蘇を摘み紫蘇をもんでいる手
梅干しを干している手
手の所作が形ができていてとても美しい
しかも出てくる日本の風景はなぜか懐かしく穏やかだ
 
映画の中では鍋のスープを何度も愛おしく
かき混ぜている辰巳の姿が出てくるが
手の感触を通じて何かを成す
それがとても美的に思えた
 
そのスープはいつの日か命のスープと言われるようになり
数々の医療現場でも活躍している
辰巳のスープ教室は何年先まで予約でいっぱい
 
食べ物が命の源であり
日々食べたもので命が刷新されていく
そのことを深く感じた
 
わずか3週間の結婚生活
私は50年間ずっと悩んできた
この人生で良かったのだろうかと・・・・
結婚50周年の時、戦死したフィリピンから主人が呼んでいるような気がして
フィリピンのセブ島に行った
その時に私は夫に幸せな人生でした と素直に言えたと言う
 
辰巳さんの人生には3つの大きな出来事がある
戦死した夫との別れ
結核
そして両親の死
この3つがふっ切れたのはフィリピン旅行が大きいと感じた
全てが解き放たれ
その後スープ教室など数々の社会活動を精力的に行っていく
 
穏やかな一つ一つのシーンが思い浮かぶ秀作であった
 
最後に一つ辰巳さんの面白い話を
すりこ木とミキサーの違いだ
ミキサーは粉砕
すりこ木は融合だと・・・・
融合とは手の触感と五感を総動員してできるもの
融合こそが食の極意なのだとこの映画は教えてくれているのかもしれない
 
 

第16回大吟醸を楽しむ会(報告)

2013年7月7日七夕の日に
大吟醸を楽しむ会が全国から39蔵元を招き
宮崎観光ホテルで開催された
 
年明けから問い合わせが相次ぎ、勢いを感じていたが
チケットは発売日の6月3日に完売という凄いことになってしまった
最後までキャンセル待ちをしたにもかかわらず
チケットが手に入らなかったお客様には
心からお詫び申し上げます
 
今年のデザインテーマは富士山
世界遺産登録の時期も重なりタイムリーなデザインとなったように思う
キーワードは唯一無比
造語であるが世界における日本酒の価値観と
日本のシンボルとしての富士山をトータルで表せる言葉にした
16panel.JPG
イラストを制作してくれたのはボランティアスタッフの江藤万美(バンビ)
ステージ、看板、パンフレットの
全体のアートディレクションはムーディックノイズの丸山氏
今年はスクリーン映像を無くし
看板だけのシンプルな、原点に戻った形にしてみた
6時半からの開場では
満を持して来られた600名のお客さんの熱気でむんむん
7時の39蔵元の登場では拍手喝采
蔵元一つ一つの紹介は毎回一番頭を悩ませるが
一番ウケたのは
獺祭 桜井副社長の紹介
今年は婚活がテーマですとの紹介に、みなさん大爆笑だった
 
世話人の佐多代表のご挨拶
そして蔵元代表の西山さんのご挨拶
16nishiyama.jpg
鏡開きは富士山のご当地、静岡の開運
群馬の水芭蕉、地元の綾錦に樽をご提供していただいた
世話人と内田副知事の鏡開き
乾杯は宮崎大使でもある村田会長の御発声でいよいよスタート
16muratakaicyou.jpg
16sankasya.jpg 16syokuzai.jpg
損な役目と言われる町川代表代行の中締めで
ようやく大吟醸を楽しむ会も大成功裏に
終了した

初登場の4蔵をはじめとする39蔵元の皆さん

そして内田副知事をはじめ600名の参加者の皆さん
大変有難うございました
 
世話人の皆さん、
全てのサポートしてくれた最強のボランティアスタッフのみなさんにも
心から感謝を申し上げたい
 16世話人.jpg07072013_761.JPG
世話人と内田副知事        ボランティアスタッフとしみずさん
今年の感想だが若い女性客が増えているのは大変喜ばしい
日本酒復権を力強く感じる第16回大吟醸を楽しむ会となった

少子高齢化の象徴

タイやベトナムなど東南アジアの新興国に行くと
街の活気、若者の熱気にいつも圧倒される
まさに昔の高度成長時代の日本を彷彿とさせる状況が今のアジアにはある
 
さて日本の少子高齢化の象徴する出来事がおこった
ユニチャームの2013年3月の決算で
大人用おむつの生産高が600億円を突破し
子供用おむつを初めて上回ったのである
 
少子高齢化が急速に進む日本では
赤ちゃん用の需要減を高齢者がカバーし
その売り上げも逆転
しかも高齢者需要は加速度的に伸びる見通しだ
 
このことは日本の高齢化が臨界点に達し
徐々に国力が弱まっていく象徴的な出来事だと
世界で話題になった
 
2010年の日本のある調査によると
子供用おむつ  0歳~1歳半     160万人
大人用おむつ  80才以上      810万人
この潜在需要者の数を見るだけでも
どちらに力を入れるべきか明確である
 
中国でも紙おむつの伸び率が
大人用が新生児用の成長率を上回っている現実がある
 
さてユニチャームが大人用の商品面で大切にしたのは
肌ざわりだ
紙おむつ特有のごわごわした感触を嫌う高齢者に
対応した下着のような薄手の商品の開発
具体的には
パルプなどを使わずポリマーなどを使用し尿などを吸収する
おむつに進化させた
本格的な高齢者時代の到来に向けて収益力をアップさせるとしている
 
国の成長は若年労働力がどれだけいるかで決まる
そのことを考えると日本の紙おむつ市場の逆転は
理解はできるが寂しい複雑な受け止め方になる

明治軒(大阪・心斎橋)

もう30年ほど前だろうか?
オムライスを食べて、
その旨さに感激した洋食屋さんが大阪にある
創業が1925年というから日本の洋食の草分けとも言っても良い
しかも戦争中も営業を休まなかったと言うのだから
信念とこだわりの人だったのだろう
 
さて久しぶりの明治軒
大丸の本館と南館の路地を真っすぐに歩くと見えてくる
昔ながらの風情を残したただずまいもそのままでうれしい
今日は昼を少し過ぎたころだったが
相変わらずお客さんは多い
IMG_8636.JPG 
頼んだメニューはオムライスと串カツ3本セット(950円)
とビール
これが私の中での明治軒最強メニューだ
 
串カツだ
牛もも肉を薄くたたいてサクサクの衣で
カリッと揚げたもの
肉のジュウシーさが閉じ込められてビールとの相性抜群である
何本でも食べられそう
肉が薄いのに食べた後の満足感もほどよくある
 
オムライスのレシピは創業時代からほとんど変わっていない
一日煮込んだ牛もも肉に
玉ねぎ、ワインを加えたベースで2日間煮込んだ特製ペースト
これをライスとじっくり炒めると
しっとりとしたリゾット風ライスが出来上がる
その上にかかるふんわりのタマゴ
コクとさっぱり感がたまらない
しかも品の良い味が変わっていない
 
最近良く感じることだが昔美味しかった味が全然おいしくなくなっていた
そんな感覚を持つことが多くなった
しかしこの味は今でもうれしい美味しさだ
 
長い歴史があるのに古さを感じさせないどころか
懐かしく、新鮮さも感じてしまう
お勧めの大阪飯である!
 
 
大阪飯度 ★★★★
 
明治軒
大阪市中央区心斎橋1-5-32
06-6271-6761
11:00~22:00 水曜休み