千利休と秀吉

利休にたずねよと言う映画が上映されている
この原作は山本兼一
第140回直木賞を取った小説
利休の深さと覚悟を実感できる素敵なミステリーだった
この話題の本が映画になった
 
映画は千利休を市川海老蔵が演じている
少し体が大きすぎるが、また違った利休を見せてくれるだろう
秀吉の大森南朗というのが面白い
この2人の利休と秀吉にも興味がある
是非近々見たいものだと考えている
 
さて利休と秀吉
秀吉の命令を自在にさばき
自由と個性で豊かに対応した利休のエピソードが印象に残っている
 
朝顔
 
朝顔の花を見に来ませんか?
千利休から秀吉へお誘いの手紙が・・・・
利休屋敷に見事に咲く朝顔の花々
千利休は早朝、庭から一輪の朝顔を摘み取り
そのほかはすべてを切り取るよう弟子に命ずる
朝顔を楽しみにやってきた秀吉は
朝顔が全然ないのにがっかりして茶室に入る
何とそこには朝露を含んだ白い花が一輪
床の壁に賭けられている
その気品ある姿は秀吉をもてなすにはふさわしい風格
秀吉は利休に感嘆すると同時に
無心に朝顔の花に吸い寄せられていった
 
黄金の茶室
 
秀吉に命ぜられて黄金の茶室を作ることになる
どこでも移動できる組立式にしたところが利休の発想の凄さだ
これは現在の建築の基本ともなる組立式の最初の物だろう
あと一つは障子と畳の色だ
エンジ色の赤
これはカトリック教に司祭の礼装だ
金とモダンな赤を使用することにより
悪趣味から超越して一つの形を作りだしたのだ
 
派手好みの秀吉、わびさびの利休
成り上がった秀吉の数々の難問に
堂々と自在に対応した千利休は
秀吉の逆鱗に触れ切腹を命ぜられる
千利休亡き後秀吉はこれを悔い、利休を懐かしんだという
 
利休のデザインは素材に逆らってないことだ
素材を生かして素材に寄り添い
シンプルに表現している
そして完全なものではない不完全な美を表現することが利休だった
侘びとはその究極だったろう
 
過剰な自己表現をしないのが
茶の湯400年の歴史の中で、
時空を超えて今なお千利休が原点と言われる理由かもしれない
 
 

銀シャリ屋ゲコ亭(堺市)

いつか、堺市の銀シャリ屋ゲコ亭に行きたいと考えていた
なかなか機会がなかったが
ようやく念願の時が来た
 
南海の堺駅に降り立ち散歩がてら市内を歩く
ホテルのサンルート堺を過ぎると
銀シャリ屋ゲコ亭が見えてくる
戸を開けるとテーブル席とずらっと並んだおかずがずらり
刺身の本マグロも新鮮だ
みなとが近くにあるせいだろうが
食堂におくマグロにしてはとても上質の物
IMG_9330.JPG 
名物親父も引退騒ぎがあったが
元気そうに働いている
なによりである
ここの親父は象印炊飯ジャー極のモデルとしても有名
6月から8月まで休む
水も米もこの時期は良くないので海外旅行でリフレッシュをすると言う
 
だだ8月からの経営はフジオフードシステムが引き継ぐと
フジオフードのプレスリリースには書いてある
親父さんも将来を考えてそのように決断したのだろう
ちょっぴり残念!

IMG_9334.JPGIMG_9332.JPG

さて頼んだのは
鰤の照り焼き、卵焼き、それに野菜と
蜆の味噌汁と銀シャリ これで1150円
お店の雰囲気が独特だ
食堂の活気の中にも静けさとおだやかさがあり何となく落ち着ける
 
ご飯の旨さは期待したほどではなかったが
鰤の照り焼きが旨い
卵焼きも焼きたてのほっかほっか
シジミの味噌汁も出汁が出てじんわりおいしい
まさしく正当派の日本の朝食である
 
願うのが名物親父が元気で働く姿だ
いつまでも頑固で元気に働いていてほしい
もう一度ぐらいは親父さんが元気な時にお邪魔したい・・・・
 
 
日本の朝食度   ★★★★
 
銀シャリ屋ゲコ亭
堺市堺区新在家町西1-1-30
072-238-0934
9:00~13:30頃
火曜、水曜 6月~8月
 
 

さきと(博多)

全国の居酒屋の名店と言われるのが博多のさきと
博多のさきと、大阪の明治屋、そして仙台の一心
が全国の3大名店だと言う人がいるほど・・・・
1
ここのカウンターに座り
淡々と料理を作る御主人を見ながら
酒を注文する
その瞬間にさきとに来た実感を味わうことができる
それほどさきとは私の好きなお店だ
このお店の日本酒と焼酎の種類の多さと
価格の適正さ
博多でも有数だろう
ここでは酒を中心に選び、その酒に合うつまみを選ぶことにしている
2 3
今日はまずは十四代
ツマミは鯛のアラの塩焼き
十四代の香り高さは最初の一杯だけで十分
次は磯自慢
 4 5
なかなか手に入りづらくなった焼津の銘酒
本醸から大吟まで品質の高さが自慢のお酒
ツマミはフグ刺し
少しお酒が勝っているような気がするのは
焼津は鮪が本場
そのせいか、ふぐでは少し線が細いか・・・
クジラでも良かったかなと少し反省
6
最後の締めは而今
三重の人気のお酒
しっかり味があって酒だけでも美味い
さきとのご主人は長崎県のさきと町出身だとか・・・・
またさきとで美味い酒を飲むのを楽しみにしたい
銘酒度 ★★★★☆
さきと
福岡市中央区舞鶴2-8-25 1F
092-781-8778
18:00~23:00
水曜休み

宮大農学部住吉牧場解放

宮崎大学農学部
住吉フィールドの牧場解放が12月14日開催された
朝の10時過ぎだと言うのに大変な行列
何かと思ったら牛肉を買う整理券の配布のところが大混雑
 
トラクターの体験コーナー
乳搾り体験コーナー
小牛とのふれあいなど子供たちにとってみれば楽しいコーナーばかりだ

DSC_0094.jpgDSC_0097.jpg

お天気にも恵まれ
大勢の人でにぎわっていた
 
さて宮崎ミルクのコーナーへ
500MLで110円
デザインも可愛い
 
食堂ではカレー(300円)と豚汁(100円)を注文
カレーはコクのあるいい味だ
豚汁は少し味が薄い
しかしこの値段では文句も言えない
 DSC_0092.jpg
宮崎大学農学部住吉牧場をこの機会に解放して
たくさんの県民に身近な存在に感じてもらおうと言う試み
 
宮大の生徒さんには
宮大ビーフや宮大ミルクだけではなく
大学ならではの斬新な発想で
宮崎の農産物の色んな加工品や商品化など色んなチャレンジをしてほしい
全国でも大学発の商品が増えている現実もある
農業6次化の必要性を理解されているのは大学生も一緒だと思う
フードアイランド宮崎ならではの商品化を
どしどし行っていただきたいと考える
 
スタッフの皆さんで駐車場の整理などをされているところなど
手ずくりで頑張っているところなど大変好感が持てた
 
鍋合戦や大学の牧場解放、宮崎県立農業高校の学園祭など見るたびに思うことだが
新しい食のイベントには人が必ず集まる
そんな感覚を持ちながら牧場を後にした

三遊亭鳳楽(鼠穴)

日本の酒と食の文化を守る会の忘年会が
東京 目黒 雅叙園 鷲ノ間で12月8日開催された
毎年準備に奔走されている村田会長
本当にいつもご苦労様です
 
第一部は三遊亭鳳樂さんの古典落語
師匠は毎年宮崎の大吟醸を楽しむ会の前日に
古典落語の会をシーガイアで開催されており大吟醸を楽しむ会にも
欠かさずお見えになっている
我々が大変お世話になっている方でもある
IMG_9397.JPG 
今年は大作の鼠穴
 夢とは五臓の疲れから見るものとして江戸時代は言われていたよう
江戸時代の蔵には昔はネズミが沢山いて
たくさん鼠穴をあけられた蔵も多かったとか・・・
さて話の内容は・・・・
 
亡くなった父の残した田畑を2等分した兄弟
兄は金に換え江戸で商売に成功しお店を持つまでになる
弟は遊びでお金を使い果たし江戸の兄を頼って出てくる
 
兄はそんな弟に元手を貸すから商売をはじめろと・・・・
帰り道で包みを開けるとたったの3文
馬鹿にしあがってとカット頭に血が昇ったが
一念発起して身を粉にして働き10年後には蔵を持つまでになった


ある日、店の者に
『鼠穴には気をつけろ』と言い聞かせ、兄に借金を返しに行く

互いの誤解も解け、その晩は兄の家に泊まる
ところが夜中に火事が起き、
蔵の鼠穴から火が入り、弟の店は全焼してしまう

また落ちぶれてしまい、もしもお前の店が火事になったら、
自分が十分に援助すると言っていた兄の店を訪ねると、
兄は非常に冷たく、けんもほろろの対応。
これを見かねた弟の娘は、進んで吉原に身を売る
このお金を持って歩いていると、あっけなくそれをすられてしまう

完全に絶望して首を吊ろうと苦しんだところで目を覚まし
今までの事は、兄の家に泊まった晩の夢だと知ることとなる
兄に夢の話をすると呆れながら、
「夢は土蔵(五臓)の疲れだ」
 
ギリギリまで落ちが読めない
ハラハラドキドキして最後を待つ
鳳樂さんのしゃべりの間と火事の時の大きな声と演技力に圧倒された
師匠の圓生に言われたのだと言う
火事の場面ではあらん限りの声を出せと・・・・
 
この鼠穴は六代目三遊亭圓生が再構成をし
1953年に口演して高い評価を得たものだ
まさに圓生の後を継ぐ
三遊亭鳳楽師匠の名人芸の凄さを改めて感じる
素晴らしい口演だった
 
第二部は全国からの蔵元が登場しての懇親会
ローソンの新浪社長の乾杯で始まり
今年はなでしこジャパンの佐々木監督もお越しになっていたよう
久しぶりに会う蔵元さんとの対話も弾んだ
楽しい懇親会となった

IMG_9404.JPGIMG_9400.JPG

 世話人の吉田さんと佐々木監督       佐浦社長

ショパンとラフマニノフ

2005年12月浅田真央は15才
オリンピック出場資格はなかったが
素晴らしいジャンプで五輪金メダル候補だった
イリス・スルツカを破り世界の関係者をアッと言わせた
 
それから8年福岡で行われたGPファイナル
ショートの音楽はデビューと同じ
ショパンの ノクターン
 
ショートの演技は完ぺきだった
トリプルアクセルは回転不足の判定ではあったが
観客も真央自身もリズムと勢いがあり素晴らしい出来だと確信した
ラストの手と顔の表情の柔らかさが印象的だった
小さくガッツポーズをめずらしく見せた
 
自ら 『今シーズン一番の出来』 と口にし
得点も72、36と高得点をマークした
 
さてフリーの音楽はラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番
バンクーバーオリンピックで使用した曲もラフマニノフの鐘 
彼女はこの曲を使いバンクーバーで銀メダルを獲得した
ラフマニノフの音楽は重厚でかつ複雑
非常にスケーターには難しい音楽だ
しかし彼女は力強さを与えてくれるとあえて再度
フリーの音楽はラフマニノフに挑戦した
 
序盤のトリプルは最初は転倒
2回目は両足着地だった
まさに窮地からのスタートとなった
しかしそこから体勢を立て直すのが今シーズンの強さだ
安定した演技とスケーティングのなめらかさ
豊かな表情と計算されたステップ
そしてブルーの衣装が
大人の女性の円熟味さえ感じさせてくれた
ラフマニノフの複雑な曲を見事に乗りこなして見せた
得点は大きく2位を引き離す131、66
1人だけ200点台と
見事な2連覇となった
 
ソチオリンピックに向け万全の準備ができていることを確信した勝利となった
 
オリンピックで引退を決めている浅田真央 23歳
 
それは音楽の選曲でも彼女の意志が垣間見える
デビューの時と同じ音楽のショパンのノクターン
そして前回バンクーバー五輪の雪辱を狙うラフマニノフのフリー
 
まさしく浅田真央の始まりと終わりを
自分自身で明確にしている
その意志の強さがソチオリンピックでフィナーレを飾るメダルを予感させる
 

宮崎キャビアを食べる!

宮崎観光ホテルの2Fのレストラン
ディアマン・ルージュが宮崎キャビア1983の発売を記念して
特別メニューができた
お知らせを聞き早速食べに・・・・
何と私たちが一番客のようだ
 
まずはシャンパンで乾杯
お待ちかねの宮崎キャビアがブルニとともに
思った以上に粒が小さい
深い味わいは感じるが感動はない
DSC_0081.jpg 
次はアカス海老のフレットゴボウピューレと共に
カラッと揚げた食感とゴボウの旨さが印象的だった
DSC_0082.jpg 
野菜のスープは少ししょっぱくNG
 
次にメインのシロチョウサメのコンコンブルにキャビアを添えて
淡白な身にソースが良く絡まって
キャビアと一緒に食べるとさっぱり感も味わえる
DSC_0084.jpg 
宮崎キャビアの特性は熟成させること
世界基準のノウハウに産官学の連携で独自に開発した
キャビア製法を採用している
1983年から開発に着手したと言うから
もう30年以上の研究ということになる
 
しかし粒が小さすぎるなあ・・・・
 
さて次は宮崎牛のロースをミディアムレアで
カボチャのピューレが彩で良い
さすがにおいしい
個人的には牛の量も70グラム程度でちょうど良い
DSC_0086.jpg 
最後はデザート
ショコラがグラスの中にたくさん詰まっていて食べごたえがある
DSC_0088.jpg 
キャビアにつられて訪問したが
まだまだ今からなのだろう
キャビアが生産体制を本格的に確立した時に
どう流通を作って行けるかこれからの課題も多いだろう
宮崎県の地域活性化の柱でもある
宮崎発フレッシュオリジナルキャビアの一層の発展を願いたい

楽観論

世界同時株高が続いている
円安もあり日本株の戻りも鮮明になってきた
巷には楽観論があふれている
 
そんな中
アメリカで34年連続人気NO1のエコノミスト
エド・ハイマンが先日来日した
 
講演ではアメリカの将来について
過去5年間で一番強気だったようだ
理由は3つ
 
1、シンクロナイズド グローバル エキスパンション(世界同時景気拡大)
 
2、グランドローテーション(債券から株式への移行)
 
3、アメリカンルネッサンス(アメリカの新産業による成長)
  3Dプリンターやシェールガス革命
 
なるほどアメリカの先行きはかなり明るいと言うことらしい
 
私が感じるのはバブルの臭いだ
 
ニューヨークの美術品の状況だが
11月12日フランシス・ベーコンの絵画がクリスティーヌで142億円で落札
11月13日アンディ・ウォーホルの作品がザザビーズで105億円で落札
共に過去最高価格となった
 
ワインでも同様の現象が起こっている
カルフォルニア州ナパバレー産の1997ビンデージワイン すくりーミングイーグル
10月17日ニューヨークのオークションで3936ドル(約40万円)の価格で落札された
商品の価格は原価1200ドルだそうだ
 
美術品とワイン
デジャブの世界・・・・・
いつか見た風景が今にはある
 
来年はエド・ハイマンが言うように世界経済は楽観論で進行していくのか
 
危うい姿を見せているNY株のチャート
加熱しつつある市場が来年何かのきっかけで崩壊していくのか
 
さて言えることは未来は市場だけが知っているということだ!

ギャラリー&カフェ玄米屋(宮崎市)

マクロビの言葉を良く耳にするようになった
マクロビとは玄米を主食野菜を副食とするのが基本だそう
しかも有機栽培された農作物や海藻類を使用する
ギリシャ語が語源で長寿で健康の意味もあるそうだ
 
さて今までの欧米型の食事が生活習慣病の増加をもたらしている
そんな反省から徐々にマクロビが注目されてようになっている
宮崎でもマクロビのお店が増えているようだ
DSC_0072.jpg 
さて今日はそのマクロビのお店に・・・・
城ヶ崎の交差点から一筋入ったところにひっそりとある
普通の民家を改造して作ったようだが
中に入ると落ち着いた雰囲気
このお店は玄米を自家製で無農薬栽培している本格派だ
 
玄米プレートとグリーンカレーを頼む
玄米プレートは玄米酵素ご飯にいろんなおかずがついて1050円
彩りも良く素敵だ
思った以上に味もよい
グリーンカレーは普通の味だった

DSC_0070.jpgDSC_0069.jpg

玄米プレート             グリーンカレー
 
お客はほとんどが女性層
ゆったりと落ち着いた雰囲気で食事をとることができる
安全安心の食事
環境を考えながら食を楽しむ場所としても最適かもしれない
 
民家を改造したくつろぎの空間
佐藤さんの陶芸のギャラリーも楽しめて一見の価値がある
たまにはマクロビの世界で健康を意識してはいかがでしょう・・・・
 
 
健康度 ★★★☆
 
ギャラリー&カフェ 玄米屋
宮崎市恒久4-1-8
0985-52-7861
11:30~15:00
日月休み