足立美術館(島根県)

人口4万人足らずの島根県安来市に
世界各国から年間300万人訪れる個人美術館がある
その名は足立美術館
入り口は何の変哲もない美術館の趣だが
中に入ると風景が一変する
建物の中から見る壮大な6つの庭園
季節によって、あるいは見る角度によって
様々な庭園に変化する計算された設計
足立美術館の庭は
ジャーナル・オブ・ジャパニーズ・ガーデニング誌において
2003年から11年連続庭園日本一を続けている
5万坪という壮大な面積の中に拡がる6つの庭園
その中核をなすのが枯山水庭
庭の雪の風景はまるでモノトーンの美しさを
一面に醸し出しているようでもある
枯山水庭
枯山水庭
足立美術館のもう一つの顔は
横山大観のコレクション日本一だ
さてこの美術館を造った人はどういう人なのだろう
足立全康は明治32年に生まれた
出来の悪い劣等生だったと自ら言う彼は
学校を卒業して農業をするが
実を粉にして働いても一向に暮しが楽にならないことに嫌気がさし
14歳で商売の道に入る
軍隊でも人の何倍もの雑務を果たし
2階級特進も・・・
その想いを胸に戦後商売を行い財産を造って行く
絵画に何の興味もなく仕事だけに没頭してきた彼は
ある日ある骨董屋で掛け軸を目にする
これが大観との出会いだった
日の出を描いたこの絵に
心を奪われた
蓬莱山 横山大観
いつの日かきっと横山大観の絵を買ってやると心に誓った
蓬莱山
蓬莱山
横山大観の自我という出世作から
晩年の富士の絵画まで
横山大観のもうろう体を確立していく過程が見事に保存されている
そのほか河合玉堂、魯山人など美術や陶芸なども展示されており
アートや庭園の愛好家にはたまらない美術館の一つである

味川(宮崎市)

宮崎市青空市場の路地裏にひっそりとお店はある
たどり着くまでに苦労はするが
知る人ぞ知るディープな串のお店だ
店はカウンターとテーブル一つという小ささだけに
予約も受け付けないので、
早くいかないと入れないことも多い
今日はこの店の大ファンだと言う人に連れられて
何年ぶりかに味川にお邪魔した
聞けばもう創業40周年を越したと言う
このご夫婦は
宮崎の青空市場の生き字引みたいな存在かもしれない
さてここの串は馬鹿でかい!
通常の串の2~3倍はあるだろうか
化学調味料入りの味塩をふりかけガスで焼くB級串なのだが
素材の良さと
ご主人の愛情入りの焼き方でうまくなるのか
驚くべき旨さに仕上がるのだ
特におすすめなのがレバー
レアのまま口にほおりこむと旨さが口中に拡がってくる
新鮮だからこその美味さだ
それから牛串も食べてほしい
ご主人が研究を重ね様々な工夫をこらし
4種類の部位を重ね合わせ出来上がった牛串だ
レア目に焼きあがった串は柔らかく、牛の肉汁をしっかり閉じ込めて
驚きの衝撃の味となる
IMG_9387IMG_9386
下手なステーキを食べるより、よっぽどおいしいと感じている
そのあと野菜や豚バラを食べると
その頃にはすでに焼酎2~3杯は軽く飲んでいる
さてここからの〆がここのお店の真骨頂だ
最後のご飯の旨さにも驚くはず
オムライス、あんかけ焼きそば、ラーメン
どれをとっても並みの専門店より頭抜けてうまい
 IMG_9391IMG_9390
味がよければどんな汚いところでもOK
そんな人にはぞっこんの穴場だろう
予約は受け付けないので早めに行ったほうが良い
ただし女性を連れていくときはそれなりの覚悟がいるかも・・・・・
きたなミシュラン度  ★★★★
味川
宮崎市橘通り西2丁目7-13(青空市場内)
0985-28-2802
日曜休み

わそう農園(都農町)

宮崎県都農町に異業種から農業に参入してきた
若き獅子がいる!
宮崎和弘さん
福岡県出身の昭和51年生まれの37歳
5年前に都農町に来て3年前に3人で組合を立ち上げ
トマト栽培に乗り出した
しかも栽培方法は土を使わない特殊フィルム栽培
フィルム栽培とは早稲田大学発ベンチャー メビオール株式会社の開発したもの
土の代わりに特殊なフィルムを使い植物を栽培する方法
医療分野で培った技術を農業に応用した最先端の農業技術だ
フィルムにはナノサイズの無数の穴が開いているので
フィルムの中に水を吸収保持することができる
植物は水分を求めて根を拡げるので
フィルムの中にある水分を吸い上げようと根を張って行く
しかも菌やウィルスはフィルムは通さないが
植物の栄養素は通していく画期的な素材である
すでに全国で10ha以上で栽培されたトマトが出荷されているのだそうだ
フィルム栽培のトマトと宮崎さん
フィルム栽培のトマトと宮崎さん
トマトのハウスを見せていただいた
これがすべてフィルム栽培
栽培の90%以上はフルティカの赤だが
面白いのは、そのほかにグリーン、黄色、オレンジ、紫のトマトが栽培されている
グリーンチェリー、イエローオーレ、オレンジオーレ、そして紫のトスカーナ・バイオレット
トスカーナバイオレット 紫色が素敵
トスカーナバイオレット 紫色が素敵
トスカーナ・バイオレットはあのJR九州の七つ星に納入しているそうだ
グリーンチェリー
グリーンチェリー これで完熟している!
彩りも綺麗でカラフル
味もそれぞれに個性豊かな味
ごくとまのロゴも可愛い
宮崎さんに聞くとこのカラフルなミニトマトが全国の都市部の量販店で引っ張りだこになっているようだ
もともとが営業マンでフットワークも良い
夢は膨らむ
ドライトマトを作ったんです
これが築地から1000袋注文が来て、てんやわんやですと・・・・
トマトアイスも食べさせてくれた
ひでじビールにも納入しているようで活躍の場はさらに広がりを続けそうだ
異業種からの農業参入だからこそ
大きな壁をブレイクスルー出来たのかもしれない
宮崎の農業の活性化に寄与する若きサムライの登場だ
これからの活躍をさらに期待したい!

ル・ポチロン(宮崎市)

宮崎市内の繁華街
表通りに面していて通常の我々の感覚ではあまり
このような場所にはない
カジュアルだけどおしゃれなレストランがある
一年ちょっと前に誕生したお店
私の周りの評判は良かったのだが何となく縁がなかった
今日は初めての訪問
インテリアはシンプルですっきり
カウンターと椅子のテーブルが4つほどとこじんまりとしたつくり
いかにも女性が気に入りそうなお店
なるほど90%以上が女性というのはうなずける!!
オープンキッチンなのもライブ感があってよい!
酒を飲むのであまり食べないけれど・・…と言いお任せにした
さて門川町新門さんのトマトとチーズで
スパークリングワインで乾杯
新門さんのトマトとチーズ
新門さんのトマトとチーズ
ポチロンサラダ
 IMG_9528IMG_9529

カブとカリフラワーのスープ  美味!
カブとカリフラワーのスープ  美味!
カブとカリフラワーのスープ
次はフランスの白ワイン、造りはスパークリングワインの女性と同じだそうだ
女性らしい優しさを感じながらもクールな味わい!
里芋とむかごのアンチョビーソース
これは意外においしい
料理も予想以上に味が良い
山本シェフの経歴を伺うと辻料理専門学校出身
ベルエポックで修行の後独立
なるほど!
基礎が十分にできている
ホスピタリティを感じる味わいとでも言うか
我々のことを思って丁寧に愛情を込めて作っている
そんな思いが伝わってくる味だ
山本シェフ
山本シェフ
山本シェフにお店の名前の由来を聞いた
フランス語でかぼちゃの意味
妻のお母さんが借金を抱え
宮崎市内におでん屋を出した
その名前がかぼちゃ
このお店でお母さんは成功して借金も完済した
そのいわれを取ってポチロンと付けたんです
とっても良い話だ
幻の南の島豚 脂が絶品!
幻の南の島豚 脂が絶品!
さてメインの南の島豚のカツレツ
この豚は脂が大変おいしく幻の豚とも言われている
生産者の永田さんはいつも無理やりお願いして
大吟醸を楽しむ会にも出していただいている幻と言っても良い豚肉!!
ここの豚肉は本当に逼迫するような状況が続いている
特に脂と肉のバランスが絶妙!
永田さんのめったに作らないベーコンを食べるとビックリする衝撃の味になる
そんな豚肉が宮崎のレストランで味わえるもの嬉しい
最後の黒トリュフのリゾットとオーガニックトマトのスパゲッティ
トリュフはゆりねが入っていて和食を思わせる味わいの美味さに驚いてしまった
また来たいと思わせる温かさを感じるお店だ
おもてなし度  ★★★★
ル・ポチロン
宮崎市広島通1ー4ー9第1小田ビル1F
0985ー73ー8092
11:30~13:30  18:30~23:00
日休み