WWOOOFから生まれた絆

WWOOOF(ウーフ)と言う言葉を聞いたことはないだろうか?
世界50か国以上で活動している組織で
ここの活動の目的は
世界の農業、特に有機農業を支援し、農業の重要性を再認識するということ
参加した人は作業(力)を提供し
ホストファミリーは宿泊の場所と食事を提供すると言うシンプルなものである
 
農業の体験を通して、その国ごとの
習慣や仕組みを勉強しながら
ふれあいや交流を楽しむことができる
農業に興味を持っている人はWWOOOF(ウーフ)に参加すると
交通費だけで世界の有機農業を体験することも可能となる
 
そのWWOOOF(ウーフ)から生まれた国際交流の形をご紹介したい
きょうこさんは丸の内の会計事務所に10年間勤めていた
ある時、桜の花が散るのを見て
季節を感じることさえ忘れていた自分に愕然とした
その時にWWOOOF(ウーフ)に参加して
2009年イタリアの片田舎のホスト農家に行った
 
そこに運命的な出会いが待っていた
スペイン・バレンシア生まれのフランクもWWOOOF(ウーフ)に参加
同じ農家での生活
2人は意気投合して結婚
2010年日本に移住することにした
ヨーロッパ以外出でたことがなかったフランクは
その時の心境を運命(デスティニー)だと言った
 
過疎化した広島県世羅町で
築150年の古民家を改造
しかも耕作放棄地で荒れ果てた土地を借り
無農薬の小麦や野菜を栽培して2011年5月おへそカフェをオープンした
広島県世羅町の人たちは
何もないところで何をするのだろうかと
優しいまなざしを向けながらも疑心暗鬼だった
ehime revista2-014 
フランクさんは母国スペインの石釜を購入して
自家製小麦で作った手ずくりのパンやスペイン風ピザを
焼いたり
またスペインの石釜のキットを販売したりと
母国スペインのためにも頑張っている
olive1 
世羅町にとっては突然夫婦が移住してきて
耕作放棄地を生産性のある畑にしたり
カフェのお客さんは増えたりと
まさに中山間地域の地域活性化にはとてつもない見本となった
 
何もないと思っていた里山が
実はとんでもない資産なのかもしれない
その予感を個人的にはここ数年しているのだが・・・・・
 
WWOOOF(ウーフ)から生まれた農業をとうしての国際交流
ご夫婦での移住と世羅町の実践の成功は
今からの日本の中山間地域の農業を考える上での大きな希望となる

寿司というプレゼン!

安倍首相のオバマ大統領に対する
日本最初の食事のプレゼンテーションは
寿司だった
和食が世界遺産になり
日本としても様々な食文化を世界に売り込む
そんな思いを持った安倍首相の選択は
意外なサプライズとなってオバマ大統領を喜ばせたことだろう
 
日本ならではの食事のプレゼン
その最高峰の一つは寿司であり日本酒だと思う
職人の手仕事を見ながら楽しめる
しかも親密さと和やかさを強調するカウンター
 
オバマ大統領のコメントが
人生で一番おいしい寿司だったということでもわかる
これで日米の新しい信頼関係を結ぶことができると
個人的にも大変うれしいのだが・・・・・
もちろん世界への和食の情報発信効果も大変あったと思う
 
場所は銀座の雑居ビル
しかもトイレは店の外
そんなところに日米の首脳が集まるのだから
警備も大変だったようだ
動員された警備員は16000名ほどの凄い数となった
 
さて食事の場所となったのは
すきやばし次郎
今88歳でありながら現役の寿司職人
ミシュラン7年連続3つ星という偉業を達成しながら
ただ淡々と寿司を握る
ロブションはじめ、この寿司に魅せられた世界のセレブは数知れず
 
この寿司に魅せられたある若手の外国人監督が
2011年に制作したドキュメンタリー映画が頭をよぎった
 
 
タイトルは  「次郎は寿司の夢を見る」
監督は30歳の若手 デビッド・ケルブ
父親はNYメトロポリタンオペラの総帥 ピーター・ゲルブ
母親もフードライターという良い環境の中
次第に食べ物に興味を持っていく
たまたま山本益弘氏の紹介で訪れた
次郎の寿司で衝撃を受ける
シャリのふわふわ感とネタのバランスがパーフェクト
感銘を受け
ほぼ3か月にわたる取材を行い
ドキュメンタリー映画を完成させる
ただ見終わった後に本当に外国人監督が撮ったドキュメンタリーか?
と思ったほど日本的な映画だった
 
2012年3月ニューヨークのわずか2館からの映画の上映が始まる
アメリカ人から見た日本の職人気質の
異例のドキュメンタリーは口コミで瞬く間に広がり
興行収入250万ドルというドキュメンタリーの世界ではあまりないほどのヒットとなる
そして2013年東京で凱旋上映が行われた
 
この映画の中での
山本益弘氏の出会った次郎さんへの変わりない感動
次郎さんの握る寿司の日々の情景
2人の息子さんとの師弟関係
弟子たちからの素直な感想
築地のプロ達の声
少なくなっていく魚の食材
小野次郎さんの信念と覚悟
 
それらがモーツアルトやバッハのクラシックと映像が調和していく
それだけではない
小野次郎の心理と
現代音楽の巨匠フィリップグラスのリフレインの音楽と
映像の共鳴が何とも素敵である
何故日本人がこれを撮れなかったのかと思ってしまう
一度機会があればぜひご覧いただきたい!
 
1965年銀座で開業した次郎さん
現在88歳
シンプルを極めればピュアになる
もっと前、もっと上
自分の仕事に惚れなくてはだめ!
次郎さんの言葉は再び私の心に大きく反響している
 

麺フリーク(札幌編)

札幌ラーメンと言えば味噌ラーメンが有名だが
中華そばや担担麺もレベルの高いお店が増えてきた
そんな札幌の進化しつづける新境地のお店をご紹介したい
 
 
木曜日
 
最近とみに評判がうなぎのぼりの中華そばのお店
木曜日にお邪魔する
市内から少しはずれているので
観光客はあまり来ない
地元のラーメン好きなお客さんにとって隠れ家みたいな場所
 IMG_9799
煮干し醤油に追い煮干しの味玉(550円)を頼む
信じられないほどの安さ
 
見よ!このすがすがしい姿を・・・・
まさにレトロ
まずはスープ
さっぱり美味しい
懐かしいながらも豊かな味わい!
体の隅々まで優しく浸みわたって行くようなスープだ
全粒粉使用の自家製麺は予想以上のなめらかな食感
麺とスープとのマッチングが非常によい
IMG_9798 
途中でカウンターに置いてある鯖ニンニク粉を少しかけて
また違う味わいを楽しむ
ほのぼのとした美味さだ!
消費税が上がってもこの価格とは良心的だ
CPも言うことない!!
若いご夫婦でされているのも好印象だ
私にとっては、あまり人には教えたくない札幌の一番である
 
 
滋味度   ★★★★☆
 
木曜日  
札幌市中央区南8条西13-3-35
011-563-6525
11:00~21:00 日曜休み
 
 
 
175度DENO~担担麺~
 
札幌大通りから一筋入ったビルの1Fの奥の奥に
不思議な名称の担担麺がある
開店したばかりというのにもう行列
もう本などで紹介されているようだ
 
お店に入ると美人の女性の接客が印象的
お店には美女がいたほうがもちろん食事もおいしくなる
今日は汁有りの担担麺(850円)を注文
IMG_9806 
思ったほどでもない辛さ
まろやかな味だがそのあとに心地よい辛みが
口の中をゆっくり駆け巡る
この柔らかな味わいは本場の花山椒を使っているせいか?
途中に自家製ラー油を入れる
香ばしさとマイルドさは天下一品のラー油だ
量が少し少ないのが玉に傷か?
 
本物食材の仕入れのために中国や韓国に仕入のため
年に1~2回休みを取ると言うこだわりぶり
 
札幌の地に担担麺の聖地ができた
 
 
花山椒度  ★★★★
 
175度DENO~担担麺~
札幌市中央区南1条西6-20KYビル1F
011-777-1177
月~木
11:30~14:30
17:30~21:00
金土日
11:30~15:30
 

牛1頭!応募殺到

全国の地方公共団体で
財政事情が苦しい地方では
ふるさと納税をいかに増やすかが共通の課題でもある
 
ふるさと納税は平成20年からスタートした
過去の宮崎の口蹄疫や東日本大震災では
多くのふるさと納税があり
この納税は地方を勇気づけた
 
さて宮崎県の三股町
都城市のベットタウンとも言える場所だが
当初都城抜きの広域合併を検討していたこともあり
それが逆に三股町が孤立した形となり
都城市との広域合併から三股町だけはずれてしまった
 
三股町のふるさと納税はそんな意味でもなにがなんでも
成功させなければならなかった
2013年は1621万に達した
更なる飛躍を考えて牛一頭のプレゼントを決定した
ヒントを得たのは大相撲の千秋楽で優勝力士に
宮崎牛1頭を差し上げることから
 
ふるさと納税は三股町ではふるさと未来基金としている
2014年度は
100万~300万以上の寄付に対して
牛肉 (最大1頭分、3頭限定)を贈るコースと
10万円以上に対し
黄金いくらなどのグルメが毎月届くプレミアムコース(100人限定)
を新たに設けた
 
牛肉コースは受付開始と同時にメールが殺到
4分で募集を締め切った
計 1100万 牛 3.5頭分 となった
プレミアムコースも順調のようだ
しかも応募は北海道から沖縄までと全国から・・・・・・
 
まさに1つのユニークなアイデアが地域活性化につながった良い事例だと思う
地方公共団体は慢性赤字の状況が続いている
全国の人たちが
自分の応援したい故郷を援助する
そんな形でできたのがふるさと納税制度
 
三股町の事例はアイデアだけでふるさと納税を
全国から募集できることを改めて実践して見せた
 
ヒントはどこでも転がっている
是非全国の地方自治体は
アイデア次第で注目を浴び、応募も全国から来る
ふるさと納税制度を積極的に活用して
更なる地域活性化を図っていただきたい

ホテルアソシア名古屋ターミナルの物語

知人の勧めで4月19日映画を見に行った
素晴らしい映画だと言われたがあまり期待もしていなかった
名古屋の小さなホテルのドキュメンタリーだと言われ
それが心に引っ掛かっていた
 
会場に行くと殺風景な場所で
少し心配になったがいよいよ映画がスタート
タイトルは 「日本一幸せな従業員をつくる」
ホテルアソシア名古屋ターミナルは名古屋の人に惜しまれながら
2012年9月30日36年の歴史に終止符を打った
 
映画の主役はJRの労働組合の事務局長から10年前に
ホテルに転勤してきた支配人の柴田秋雄氏だ
映画の最初の5分間で柴田秋雄氏に吸い寄せられていく
あと10日間でこのホテルの営業が終わるという
ホテルアソシア名古屋ターミナルは
柴田さんが来たときは債務超過寸前の4期連続赤字
それを黒字化して10年連続増収の記録を創り上げていた
ただ再開発のためホテルそのものが解散になると言う時だった
 
彼が目指したのはリストラでもなく、成果主義でもなく
日本一の従業員になることだった
 
障害者をうちは雇用している
特別扱いはしない
耳が聞こえない女性を採用し
レストランで働かせている
一番心配したのは母親だった
しかし彼女は家族とホテルの同僚に有難うとの手紙を書いてくれた
それをしっかり読む彼女の姿に泣けた!
 
名古屋を襲った集中豪雨があった
電車も止まりどこにも帰れない
駅もお客であふれかえった
他のホテルはお客の締め出しを始めた
アソシアは悩んだ末に居場所がない人たちのためにホテルを解放した
夜中にはスープのサービスを行った
総料理長が言う
気合が入ったんでしょう
あの時作ったスープは一番旨かったと
この事はあとで新聞はじめマスコミで話題になり
ホテルのイメージアップに貢献した
 
食中毒を出したことがある
7人だった
公表の基準は10人
後の影響は深刻だと考えたが
しかし正直に発表した
新聞社などマスコミは小さく扱ってくれた
クレームは何件かあった
しかし驚いたのはその後のお客様の予約の殺到だった
本当に感激した
 
出入りの業者の方々から
このホテルは家族か親戚のように思っている
 
銀行との約束で黒字にしないといけなかったとき
その年は赤字になりそうだった
そのことを知った従業員組合は10%自ら給与カットを申し出た
ありえない話だがそれでこの年黒字にすることができた
 
涙が出て止まらない
久しぶりにそんな思いを持った映画だった
柴田さんの熱さが心地良い
そしてお前が大切なんだと言う言葉に重みがある
どうすればみんなが幸せに働けるかをいつも考えないといけない
そのことが心に深く突き刺さる
再度会社とは、従業員とは一人一人幸せとは を考える良い機会になった
 
横に新しいマリオットホテルができたにもかかわらず
10年間前年比をクリアーしていった奇跡のホテル
そして名古屋のホテルで最もボーナスが良かったホテル
188人の家族を作ったホテルアソシア名古屋ターミナル
それはすべて柴田さんの言う従業員満足度なんだと
 
わざわざ宮崎までお越しいただいた柴田秋雄さん
素晴らしいドキュメンタリーを制作された岩崎監督にも拍手を送りたい
感動をありがとうございました
この感動のムーブメントが全国に拡がって行くことを祈念しています
 

パン・オ・トラディショネル(札幌)

札幌の円山公園あたりは
東京で言えば広尾か麻布あたりのイメージの町になった感がある
それほど隠れ家的なお店やセンスの良いお店が増えた
 DSC_0152
その円山公園駅に隣接してマルヤマクラスの1Fに
人気のパン屋さんがある
パン・オ・トラディショネル円山本店
 
マークもお店もなかなかセンスが良い
お店に入ると焼きたてのパンの香りがいっぱい
DSC_0154 
お店の天井もロゴマークを大きくしたもの
特徴は何といっても天然酵母(ルヴァン・リキッド)を使用した
低温長時間熟成のハード系のパン
ここの人気NO1がバケッド、NO2がクロワッサン
 DSC_0151
横のカフェコーナーで
焼きたてのパンと珈琲を楽しむことができる
今日はフレンチトーストと珈琲
これで500円
日頃めったに食べないフレンチトーストもなんだか優しい味
DSC_0155
このパン屋さん
ハード系の方が人気のようだ
人気は札幌だけにとどまらず
最近は東京にも進出しているようだ
 
こんなパン屋さんでのモーニングカフェも良いものだ
そんなお客さんが家族でもちらほら・・・・
北の大地で花開いた香ばしいパン屋さんだ
札幌の朝食は
たまにはホテルから抜け出し
こんなところで取られたらいかがでしょう!
 
 
 
香ばしさ度   ★★★☆
 
パン・オ・トラディショネル円山本店
011-688-6201
 
札幌市中央区南一条西27丁目1-1マルヤマクラス1F
9:00~20:00(無休)
 

クラークカレー(札幌・北海道大学)

札幌に行くと私の好きな散策スポットが2つある
一つは中島公園
朝早く四季の息吹を感じながら
木々の緑や水面に朝日が反射するのを眺めながら
深呼吸する一時は心と体の体操になる
 
あと一つは北海道大学
東京ドーム38個分という膨大な敷地
今日は4月というのにまだ残雪が残っている
広いキャンパス内を歩きながらポプラ並木を眺めるのも
素敵な時間である
散歩につかれたらレストランエルムでしばしコーヒータイム
上品な内装、ゆったりとしたスペースでとても落ち着ける
接客も良い
札幌の名門ホテル、札幌グランドホテルの直営というから
なるほどうなずける
目の前に広がる雄大な風景を愛でながらの珈琲もまた格別である
 DSC_0157
さてここには名物のクラークカレーがある
出てきた取り合わせの野菜のカラフルさとバランスの良さに
目を奪われる
カラーピーマン、ブロッコリー、人参、カボチャ、ズッキーニ、
ジャガイモ、小豆のフライなどなど
それに牛肉も
ピクルスなどの薬味も豊富である
DSC_0158
さてルーは・・・・
口に入れると最初はさっぱりした感じだが
次第に旨味と辛さがじんわり体を回り始める
あくまでもマイルドな辛さだ
 
感じたことだが
このカレーのいろどりの良さは
宮崎のカレーでも取り入れるべきだと思う
宮崎はフードアイランドというほどの野菜王国
しかし宮崎ではこのようなカレーはあまり見たことがない
是非隠れたカレーの宮崎の名店Oak(実はバー)やみょうがやで
こんな感じで宮崎版クラークカレーを出してほしいものだ
DSC_0159 
北海道大学ならではのクラークカレー
これを食べてもう一度大志をいだくことにするとしよう!
 
 
カラフル度  ★★★☆
 
レストランエルム  
札幌市北区北11条西8北海道大学ファカルティハウスエンレイソウ
011-726-7601
11:30~17:00
(土日休み)
 

貫録のお尻!

昨日鹿児島のある温泉のサウナで何気なくテレビを見ていた
競馬中継になった
競馬には門外漢の私だが
つまらないと思いながら仕方なくそのまま見ていた
 
桜花賞のレースのようだ
馬を見ていると
その中のハープスターのお尻が目に入った
ハリもあり貫録のお尻である
ほかの馬の1.5倍あるように見える
オッズも1.2倍という断トツ人気
気になりレースを見ていた
 
スタートから3コーナーまではどん尻だ
大丈夫かなと思った瞬間
ハープスターのスイッチが入る
大外からの追い込みは驚異のスピードだ
ハラハラしながら見守る
ぐんぐん追い込みトップに出て
鼻差で差し切った
歓声とどよめきが会場に響き渡った
ぞくぞくするような圧巻のパフォーマンスだった
 
デビューからのコンビの川田将雅騎手は
ほっとしたと言いつつも
ハープスターの力がどれくらいあるかまだ分からない
まだ全力を出していないと・・・・・
 
ふと頭にデジャブの世界が表れた
何か過去見たような情景
はっと思った
伝説の馬と言われたデープインパクトに似ている
競馬に疎い私でもディープインパクトの名前は知っている
武豊とのコンビで走りの凄さに日本中が熱狂した
後方待機からの強烈な追い込み
瞬発力とスピードと持続力
武豊騎手は走っていると言うより飛んでいる感じという言葉を残したほどだ
 
温泉から帰り調べてみると
やはりディープインパクトが父だった
道理でオッズの人気も合点がいく
ディープインパクトの走りをそのまま再現したような鳥肌物の走りだった
 
競馬ファンにとっては常識とも思えるような話で申し訳ないが
競馬に疎い私がこの馬を見たのも何かの縁だろう
貫録のお尻のハープスター
どん尻からトップという素晴らしい走りも見せてもらった
 
今後日本だけでなくディープインパクトが果たせなかった
世界での優勝に期待したい

逝きし世の面影(渡辺京二)

四、五年程前にある方からいただいたのが
逝きし世の面影という本だ
この本は1999年和辻哲郎文化賞を受賞した名著でもある
読みながらはっと気付かされる貴重な本でもあった
 
幕末から明治にかけて来日した西洋人たちが
日本の国がどういう国なのかを
外国人の目を通して素直にわかりやすい美しい日本語で書いてある
実は私はこの本を読んで外国人から見た当時の日本に感激したことがある
日本って素晴らしいと・・・・・・
 
ただ現在
日本人は幸福度ってあまり感じていないのが現実だ
簡素さと豊かさなんて誰が思っているのか?
農業も後継者問題、TPPなど問題が山積している
里山をだれが今から守っておくのか?
日本の中でも親や子の殺人など昔では考えられなかった
犯罪も勃発している
 
そんな現代日本を生きている中で
この本を読むとあの時代の日本人の素晴らしさや幸福度
そして農業を通しての地域整備など
あらゆる観点から目からうろこの自国日本が見えてくる
少しご紹介したい!
 
 
第3章 簡素と豊かさ
 
ハリス 1856年8月に日本に着任し下田近郊を訪ねて
 
この土地は貧困で住民はいずれも豊かではなく
ただ生活するだけで精いっぱいで装飾的なものに目を向ける余裕はない
それでも人々は楽しく暮らしており、食べたいものは食べ
着物にも困っていない。
それに家屋は清潔で日当たりも良くて気持ちが良い
世界のいかなる地方においても
労働者の社会で下田におけるよりも
良い生活を送っているところはあるまい
 
イライザ シッドモア  1884年鎌倉の風景の描写
 
日の輝く春の朝、大人も男も女も子供らまで加わって
海藻を採集し砂浜に広げて干す
漁師のむすめたちが脛を丸出しにして浜辺を歩きまわる
藍色の木綿の布きれを姉さんかぶりにし、背中に籠をしょっている
子供らは泡立つ白波に立ち向かったりして戯れ
幼児は砂の上で楽しそうに転げまわる
・・・・・・・・婦人たちは海藻の山を選別したり
ぬれねずみになった御亭主に時々ご馳走を差し入れる
あたたかいお茶とごはん
こうした風景がすべて陽気で楽しい
誰もかれも心うきうきと嬉しそうだ
だから鎌倉の生活は、歓喜と芳醇から成り立っているかのように見え
くらい面などどこ吹く風といった様子だ
 
まるで映画の情景が目に前に拡がって行くような美しい日本の春の風景だ
ブータンの幸福度は話題になったがまさしく日本の幸福度は
この時代日本にあったと確信できる
 
 
第四章  親和と礼節  エドウィン・アーノルド
 
この国以外世界のどこに気持ち良く過ごすためのこんな共同謀議
人生の辛いことどもを環境の許す限り、
受け入れやすく品のよいものたらしめようとする広汎な合意
洗練されたふるまいを万人に定着させ受け入れさせるこんなにも見事な訓令
言葉と行動の粗野な衝動のかくのごとき普遍的な抑制
毎日の生活のこんな絵のような美しさ
生活を飾るものとしての自然へのかくもいきいきとした愛
美しい工芸品へのこのような心からの喜び
たのしいことを楽しむ上でのかくのごとき率直さ
子供へのこんな優しさ
老人と両親に対するこのような尊重
洗練された趣味と習慣のかくのごとき普及
異邦人に対するかくも丁寧な態度
自分も楽しみ人を楽しませようとする上でのこのような熱心
この国以外のどこにこのような国が存在すると言うのか・・・・・・?
 
日本について色々な意見がある現在において
わずか150年足らずの過去の日本が
私にとって模範の日本であったことは間違いがない
 
私達が失ってきた日本の凄さと素晴らしさを
しっかりと感じなければならない
そのことをいつも読むたび気付かされるのがこの本である
 
様々な問題に向き合わざるをえないのが今の日本だと考える
日本は再度
西洋人が見た素晴らしきあの日本を目指す時だと考えている
その起点は里山かもしれないし、農村、漁村かも知れない
過去の日本が持っていた幸福度を客観的に見て考え行動を起こすことが
日本の明るい未来につながるのかもしれない
 
逝きし世の面影の過去の日本は
近未来の日本でなければならないと私は確信する・・・・・
 
 
 

銀座 篝(かがり)東京

東京銀座のラーメンで最近食べたのが
むぎとオリーブ
パスタイメージの名称が面白く入ったことがある
ハマグリそばを注文したが
油ばかりが口の中に充満して閉口した
ハマグリの上品さが油に負けている
そんなラーメンにがっかりした
 
さて今日は銀座4丁目のど真ん中
ビルとビルの間の隙間みたいな路地にこのお店はある
SOBAという文字が何とも新鮮だ
一見小料理屋みたいな店構え
開店すぐというのに行列だ!
行列に並ぶのも一瞬あきらめかけたが
気を取り直して並ぶ
DSC_0147 
ようやくお店に入れた!
カウンター8席だけのお店で
店員の方もまさに割烹を彷彿とさせる白いいでたちですがすがしい
期待度も膨らむ!
 
ここは鶏白湯の評判のお店
噂通りに鶏白湯SOBA(850円)を注文
そして焼きおにぎりとフキ味噌とめんたい乗せ(300円)
SOBAはクリーミーでちょっとポタージュみたいなスープ
スープに入っている刻み玉ねぎはスープをマイルドにしてくれている
DSC_0149
臭みもなく素直においしい
懐かしい味でありながら、新鮮な味でもある
今までの人生の中で食べた鶏そばの中でもベストに近い味だ
 DSC_0148
焼きおにぎりは見た目は綺麗
魚貝系の出汁でお茶漬けふうに食べる
薬味はしょうがとチリメン山椒
焼きおにぎりは少し考えすぎか?
味は普通だった
 
ただ久しぶりにラーメンだけで感動してしまった
 
 
SOBA度   ★★★★☆
 
 
銀座 篝(かがり)
 
東京都中央区銀座4丁目ー4-1銀座Aビル1F
11:00~15:30  17:30~21:00
日曜休み