丸大ホール本店(川崎)

川崎駅前に昭和初期創業の名物食堂がある
昭和ムード満載のお店で
地元で働く人々に愛されてきた大衆食堂酒場だ
 IMG_2181
朝の8時半からオープンしている
休みともなれば常連さんが朝からお酒を楽しんでいるそうだ
しかも思ったより中が小綺麗なのがよい
このお店のおばちゃんたちの仕切りが抜群だ
注文も聞いていないようで聞いている
お酒を飲みすぎたお客にはもうこれ以上はだめよと
お叱りを受けるほど・・・・
IMG_2175 
今日はまぐろぶつとホッピーを頼む
ホッピーのさわやかさは休日の昼間にはちょうど良い
マグロぶつもそれなりに美味しい
 IMG_2177
次はオムライス
鶏肉とケチャップの甘辛い味が懐かしさを増幅させる
期待以上だ
 IMG_2498
最後の〆は中華そば
おばちゃんに言わせるとスープは手がかかっていて
料金の割にはおいしいのだと言う
スープは少ししょっぱいが
しっかり作ってありなかなか良い味だ
 
川崎の駅前に丸大ホール本店
一度は行って見る価値がある昭和の雰囲気満天のお店である
 
 
昭和度   ★★★☆
 
 
丸大ホール本店
 
川崎市川崎区駅前本町14-5
044-222-7024
8:30~22:00
土曜休み
 
 

流れるものは万能である

勝負の世界で
20年以上負けなかった雀師がいる
桜井彰一氏
麻雀界でも伝説の人だ
鉄火場の世界で負け無しの偉業を達成した人の言葉は
限りなく深い
人の生き方、自然に対する向き合い方を考えさせられる世界観がある
 
 
流れるものは万能である
 
動(動物)
静(植物)
流れ(自然)
 
流れているものが自然であり
そこにバランスをとって居住しているものが
植物であり、動物である
 
動は100年
静は1000年
流れは無限である
 
 
人間はいつの時代でも自然に挑戦をし続けている
その歴史こそが人間の目先の利益や便利さだけを考えたもので
それは結局、自然に対するいじめにつながっているなのかもしれない
そんな人間に対して自然は怒りだしている
そんな現象が地震や噴火や津波で現れていると
解釈することは不自然ではあるまい!
人類が開発を行えば行うほど自然災害は大きくなるばかりだと思う
 
 
 
割り込みこそが恥さらしなのです
 
割り込みを進歩とか、積極的にとかごまかしてはいけない
割り込みが悪行を生む。
待つ列に人が割り込めば
不快が生じ喧嘩すら起こる
心と行動に分裂をきたす
国が他国に割り込めば戦争となる。
 
欲が過ぎたり
自分勝手、他人無視の心になったりすると
人の領分を侵したくなる
人の幸せをねたむのも
人の幸せに割り込むことなのです。
 
割り込むと奪うことになる。
奪うことは悪事につながる。
親が子の世界に割り込むから
子供は侵略されて子供らしさが無くなってくる。
 
 
世界で割り込みがはびこってきている
国家間の紛争をはじめ
子供の教育から
人間関係や
東日本大震災まで
割り込みの論理で考えると素直に理解できる
 
桜井章一氏
20年以上麻雀界で無敗を続けた人の言葉は限りなく重くて深い
 

アグリアートの野菜

宮崎の梅雨は
過去10年間なかったような長雨が続いている
おかげで野菜の葉物は非常に厳しい状況だ
今日は大吟醸を楽しむ会の野菜をお願いしようと
アグリアートの松本慎一郎氏を訪ねた
社長でお父さんの松本さんは
中国に農業指導に行かれている様だ
 
アグリアートは宮崎市内で
有機農業で頑張っていらっしゃる農業法人だ
私もまだ3年のお付き合い
松本社長の有機農業を始めた考え方と農業のあり方に共鳴して
それ以来ファンになっている
何度かお米も野菜も食べさせていただいた
体には黒米がとても良いようで
まだ解明されていないが抗癌作用もあるらしい!
 
大吟醸を楽しむ会の食材野菜はニンジンとビーツが良いかなと言われて
一緒に畑まで見学に・・・・
紫ニンジンはサラダにすれば彩りも良いし甘い
イエローキャロットは葉が柔らかいのでてんぷらでも美味しい
IMG_2651
ビーツはほうれん草の種類の野菜とのことだそうで
食べる輸血と言われる程健康には良いようだ
ビーツはそのまま煮てボルシチに使うのが普通だが
ゆでてサラダに使ったり
グリルして食べてもとてもおいしいと言われていた
IMG_2658 
松本さんは、これだけの雨は私も初めての経験
おかげで雑草はどんどん生えるし
雑草でもいもち病になっているものもある
こんなことは今までなかった
いつもはズッキーニの時期なのだがこの長雨で全滅した
マンゴーも日照時間が足りなくて糖度が出ない
本当に大変ですとコメント
 IMG_2660
農業は自然との闘いだということを
改めて実感させられた
 
綺麗に洗うと色がこんなに鮮やか!
 IMG_2668
 
大吟醸を楽しむ会には
紫ニンジンやイエローキャロットなど3種類
3種類のビーツが新登場し
宮崎食材に彩を添える
是非会場で目にされた方には食べていただきたい逸品である

HIGASHIYA GINZA

東京銀座1丁目のポーラビルの2階に
素敵な和のティーサロンがある
名前は HIGASHIYA GINZA
お菓子のコーナーの奥にはゆったりとしたカフェが広がっている
日本のお茶を中軸にお菓子や食事も出す
伝統の中に新しさも感じる空間だ
 IMG_2579
IMG_2572
 
 
赤紫蘇の冷たいお茶と緑茶をお願いする
一つ一つ丁寧に入れてくれる
お茶の作法を見るだけでも楽しい
赤紫蘇は豊かな香りが口の中に拡がっていく
冷たさがのどに心地よい
 IMG_2574
IMG_2575
 
豊かなもてなしは銀座の中で進化した日本の美意識さえも
味わうことができる
私にとっては
銀座にまた一つくつろぎの空間が増えた
 
 
 
美意識度   ★★★☆
 
 
HIGASHIYA GINZA
 
東京都中央区銀座1-7-7ポーラ銀座ビル2F
03-3538-3240
11:00~22:00 火曜~土曜
11:00~19:00 日曜・祭日
月曜休み
 
 

喜泉(宮崎市)

京風会席のお店 喜泉が
宮崎市の一番街の近くから
反対側の四季通りの一角に移転し新装オープンした
宮崎山形屋の裏通り、ジャマイカの横と言ったほうがわかりやすいかも
IMG_2637 
カウンター席から見る白木のカウンターと
木をふんだんに使用した内装はゆったりとした落ち着きを見せてくれる
部屋も椅子席でご高齢の方にも楽しめそうだ
さて評判だと言うお昼のランチを食べに・・・
 
先付け
 IMG_2638
あらの刺身   
 IMG_2639
茶碗蒸し
器が素晴らしい
 IMG_2642
はまちの幽庵焼き
 IMG_2644
野菜炊き合わせ、ご飯、汁物、香の物
 IMG_2645
バランスのよさ、味付けの上品さが群を抜いている
量も程よく
健康を意識されている方にもとても良い料理だ
奥様の接客も気持ちよい
 IMG_2647
これに薄茶と蕨もちまでついて2000円
コストパフォーマンスも素晴らしい
少し安すぎるのでは?
とこちらが心配になるほど・・・・・・
 
なるほど、特に女性の方々に絶大な人気だと言うことも理解できる
開店されたばかりで大変だろうが
味の豊かさと深さが伝わってくる料理の数々
是非これからも頑張っていただきたいお店だ
今度は夜にお邪魔しよう
 
 
バランス度     ★★★★☆
 
 
喜泉
宮崎市橘通り東3丁目5-5
0985-29-7706
11:30~14:00
17:30~22:30
月曜休み
 

レッツトライ!

ソフトバンクのアジアIT企業への投資が
ダイナミックに加速度を増している
 
2014年11月
インドのスナップディールには約680億円
2010年創業ネット通販大手で
ECコマースサイトの登録は2500万人、加盟店は5万店以上と言われる
インドのANIテクノロジーズには約230億円
2010年創業のタクシー配車プラットフォームの会社で
国内19都市で33000台以上配備している
 
2014年12月
インドのロコン・ソリューションズには約110億円
ハウジング・ドット・コムは不動産のネットサイト
国内4000件以上の物件を網羅している
インドネシアのトコペディアには約110億円
ネット通販大手で追加出資となる
シンガポールのクラブタクシーには約300億円
 
2015年1月
中国のトラヴィスには約700億円
配車サービス
 
2015年6月
韓国のフォワード・ベンチャーズには1240億円
クーパンの名称で通販のサービス展開を行っており
スマホ経由が75%の高さとなっている
 
このソフトバンクの投資を主に任されているのがニケシュ・アローラ氏(47歳)だ
インド出身で通信業界のアナリストとして活躍後
2004年グーグル入社
2011年から上級副社長
世界のIT業界でも大物の1人だ
しかも技術とビジネスの両面から判断できる
 
孫正義氏との出会いは2008年だった
孫正義はヤフージャパンの検索エンジンをグーグルに切り替えたいとの依頼だった
アメリカヤフーはマイクロソフトのBingを採用することを決定
しかし孫は独自にグーグルと組もうと考えたのだ
 
マサは私に レッツトライ!と言うだけでした
私はその気になってしまい一緒にビジネスで成果を出そうと決めました
スプリントの買収後カルフォルニアで何度か食事をするたび
ソフトバンクのビジョンや戦略など何回か話し合いました
日本でマサの自宅に招待され
ゴルフも一緒にプレーしました
ここで初めてソフトバンクにこないかと言われたのです
グーグルを愛しているのでありえませんと言いました
マサはそのときもレッツトライ!と言うだけでした。
 
ニケシュ・アローラ氏は6月19日付けで
ソフトバンクの代表取締役副社長
ヤフーの取締役会長の職につく
人脈やビジネスの才覚が私をはるかに上回っていると絶賛する孫正義氏
ソフトバンクも通信会社から世界のIT投資会社に舵を切った
孫正義、ニケシュ・アローラの二人三脚での
壮大なネット業界でのソフトバンク世界制覇の夢は始まったばかりだ
 

獺祭新工場完成

梅雨の合間に山口へ・・・・・
 
山口県の山奥に近代的な12F建てのビルが建った
これが30億円をかけた獺祭の新工場だ
全く足りないと言われている獺祭のお酒だが
この新工場で大規模な増産に取り組んでいく
獺祭1 
桜井博志社長に案内をしていただいた
12階には獺祭ホール
100人は軽く入るホールだ
社長はプレゼンルームだとおっしゃっていた
3方からスクリーンが下り、
獺祭の工場の様子や酒造りの理念などのプレゼンが行われる
10階は蒸し器
手作業と機械の効率化を改善しながら行っている
蒸し器の機械がとてつもなく大型だ
この蒸し器は一つのチャレンジだったが良い形で稼動してくれてほっとしている
 獺祭9
特徴的なのは醸造タンクの小ささと数の多さ
5キロタンクが100、3キロタンクが200と
ほかの酒蔵と比べても小型だ
室温は5度に管理されている
タンクが小さい分、きめ細やかな管理ができると桜井社長
 IMG_2617
1001が新工場で初めて仕込んだタンク,8月下旬には出荷出来るそうだ
 
特質すべきは巨大麴室!
圧倒的な世界一の広さ
しかもステンレス張りは桜井さんだからこその発想だ
周りに埋め込んだパネルヒーターで温度管理ができる
ここだけ温度は36度に保たれている
酒造りの肝と言ってもよいポイントのこの場所には
40台の床台が並びその上には1トンもの二割三分用の蒸し米が
普段では絶対に見ることができない種切りの様子を見せていただいた
蒸し米に種麴をふりかける作業を種切りという
若手の職人さん4~5人が同時に種切りを行っていく
その姿が凛として美しい
この麴室があと2つ将来のために確保してあるという
獺祭10 
現在の従業員は一挙に173名に増えた
酒蔵としては人数が多いと思うが
品質にこだわれば人間は増える
人が財産だと桜井社長
 
昨年は12000石、今年は16000石
そして来年は24000石が目標
懸案の山田錦も南は熊本から北は新潟まで
12県で栽培していただいているようだ
米の確保に一定のめどはついたと話されていた
 獺祭8
海外展開は
世界のレストランシェフはパリを見ているので
食の情報発信基地としてパリをしっかり押さえる
そして北米のマーケットで売り上げを拡大していく
アジアに関しては不安定要因が多いので様子見のようだ
 
4月下旬安部首相訪米での晩餐会は磨きその先へが使用されたが
実は3月頃ホワイトハウスから話があった
しかしオフレコの話なので誰にも話さなかった
いつもながらスマートな桜井社長
6月からは富士通のテレビCMでも桜井社長を見ることができる
ギャラは0ですよと笑いながらさわやかに答えられた
 
まだこれから瓶詰め工場など20億ぐらいの投資が続くそうだ
獺祭のチャレンジはとどまることを知らない!
 
 
 
 

きゅうくつは、うまい。

都会の狭い居酒屋で
居心地の良さを感じる瞬間がある
その店ならではの酒と肴、
そして人とのふれあいや人情に安らぎを覚えるのだろう
 
コピーライターの岩崎俊一氏が
世界コミュニケーションの年1983年に
東京新聞に掲載されたコピーが今でも心に残っている
 
 
きゅうくつは、うまい。
 
 
お酒を飲まない方のために紹介すると、
 
あの有名な新宿ゴールデン街や
 
渋谷のガード近くの酒場などは、
 
一軒一軒が、はなはだ狭い。4~5畳ぐらいのところに、
 
大の大人が10何人もひしめいて飲んでいるんですね
 
(中には立ちっ放しで飲んでいる人もいる)。
 
何もそんなに狭いところ(お店の人、ゴメン)で
 
飲むことはないでしょ、と言いたくなるんですが、
 
男たちはとろけそうなほど幸せな顔をして飲んでいる。
 
そんな(ある意味で不思議な)光景にでくわすたび、
 
ああ、この人たちは人に会いに来てるんだな、と思う。
 
人を酔わせることができるのは、
 
結局人だけかもしれない、と思うわけであります
 
その証拠に、「私、お酒は一滴もダメで」などと
 
言う人がその中にいて、そしてその中の誰よりも
 
しっかりと酔っているふうに、見えるのです。
 
体温があるから、コミュニケーションは美しい。
 
 
宮崎にも安べえ小路という飲み屋街があった
その中には小さな飲み屋が15,6軒は入っていた
三津というお店は小さいカウンターだけのおでんのお店だったが
とても人気があり知名度も全国的だった
その小さいお店で肩を触れ合うように飲んだ酒とママとの会話
そして知らない人々とのノミュニケーションは今でもよい思い出だ
きゅうくつはうまい!
それはまさしく体温を感じるコミュニケーションだった
最近宮崎はそんなお店がなくなってしまって少し寂しい・・・・・・・
 
 

自己流(竹ノ内佑也)

18年ぶりに日本・東京で行われた
第16回世界剣道選手権大会で一番注目を浴びたのは
筑波大4年生の竹ノ内佑也だった
 
宮崎県宮崎市高岡で
3歳から剣道をはじめ
7段を持つ剣士の父親から厳しい剣道の英才教育を受けて育つ
小学校6年では全国大会に出場し個人準優勝
高岡中時代には夏の全国大会で優勝
福岡大学付属大濠高校では黒木監督の下で
インターハイ団体、玉龍杯で2年連続優勝とタイトルを総なめにする
 
そして剣道界に事件が起きる
2014年全日本剣道選手権大会において
竹ノ内佑也が21歳5ヶ月で史上最年少優勝を果たしたのだ
警察官の優勝が常識となっていた今までの剣道界において
学生が日本一になったこと自体が驚きであり衝撃だった
まさしく新風を吹き込んだ
 
彼の剣道は圧倒的な圧の強さ
と動体視力の確かさとスピード
打てる間合いの見極め
師匠の先生でさえ威圧感を感じると言う
素顔はベビーフェイスの可愛さ
あっけらかんとした表情がすがすがしさを感じる
試合でも緊張したことがないようだ
 
彼はサインをお願いされるといつも「自己流」と書く
師匠の先生の言った通りにするのであれば
誰もが同じくうまくなる
それを突き破るのは自分しかできないもの+アルファーだ
それを竹ノ内は自己流と名づける
 
学生で始めて世界大会の日本代表の団体戦に出場
先鋒を務める
決勝は予想通り韓国
相手は194cmの長身
体全体で圧力をかけてくるがひるむことはない
4分20秒
一周の隙を突き竹ノ内の小手が決まる
これで流れに乗り日本が団体戦で優勝を勝ち取った
 
剣道界の至宝とも言われる竹ノ内の将来が今後も楽しみだ
思うのだが宮崎には素晴らしい武道館もある
竹ノ内をはじめ剣道の人材も数多い
しかも鵜戸神宮は剣法発祥の地だとも言われてる
世界では剣道の愛好家も多い
この財産を活かさない手はない
オープン参加の剣道の国際大会、アジア大会などの確立を早急に考えるべきだ
それが大きな観光活性化の手段になると確信する
 
 

アル・ケッチャーノイン銀座2015

銀座の奥田シェフのお店
山形サンダンデロでアル・ケッチァーノイン銀座が
6月3日に開催された
 
今回の参加蔵元は
新潟の八海醸造の湯沢一夫常務
そして山口の旭酒造の桜井博志社長と言う話題の顔ぶれ
 
奥田シェフには事前にお酒をお送りして
お酒の味覚シートを作成して
メニューを考えていただいたのだが
そのメニューがぐるぐる変わっていく
しかもそのたびに原価が上がっていく
そんな冷や冷やも面白い体験だった
奥田シェフに言わせると日本酒の温度で味が変化するため
どの温度で、どの順番で飲ませるかを考えると
頭の中でどんどんメニューが変わって行ったのだそうだ
 
乾杯は獺祭三割九分スパークリング
料理はあおりイカのフリットとフローレンスフェンネル
IMG_0119 
次は獺祭 磨きその先へ
このお酒は1本3万円と言う貴重なお酒
綺麗な透明感の中に甘さを感じるお酒
佐土原ナスのタルタータと生うに
これを口に含ませお酒を飲むと
今まで体感したことのない味が膨張し
その後にさらっとすべてが消えていく感覚だ
うにと佐土原ナスとその先へ
素敵なマリアージュだ
_AKO0363 
八海山 大吟醸には
フォアグラムースとクレームブリュレと宮崎のスイートコーン
贅沢な取り合わせ
スイートコーンも奥田シェフらしい使い方
 _AKO0403_AKO0435
 
 
_AKO0393
磨き二割三分には
鯛のほっぺたと宮崎キャビア
キャビアソルトで一塩した鯛の身のサラマンダー焼き
ドキッとするインパクトも絶大!
説明は宮崎から駆けつけていただいた宮崎キャビア協同組合の坂元参事
_AKO0510
_AKO0498 
磨き二割三分遠心分離には
すっぽんと春キャベツのリゾット
遠心分離機の機械は一台3000万
この機械でお酒を回しながら圧をかけないで絞っていく
だからこそ非常にクリアーな味に仕上がる
旨さが凝縮しているリゾットと酒が見事に調和している
 IMG_0141
 
_AKO0583
 
カルビーの創業者の松尾さん、奥田シェフ、獺祭の桜井社長
 
八海山吟醸には
イセエビの丸い酸味のトマトソースフレーグラ
程よい酸味がお酒と表情豊かな調和を見せてくれる
_AKO0593
 
八海山本醸造には
ふろふきにしたジャガイモにゆでた宮崎牛の脂と
赤身の宮崎牛の薄切りを乗せて
ふろふきにしたジャガイモと宮崎牛がとっても美味しい
この宮崎牛はみょうが屋の岩永さんに特別に調達してもらったもの
感謝である!
 _AKO0628
笑顔の素敵さが食事会の心地よさを現している
奥田シェフ、湯沢常務、桜井社長そしてご協力していただいた村田会長
有難うございました!