フルーツ大野(宮崎市)

宮崎市の飲み屋街
西橘通の一角に宮崎の千疋屋と言われる
フルーツの名店がある
ここは併設されたパーラーが大人気
夜になると女性客を中心に満員となるという盛況ぶり
 
創業は1982年
果物は宮崎自慢の果物をはじめ
全国から取り寄せた果物も置いてある
 
さて今日は食事の後に寄ったが
30分ほどすると満席になってしまった
ほぼ9割が女性だ
 IMG_0455
一番人気のフルーツパフェ850円を頼む
スイカ、メロン、イチゴ、ミカンなどが入ってカラフル
盛り付けも綺麗で豪華
この季節でスイカがこれだけ甘いのはビックリだった
アイスクリームが今一だが
この料金では文句も言えない
 
宮崎の飲み会の〆は釜揚げうどんも良いが
たまにはこのフルーツパーラーでホッとするのもよいものだ
 
 
トロピカル度    ★★★☆
 
 
フルーツ大野
宮崎市西橘通
0985-26-0569
11:00~23:00 (日曜祭日休み)

未体験の混沌

G0後の時代の本の著者でもあり
世界の10大リスクでも知られている
イアン・ブレマー氏が12月3日モーニングサテライトの
番組インタビューに答えた
注目すべき発言があったので紹介したい
 
2015年は欧州の政治リスクが大きかった
ナショナリズムの台頭に加え
中東情勢が波及し、一層欧州不安になった
一番の想定外は
原油の劇的な下落
これによりサウジアラビアなどの産油国が打撃を受けた
 
これからは
アメリカが率いてきた世界的秩序は終わり
私たちが知らない、より混とんとした世界になる
そしてさらに地政学的リスクは拡大していく
 
世界で唯一グローバルな経済戦略を持っている国は
アメリカではなく中国であると断言する
中国は改革のペースを成長が上回り
国家管理資本主義と自由主義経済が融合した
ハイブリッド型になる
 
世界も自由主義経済は終わり
国家資本主義と自由主義経済のハイブリッド型に移行していく
 
ブレマー氏の指摘通り
まさに今の経済は各国中央銀行の金融緩和という管理経済になりつつあり
今までの資本主義とは別の顔を見せている
国家がハンドリングをしなければ経済が成り立って行かない
そのこと自体が異常なのだが・・・・
 
最後に日本の中国に対する姿勢は・・・・
 
中国と競争することを考えてはいけない
日本が目指すべきはシンガポールのような国だ
シンガポールは欧米よりの政治だが、経済的には中国にも
信頼されている
 
イアンブレマーのインタビューは
世界にとって未来は
今までとは違った未体験ゾーンが続くことを示唆している
地政学的リスクはまだまだ拡大し
しかも自由主義経済は終わり、国家が管理するハイブリッド型に移行していく
その中で世界で唯一の経済戦略を持っているのは中国
それにどうやって日本は対応していくのか・・・
難しい選択が待ち受けている
 
混沌の世界とは私たちにとって
生活の質さえも変化させる
大激動時代の始まりだともいえるのかもしれない

野鶴亭(鹿児島・日当山温泉)

鹿児島最古のいで湯として知られているのが
隼人の日当山温泉だ
神代の時代から在ったと言われ
西郷隆盛が頻繁に通った湯としても知られ
坂本龍馬も新婚旅行で立ち寄ったとされる数々の逸話が
残されている温泉だ
 
鹿児島空港から車で坂を下って15分ほど
天降川の川岸に立つのが日当山温泉の中の
野鶴亭(のかくてい)
風格のある玄関、
中に入ると数寄屋づくりの部屋が落ち着く
夕方の宴席の後
温泉に入ったが、無色透明で肌触りも良く湯冷めもしなかった
 IMG_3190
目覚めると夜明け前
もう一度温泉に・・・・・
誰もいない、静寂な空間
柔らかい灯に照らされる湯殿であたたまり
リクライニングチェアで火照った体を冷まし
光のトーンが徐々に変化するのを感じながら
夜明けから朝になるのを楽しむ
心安らかになる
四季の移ろいを体感する貴重な時間だ
IMG_3194 
とても湯上りの感触が良い
話を聞くと万病に効くという温泉らしい
人が少なく落ち着ける温泉も贅沢な時間である
聞くと温泉だけでも入れるようだ
機会があれば行かれても良い本物温泉だと思う
 
 
野鶴亭(鹿児島・日当山温泉)
0995-42-6400

栄ふく(徳山)

毎年の大吟醸を楽しむ会で山口の獺祭の蔵元が必ず持参されるのが
ここのフグ刺し
是非一度はそれを食べたいと思っていた
徳山駅から車で10分ほど
海岸から一筋入った店にお邪魔する
 
実は徳山はフグはえ縄漁の発祥の地
漁師だった青木さんご夫妻は
フグ料理を食べに下関をはじめ全国を食べ歩いた
フグの卸業をしながら
自宅を改装して天然トラフグのフグ料理店を開店したそう
アットホームな雰囲気で
なんだか親せきの家に来ているよう
 
桜井社長ご夫妻も同席していただき
獺祭二割三分で乾杯
 IMG_3272
目の前には美味しそうなフグ刺し
ここの刺身は厚みがあり
全国を食べ歩きこの厚さに決めたのだという
フグ独特の食感が味わえる
ネギに巻いて食べるとまた風味が豊か
 
白子もねっとりとしてながらさっぱり感もある
 IMG_3275
次はフグの唐揚げ
ここで獺祭スパークリング登場
唐揚げとは素晴らしい相性だ!
 IMG_3276
IMG_3277
そのあと鍋を食べて雑炊で〆
 
名物女将は八十を過ぎてもまだまだ現役
口は悪いが根はさっぱり
誰が来ようが、口調が変わらないのが素晴らしいところ
名物女将は私がもう少し美人であったらこのフグ料理は3万から4万取れると笑う
IMG_0440 
最後に名物女将と桜井社長とのツーショット
フグ料理と獺祭
まさに最強の組合わせである!