序奏とアレグロ(モーリス・ラヴェル)

桐原直子さんが企画監修したコンサート
「ラヴェルを巡る音楽』が
1月28日メディキット県民文化センター演劇ホールで開かれた
 
桐原さんは
宮崎クラシック界の代表的なフルート奏者であり
FM宮崎の日曜日の朝のクラシック番組 『音楽の森』で
長年パーソナリティを務められた人
クラシックを大変わかりやすく解説されてきた功績も大きい
現在は劇場の音楽事業アドバイザーとして活躍中である
IMG_3768 
モーリス・ラヴェルの曲を聴けば
パステルカラーのパリの風景が浮かび上がる
優しい日差しの中のセーヌ川の流れ、パリの街の営み
オーケストレーションの魔術師と言われる繊細で色彩を感じる音楽
その中に時折感じる孤独と静寂館
 
コンサートの出演者は宮崎県出身でヨーロッパに音楽留学をしていた
ハープの津野田圭さん
フルートの熊谷愛香さん
クラリネットの日高由美子さん
ピアノの松本伸章さん
 
そしてスペシャルゲストには日本で唯一とも言ってよい
常設の弦楽四重奏団  クァルテット・エクセルシオ
 
このグループのラヴェルの弦楽四重奏曲は圧巻だった
繊細な音色と
各個人の音色が複雑に重なる熟成された豊穣の響き
ラヴェルの洗練された色彩感が鮮やかに表現された演奏だった
演奏を聴くだけで
実力の高さは日本のほかのクァルテットの追随を許さないこともよくわかる
 
最後の曲は桐原さんがこの曲を生で演奏することを考えて
コンサートの構想を練ったと言われる
ラヴェルの『序奏とアレグロ』
この曲はフランスのハープ会社が新型ハープの普及のために
ラヴェルに依頼して作ったとされている
桐原さんも大好きな曲で番組でも一年に必ずかけていたという曲だそうだ
 
クァルテット・エクセルシオと3人の県内演奏者がそろい七重奏
ハープが主役の真ん中
津野田圭氏のオレンジと黒の衣装が映える
演奏が始まった
豊かなパリの風景が蘇るようだ
まさしくモネの絵画がぴったりの音楽だ
ハープの音色が複雑かつ精微でエレガント
まさしくハープ協奏曲といってもよい
 
明るく・軽く しかも深みのある豊かなコンサートでした
100年前のパリを彷彿とさせる音楽の玉手箱
企画と曲の解説をされた桐原先生、県内出演者の4名の皆さん
そしてゲストのクァルテット・エクセルシオの皆さま
素敵な時間を有難うございました!

ソロスから見える世界経済

年明け以降、市場が不安定化している
原油価格の低迷、中国をはじめとした世界株式市場の急落、
バルチック海運指数の最安値更新、為替の変動など
世界はより混とんとして来ている
 
そんな中、世界で著名な投資家として知られるジョージソロス氏が
1月7日スリランカのコロンボで行われた経済フォーラムで講演した
 
中国が新たな成長モデルを見つけるのに苦労しており
人民元の切り下げが問題を世界中に飛び火させている
金利の動向は新興国に難題を与えると指摘
現在の状況は2008年に類似している
中国は調整に関して大きな問題に直面している
私に言わせれば危機と呼んでよいものだ
 
中国に関して大変厳しい見方だ
そしてスイスで行われたダボス会議では
1月21日ブルームバーグTVのインタビューに答えて・・・・・
 
2015年の世界株式の急落の主な原因は中国
中国のバブル崩壊は現実に起こったこと
中国のハードランディングは不可避
だが中国はそれを乗り切ることができるだろう
3兆ドルの外貨準備もある
しかし問題なのは中国経済がデフレを輸出すること
世界経済へのデフレの影響が気になる
 
中東情勢、原油価格、商品価格の低迷など
 
デフレは我々が経験したことがないキーワード
最後にデフレを経験したのは1930年代
だから人類はデフレにどう対処してよいのかわからない
 
リーマンショック後の世界経済を支えたのは中国だった
4兆元の財政出動で世界経済の成長の牽引役となった
しかし同時に中国は負債も膨らませた
中国の債務はGDP比で300%という膨大なものに膨れ上がっているようだ
 
しかしソロス氏が警戒するのは
中国が与える世界への影響だ
中国との最大貿易国はEU
新興国だけでなく、EUをはじめ先進国にも大きなデフレを輸出することになる
このことはさらに世界経済の低迷に導くことになる
 
FRB ECB、日銀など
世界の中央銀行は金融緩和というマジックで
資産バブルにして、危機を先延ばしにしてきたが
各国の債務は膨らみ続けている
中国の成長の鈍化と外需から内需への方向転換、
アメリカの利上げで
いよいよ世界のお金の流れが逆流していく
最後の塞となる国債バブルもどこまで続くのか
その終わりの時も近づいているように感じる
 
ソロスの言葉からも覗えるように
時代は世界経済大変動の時を迎えたようだ

奥丹 南禅寺店(京都)

寒い冬になると食べたくなるのが湯豆腐
その湯豆腐の名店と言われるのが京都の奥丹
奥丹には南禅寺店と清水店があるのだが
今日は南禅寺のほうへ
IMG_9632_1 
1635年に精進料理の丹後屋として創業
その後丹後屋治兵衛が考案した湯豆腐が評判となり
奥丹となる
湯豆腐発祥のお店と言ってよい
 
南禅寺から歩いて2~3分の場所に
奥丹がある
暖簾をくぐると人の行列が・・・・・
予約をしていて良かった
2階の座敷に通され
まずは豆腐田楽
そして金瓢のお燗を・・・・
柔らかなお酒だ
名物湯豆腐が出てきた
まったりした優しい豆腐だ
 IMG_9634_1
IMG_9635_1
この地下には昔ながらの豆腐工房がある
にがりも塩から天然にがりを抽出している
大豆も滋賀県比良地方の無農薬の大豆だとか
そこで職人さんが豆乳を天然にがりで凝固させて毎日作っているという
素材と水に徹底的にこだわっている
 この湯豆腐を九条ネギと特製のたれで頂くIMG_9636_1
京都の軟水と厳選された大豆で毎日作られる昔豆腐と
若狭の昆布がここならではの湯豆腐を作り出している
豊かなあたたかいひと時
このお店は湯豆腐だけでなく周りを囲む庭園の美しさも堪能してほしい
 
 
歴史度    ★★★
 
 
奥丹 南禅寺店
 
京都市左京区南禅寺福地町86-30
075-771-8700
11:00~16:00 (木曜休み)

ロームシアター京都

2015年10月京都岡崎の文化的景観が
国の重要文化的景観に指定された。
IMG_3641
この地区は美術館をはじめ平安神宮、岡崎公園、動物園、琵琶湖疎水
など文化資源が多い地区だ
その地区の中で文化の殿堂として親しまれてきたのが京都会館
 IMG_3643
京都会館は前川国雄の代表的建築の一つだと言われている
前川氏は ル・コルビジエの下で学びモダニズム建築の旗手として
戦後の日本建築界をリードした建築家だ
 
京都会館は1960年に開館し
2012年3月でリニューアルのため閉鎖
そして2016年1月10日にロームシアター京都としてリニューアルオープンしたばかり
今までの2005席のコンサートホールをはじめ新しい施設がオープンした
テーマは創造、育成、交流、生活
 IMG_3645
1Fのインフォメーションではペッパー君がお出迎え
 IMG_3646
IFにはTSUTAYAとスタバが入っていて
京都本などがゆっくり楽しめる空間
本とコラボの展示も楽しい
 IMG_3660
2Fはカフェ&レストランのモダンテラス
誕生の高い広々とした空間は
前川建築の優美さを垣間見ることができるゆとりの空間
 IMG_3647
IMG_3649
ただ朝食1000円がひどいものだった
和食を食べたがご飯も美味しくないし
カマスの一夜干しや小皿も見てくれだけの寂しさを感じる味わい
聞けば日本茶もないという
これからのメニュー改善は急務だろう
 IMG_3651
3Fはゆったりしてくつろげるフロアー
あまり知られていない場所だけに穴場の場所になりそう
 IMG_3662
そのほかレンタサイクルなどがあり
散策には十分に楽しめる
京都にまた新しい文化の拠点が誕生した

鴨鍋と蕎麦と日本酒を楽しむ会

1月21日は一番寒いと言われている大寒
宮崎の蕎麦の名店しみずで
鴨鍋と蕎麦と日本酒を味わう会が開催された
 
お天気も曇りでちらほらみぞれ交じりの雨がぱらつく
寒い日だった
温かい鴨鍋をつまみに
今日は9種類の日本酒を味わう
 
乾杯は 郷の誉スパークリング
 IMG_3733
次は新春らしい縁起の良い酒 開運純米大吟醸
 黒龍 大吟醸
IMG_3734IMG_3739IMG_3735
 
漬物は山形の温海カブと京都なりたの生姜大根
日本酒にはぴったりのアテ
 IMG_3738
田酒 特別純米
 IMG_3737IMG_3746
鴨鍋はまずハマグリからとぜいたく
 IMG_3744IMG_3743
菊姫2013(鶴の里) 2007IWCチャンピオンサケ受賞
濃淳旨口の酒
IMG_3736 
ずらり並んだ銘酒の数々
 IMG_3741
満寿泉、写楽、神亀甘口、七本槍、銘酒を飲みながら鴨鍋を味わう
神亀・甘口や満寿泉のお燗が大好評
IMG_3748
 豊かなひと時に参加された方も話が弾む
 
風邪に立つライオンのモデルとなった柴田紘一郎先生
脳神経外科の脇坂先生と
大吟醸を楽しむ会の司会をお願いしている戸高洋子さん
 IMG_3758
参加された皆さんは鴨鍋と日本酒を存分に堪能されたよう
最後は貸し切りにしていただいたしみずさん,本当に有難うございました
鴨鍋と蕎麦 大変美味しかったです!
 IMG_3762

鵜戸神宮(日南市)

日南海岸はさわやかな青空、そして紺碧の海
日南海岸を颯爽と走るライダーの姿も増えてきた
 
今日はグレイトアース宮崎ライドの打ち合わせで鵜戸神宮へ
昨年の大会がNHKチャリダーで放送されたこともあり
エントリーも好調だ!
ここのエイドポイントでは参加ライダーに
日南名物 魚うどん とチキンヒーローがふるまわれる
 
鵜戸神宮はひむか神話の重要な舞台となった場所
山幸彦が兄の海幸彦の失くした釣り針を探しに竜宮へ・・・・
そこで海神の娘 豊玉姫と出会い結ばれる
豊玉姫はこの岩窟にウガヤフキアエズノミコトを生むための産屋を建てる
その場所が今の鵜戸神宮の本殿だ
ウガヤフキアエズノミコトは神武天皇の父
IMG_0520 
天孫降臨の瓊瓊杵尊
そしてウガヤフキアエズノミコト
神武天皇へと続く
日本のルーツにつながる重要な神社でもある
 
日本初の女帝の推古天皇の時代(593年~)に社殿を創建して
鵜戸神宮と称したと言われており
その歴史は大変古い
 IMG_0516
岩窟の中の本殿を見ると
よくここまで木材を運んできたものだと感心させられる
まさに自然と人間が作り出した壮大な眺めだ
 
鵜戸神宮は剣法の聖地としても有名だ
南北朝時代には日本最初の剣豪と言われた相場四郎義元(慈恩)
が剣法『念流』を
室町時代には愛洲移香が剣法『陰流』をこの地において創始したと伝えられている
このことから毎年鵜戸神宮では
剣道大会が開催されている
最近では海外の剣道家が剣法の聖地を見たいと
訪れることも多いとか
 IMG_0518
穏やかな日南海岸とは
また趣が違う海と岩の風景だが
豊かなひむか神話と剣法の聖地を味わうのも
旅の楽しみかもしれない

ポチロンのパスタランチ(宮崎市)

宮崎市内中心地の山形屋立体駐車場入り口の前に
このお店はある
2012年にオープンしたというから
早いものですでに丸3年が経過した
 
技術に裏打ちされた山本シェフの料理が評判の
相変わらずの人気店だ
 
お店の店内はカジュアルながら明るい内装
自然で女性好みに作られている
今日はパスタランチ 1200円
 
宮崎野菜サラダとスープ
IMG_3519
 
メインは九条ネギとあさりとかぶのパスタ
和風を感じながらもモダンテイストのパスタだ
パスタのゆで加減も程よい
 IMG_3521
デザートとコーヒー
 IMG_3523
このランチメニューであの金額とはCPも高い
調理はすべてを一人でこなしている山本シェフ
宮崎の野菜をうまく取り入れながらのフレンチは確実にファンが広がっている
フレンチのお店としてまだまだ伸びる要素を持ったお店だ
 
 
期待度   ★★★☆
 
 
ル・ポチロン
 
宮崎市広島通1-4-9第一小田ビル1F
0985-73-8092
日曜休み

第4回西都原エンデューロ開催

2016年1月17日宮崎県の西都市・西都原で
4時間耐久のエンデューロが開催された。
コースは西都原古墳群内特設周回コース
3.8キロの公道を完全封鎖して行われた
 
朝5時過ぎから続々と参加者が受付に集まり始めた
エントリーは399名と過去最高だ
IMG_3675 
西都原から見る朝日も美しい
IMG_3683 
IMG_3687IMG_3686
今年の招待選手は
ブリジストンの藤田晃三選手 (1992バルセロナオリンピック個人ロードレース日本代表)
清水都貴選手 (2014年世界選手権日本代表)
 
 写真左が藤田選手、右が清水選手IMG_3718
西都の橋田市長の歓迎の挨拶の後
朝8時半にスタート
IMG_3693
IMG_3698
IMG_3707
天気は晴れから曇りとなり11時ごろから小雨が降りだす
というコンディションの中、事故もなく
無事に12:30チーム部門、13:00にソロ部門終了
 
そのあとキッズレースが13時30分にスタート
未来を担う子供の姿が凛々しい
 IMG_3713
昼食は西都市ロータリークラブの皆さんが
豚汁を大鍋で調理してのふるまい
西都市グリーンツーリズム研究会が地鶏飯のおにぎり
素朴で愛情たっぷりの昼食が
疲れた体に優しい美味しさ
 IMG_3708IMG_3710
本降りになってきた雨の中での表彰式も盛り上がった
商品は西都市特産の野菜や焼酎など西都色が満載
IMG_3731 
IMG_3724IMG_3729IMG_3727
 
総合優勝は熊本県の左迫間昭一さんでした
 
大会を運営された実行委員長の黒木さん、
宮崎県サイクリング協会の奥口さんをはじめ
西都市役所の皆さん、ボランティアスタッフの方々
本当にお疲れさまでした
選手の皆さん、来年また西都原でお会いしましょう
 

らいふのぱん(宮崎市)

宮崎で天然酵母の先駆けのパン屋さんとしても
有名なのが らいふのぱん
主婦のボランティアからスタートしたのが最初だという
昔は会社を回って巡回販売みたいなことも行っていた
安全安心のパンは口コミを通して拡がっていった。
 IMG_0505
今日は大坪町にあるお店にランチにお邪魔してみた
一階はできたてのパンをはじめ
素材にこだわった自然食品や地場の野菜も販売している
パンはポストハーベストなしの国産小麦を使用している
しかも天然酵母使用だ
 IMG_0504
一階でランチの注文をして
2階のイートインのカフェコーナーで食べる
生き生きサラダセット
量が凄い
8~10種類の野菜が入っているサラダにパンとコーヒー
これだけでおなかいっぱいになりそうだ
 IMG_0503
カフェというよりレストランといった落ち着ける雰囲気だ
パンが足りなければ自由に食べられるコーナーもある
個人的には少し量が多いかな?
 
LIFEの英語の意味は生活、生物、人生、生命とのことで
食べ物を通してこの4つを考えていく会社だとか・・・・・
理念もしっかりしている
 
 
安心安全度   ★★★
 
 
らいふのぱん
 
宮崎市大坪町倉ノ町4410-1
0985-53-6661
7:00~19:00
ランチ 11:00~14:00
日曜祭日休み
 
 
 

Singularity

昨年あたりからSINGULARITY(シンギュラリティ)
という言葉が話題となっている
この言葉は数学者でSF作家でもあるヴァーナー・ヴィンジ氏と
未来学者で発明家でもあるレイ・カーツワイル氏が言い出した言葉だ
和訳すると技術的特異点
 
ヴァーナー・ヴィンジ氏が1993年に出した
『The Coming Technological Singularity』 は大きな話題となった
コンピュータの技術の加速的進展は
我々が想像もできない領域に達するだろうとの内容だった
 
孫正義氏は昨年ソフトバンクアカデミアの講演で
コンピュータが人間の知能を超える日が30年以内にやってくる
一般人のIQを100とすると
天才と言われたアインシュタインやダビンチはIQは200
今まで地球の歴史において最も知的能力を持っているのは人類だった
それを初めて人工知能が超える
そのクロスポイントがシンギュラリティと言われる
2040年にはスマートロボットの台数が人類を上回ると予測する
30年以内にはコンピュータのIQは10000の時代が来る
人間の100倍の知能だ
想像を絶する時代が来ると言っている
 
フリーのテレビプロデューサーであるジェイムス・バラット氏
レイ・カーツワイル氏を何度か取材したのち
人工知能の本を出した
519XUtxpXsL._AA160_
人類は人工知能を追及することによって
自分よりも賢く
自分では制御することもできないし、十分に理解することもできない
知能を作ってしまうことになる
人間の何万倍という人工知能を持つロボット
しかも自己進化が可能となる人工知能の出現が2045年には現実になる
それが一度起これば人類が滅亡する可能性が高い
 
この警告はビルゲイツや
宇宙学者のスティーブン・ホーキング博士、
テスラのイーロン・マスク氏が共通認識だ
ホーキング博士は完全な人工知能を開発できたら
それは人類の終焉を意味するかもしれない
またイーロン・マスク氏は
人工知能にはかなり慎重に取り組む必要がある
結果的に悪魔を呼ぶ出すことになるからだ
 
技術的に進歩した存在がそれより進歩していない存在と
出会ったらどうなるか
それは歴史が証明している
 
しかしシンギュラリティに関しては
レイ・カーツワイル氏はあくまでも楽観的だ
人間もスマートロボットも
ハートを共有して豊かな生活を築き上げることができると言う
将来ロボットの知能が人類の知能を凌駕していくことは間違いない
 
その時に人類にとってどんな未来が待っているのか?
それはGOODなのかBADなのか・・・・・
 
文部科学省は遅ればせながら2016年度の概算要求で
人工知能研究で100億円の予算を盛り込んだようだ