二郎さんのまぐろ談話

すきやばし次郎の小野二郎さんが
まぐろについて
「すきやばし次郎 鮨を語る」 の本の中で次のように語っている
まぐろの現状と二郎さんのまぐろの価値観が
一目瞭然としてわかる内容だ
 
わたしらが一番頭を抱えるのはマグロ
なかなかいいのがない
私が欲しいマグロってのはとにかく香り。
一口かむとふっと艶めかしい香りがツーンと鼻に抜けて、
力強いのに押しつけがましくない脂や甘み、酸味や渋みが
ジワッと口中に広がっていく。
大海を巨体で悠々と泳ぐ、王者の鮮烈な血の香りですね。
ただし脂がしつこくちゃあいけない。
しっかり脂はまわっているのだけれど、さらっとしている
そんな軽快さが欲しいんです。
だから200キロを超しちゃう大シビよりも
150キロ未満の小兵が好きなの、私は
 
少し前までは近海物が無くなると
300キロ級の一本釣りの
ボストンマグロ(通称ジャンボ)が空輸されてきて
これはこれで使い勝手が良かった。
脂が赤身までまんべんに回っていて
中トロや大トロはさすがに脂がくどくて
ラードみたいだったり、筋が強かったりと欠点はあったけど、
それはこっちの腕でカバーできた。
そのジャンボが今は全く来ない
世界的なSUSHIブームで日本に持ってくるまでもなく
相場は立つし、小型のものはすべて畜養に回されちゃう
畜養は生臭みばかり残ってマグロ本来の香りが全くありません。
 
そういう次第でここのところ輸入マグロは全く使いません。
近海物はと言うと
押しなべて脂が薄い
うまみが足りない
香りが立たない
ただ赤いだけで硬い
そして妙にスマートなんです。
太らないで背ばっかり伸びている
大真面目に私はこれも地球温暖化のせいだろうと睨んでいます。
つまり海水温度が下がらないから
いつまでも薄着のまま、脂をまとわずに成長しちゃう
いくら寝かせったってしっとりしない
もうゴリゴリ
 
 
またマグロの良し悪しは漁法ではなく
釣った後の手当てだと二郎さんは言う
釣ったらできるだけ早く殺しを入れて
暴れないようにして
血や内臓を抜き
チルド状態で冷蔵する
この手当に尽きると言う
 
次郎のお任せは
赤身、中トロ、大トロと出てくる
だから特に最後の大トロがくどすぎるのは禁物だと言う
 
海の王者たる本マグロだからこそ
軽るみの中に妙味あり
この年になって得た最終結論です
 
大吟醸を楽しむ会を開催するようになってから
7月は全国から海産物を仕入れる関係で
日本の海が年々どのように変化しているのかを感じている
特にここ3~4年の海の激変はまぐろやうになど
劇的に減少していると言っても過言ではない
地球温暖化による海流の変化
異常気象
豪雨
世界的な鮨ブーム
がそれに拍車をかけている
 
現状のまぐろの状況がどう変化していっているのか
日々、マグロを握り続けている
名人職人だからこその言葉は想像以上に重い
 

ぬか床 千束(福岡市)

福岡に日本の発酵食 ぬか漬をメインとしたお店がある
名前は千束
ここのぬか床のルーツは
200年以上も前、信州松本から小倉に伝えられたもの
そのぬか床は代々受け継がれている
ここのぬか床は米ぬかも無農薬
一緒に入れる山椒の実は天然の防腐剤になると言う
それから唐辛子、昆布、柚子の葉などを入れて仕込んでいる
 
朝夕にわが子のようにぬか床を
       めでて過ごせし 吾の一生
 
現在の店主下田さんのお母さんが詠んだ歌だそうだ
ぬか床に対する愛情を感じる歌だ
 
ここはランチの1000円だけのメニュー
メインはぬか炊きした魚か肉を選べる
今日は魚にする
 IMG_5497
野菜中心の小皿が三皿
IMG_5499
これがうわさのぬか漬
 
ご飯やみそ汁が自然に美味しい
鯖のぬか炊きが味がしみ込んでおいしい
しみじみと懐かしさを感じる味わいだ
IMG_5498
メインの鯖のぬか炊き
 
一緒に出てくるぬか漬けの彩りと自然な優しい味わい
卓上にある柚子味噌もご飯に乗っけて食べても美味
日頃余りお代わりしない私が
思わずご飯お代わりと叫んでしまった
 
健康発酵食でもあるぬか漬は
日本の家庭に育った伝統食でもあり究極のスローフードだ
現在では家庭でほとんど作らなくなったぬか漬
その豊かな日本伝統の味わいを是非お試しいただければと思う
日本でも貴重なお店だと思う!
夜の営業がなくなったのは残念
 
 
真っ当度    ★★★★☆
 
 
ぬか床 千束
 
福岡市高砂2丁目9-5
092-522-6565
11時半~売り切れまで

大宰府天満宮

太宰府天満宮は
学問の神様として良く知られている
特に受験時期ともなると合格祈願が多いことでも有名だ
 IMG_5588
大宰府天満宮へと続く
参道商店街には隈研吾の設計したスタバがある
木を斜めに組み上げた個性的な空間
現代的でありながらも伝統的な木造技術の建物は
参道内でもユニークな人気のカフェとなっている
 IMG_5587
参道を抜けると入口には麒麟の像が建っている
麒麟は徳をもって治める王者のシンボルとされ
誠心を貫かれた菅原道真公の生涯と合わせ
1852年にご奉納されたもの
 IMG_5604
本殿は905年に造営されたが
その後数度焼失し
小早川隆景が5年かけて1591年に竣工した
檜皮葺の屋根が重厚で
桃山時代の豪壮華麗な様式を伝えている
IMG_5603 
ここも東南アジアの方々の参拝が多い
大宰府天満宮はアジアとの交流拠点だった歴史もあるのだろう
 IMG_5594
IMG_5599
ここから歩いて九州国立博物館も5分ほど
建物を見るだけでも価値がある
この施設も機会があれば是非ご覧いただたい

やす武(大宰府)

大宰府天満宮の参道商店街にある蕎麦屋
店頭では梅ヶ枝餅を焼いている
横の入り口から入ると奥は広い
ほぼ満席状態なのがここの人気を伺わせる
 IMG_5584
まずは梅ヶ枝餅を注文
焼立てだ
上品で甘さ控えめな餡も良い
香ばしくて豊かな味わい
 IMG_5579
蕎麦は鴨せいろを注文
鹿児島県のそば粉と井戸水で打っているそうだ
香りはそれほどでもないが
参道内で食べるのにはレベルが高い
鴨肉も十分入っていて汁も程よい
 IMG_5583
 
店内も落ち着いていて雰囲気も良い
みんなアルコールを楽しんでいるが
今日は我慢!
 
 
風流度    ★★★☆
 
 
やす武
福岡県太宰府市太宰2-17-6
10:00~17:30
 

第6回グレイトアース宮崎ライド2017

2017年のシーズンの先駆けとなる
第6回グレイトアース宮崎ライドは3月12日開催される
プリント 
巨人軍キャンプでおなじみの宮崎県総合運動公園
サンマリンスタジアム前からのスタートとなる
IMG_4003
コースは
青島トロピカルロード~堀切峠
そして道の駅フェニックス
絶景の日南海岸を楽しみながら鵜戸神宮へ
ここでは日南名物魚うどんが堪能できる
IMG_4008 
これが魚うどん (時間が経ってものびない)
 
そして道の駅坂谷へ
飫肥城では飫肥天やトン汁、おにぎりでランチを楽しむ
70キロのショートコースは飫肥駅からバスとトラックで輸送
運動公園に帰るコースとなる
 
ロングコースはここから山岳コースとなる
飫肥から北郷経由で道の駅田野を目指す
ここのだらだら坂はこのコースの難関の場所
登りきって少し下ると道の駅田野
ここでは疲れた時には最高のぜんざいをふるまう
下り坂を注意して下ると
田野の町を抜け運動公園がゴールとなる
ゴールでは名物地鶏の炭火焼が楽しめる
 
海あり山ありの
チャレンジ市街がある125キロコースだ
ナビゲーターは白戸太朗氏、片岡由依ちゃん
 IMG_2121
参加ゲストは山本隆弘氏
2015年の大会では雨のためやむなく道の駅田野でリタイヤ
この経験をもとに再度今回リベンジする
 
前夜祭は3月11日宮崎観光ホテルで
霧島ナイトでライダー仲間の懇親をはかる
 
是非早春の宮崎のロングライドをご堪能ください
ご参加お待ちしております
エントリーはこちら
 
グレイトアース宮崎ライド大会参加料金
大人        9,500円
高校生以下    3,000円  
 
前夜祭参加料金
大人       5,000円
高校生以下    2,500円
 
お問い合わせ
     0985-31-7086  地域活性化プロジェクト
     0467-38-4460  グレートアース事務局
 

ワイン食堂ギークス(宮崎市)

いつも事務所のデザインの仕事を手伝ってくれている
江藤万美ちゃんのご主人でもある
日高圭氏がはじめたワイン食堂ギークスが
もう3年を迎えるのだそう
圭君は宮崎観光ホテルで修業して独立をされた
ここまで3年間しっかりとやってきた経営手腕は立派!!
 
彼なりに色んなものを食べ歩き、
これからもたくさんのことを吸収して
良いものをどんどん取り入れていっていただきたい
 
まぐろのタルタル、豚タンのグリルなどを食べ
どちらも少し塩からいか?
 IMG_5491
メインは斉藤牛のロースト
斉藤牛は大吟醸を楽しむ会でもお世話になったが
飼料にビール発酵の特別なものを使用している分
非常に旨みがあるビーフだ
今日の肉は、これはモモかな?!
 
赤ワインも軽く1本なくなってしまった
IMG_5494 
奥さんでデザイナーの江藤万美ちゃんも
デザイン面ではキッチンマットなどをはじめ協力しているのが微笑ましい
このようにラブラブだ!
 
 後の宮崎ブランドポークは江藤君のデザインだそうIMG_5492
 
ワイン食堂ギークスは
若草通りの近くの2Fの店舗だったが
10月27日には新店舗を
ポチロンの2~3軒隣にオープンされる
山形屋駐車場の入口の道路(あいあい通)を挟んだ対面になる
 
料理の腕も高き志を持って
頑張ってどんどん成長していってほしい
日高圭氏のこれからの活躍にエールを送りたい
新ワイン食堂ギークスに
機会があればぜひ足を運んでいただければ幸いだ
 
 
ワイン食堂 ギークス
 
宮崎市広島1丁目4-6-1
0985-22-8550
 

Oakのサンデーランチ

通常はバーの名店なのだが
日曜日のお昼だけは
12:00~ランチが食べられる
知る人ぞ知るサンデーOakのランチだ
美味しいパスタやカレーのメニューに
ママが手づくりで作るデザートも付く
 IMG_1403
今日はプッタネスカを頼む
サラダの後は
お待ちかねのパスタ
スパイシーなソースが刺激的だ
本場ナポリでは娼婦のパスタと言われている
その名の通り、色っぽく魅力的なパスタだ
 IMG_1401
今日のデザートは
諸塚産のブルーベリーで作ったレアチーズケーキ
程よい酸味が心地よい
IMG_1402
コーヒーでゆっくり和んで店で流れる映画を見る
これで1000円とはとても安い
 
日曜日の豊かな昼下がり
私だけのほっとするひと時である
 
 
安らぎ度    ★★★★☆
 
 
Oak
宮崎市中央通り1−10第一ビル1F 
0985−29−1909
日曜日   12:00~16:30
月~日夜は  19:30〜

さるくシティ403VS五番街(佐世保市)

佐世保市には日本一のアーケード街がある
1997年に開設された
直線距離968mと言う直線では日本で一番長いアーケード街だ
四ヶ町、佐世保玉屋、三ヶ町の2つの町の数字と玉の0をとって
さるくシティ403と命名されている
IMG_5515
人口規模で一番元気だと称される名物商店街だが
実際に見てみると
約250店舗と言われるお店のほとんどが営業を行っていて
空き店舗がない
これも努力のたまものだろう
しかも古くからのお店と新しいお店がうまくマッチングしている
アーケード街の中央には広場とステージが設けられている
IMG_5517
YASAKOI祭りや数々のイベントを成功させ
資金よりもアイデアが勝負と自負している
地域活性化の大きなお手本となるアーケード街
親和銀行の本店もアーケード街に面しており
銀行からの支援や協力体制もあるのだろう
しかしなんだか土曜の午後と言うのに通行客が少ない
少しずつかげりがみられるような気がするのは思いすごしだろうか
 
このアーケード街を見て次に佐世保駅のみなと口に
2013年にできた大型商業施設の五番街を見てみた
アーケード街からは500mほどしか離れていない
JRの駅からは歩いて2~3分の距離と近い
とにかく便利で景色も良い
今時の典型的なショッピングモールだ
IMG_5532
港が見える絶好のロケーションにはTSUTAYAとスタバが入っている
施設のテナントも若者が飛びつきそうな店舗が入っている
駐車場は満杯、行列もできている
モールの中も人人人のにぎわい
 
少し古い調査だが2014年の佐世保市の調査によると
五番街に来た方々の40%は回遊せず
そのまま帰ってしまうという報告書が出た
率直に言うと、今のままでは若者や家族は
アーケード街よりも五番街を選択するだろうと思う
たぶん回遊せずという数字は現在は大きくなっており
アーケード街の売り上げも以前よりも落ちているように私の目には感じた
 
アーケード街と大型商業施設は多くの地方都市の共通の問題でもある
厳しい試練の中、どのような施策で町を活性化を図られるのか
はたしてアーケード街とショッピングモールは共存していけるのか?
日本でも有数の元気なアーケード街である
さるくシティ403の今後を注目していきたい!
 

佐世保の食堂と皿うどん

はじめて佐世保に来た
佐世保と言えば佐世保バーガーやレモンステーキが有名だが
もう少し地元密着型のものを食べたい
 
地元の人の話に聞くとよしだ屋が良いらしい
港の近くの道路沿いにお店はある
めしと書いていあるのが潔い
 
IMG_5513
 
入ると食堂ではあるのだが落ち着いた雰囲気
席に座り、魚の煮付け定食を頼む
味噌汁は貝汁にしてもらう
魚の煮つけは薄口醤油の味付けでさっぱり
ただ貝汁の汁が辛かった
ご飯もおいしくない
少し期待外れのご飯となってしまった
IMG_5511
 
 
 
視察をした後は長崎ならではの皿うどんを
駅ビルの並びにある香蘭へ
人気なのだろう
行列ができている
回転が速いので5分ぐらいでカウンターへ案内
今日は皿うどん気分
太麺の皿うどんを注文
オープンの厨房はご主人が一人で巧みな鍋さばき
ビールを飲みながら皿うどんを待つ
餡かけがたっぷり入った素朴な旨味の皿うどんだ
ご主人の力量が光っている
 IMG_5527
 
佐世保はトンボ帰りの視察だったので
グルメ探訪も中途半端だった
次回は是非ディープな佐世保を探索したい

TSUKEMEN宮崎コンサート(報告)

10月13日メディキット県民文化センターで
TSUKEMEN LIVE 2016 KYUSYU TOUR
が開催された
今回の九州ツアーの初日とあって
メンバー三人もしっかりと入念なリハーサル
 
内容は今までのオリジナル曲やクラシック、ジャズなどを
ツケメン流にアレンジした曲など
多彩なコンサート構成
最初は新曲の J beat
リストのラ・カンパネラ
テイクファイブとエリーゼのためにをミックスした
Take five for Elise
BASARA
神林     などなどを演奏
IMG_5564
2部の後半では
SAKURAをはじめ4曲の新曲も披露
たんぽぽやAKATSUKI、息吹など
静と動をうまく使い分けた曲の構成と
3人の絶妙なバランスの演奏は
TSUKEMENの大きな進化を実感したコンサートとなった
 
最後のアンコールで盛り上がりは最高潮
800人の観客は3人の豊かな音楽の感性と
パフォーマンスに魅了された
IMG_5566
 握手会も大勢のファンで大盛況!
 
KENTAがアイザックスターンでコンサートをやりたいと
コンサートで発言したため
打上げではその話も話題となった
 
メンバー全員がおばあちゃんと慕う
KENTAのおばあちゃんもコンサートの成功に満足げな表情だった
 
チケットの御協力をして頂いたKENTAのご親戚の甲斐さんはじめ
さだまさし宮崎後援会のかすみママや柴田紘一郎先生ほか
多くの方々に感謝申し上げます
 
ご来場いただいた皆様
本当にありがとうございました
来年はまた成長したTSUKEMENの演奏が楽しみです!
是非来年も皆様のご来場をお待ち申し上げます。