山崎牛とシャトーマルゴ—の夜

みょうが屋の岩永氏から
山崎牛を味わってみませんか?というお誘いに乗り
3月28日ベルエポックにお邪魔した
 
今日のタイトルは山崎牛スペシャルナイトの会
生産者の山崎社長も出席された
IMG_6433
山崎さんのお話では
現在野尻町で1100頭ほど肥育されている
ほとんどが神戸に出荷されるという
ベルエポックの宮田社長は山崎牛の魅力にほれ込み
神戸から逆輸入で仕入れているそうだ
 
岩永氏は
県内の若い肥育家で名前を上げると
必ず山崎牛と出てくる
今日はその意味でも楽しみだと話されていた
 
まずは佐伯市蒲江で採れた生ウニのジュレ
ウニがたくさん入っていて
濃厚かつ新鮮で磯の香りも食欲を刺激する
 IMG_6434
山崎牛ロースのエスカロープ&香川産ホワイトアスパラ
 IMG_6437
 
フォアグラのブラン ベーコン風味のカプチーノ仕立て
 IMG_6438IMG_6441
山崎牛内モモの真空調理
小林さんクレソンのソース 小川農園のトマト添え
 IMG_6442
クレソンソースが肉と良く合う
 
山崎牛ブリスケのプレゼ 赤ワイン風味
 IMG_6446
さてここでベルエポックの宮田社長からサプライズのワイン
1997年のシャトーマルゴ—が・・・・・
お客さん全員嬉しいビックリ
コルク栓の状態もグッド!
丸みと深みのあるシルキーな味わい、余韻も長く
女性的で官能的なワインだ
山﨑牛のブリスケには特に良く合う
 IMG_6451
 IMG_6453
延岡地獲れのすずきのポアレ
浅葱のマセラション 大根のレムラードを添えて
 IMG_6448
上品な魚の旨み、アクセントのネギの甘さが程良い!
 
山崎牛ロースのグリエ
 IMG_6454
山崎牛を食べての感想は
脂が軽くて穏やか
肉のくどさを感じないためさらりと食べることができる
肉の繊維も緻密で細かい
焼き肉だと少し荒々しさに欠けるかも知れないが
フレンチや和食にとても合うと思う
ある意味清楚な色気のある牛肉だ
 
最後はデザートで大満足
 
ベルエポックの料理のレベルの高さと
そして山崎牛とマルゴ—の旨さのマリアージュに感激した夜となった。
 
 
 

宮崎キャビア&獺祭 in延岡

延岡市の藤原酒店が
獺祭の特約店になったのを機会に
3月27日延岡市で
宮崎キャビアと獺祭の夕べが開催された。
 IMG_6415
ジャパンキャビアの坂元社長は
県北でキャビアの会を行ってほしいという要望があり
ようやく実現することができた
香港への輸出でも
香港でもキャビアと獺祭で行ってきたと挨拶
 
桜井会長はNY獺祭の会のビデオを見ていただきながら
獺祭の現状をお話しされ
今の蔵は100人体制の製造スタッフで管理している
蔵の規模からいうと考えられないほどの多いスタッフだと思うが
このことが獺祭の品質の源になっていると断言されていた
 
乾杯は獺祭磨き二割三分
IMG_1889 
宮崎キャビア6g瓶と
小海老とバターのカナッペ
カマンベールチーズと生ハムのカナッペ
マグロとアボガドのタルタル&オリーブオイル
 IMG_1896
獺祭の最高峰
磨きその先へも提供され
会場も盛り上がる
 Image-1
平目の薄造りと小葱の春巻き仕立て
 
チョウザメのムニエル、春の野菜とキャビア添え
 IMG_1890
などなど120名の参加者の皆さんは
宮崎キャビアの料理と獺祭のマリアージュを堪能されていた。
 
 

稀勢の里、不屈の魂!

先場所の千秋楽で
白鳳をすくい投げで破った一番に対して
稀勢の里は
「あんな相撲、たぶん15年相撲を取って一回もないかもしれない」
と話した。
この大一番で優勝し横綱昇進を決めた。
 
横綱の目標は色紙に「平常心」と書いた
 
様々なお祝いの行事が続いたが
稀勢の里は奢ることなくけいこを続けた
けいこの立ち合いで顔面を負傷しても
これは怪我には当たらないと平然としていた
まさしく平常心である。
 
今場所の稀勢の里の相撲は
一段と横綱の風格が出ていたように思う。
 
ただ13日目に左肩付近を痛めたときには
今場所の優勝は風前の灯となり
ファンの後押しがあるから出場するといった
14日目の鶴竜戦では一方的な完敗!
誰もが今場所の優勝は無理だろうと思った。
しかし最後には大きな劇的なドラマが待っていた。
 
ここからが今までの稀勢の里とは大きく違った
千秋楽では左肩の力がほとんど入らない中
照の富士を破り優勝決定戦へ
 
そして優勝決定戦の大一番では
またもや照の富士を破り奇跡的な優勝となった
見えない力が働いた
そんなことを感じさせる戦いだった。
日本全国の相撲ファンを含め
稀勢の里が流した涙に日本人全体が感動した。
 
良くスポーツは気持ちが大事だといわれるが
稀勢の里の不屈の魂が
勝ちを呼び寄せたのだと思う
まさしく神がかり的な勝利
稀勢の里にまたある種の凄みが備わった!
 
信念を持って努力を続けていればいつかは報われる
そんなことを再度教えてくれた価値のある稀勢の里の優勝だった!
 

ヴォアラ珈琲本店(霧島市)

鹿児島県霧島市国分に全国から注目を集める
焙煎珈琲の名店がある
名前はヴォアラ珈琲
Voilaとはフランス語で 「ここにこれあり」という意味だそうだ
IMG_6377
基本はコーヒー豆の販売がメインだが
店内ではコーヒーも飲める
1000円以上の豆を買うとコーヒー一杯が無料という
嬉しいサービス
 IMG_6369
店内は狭くて椅子はないが
立ち飲みで十分に楽しめる空間だ
お店の横にはとても大きな焙煎機があり
ご主人が作業されている
 IMG_6378
エルサルバトルの豆を買い
カプチーノ(350円)を頼む
ラテアートも本格的だ
クリーミーでなめらか、しかも飲んだ後の余韻も長い
 IMG_6373IMG_6376
キャラメルビスケットも一枚サービス
 
店内に書いていあるコピーは
ご主人の心意気と自負心が現れていてとても楽しい
 
旨さには種も仕掛けもございます。
 
ヴォアラの名の如く真に「ここに我有り」と
どんなときでもどんなところでも自分の存在(個性)を香りを
媒体に表現し、自らの力で考え、行動し、生き抜いていける
香りの伝染プロ集団を目指します。
 
霧島市で志の高いコーヒーに出会って私も元気をもらった
また来ようと思ってしまうお店だ
 
帰ってエルサルバトルの豆をひいて飲んでみたが
爽やかな酸味が私には好みの味だった。
 
 
仕掛け度   ★★★★+
 
 
ヴォアラ国分本店
 
鹿児島県霧島市国分中央5-3-17
0995-46-5183
10:00~18:00
(水曜休み)

 

 

神馬の御主人77歳でご逝去

太田和彦氏が居酒屋の世界遺産的存在だと
称賛するのが京都西陣にある居酒屋・神馬だ
私も一度お店にお伺いしたことがある
古い居酒屋ながら
御家族でされている温かで穏やかな雰囲気と
酒とつまみの旨さが一体となって
ほっかりと落ち着けたことを良く覚えている
 
共同通信の編集委員の上野敏彦氏は
京都で最も古い居酒屋の一つと言われる神馬の魅力を
京都の歴史とともに浮き彫りにした本を
2014年夏に出版した。
 IMG_6407
その神馬の御主人の酒谷芳男さんが昨年の11月に
お亡くなりになっていた。
身内だけで葬儀を済まされていたので
上野さんも知らなかったようだ。
その上野さんが酒谷芳男さんの追悼記事を書かれたのでご紹介したい!
 
 
京都は西陣にある1934年開業の居酒屋・神馬
「うちは飲み屋だから気楽に過ごして。店内の撮影も自由に。
うるさいこと言いませんから」。
いつも笑みを絶やさず、こう語る穏やかな人柄が誰からも愛された。
京都で最も古い居酒屋の一つ。
日本のハリウッドと呼ばれた映画産業の歩みに合わせ繁盛してきた。
酒蔵作りの建物にレトロな店内。
祇園の料理店で修業した二男の直孝さんが作る創作料理が評判を呼ぶ。
 IMG_6409
「居酒屋の世界遺産的存在」と称賛するのは太田和彦さん
「主人を中心に家族が協力し合う雰囲気が良かった。
僕にとって敷居の高い京都の入り口となった店」と話す。
中央卸売市場で半世紀近い付き合いがある仲買人の今西広美さんは
「魚を見る目は厳しいが、値段のことで文句を言われたことがない。
義理堅く心がぬくかった。いい人を亡くし寂しいわ」としんみり語る
 
大学卒業後、家業に入った時は、母親のとみさんが店を仕切っていた。
やくざの親分とも渡り合う肝っ玉母さんに、ボンボンとして育てられた。
酒は飲まなかったが、マージャン、競馬、パチンコ・・・・
とあらゆる賭け事をやった。
「何してもいいが、おぼれたらアカン、が口癖。
ビリヤードをしても玉の突き方がきれいと聞きました」と妻の紀代子さん
晩年はがんの再発で苦しんだが、いまわの際に
「お袋が寂しがっている。おいでと呼んでいる」とつぶやいたという。
「店の将来をどうせい、とも言わない。好きなだけやって逝きおった。
幸せな親父です」 こう語る直孝さんは、料理好きの息子と将来
2人で店をやろうと考え、今日も板場に立っている。
 
(共同通信記者 上野敏彦)
 
 
上野さんいわく、神馬のDNAは間違いなく伝え継がれ
途切れることはない。
私も次の京都は是非居酒屋の世界遺産と称される
神馬をのぞいてみたいと考えている。
 
 

女子フィギア 次世代女王の争い 

3月16,17に台北で開催された
女子フィギアジュニアにはこれからの女王争いを
暗示する大会であったとも言える
 
本田真凛
昨年大会の優勝から連覇を狙う!
フリーの演技の曲は
ロミオとジュリエット
彼女の特徴はジュニアとは思えない程、
身体の動きが魅力的で
大人の色気を感じさせる豊かな表現力だ
ほぼ完璧な演技で
難なく200点を超える大台超えを果たした
 
フリーでも第一位のザギトワ(ロシア)
まだ14歳
昨年から急激に伸びて来た選手で
層の厚いロシアの選手層から
昨年彗星のごとく現れて来た
 
後半に集中させる怒濤のジャンプ
しかも両手を上げてジャンプする難度の高いジャンプで勝負する
曲はドンキホーテ
後半のジャンプは圧巻だった
スピード、踏切りのタイミング
そして身体能力の高さ
これらが一体となってまるで機械のような正確さで
ジャンプを成功させていく
総合得点は208.6という
ジュニア女子歴代最高得点をたたき出した
 
今回の大会を見て感じることは
近い将来この2人が
女子フィギアの世界を引っ張って行くことになるのは間違いないだろう
2人にはそれほどのオーラを感じてしまった。
本田真凛の豊かな表現力
そしてザギトワの正確さと華麗さ
今後の女子フィギアの世界がまた楽しみになってきた!
 

SESSION(福岡市)

博多の広東料理で一気に人気のお店となった
場所は天神南駅からすぐのビルの2F
 
広東料理を優しく奥深く、新しい感性で
食べさせるお店だ
内装もおしゃれで落ち着く
サービスの方々の接客も程よい
 
今日は時間がないので昼のランチで訪問
メインは焼きそばで1080円
 IMG_5969
期待したが焼きそばのレベルは普通だ
油がべったりしすぎだ!
イーフー面の選択の方が良かったかな??
サラダや天心があるのは
この価格では嬉しい
 IMG_5970
随所にきらりと光るセンスは感じるのだが
お昼のランチでは高い願いは無理だろう
しかし色んな食べ物を試してみたい
そんなイメージを持たせてくれるお店だ
 
 
広東度  ★★★☆+
 
 
SESSION
 
福岡市中央区渡辺通5-25-18天神テルラビル2F
 
092-732-4444
 
11:30~15:30  17:30~22:00
水曜休み

炉ばた雷橋(福岡市)

以前から気になっていたお店
天神の露地にある中華そば郷屋の対面にあるお店が雷橋
予約しないで入ったが
一時間程度であればOKということで
カウンターに座る
とりあえずの野菜盛を頼んでビールをごくり!
仕事を終えてからのビールはうまい
 IMG_6305
野菜は一つづつ焼いてくれて
焼き加減を見ながら食べごろになったら
切って出してくれる
この丁寧さが心を気持ち良くしてくれる
 
繁桝のお燗を頼む
お燗の加減が素晴らしい
湯煎でやっているお燗の仕事ぶりに感動する
 IMG_6301
鶏盛り合わせ500円は色んな部位が食べられて
お得な一品だ
 
豚ほほ肉を焼いてもらった
辛子で食べる豚肉もジューシーで旨い
 IMG_6299
西の関のお燗を
いやあ、うなぎに合う酒11年連続ナンバー1
の記録を持つ酒だけに
豚肉にも良くマッチする
 
最後に焼きおにぎりを
出汁茶にして出してくれるサービスも嬉しい!
 IMG_6302
つまみの焼き方、出し方の丁寧さ
お燗の素晴らしさ
また来たいと思わせる福岡の炉端焼きのお店だ
 
 
 
丁寧度   ★★★★
 
 
炉ばた 雷橋
 
福岡市中央区渡辺通5-24-37 第5レジデンス江崎ビル1F
092-751-4110
17:00~24:00
(日曜休み)
 

グレイトアース宮崎ライド2017(報告)

グレイトアース宮崎ライドは3月12日
北海道から沖縄までの全国のライダー
そして台湾・香港からのライダー682名のエントリーで開催された
毎年春に開催しているが宮崎ライドは日南海岸が走れる魅力もあり
徐々に認知度が上がり
順調に参加人数を伸ばしている
 
前夜祭として開催されたKIRISHIMAナイトは
霧島の鏡開きでゲストの山本隆弘氏が乾杯
 IMG_6312
パーティには現役自転車オリンピック代表の
渡邉一成氏も参加し
オリンピック裏話を山本隆弘氏とのトークショーで
盛り上げてくれた
台湾からも人気サイクリスト夏美さんほか
11名のメンバーも参加
パーティを堪能していただいたようだ
IMG_6316
前夜祭の会場でしか飲めない霧島の限定酒が大好評だった
IMG_1835
 IMG_6325
アトラクションでの
全日本で三度優勝している響座の太鼓は圧巻で
参加者が感動して鳥肌が立ったというほどだった
彼らの太鼓には魂を震わす力と元気をもらえる何かがあると思う
 
さて一夜明けた早朝は穏やかな晴れ
スタートセレモニーでは戸敷正市長が歓迎のごあいさつ
ゲストライダーの紹介の後
スタート
 IMG_1864
IMG_1870
IMG_1866
 
IMG_1857
渡邉一成氏のバイクは160万だそうだ
IMG_1877 
道の駅フェニックスから見る朝日が奇麗だ!
 
各人のペースで日南海岸の絶景とグルメを楽しみながら
サイクリングを楽しまれていた
特に鵜戸神宮エイドの魚うどんや
 IMG_6338
道の駅坂谷のヨモギまんじゅうやでこぽんは大人気
 飫肥城では飫肥天と豚汁とおにぎりの昼食
 IMG_6349
飫肥からは北郷経由の山越えのきつーいだらだら坂
ここの難関を突破すると道の駅田野で
ぜんざいとお漬物が待っている
 
運動公園では地鶏の振る舞いも行われ
完走したライダーたちも舌鼓を打っていた
IMG_1880
  ロングを完走した日南市の大野副市長
IMG_6367
前日には綾のサイクリング、そして大会は日南海岸の絶景とグルメが最高との感想
来年はもっと仲間を連れてきたいと台湾のサイクリスト夏美さん
 
全国から来ていただいた約700名のライダーの皆さん
そして運営にかかわっていただいた多くのボランティアの皆さんと
サポートライダーの皆さん
特にメカニックの日野さん、中島さん、奥口さん
毎年ボランティアを指揮していただく下川隊長夫妻
日南振徳高校の高校生ボランティアの皆さん
最後に国土交通省、宮崎県、宮崎市、日南市をはじめとした関係各機関の皆様
本当にご協力ありがとうございました
心から感謝いたします
 
来年は今年の反省点を改善し
より進化した宮崎ならではの大会を目指したいと考えています
全国のライダーの皆さん、お楽しみに!
 
 

ひろし薫のロースハム(門川・土々呂)

私の好きな自家製ロースハムのお店
門川町土々呂にある斉藤精肉店が
4月に新しくなってオープンしたそう
 
延岡に行く機会があり
久しぶりにお店を覗いてみた
見違えるほどおしゃれな外観だ
駐車場も広くなってとても便利になった
 IMG_6240
斉藤精肉店は初代店主の斉藤寛氏が
平成元年に自家製燻製の製品をつくったことに
由来してひろし薫と名付けたそうだ
 
豚も都農の自家農場で飼育して
海藻やハーブなどの資料を食べさせ
臭みのない美味しい豚になっている
原材料の豚からから自家農場飼育なのが安全安心の最大の強みだ
 
それに保存料を使わない
ロースハムやベーコン、燻製製品には本当の価値がある
 
お店に入ると
3代目の斉藤裕典氏が一生懸命に働いている
IMG_6245
できたばかりだという
豚ひれ肉の燻製を見せてくれた
IMG_6247
肉の繊維に沿って綺麗にハムが裂けて
食べると肉の旨みと燻製の香りが程良い
 
一番人気のロースハムは
ここでは王道の定番商品である
IMG_6246
門川の人たちには知られているのだが
ここのハムや燻製などの加工品はもう少し宮崎県内にも
認知されても良い本物商品である
 
3代目も今までのペースを崩すことなく
本物のハムや燻製づくりを目指して
頑張ってほしい!
 
 
 
 
燻製度     ★★★★
 
 
ひろし薫
 
斉藤精肉店
 
宮崎県延岡市土々呂4丁目4147
0982-37-0131
日曜祭日休み