初手3八金の衝撃

6月25日のNHKスペシャル
人工知能~天使か悪魔か~の放送があった
 
今年4月に行われた
将棋の佐藤天彦名人とPONANZAの戦い
電王戦の第一局のPONANZAがさした初手は
3八金の衝撃の手だった
思わず考え込む佐藤名人
 
羽生氏は金は本来玉を守る駒
また金が上がることによる飛車の動きが不自由になるので
セオリーに反する手
棋士は絶対に指さない手と解説した
しかし10手以上指す中で
PONANZAの用意周到な作戦が見えてくる
佐藤名人は完敗した
 
PONANZAを開発した山本一成氏は
5万局のデータを教師データとして入れ込み
PONANZA同士の対戦を700万局対戦させた
これは人間が対局すると2000年以上かかると言われる
この機会学習の結果
その中で行なわれたディープラーニングの結果
人工知能は劇的な進化を遂げたのだ
 
山本氏は
今まで知的な事は人間しかできなかった
それが人工知能にとってかわりつつある
ただ開発者の山本氏にもその進化が理解できない世界になっているという
 
佐藤天彦名人は宇宙の中の銀河系の中でしか
将棋を見れていなかった
人工知能は将棋の宇宙の広さを私に認知させてくれた
私はその気づきを盤面に現すことが今から求められるのではと語った
 
羽生氏は
人工知能と棋士の対局は
未来社会の模擬実験的な事をやっているのではないかと思います
いま起きている様々な事象が
今後人工知能が社会で応用される事態を先取りしているように思えるのです
 
しかし人工知能の判断結果しか出さない思考過程に
問題なないのだろうか?
人間の評価や起きる確率を的確に予測していく人工知能
さまざまな領域で運用を始めている人工知能は大きな成果を上げている
ただ羽生氏も思考過程がブラックボックスであることに警鐘を鳴らしている
 
シンギュラリティ(技術的特異点)の時代は2045年と言われてきたが
囲碁、将棋の分野ではすでに超知性が人間を上回った
私にとっても衝撃的な事件だった。
これからの人工知能の進化もより加速度的に進んでいくだろう
 
人間はこれからの未来に
人工知能とどう向き合えばよいのか?
人工知能によって人間が評価され
これから人工知能によって仕事の効率も上がるが
人間は多くの仕事が失われていくことにならないだろうか?
 
開発者にさえ、すでに理解できないという人工知能
通常の人間の2倍の知能が天才と呼ばれるが
超知性の人工知能は人間の1万倍の知能を持つという
そんな時代にどうやって人類は人工知能と共存していけるのだろうか?
まさに天使か悪魔か
人類にとって残された時間はそんなに多くない・・・・・
 
 

TSUKEMEN LIVE 2017 宮崎

あのTSUKEMENの3人が再び 10月19日宮崎へ帰ってくる
 
TSUKEMENは
2つのバイオリンとピアノの3人のインストゥルメンタルユニット
音楽本来の生音にこだわり
LIVEを毎年全国で100本にも迫る公演を展開している。
 
毎年のLIVEで培われた実力は会場を虜にし、
見る者をとらえて離さない
クラシック、ジャズ、映画音楽、ポピュラー、そしてオリジナルなど
音楽もジャンルレス
どこにも今までなかったそのステージは多くのファンを獲得している
昨年感動的だったライブは
今年も新たな感動を生み出すことは間違いない・・・・・・
 
今年はRECHARGEの新アルバムはオリジナル曲がメインで
TSUKEMENの新境地と魅力を拡大している
 
いよいよ7月11日より発売開始!
チケットは
メディキット県民文化センター、宮崎山形屋、お近くのコンビニでどうぞ
 
TSUKEMEN2017チラシ
 
TSUKEMEN LIVE 2017 宮崎
 
■ 日時 10月19日
 
■ 会場  メディキット県民文化ホール
 
■ 前売り  S 4500円  A 4000円
 
主催  地域活性化プロジェクト   RKKメディアプランニング
 
後援  MRT宮崎放送 キングレコード
 
お問合せ  0985-31-7086 
 
 

麺フリーク(人吉編)

人吉にもどこにも負けない個性的な美味しい麺がある
評判の2軒をご紹介したい
 
 
好来
 
人吉のシンボル青井神社から歩いて5分程度
小さいお店ながら行列が出来る人吉の人気店だ
ここの麺の量が半端ではない
250gというから通常のお店の2倍もある
スープは人吉ブラックと思うほどの黒さ
この黒さはニンニクのマー油を使っているからだそうだ
チャーシュー、きくらげ
全てを覆い尽くすようなもやしの量
 もやしの下にチャーシューは隠れているhaorai
ビジュアルはきわめてインパクトがある
全体の旨さはそれほど感じないが
人吉の個性あふれるラーメン屋さんであることは間違いない
 
跡継ぎの息子さんも帰って来て
お店も続きそうでひと安心
 
 
人吉ブラック度   ★★★+
 
人吉市下青井町76
0966-23-3330
11:30~20:00 月曜休み
 
 
 
 
ま心チャンポン
 
 
人吉市の高台にある
個人の住宅をお店にしたようなたたずまい
 IMG_6400
車庫の横の階段を上り、玄関を開けてリビングに入ると
そこが店になっている
迷わずチャンポン730円を頼む
 
野菜の炒め方がうまいのだろう
シャキシャキ感が残っていて大変美味しい
IMG_6402
スープもさっぱりしながらコクもあり
身体にやさしく染み透っていくような味わい
人吉の高台に名店を見つけた
 
 
真心度   ★★★☆++
 
人吉市矢黒町2038-4
0966-24-1245
月水木金   11:00~18:00
土日      11:00~20:00
(火曜休み)

「食べもの時鑑」グランプリ受賞

グルマン世界料理本大賞2017の
CULINARY HERITAGE(料理遺産)部門で
奥田政行シェフの著書 食べもの時鑑が 
Best in the World のグランプリを見事受章した
 
奥田シェフが庄内の自然と共に暮らしながら
宇宙の循環も見据えて
庄内の四季の自然と食材をテーマに
奥田理論の集大成となっている本だ
 
奥田シェフは本の頭でこのように書いている
 
力の強い優れた野菜に出会い、元気のもとをいただくと
みぞおちのあたりを中心に体に力がみなぎってきます。
その力は温かく、あふれるようにどこまでも拡がっていきます。
みんなの命がつながって自分がある
これが私の実感する生命観です。
植物が生み出してくれた命の元気のもとを料理することで
さらにみがきをかけて皆様に届ける。
僕はこうして地球の循環の一部になりたいと願いながら料理人の道を歩いている。
 
IMG_7082
 
本の内容は庄内の四季折々の自然と食材と
奥田シェフの料理を紹介している
 
奥田理論の考え方で興味深かった部分を
少しご紹介したい
 
良い食材とは?
 
良質の食材には、くせになる味の下に香りのヴェールがあり
その中にポンッと小さく主張する甘味があります
健康で生命力の強い食材ほど味の数が多く
味に奥行きがあり、そういうものを食べると体が喜びます
具体的には食べて飲みこんだときに胸の胸腺あたりの細胞が嬉しがります。
食べた時の満足感があり、心地よく体が安定する
端的に言うと地球とつながる感覚が生まれます
 
 
苦みックス
 
世界中の高貴な味で品質の優れた食材には
ある共通点が隠されています
それは2種類以上の苦味を持ち
その下に隠れて品の良い香りとポクッとした甘みがあることです
苦みックスの法則は異質の苦味を掛け合わせることで
隠れている甘味を高めて味をよりおいしくする法則
苦み×苦み=コク
生まれるコクはあきの来ない癖になる味を生み出す
たとえばビールと枝豆も苦みックス
枝豆の中の成分のサポニンというえぐ味がビールの苦みと
苦みックスを起こし相乗効果を出している
 
 
料理にとってワインと日本酒の扱い方の違いは
 
ワインは対比で味を決めていく
油脂を使う西洋料理の中で育ってきたワインは
油脂を酸で切る対比の組み合わせ
印象が真逆の味を組み合わせる
 
日本酒は同化で味わいを拡げる
日本酒はワインより旨味の数が多いので料理のストライクゾーンは広い
米から作られて旨味があるので、料理と交わると
相乗効果で料理の旨味、甘味がどんどん膨らんでいきます
 
 
グランプリを受章した食べもの時鑑は今後
多言語に翻訳され、世界の市場に奥田シェフの理論が発信されるという
日本の食文化の魅力が世界に情報発信されるとともに
流通が拡大していくことを願うばかりだ

鳥雅(宮崎市)

人気グループが所属するLDH
そのLDHが運営する焼き鳥屋が
宮崎県庁近くの楠並木通りにオープンして早くも2年
 
メニューに価格が書いてないとかの噂もあり
どうにも敷居が高くて一度も行ったことが無かった
今日はその鳥雅に・・・・
 
入ると焼き鳥屋さんとは思えないほどの
モダンな内装
 
刀根鶏がメインのお店だ
やはり焼き鳥メニューに価格が書いてない
価格のあるメニュー表をもらい
 
まず生ビールをグビッと!
 
かしわ、つくね
 tori3jpg
カワ
 tori1
ぼんじり、せせり
tori2jpg
 
ハツ等を食べる
 roei4
丁寧な火入れだ
串も大ぶり
無難に美味しいのだが価格には少し負けてしまうか?
お通しがおろしダイコンにウズラの卵が乗っかって500円は
お店のチャージ料みたいなものだ
 
焼酎も日本酒も品ぞろえはしっかりしている
接待としての焼き鳥屋さんとすれば良い場所だと思う
 
 
焼鳥セレブ度   ★★★++
 
 
鳥雅
 
宮崎市橘通東1丁目8-11
18:00~23:00
水曜休み

レストラン フラウンダー(宮崎市)

宮崎北警察署の近くに
米倉庫を改築して創ったレストランがある
名前はFlounder(フラウンダー)
 IMG_6978
中に入ると思った以上に広くゆったりとした空間
ランチを注文
今日はチキンカツに黒ゴマソース 1400円(税別)
 
まず意外だったのは最初のヒラメのカルパッチョ
綾の新鮮野菜と綾で自社育成したヒラメだという
野菜はシャキシャキで新鮮
ヒラメも上質で驚く
 IMG_6970
次はスープ
IMG_6971
そして黒ゴマソースのチキンカツ
普通の味しか期待していなかったので
黒ゴマソースがとても美味しく
鶏の胸身のカツととてもよくマッチしている
 IMG_6972
デザート、珈琲がついて
この価格だと納得の値段だ
IMG_6977
聞くとオープンして5年ほどだという
ゆったりしてくつろげるのも良い!
 
 
 
意外性度     ★★★+++
 
 
 
レストラン フラウンダー
 
宮崎市錦町4-32
0985-24-6998
 

そば打ち一代(浅草・蕎亭大黒屋)

共同通信編集委員の上野敏彦氏
また新しい本を平凡社から出版した。
しかも私の大好きな蕎麦の本だ
読むと現代に通じる蕎麦の文化と人と歴史も分かりやすく描かれている
上野氏の飽くなき探究心にはいつも驚かされてしまう
 
登場するのは一茶庵の創始者の片倉康雄
そして、その思想を引継ぎ、現在も
一心不乱に蕎麦の道を歩き続ける菅野成雄の世界を
浅草の栄枯盛衰の中で蕎麦文化の歴史と共に描いている
 
 IMG_2226
蕎麦の神様ともいわれた片倉康雄
彼の思想を凝縮した言葉がこの本に書いてあるが
菅野成雄の浅草の大黒屋のお店にも額に入れて飾ってあるという
 
「食はすべて そのもとをあきらかにし、調理をあやまたず、
そこのうことなければ、味わいすぐれ、からだを養い、
病をもいやし、よく人を作る」
 
まさに農業と調理の本質を良く言い表わしている。
この言葉は農業に携わる者
あるいは料理の世界を志す者にとっては
必然の言葉だろう。
 
蕎麦は手打ちの時代から
明治時代以降に普及した機械打ちが普及したことで
いっぺんに手打ちそばが廃れていく
その流れを打ち破り、手打蕎麦を復興させるのに貢献した
大きな存在が片倉康雄だった事も書かれている
 
菅野成雄氏は片倉氏の三男英晴氏の
一茶庵・西神田店に入り4年間修行し独立
名前は蕎亭大黒屋として開いたのは昭和52年11月
独立してからも、片倉康雄氏への足利詣でもかかすことはなかった。
 
菅野氏は片倉氏の言葉をノートにまとめている
興味深いのは蕎麦だけではなく、つまみの作りかただ
 
旨いぬか漬を作るためには
ニンジンやダイコンは干し、キュウリ、ナスは塩もみにして使うが
糠床に佐久間ドロップを入れるのが隠し技
 
豚の角煮は酒、味醂、醤油などで煮るが
仕上げにオレンジ味がするフランスのリキュール、コアントローを加える
 
こんにゃくの辛煎りはコンニャク、しょうが、モツを
酒、醤油で煮て味醂を加える
ベーリーブスやクローブ、セージなどを香料として使い
コニャックを最後に垂らす
 
この作り方だけでも感嘆してしまう
海外の食材までも使用する感性の鋭さ
いかに片倉氏が先駆的な人であったかも理解できる
 
さて菅野氏は、
店の仕入れの蕎麦に納得がいかないため
自ら夫婦で栽培に乗り出し、
ついには岐阜の下呂温泉 蕎麦料理仲佐の
ご主人中林伸一氏との出会いにより
在来種のそばの香り高さ、濃厚な味、こしの強さに魅了されていく
現在の大黒屋の蕎麦は
在来種と改良種を混ぜて打つ
そうすることによって、独特の風味のある蕎麦になるという
 
菅野氏は蕎麦についてこのように語っている
 
蕎麦は怖い
粉と水だけでできる単純なもの
だけれど、何か工夫をすれば
必ず応えてくれるのが蕎麦です。
温度や湿度などの気候に左右されるのはもちろんのこと
打ち手である自分の体調や気分、気力で
出来上がる蕎麦は全く違ったものになる。
 
蕎麦の言葉を自分の目指すことに変えるだけで
すべての真実はこの言葉で現されているように思う。
蕎麦の歴史や系譜だけでなく、
大黒屋のファンだった高円宮の話も取り混ぜて
蕎麦ファンとしては必読書の本である!
是非一読を・・・・・・
 
残念ながら蕎麦好きの私も大黒屋にはまだ行っていない
早い機会に菅野さんの蕎麦を堪能したいと考えている。
 
 

ジャカランダ満開

宮崎は市内や日南市に
ジャカランダの紫の花が満開だ
 
ジャカランダの原産地は南米のブラジルやアルゼンチンなど
花がラッパ状に咲きトランペットを連想させるようだ
花言葉は名誉、栄光だという
 
何故ジャカランダの花は宮崎で拡がったのだろうか
実は昭和39年に種がブラジル宮崎県人会から宮崎県に譲渡された
それはブラジルで咲いたジャカランダが遠い故郷の宮崎で
花を咲かせ、観光資源として役に立てばという思いからだったという
種は宮崎県亜熱帯支場に託され
昭和53年にようやく花を咲かせ宮崎の地に拡がっていった
ジャカランダは世界三大花木としても有名
 IMG_2198
県外の友だちが来てどうしてもジャカランダを見たいというので
今日はジャカランダ祭りを開催している
道の駅南郷へ
 IMG_2190
山の斜面に
群生しているジャカランダは上品な紫色で
とても綺麗だ
この花目当ての観光ツアーも多くなっているという
南国宮崎のイメージにもピッタリの花だ
 IMG_2196
ジャカランダ祭りは今週まで
天気の状況で
ドライブがてら南郷までジャカランダの花を見に行かれてはいかが!

京味菜わたつね(京都)

日本の名旅館と言われる
京都の俵屋、柊屋のある通りの一筋違いの柳馬場通り
イノダ珈琲三条店から少し上がると
京都の常連さんが通う食堂がある
 IMG_6923
名前はわたつね
さりげなくかけられた暖簾をくぐり
お店に入る
雰囲気は正に正当な食堂だ
 IMG_6924
この食堂は蕎麦が有名で
魚も美味しいという
夏の時期が近付くと京都は鱧の季節になる
季節限定の
鱧と梅肉のおろしそば(1200円)を頼む
 
観光客がほとんど居ないのも良い
メニューを見ると
十割蕎麦も食べれるようだ
しかも京都のお酒、月の桂や玉の光が500円
いやあ今度からここで昼酒が飲めそうだ!
 IMG_6925
さて蕎麦が出てきた
蕎麦は思った以上においしい
蕎麦屋さんと言っても良いほどだ
鱧のフライも揚げたてで、さっくりの食感だ
梅肉もアクセントにもなっている
さっぱりとしてこれからの季節にはぴったり
9月末まで食べられるそうだ
良い食堂が見つかり、これから重宝するだろう!
 
 
 
涼やか度   ★★★☆
 
 
京味菜わたつね
 
京都市中京区柳馬場通三条上ル油屋町94
075-221-5957
11:00~20:00
(日曜休み)
 
 

宮武(京都)

京都に魚の旨いCPの高いお店があるという
予約するとタイミングよく
一人だとなんとか入れるという
 
JR丹波口から歩いて5分ほどだろうか?
京都中央卸売市場の横の道を
一筋入って曲がるとお店がある
殆んどの人は通り過ぎる程判りずらいお店なのだが
ここが魚がうまいと評判のお店なのだそうだ
 
ドアを開けると
広いカウンターが見えてくる
カウンターに座りメニューを見る
 
まずは突き出し
じゅんさいに季節を感じる
IMG_6930
刺身の盛り合わせ
あこう、アマダイ、カツオ、つぶ貝など
IMG_6932
普通においしいのだが期待したほどではない
お酒は〆張鶴の純にする
 IMG_6929
次にアマダイの塩焼き
お酒は酔鯨に
 IMG_6936
次は鱸のバジルソテー
これには黒龍の九頭龍のお燗を頂く
 IMG_6935
それなりに魚も美味しいのだが
感動は無い
お酒のセレクトもなかなかなのだが
コップがもう少し飲みやすいものにしてほしい
CPの高さは感じられず少し残念
 
しかしこんな場所が分からない隠れ家で予約も連日満杯の様だ
特にお昼のCPが高いそうだ
面白いお店に出会った
 
 
魚自慢度   ★★★++
 
 
魚河岸 宮武
 
京都市下京区西新屋敷下之町6-5アンクル島原1F
075-203-1855
10:30~14:00 17:00~23:00
 (日曜休み)