カンパイ!世界が恋する日本酒の上映

大吟醸を楽しむ会の20周年を記念して
映画 「カンパイ!世界が恋する日本酒」 の上映を
宮崎キネマ館で7月1日、2日との2日間行います。
上映時間は両日とも12:00~13:40です。
 
なお映画は通常1800円ですが
大吟醸を楽しむ会、awa酒を楽しむ会、江戸落語を楽しむ会
のチケットを提示すれば1000円で映画をご覧いただけます
是非この機会に日本酒の奥深さをご堪能してください!
 
 320
 
映画の内容は全く異なった背景を持つ
3人の日本酒に対する苦悩や葛藤を描きながら
日本酒の世界を紐解いている
 
イギリス人のフィリップ・ハーパー
オックスフォード大学を卒業後
JETプログラムで1988年に来日
日本酒の魅力にはまり、梅乃宿酒造で10年蔵人として働き
2001年に南部杜氏試験に合格
大阪の大門酒造を経て木下酒造に杜氏として迎えられる
初年度金賞を受賞
どっしりとした飲み口と挑戦的な酒造りは新たなファン層を作り出している
 
アメリカ人のジョン・ゴントナー
英語で日本酒を語る唯一の酒ジャーナリスト
1994年に JAPAN TIMES で酒の連載コラムを開始
酒の本も英語でも多数出版されている
 
久慈浩介
南部美人5代目蔵元
彼ならではの特異なキャラクターと
新たな発想の酒造りが数々の受賞につながっている
日本酒輸出協会の立ち上げなど
日夜奮闘中!
 
映画を見ると3人の日本酒への愛が深く理解できる
国の異なる3人の挑戦が
日本酒を世界に羽ばたかせる成長エンジンとなることを
期待する
日本酒ファンにとっては見逃せない作品だ
またカンパイ!2の映画も決定したようだ
 

醍醐寺(京都)

京都伏見区にある世界遺産に登録されている醍醐寺
地下鉄東西線の醍醐駅から歩いて坂を上り10分ほどすると
醍醐寺に到着
 
醍醐山全体が敷地だという200万坪の広大さを誇る
最初の見どころは三宝院の庭園
庭園は春か秋の紅葉のシーズンはさぞ綺麗だろう
 IMG_6910
国宝の唐門は1599年に建立されたもの
桃山時代の華やかさを感じる
IMG_6912 
門をくぐりしばらく歩くと
京都で現存するもっとも古い五重塔が見えてくる
平安時代に建てられたもの
 IMG_6914
参道を挟んで金堂がある
これも国宝だ
豊臣秀吉が和歌山県から移築させたもの
 IMG_6915
このお寺は豊臣秀吉が開催した醍醐の花見の場所としても有名
1598年4月20日、
敷地内に800本の様々な種類の桜を植え
1300人の女性を招待して
着物の衣装代まで出したと言われている
まさに花と女性の華のはな見である
秀吉はその花見を醍醐山の中腹から眺めたのだという
いかにも秀吉らしい・・・・・
その花見が終わった後、5か月後に秀吉はこの世を去った
 
 IMG_6917
 
日差しは強いが木陰に入ると少しひんやりする
新緑の静かな醍醐寺もまた魅力がある
 

朝の赤メック

京都はパンが美味しい街だ
その理由はパンの消費量が
全国でもトップの街の一つだという
 
朝の京都は ル・プチメック今出川店に・・・・・・
ここがル・プチメック発祥の地
赤の外装から赤メックと呼ばれている
IMG_6902
今では東京に進出するほどの人気だが
私は小さなこのお店が好きだ
前お邪魔したのは5年ほど前だろうか?
 
お店に入ると
焼きたてのパンの臭いが食欲をそそる
 IMG_6892
クロワッサンとオレンジタルト
そしてコーヒーを注文
 
eat-inのカフェはフランスのポスターが飾られ
フランス語のBGが流れ
ギンガムチェックのテーブルクロスも含めて
パリのカフェを連想させる
IMG_6894 
朝のパンを買いにお客さんも相変わらず多い
IMG_6896
焼き立てのクロワッサンの美味しさと
珈琲は気持ちを元気にしてくれる!
 
 
焼き立て度   ★★★☆++
 
 
ル・プチメック今出川店
 
京都市上京区今出川通大宮西入ル元北小路町159
金曜~日曜(8:00~19:30)
月~木休

awa酒を楽しむ会

大吟醸を楽しむ会の前夜祭として
今年はawa酒を楽しむ会を開催します
 
awa酒とは自然発酵のスパークリング日本酒で
透明で一筋泡が立ち、一定のガス気圧を保持するものです。
2016年11月にawa酒協会として設立され、
2017年4月に東京で認定式を行ったばかりです
2020年のオリンピックほか世界の様々なラグジュアリーな乾杯シーンで
日本のawa酒が使用されることを目指しています
 
参加蔵元はawa酒協会の永井理事長ほか全国の5蔵元の皆さんです
全国で初開催となるawa酒のパーティです!
awa酒だけではなく5蔵の自慢の日本酒もご堪能ください
 
ゲストシェフには福岡をはじめとして全国で活躍中の
小野貴史シェフと宮崎観光ホテルの高屋総料理長が
awa酒や日本酒とのマリアージュの特製コースメニューを出していきます
 ‘O–éÕƒ`ƒ‰ƒV5.25_2
 
タイトル  awa酒を楽しむ会
日時    7月1日(土曜日)  6:30開場 7:00開宴
会場    宮崎観光ホテル東館3F
参加    100名限定着席
会費    12000円(税込)
協力    一般社団法人 awa酒協会
協賛    みやざきブランド推進本部
 
参加蔵元 
 
水芭蕉     永井 則吉社長  (一般社団法人 awa酒協会理事長)
南部美人    久慈 浩 会長
秋田清酒   伊藤 洋平 社長
八海山     南雲 二郎 社長
千代むすび   岡空 晴夫 社長
 
全国で初めてのawa酒のパーティです
是非ごゆっくりとawa酒と料理のマリアージュをご堪能下さい!!
チケットのお問い合わせは
0985-31-7086  大吟醸を楽しむ会まで

 チケットは完売しました。(6月8日)