PayPayの野望

インドに注目の企業がある

インド最大のデジタル決済企業 Paytm(ペイティーエム)

インドでは3億人以上のユーザーと800万の加盟店を持ち

公共料金、チケット、旅行予約など

幅広い決済で利用されている

転換期は2011年だ

社長のシャルマ氏がデジタルペイメントの新規分野に乗り出した

 

アリババグループは201510Paytm

アリババ、アントファイナンシャル連合で68000万ドル(75億円)

の出資を行い、事実上アリババの子会社となり

アリババ、アントファイナンシャルのアドバイスを受け、

中国のQRコード決済のシステムを取り入れ

インドでの爆発的な成長につながっていった

そして20175月ソフトバンクの孫正義氏が動いた

何と14億ドル(1500億円)の出資を決めたのだ

 

Paytm(ペイティーエム)

決済機能だけの運営会社から

金融機関としてのライセンス取得を目指し

20171月にライセンスを取得し

会社をEコマースと決済銀行に分社化した

この流れはアリババとよく似ている

アリババからスタートし、アリペイにより電子決済を普及させ

金融機関の免許も取り成長しているアントファイナンシャルと同じ戦略だ

 

さて日本ではPayPay7月にソフトバンクとヤフーが立ち上げた

孫正義氏の頭の中には大きな構想が練られているように感じる

ソフトバンクとヤフーの会員、8000万人に向けてと

そして中小加盟店の新規開拓

これが急務の課題

営業部隊はほぼ全国の都市部に張り巡らせた

加盟店は店舗に掲示されたQRコードだけで対応が可能となる

3年間は手数料無料として一気に日本NO1を狙う戦略だ

今までのヤフーのEコマースの伸び悩みを

PayPayで解消していく

アリペイとの連携で訪日観光客も取り組むことが95日に発表された

 

孫正義氏の狙いは日本だけでなくアジアの決済機能を牛耳ることだろう

まず日本でキャッシュレス時代を浸透させ

アントファイナンシャルやPaytmの戦略と同じく

最終的には金融機関まで念頭に置く狙いもあるのではないか

 

ソフトバンク、ヤフー

そしてアリババグループ、Paytmの連合軍で

なかなか定着してこなかった日本のキャッシュレス時代が

一気に到来していくのか、

秋からPayPay注目のプロモーションがスタートしていく

油揚げ(平松洋子)

私は酒の肴に油揚げは必需品だと考えている。

食のエッセイストとして活躍されている

平松洋子さんが書いたものがとても良かったのでご紹介したい

 

油揚げ

・・・・・・

酒の肴には何はなくても油揚げ

朝ごはんの味噌汁にも夕餉のおかずにも油揚げ

夜更けに小腹がすいたら油揚げ

やっぱり油揚げが好きだった在りし日の祖母でも

私の贔屓ぶりを「こんこんおきつねさんじゃあるまいしと」

とあきれたに違いない。

油揚げは七変化

いや七変化どころか怪人二十面相

驚くべき化けっぷりを見せる

・・・・・・・

四角四面の仏頂顔をしているけれど

こちらの出方次第では破顔一笑

でかいまま煮含めてよし

ざっくり短冊に切ってよし

お行儀よく色紙に切ってよし

美しい霰切りも良し

四角でも三角でも、ふわふわの極細のせん切りにしてもよし

そろりと袋を拡げれば、酢飯を詰めていなり寿司

卵を落とし入れればおでんの種

異種格闘技に持ち込んで、チーズを入れて焼くひともいますね

私は粗く崩したブルーチーズをたっぷり入れて楊枝で止めこんがり焙る

白ワインにもぴったりの役者ぶりにぞっこんだ。

・・・・・

ところで酒肴に焙った油揚げには断じてしょうが醤油である

熱い艶肌にじゅっと醤油が怪しく光る

その一瞬だけ、妙に色っぽさが放たれるように思えるのは

やっぱり贔屓が過ぎるのでしょうか。

 

 

きつねうどんのきつねがあるだけで

豪華さが違ってくる

フキと油揚げなど野菜との相性の良さも抜群

小腹がすいたらいなりなどの多様性も素晴らしい

油揚げは出汁も文化も自ら吸収して食材として発展していったように思える

まさに時代を超えて逞しく生き抜いてきた庶民の味だ!

蕎麦しみず(宮崎市)

「不失花」(うせざるはな)と言う言葉がある

樹木希林の癌の告白をしてからの映画や仕事ぶりを見る度に

この言葉を強く感じている。

 

どんな年になっても

老いても老木に花が咲く

その道を求め精進したものだけが手に入れられる

体の中から自然と輝く美しさ

それが理想の姿であり、真の花であり、「不失花」(うせざるはな)だと・・・・

 

そんなことを感じる蕎麦職人が宮崎にもいる

個人的にも20年以上のお付き合いがある蕎麦屋さんだ

名前は 蕎麦 しみず

ゼネコンの世界から脱サラして蕎麦屋を始めた

今は一人だけでされていて

淡々として気負いもない

日々、そばの状態を見極めながらそばを打つ

最近少し物足りないという方もいらっしゃるが

自分の体力を考えながら日々打つそばは

みずみずしさと香りの高さも素晴らしい

 _

今日は酒と蕎麦を楽しむ

酒は浦霞と鍋島大吟醸愛山

 

愛山は最初の一口は濃厚なのだが

飲み進めるとうまさが際立ち、チャーミングなジューシーさが顔を出す

色んなつまみを食べて酒を楽しむ

 _

最後の〆は天婦羅蕎麦

 _

ある京都の有名な寺の総代が

ここの蕎麦を食べて旨さに驚愕されたという

 _

心なしか笑顔も優しくなったように思える

現在のご主人の体をいたわりながらも

まだまだ頑張っていただきたい九州に誇る蕎麦の名店である

 

むかばきビアフェスタ2018(ひでじビール)

922日、秋のむかばきビアフェスタに初めて行ってきた

全国のクラフトビールが飲めて

バーベキューをはじめとして

地元グルメも楽しめる秋恒例のイベント

 

延岡駅からは無料シャトルバスが出ていて

とても便利だと思った

 

会場に着くと人気のバーベキューセットを手に入れ

森のガーデンでバーベキュー

ビールはひでじビールの住吉IPA

このビールはミッドタウン日比谷で提供されている限定品 

すっきりとした喉ごしと苦みのバランスが良い

 _

お肉が焼けてきた

鶏肉、豚肉、牛肉、野菜がセットになって

2人分3000円とはお得だ

しかも炭がおこった七輪付と言うのがおもてなしの素晴らしさだ

 __

次のビールは新潟県のスワンレイクビール

世界で金賞を取っている優れものの黒ビールだ

 美味い!__

会場では主催者のひでじビールの永野社長にご挨拶

 _

お天気も良く

まさに今日はビール日和

グルメコーナーでひろし薫を発見

ロースかつが美味しいというので

YAHAZUを飲みながらガブリ・・・

ロースハムになる前のを揚げたものだから

旨いのは当たり前

 __

門川町の精肉屋さんで私のお気に入りのところだ

今日はご夫婦でご当地グルメにご参加

話を聞くと

永野社長とは昔からの知り合いだとか・・

 _

ステージイベントもあり

まさに県北を代表するビールフェスだ

スタッフのおもてなしもすがすがしい

 

東京をはじめ県外から来られるお客さんも数多いとか

是非ビールファンは行く価値あります!!

23日も11時から夜9時までの開催です

お揃いでお出かけください!

 

 

TSUKEMEN LIVE 宮崎(報告)

TSUKEMENデビュー10周年となる

TSUKEMEN LIVE 2018 の宮崎コンサートが920日 

メディキット県民文化センター演劇ホールで開催された

 

デビュー10周年の集大成とも言える

3人の魂を込めたコンサートだった

第一部はオリジナルにジャズの名曲も取り入れ

参加型で大いに盛り上がった。

 _

メンバー三人全員

宮崎は人の心があったかくて

何だか故郷に帰ってきたような感覚を覚えるという

 

2部はしっとりとバラードの曲が多く

じっくりと聞かせる曲のメドレー

最後はSUGURUの足拍子と観客の手拍子が

大きな盛り上がりを作った

10年を経てTSUKEMENならではの

エンターテイメント性を実感できるコンサートとなった

 __

参加者の感想の披露を

 

TSUKEMENの存在は知っていましたが

LIVEは初めての参加

とても楽しいLIVE

TSUKEMEN3人ともステキでした!

楽曲も素晴らしいですね

いつかはスペシャルコラボでゲストもどなたかと・・・

TAIRIKU君の笑顔 いいね!!

SUGURUサービスんのピアノ かっこいい!

KENTA君のバイオリン セクシー!

虹見えたよ

 

会場が一体となるパフォーマンスに

最初から圧倒されました。

はじまりから ♪お~、お~♪と

歌わされるとは思いませんでした。

毎年宮崎に来てくださりありがとうございます。

忙しい私たちにはTSUKEMENコンサートが

最高のデートとなっております。

 _

風に立つライオンのモデルとなった柴田紘一郎先生ご夫妻と迫田病院の御家族と!

来年はまた新しく進歩したTSUKEMENの姿を見せてくれると思います

お越しいただいた皆さん、心から感謝申しあげます!

レストランテ アルコ(宮崎市)

シェラトングランデオーシャンリゾートに

レストランテ・アルコがオープンして1年半

ここは落合務シェフ監修のお店だ。

 

場所は42Fになるので眺望も素晴らしい

まずは海幸と野菜のマリネ

 _

佐土原茄子とトマトにグラタンを乗せ

その上にカリカリにした穴子を乗せてある

茄子のふっくらとした食感に

グラタンのクリーミーさがマッチしてさすがの美味しさ

 _

パスタは

落合シェフ定番のウニのクリームソースパスタ

 _

辛いトマトソースのパスタ

 _

残念なことにどちらのパスタも少し塩が効きすぎている

今日のパスタの味付けは厳しい!

 _

デザートはレモンのティラミス

これはさっぱりなめらかで素晴らしい。

 

 

 

塩加減度  ★★★☆

 

 

レストランテ アルコ

 

宮崎市山崎町浜山シェラトングランデオーシャンリゾート42F

0985211113

11:30~15:00 18:00~22:00

ディナー 火曜水曜休み

ランチ  水曜休み

 

 

第一回発酵親子教室(みやざき発酵文化ネットワーク)

宮崎県内の異業種の発酵企業が

それぞれの発酵技術を勉強しブラッシュアップするとともに

発酵×体験×食=健康をテーマに

発酵を県民の皆さんに広く普及しようと

みやざき発酵文化ネットワーク(永野時彦会長)が設立された。

 

その会の最初の活動として

10月13日第一回の親子発酵教室が延岡で開催される

今回の発酵テーマはビール、焼酎、日本酒

のべおか三蔵会と共催となる

今回の目玉はお昼の発酵三昧お弁当、中身がとっても楽しみ!!

 _

10月13日のスケジュールは

10:40 ひでじビール集合(受付)

11:00 ひでじビール見学、ショッピング

12:00 発酵三昧弁当の食事

13:00 移動

13:30 佐藤焼酎製造場見学・ショッピング

14:30 移動

15:00 延岡エンクロス

     千徳利き酒教室、ショッピング

16:00 現地解散

 

大人 2000(各蔵での試飲、弁当付き)

20歳未満 1200

嬉しいことにハンドルキーパーの方には

のべおか三蔵巡り詰め合わせセットをプレゼント

安全運転で全行程を終わられた後、是非ご自宅でゆっくり楽しんでください

 

是非1013日は

発酵親子教室で発酵×体験×食=健康を体感してみませんか?

参加問い合わせは

0985317086 

みやざき発酵文化ネットワーク 地域活性化プロジェクト内

 

 

 

 

 

生駒高原農園(梶並達明さん)

宮崎で2年ほど前から話題になっている野菜農家がいる

その人とは梶並達明さん

岡山県出身の昭和32年生まれの61

阪神淡路大震災をきっかけに

1995年に脱サラし

妻の和恵さんのふるさとである小林市に移り住む

生駒高原に行く途中の道路脇に

小屋が見えてくる

ここが梶並さんの生駒高原農園

 _

生駒の大自然を生かした路地の野菜は

天然の雨、朝露、太陽の恵みだけで

無農薬の野菜作りを実践されている

 

人が生きるための原点は食べること

未来を考えるためには安全なものを子供に孫に

その先の世代にも食べさせられる野菜作りが必要

 _

今日は小松菜、中国野菜、なすびなどが並んでいた

白なすびは焼きナスに、マーボーちゃんと言われる細い茄子は

生でもおいしいと言われかじってみる

ここの野菜は濃いさが違うと実感した

 _

毎年楽しいのは違う種類の野菜を増やしていくこと

それに付き合ってくれるシェフやお店があり

お任せで送ってと言われて

先方から野菜の食べ方を教えてくれと言われるのが

一番楽しくて面白いと言われていた

 _

小規模農家は企業には太刀打ちできないが

農家に作れないものを作るのが生き残りの秘訣

旬の野菜は旬にしか植えないのが鉄則だという

 

昔は農薬はなかった

それでも野菜は収穫できていた

今だからこそ先人たちの知恵に頼る時代が来ていると言われていた

 

今は大根の種まきの時期

11月中旬には大根ができる

その中でもわさび大根をすりおろし

蕎麦にかけて食べると最高だとか

11月下旬にはわさび大根を買いに行きたい!

 

 

Kokoya de SAKE in小林

98小林市の地井潤シェフのKokoya de Kobayashi

で初秋・日本酒の宴

Kokoya de SAKEを開催した。

 

今回はダイワファームの大窪社長が

小林でも大吟醸を楽しむ会に参加されている方が多いですよ

とのことからぜひ小林で日本酒の会をやって下さいという

大窪さんの提案からスタートした企画。

 _

今日のお酒は 

出羽桜、南部美人、のIWCチャンピオンサケの2蔵をはじめ

黒龍、惣誉、作、獺祭島耕作、長珍、御前酒など

お燗は神亀の山廃と大吟醸と言う豪華ラインナップ

 

メニューはほぼ小林の食材

小林産野菜の雲丹ドレッシングマリネ

豚足の和風テリーヌ

 __

ピーナッツムース

鯉のカルパッチョ からし味噌ドレッシング

地鶏の胸肉のハム仕立て ヘベスソース

 __

エノキのステーキ 赤ワインリンゴポン酢

石川芋 肉みそボロネーゼ

フレンチおでん等々

日本酒用にシェフが考えた特別の和風フレンチは

参加者の笑顔で満足度がわかる

しかも参加された皆さんお酒も強い

用意していたお酒のほとんどが空となった!

 __

関西風お好み焼きは

地井シェフ曰く日本酒でもワインでも焼酎でも合う

オールマイティの〆の粉ものと話をされていた

 

参加者の方々も日本酒とフレンチのコラボを

堪能されたようだ。

 

お客さんが帰った後で試食で出していただいた

鯉のタマゴの塩漬けが抜群に美味しかった

 

地井シェフ、ダイワファームの大窪社長

参加されたお酒好きな小林市の皆様、本当に有難うございました!

 

第一回北をめでる酒と肴報告(札幌)

第一回北をめでる酒と肴が大吟醸を楽しむ会の姉妹会として
9月2日、札幌市のロイトンホテル札幌で開催された。
北海道命名150周年を記念して
北海道の5蔵元、全国の40蔵元の45蔵元を集めて開催された
第一回という事で動員も少し不安だったが
札幌事務局の頑張りで
参加者は900名の人数となった

_
来賓には北海道の辻副知事、秋元札幌市長もお越しいただき
北海道全体で全国の蔵元を歓迎していただいたことが何よりうれしい


全国蔵元代表の佐浦社長
_
秋元市長のご挨拶がシンプルで短く参加者からも大変好印象だった
_
乾杯は村田会長

_
この会で最も特徴的だったことは
北海道の美味珍味にこだわったこと
タラバガニ、毛蟹

_

イクラ醤油漬け
カスべの煮ここごり
雲丹クラゲ、雲丹まんじゅう
とろニシン
時鮭塩麴焼き
_
海鮮丼、鮨実演など

北海道の珍味が満載だったこと

あまり北海道の人たちは立食が慣れていないなどの
意見もあったが、大吟醸とその土地ならではの珍味
それに北海道の食の魅力に大満足をされていたようだ
_
京都月の桂の増田社長は御家族で参加
世話人の一人として、またプロデュースをする人間として
今回参加させていただいたが、
札幌事務欲の今井社長をはじめとする関係者の方々に
ご苦労とご尽力に対して改めて感謝を申し上げたい

来年からも日本の北と南から
米の食文化の華と呼ばれる大吟醸を盛り上げていきたいと考えている