花浅葱(宮崎市)

花浅葱もコロナ禍で休業されていたそうだ

3か月ぶりにお昼にお邪魔した

落花生の白和え

無花果が季節を感じさせる

下に引いてあるのはオクラの花びら

たことかぼちゃの卵豆腐

冷たい茶碗蒸しにべっこう餡掛け

無花果の揚げ出し

最後は土鍋ご飯で

清楚な昼食はいつもながらほっとする

コリンキーの漬物がうまかった!

これで1430円

少しCPが落ちてきたかな??

 

CP度  ★★★☆+➕

花浅葱
宮崎市鶴島3丁目172-1
0985-23-1038
11:00~14:00  月~土曜
18:00~21:00  土曜
日曜第2、4月曜休み

るみ子の酒を楽しむ会(9月30日開催)

日本酒の日前夜祭

るみ子の酒を楽しむ会  9月30日開催

 

大吟醸を楽しむ会でもおなじみの

三重県の「るみ子の酒」の森喜るみこ専務に宮崎にお越しいただき

日本酒の日 前夜祭 として9月30日待宵の月夜に

「るみ子の酒を楽しむ会」を少人数の夜会で開催いたします。

プロフィール

三重県伊賀市で100年以上続く森喜酒造場の専務

1983年大阪大学薬学部卒業後、製薬会社に就職

1988年前社長の父が倒れ、会社を退職し

結婚と同時に家業を継ぐ

尾瀬あきら先生の夏子の酒に感銘を受け

手紙を送り激動を受ける

1992年尾瀬あきら命名とラベル画の

るみ子の酒を発売!。

今では全国に知られる人気銘柄となっている。

情報発信力は女性蔵元ではNO1と言って良いほど

趣味の三味線も大吟醸を楽しむ会の2次会では披露されるなど

多才な一面を持つ。

笑顔と愛嬌とバイタリティ、三位一体の蔵元である。

 

るみ子さんのお酒とお話、そして隠れ家的な贅沢な空間 国酒松 の旬の料理で

豊かなひと時を過ごしていただければ幸いです。

場所  国酒 松  

日時  9月30日 第1部 18:00  第2部 20:30

おかげさまで完売となりました。

人数  それぞれ8名限定

金額  8000円(税込み)

お問い合わせ 大吟醸を楽しむ会事務局  0985-31-7086

新型コロナはまだ収束しておりませんので

お気をつけてお越しください。

CHICCA(小林市)

小林駅前にイタリアンのお店がオープンした

名前はCHICCA

通りに面する場所はガラス張りで

縁を赤にしていてオープンでシンプルな感じ

今日はランチメニューを注文  1100円(税別)

前菜はかぼちゃのスープ又は

少し塩辛い

チキンのマデラソース

濃厚なソースにチキンとマッシュポテトが

バランスよく絡み合う

しっかりした味付けでわたし好み

焼きたてのフォカッチャが風味良い

パスタは

豚ぷきんのラグーパスタ

都城でかぼしゃを食べさせて育てた豚ぷきん

さっぱりした味でとても美味しい

蛸のトマトソース

蛸の風味が素晴らしい

どちらのパスタのアルデンテ感が絶妙だ

聞けばご主人は東京や横浜で修業されて

出身地の小林で開業されたのだそうだ

 

デザートはダイワファームの大窪社長に敬意を表して

ダイワファームのリコッタを使ったチーズケーキ 350円(税別)

これからこのような新しい店が

小林に新風をおこしていくことを期待したい

ご馳走様でした!

 

アルデンテ度  ★★★☆+++

 

CHICCA

小林市本町3番地

0984-22-7300

11:30〜14:00  18:00〜21:00

日月休み

NETFLIXの新聞両面広告

新聞広告で久しぶりに刺激された

9月7日全国紙に掲載された

NETFLIXの両面広告

ほぼ全てが真っ黒だ

 

真っ黒の真ん中にグレイの直線が入り

再生の赤い直線が途中まで

右下にコピーが

はじまりとおわり

その間にある、特別な何か。

その何かが、離れた人を近づける。

 

自分とは違う世界を見ること。

喜びや恐れを分かち合うこと。

全てを動かす力を知ること。

 

あなたはきっと何かを得る。

旅のような、この線の中で

 

あなたが来た場所から、

あなたが行きたいところへ。

未知の緊張から、発見の驚きへ。

私たちを分かつささいなものから、

私たちを包む大きなものへ。

 

この線には、だれもが生きるストーリーがある。

はじまりからおわりへと向かう中で、

あなたもきっとわかるはず。

どんなに離れ、どんなに違っていても

ストーリーを再生すれば、私たちは一人じゃない

 

ひとりじゃない世界がある

NETFLIX

 

 

勢いのある企業は新聞広告にも遊びをうまく使う

それは自信の表れでもあり

その企業の覚悟でもある

しかも圧縮されたコピーは

さらに見た人の想像力を膨らませる

 

グレイは自分の人生

再生している赤が生きている時間

自分の人生をこのコピーになぞられてみる

そうするともう少し自分の人生を頑張りたいと考えた

しみず(宮崎市)

ご主人の清水さんはここ2〜3年、年相応に

自分のやれる範囲でそばを淡々と打ちたい

と話されている

表情からは枯れた感じがするのだが

蕎麦に対する情熱はまだまだ並々ならぬものがある

 

今年はコロナ禍もあり、ご自分の健康にも留意され

休みの時が多かった

それでも人気は衰えることはない

空港から連絡してそのまま来る人も多いのだとか?

今年に限っては困ったものだと苦笑い!

さて蕎麦がき

鴨ヌキ

実に旨い

品格を感じるつけトロ

夏の終わりに食べるとまた爽快感がある

ご主人とはもう25年程度の付き合いだろうか?

大吟醸を楽しむ会では無理を言って

蔵元との2次会では20年間連続、蕎麦を打っていただいた。

なかなかできることではない!

蔵元にもしみずの蕎麦のファンも多い

まだまだ元気でそばの世界を探求していただきたい!

 

 

達観度   ★★★★☆+

 

しみず

宮崎市橘通東2-6-4

0985-28-8055

11:30〜14:30 17:00〜21:00(夜は水金土曜のみ)

和心みのり(宮崎市)

ここ数年、10日に一度はお昼に顔を出すお店がある

名前は和心みのり

ランチは4〜5種類(950円税込み)の中から注文する

今日はイサキの塩焼きがあったのでそれを注文

 

ここのご主人の伊藤さんは

実家が青空市場の伊藤鮮魚店さん

それで魚がいろいろ手に入るのだ

塩焼きだけでなく、今日はカツオの刺身

そしてサラダ、デザートはスイカと

とても栄養のバランスが良い

気に入っているのは味噌汁の出汁の良さだ

きっちり仕事をしている

ご主人の人懐っこい笑顔と人柄

そして少し高いソプラノの声も可愛い

今どき1000円以内で食べられる和食のお店はなかなかない!

お昼予約をして行って欲しいオススメのお店である

夜は飛露喜が飲めるのもまた良い

 

栄養バランス度   ★★★☆++

 

和心 みのり

宮崎市福島町寺山3060-3

0985-59-2727

11:30〜13:30 17:30〜22:00

月曜、火曜の昼休み