宮大農学部住吉牧場解放

宮崎大学農学部
住吉フィールドの牧場解放が12月14日開催された
朝の10時過ぎだと言うのに大変な行列
何かと思ったら牛肉を買う整理券の配布のところが大混雑
 
トラクターの体験コーナー
乳搾り体験コーナー
小牛とのふれあいなど子供たちにとってみれば楽しいコーナーばかりだ

DSC_0094.jpgDSC_0097.jpg

お天気にも恵まれ
大勢の人でにぎわっていた
 
さて宮崎ミルクのコーナーへ
500MLで110円
デザインも可愛い
 
食堂ではカレー(300円)と豚汁(100円)を注文
カレーはコクのあるいい味だ
豚汁は少し味が薄い
しかしこの値段では文句も言えない
 DSC_0092.jpg
宮崎大学農学部住吉牧場をこの機会に解放して
たくさんの県民に身近な存在に感じてもらおうと言う試み
 
宮大の生徒さんには
宮大ビーフや宮大ミルクだけではなく
大学ならではの斬新な発想で
宮崎の農産物の色んな加工品や商品化など色んなチャレンジをしてほしい
全国でも大学発の商品が増えている現実もある
農業6次化の必要性を理解されているのは大学生も一緒だと思う
フードアイランド宮崎ならではの商品化を
どしどし行っていただきたいと考える
 
スタッフの皆さんで駐車場の整理などをされているところなど
手ずくりで頑張っているところなど大変好感が持てた
 
鍋合戦や大学の牧場解放、宮崎県立農業高校の学園祭など見るたびに思うことだが
新しい食のイベントには人が必ず集まる
そんな感覚を持ちながら牧場を後にした