一心鮨 光洋

久しぶりの光洋だ
ここは宮崎市昭和町交差点から50M程度
街中にあるとはいえ、数寄屋造りの佇まいがとても雰囲気がある
ここの磨き抜かれた贅沢なカウンターに座って
寿司をつまむのもいいのだが
今日は部屋でゆっくりお酒と食事をしたい・・・・・
光洋の部屋も落ち着いてゆったり感がある
 
前菜の滝川豆腐が何とも涼しげ
しぼりたての豆乳を寒天で固めて冷やし
ところてん突きで突出しそこに雲丹を盛り付けてある
まさに滝の川にように流れる風情がある
季節感あふれる料理だ
IMG_4758.JPG 
最初の酒は獺祭磨き2割3分をきりりと冷やして・・・・・
この酒は8頭身の絶世の美人を感じさせる
精米度は日本一で発売当初、いろんな話題になったお酒
今や世界でも大人気になっている
綺麗で少しクールで切れ上がりの良いお酒だ
IMG_4759.JPG 
季節の野菜と蟹の吉野椀
何といっても見た目の彩りの良さが良い
味は繊細で素材を生かした上品な旨さが際立つ
IMG_4761.JPG 
いつのまにか獺祭の4合瓶がなくなる・・・・・
次の酒は〆張鶴の吟選
魚貝系には申し分ないほど合うお酒だ
くいくい飲めるのがごのお酒の特徴だ
先日大吟醸の会で〆張鶴の宮尾社長と久しぶりにお会いしたが
お元気そうで何よりだった
IMG_4760.JPGIMG_4764.JPG
 
アマダイの木の芽焼きと本マグロの漬け炙り
酒のツマミには最適な当てが
まさにイタリアンの盛り付けで出てきたので
新展開の驚き!
 
鱧焼き みぞれ酢
この時期の鱧はジューシーで美味
鱧ならではの食感も季節を感じるものだ
 
光洋の若き3代目  木宮一成氏の腕も進化した
IMG_4762.JPG 
最後は〆の握り
イワシ、マグロ、そして烏賊
シャリも小ぶりで酒のあとの一つまみがちょうどいい
 
勢いを感じる季節懐石だ
若きマスターは謙虚さを忘れずに日々精進してほしいものだ
 
料理がおいしい言い訳かもしれないが
4合瓶2本が軽く空いてしまった
今日もちょっと飲みすぎ・・・・・・・
 
 
進化度 ★★★★
 
一心鮨 光洋
 
宮崎市昭和町21番地
0985-60-5005
月曜休み
11:00~14:00  17:30~22:00