mitsubachi

和食の修行をしたあと、カノビアーノの植竹シェフのもとで
6ヶ月の研修を経てレストランのシェフに・・・
そしてこのレストランオープンと共にメインシェフとして
来たのが福永氏である
 IMG_3560.JPG
まだオープンして5ヶ月
前回は大勢で行ったので料理はあまり覚えていない
今日は3人で予約してお邪魔してみた
彼は和食時代から良く知っていたが
いつのまにか格好も今風になり僕ちゃん顔もすっきり締まってきたように思える
 
場所は宮崎市の3丁目の原田一店堂薬局から路地に入り
明月館本店の隣のビルの2F
エレベーターを降りるともう大人のムード漂う店内
 
スプマンテで乾杯をして
スープに入る
んん! 塩辛い、最初から福永氏にちょっと忠告
イカとホタテと蓮根のカルパッチョ風のサラダ
爽やかでおいしい 
ホタテのジャバラの切り方も新鮮で蓮根と味が良くなじむ
IMG_3562.JPG
下仁田ネギのパスタ
ポテト、肉も入っていてねぎのねっとり感もあり、私の好む味に仕上がっている
IMG_3563.JPG
蕪とタラのスープ
カノビアーノ仕込というのが良くわかる素材を生かした味わいだ
IMG_3564.JPG
子牛のオージービーフにジャンボマッシュルームと銀杏
赤ワインにもってこいのしっかりとした味の深さだ
IMG_3566.JPG
牡蠣と百合根のリゾット
季節の旬感を出しながらさらりと食べられる
IMG_3567.JPG
デザートは2種類出たが
これは珈琲風味のメレンゲと安納芋のモンブラン
芋の触感も良くこれは絶品のデザート
 IMG_3569.JPG
和食と洋食といい意味でどちらもよき師匠に恵まれ修行した福永氏
そんな環境で技術を育んだ若手シェフは珍しい
久しぶりに会った彼は気合を入れて一品一品調理してくれた
そしてそれは成長した姿を十分に私たちに見せてくれた
彼ならではの和食に近いイタリアン
是非日々進化を重ねてさらに開花をして欲しいものである
 
頑張り度 ★★★☆
 
mitsubachi
 
宮崎市橘通り西3丁目2−7アサヒビル2F
電話 0985−25−0123  (月曜休み)